遊戯王ゼアルⅡ107話レビュー

今回は遊戯王ゼアルⅡ107話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-107 化かされた遊馬!?ギラグ狸の皮算用

今週は九十九家前から始まります。
TVでは六十郎爺ちゃんが出演していて
ついでに何気に後ろに闇川もいますがな。
デュエル庵で戦国時代の
名君とうたわれた武将の喜楽壮八の石像が発掘されて
話題となっています。
ていうか……もろギラグやん!
タラコ唇といい眉無しといいモヒカンといい瓜二つや!

闇川が差し出した箱の中には
銅鏡×3
小判×4のネックレス?
勾玉×4
父ちゃんんのコイン
が入っていました。

「ナンバーズの在処を示す飛行船は
 デュエル庵を示していた。」
という事で遊馬は早速デュエル庵に向います。

その頃ギラグはアジトで修復したTVで
喜楽壮八の石像のニュースを知り
自分に瓜二つの石像にビックラコキマロ。
という訳でギラグはその石像の前にやって来ました。
ここで石像の口から
デュエルターミナルの機械から
カードが出てくる様に
カードが出てきました。

ここでギラグがそのカード、
ナンバーズのカードを手に取ると、
南斗石像が目を光らせながら開き、
ギラグの名前を口にします。

「お前を待ってただポン。」
これには流石にギラグも驚いて
腰を抜かします。
そしてトンコしようとしていたところに
石像が動いて追いかけます。
その頃遊馬達はデュエル庵に行く途中です。
と、ここにギラグが石像を抱えて階段落ちしてきた!
遊馬も巻き込まれチマー!!
ローリング!ローリング!!ローリングウウウ!!!
取り敢えずは止まりましたが……

「やっと……やっと自由になれたノサー!!」
ていうかギラグの声変わってね?
鼻がバギーみたいに赤くなって
狸なナマズヒゲも生えとる。
え?今度は石像がギラグ声で喋った。

どうやら石像の中の
ナンバーズの精霊とギラグが
入れ替わった様です。
目的は自由を謳歌するとの事で。
とりあえず何か判らんがデュエルッ!

1ターン目から早速
No.64 古狸三太夫がエクシーズ召喚、
そして影武者狸トークンも召喚されました。

遊馬がカードを伏せたところで
いきなり精霊が日の丸の扇子を片手に
何の脈絡も無く舞を始めました。
遊馬にも赤鼻とナマズ髭が!
ていうか遊馬の精神が
ギラグの体に移って
精霊の精神が遊馬の体に移ったって事かよ!!?

手札と伏せカードを確認してるぅ!!
んでもって手札を湯水の様に使って
ドドドガッサーなる攻撃力0の
最上級モンスターを
攻撃表示でアドバンス召喚!!
ドドド→ドが3つ→三度
ガッサー→笠
つまり三度笠という訳ですな。
おまけに自爆攻撃の際には
体を返して衝撃を逃れています。
ていうかマジずるすぎや!!
今までのどの敵よりもずるすぎ!!

「オラは喜楽壮八の影武者だったポン。
 何が伝説だポン。名君だポン。
 オラが戦に勝ったからだポン。
 オラのおかげで伝説になったんだポン!
 全部狸のオラが喜楽壮八に化けて
 やった事だポン!」

ていうか「怯えた小動物の様な目が好き」
というギラグの台詞はウホッではなくて
この時の為の伏線だったんか。

「オラと喜楽の出会いは戦場だったポン。
 激しい戦の中で迷い込んだ狸のオラを
 あいつは助けてくれただポン。
 オラはな、その恩に報いる為に、
 喜楽そっくりに変身して
 影武者になってやっただポン。
 代わりにオラが戦をしただポン。
 オラは強かったぞ。オラは天才だった。
 オラが国を強くしただポン。
 天下だって取れただポン。
 なのにアイツは……
 喜楽はオラをリストラクビにしただポン!
 オラの強さに嫉妬ジェラシーボンバーだポン!
 それから志村レベルの喜楽のバカ殿は
 戦に負けて死んだだポン。
 オラがやっていれば負けなかっただポン。
 ざまぁカンカンだポン。
 狸のオラも寿命ですぐに死んじまっただポン。
 でも気づくとオラの魂はあの
 喜楽石像に閉じ込められていただポン。
 今度は死者の影武者だポン。
 もう影はうんざりだポン!
 今度はオラがモノホンになるだポン!」
偽者で自称天才……
もしかして:アミバ?

「判ってるさ……でも……。
 なあタヌ公、お前の言う通り、
 ギラグはずっこいところは有る。
 つるセコでいやな奴だ。」
「テメー言い過ぎだぞ!」
「でもさ……どっか憎めねえんだよ。」
「んなこたーないだポン
 あんなスットコドッコイ充分憎めるだポン!」

ここでまたまた影武者を召喚してきました。
そして影武者とトリオでダイレクトアタックだ!!
しかし3体目の攻撃で、
あの罠カード、バースト・リバースを発動!!
ドドドガッサーを裏守備表示で特殊召喚!!

返しのターンで
ドドドガッサーの反転リバース効果で
攻撃力をアップして影を破壊して
三太夫を攻撃……!!
ここでギラグの脳裏に
タヌ公との思い出の日々が!

と思ったら罠カード、千畳敷返しを発動!!
逆にドドドガッサーが破壊されて
ダメージまで受けチマー!!
と思ったら手札のチャウチャウちゃんの効果発動!!
千畳敷返しを無効にして
その効果を相手モンスターに与えるぜ!!
そしてドドドガッサーのダイレクトアタックだぁ!!

「ぽん太あああああ!!!!」
ここでギラグが精霊の名前を叫びました。

「オラは…影アミバじゃないポン…」
「お前は……ポン太だ……懐かしいな。
 あの戦は最初から負けが決まっていた。
 領民にのみ富を与えていたワシを
 気に入らぬ家臣達が寝返ったのだ。
 気付いた時はどうにもならぬ状況だった……。
 そこでワシはポン太……
 お前だけでも逃がそうと考えたのだ。」

「オラ……そんなのやだポン!!
 言って欲しかっただポン!!
 共に戦おうって!!
 ……ナンバーズをお前達に使って欲しいだポン。
 せめてもの罪滅しに……」
という訳でナンバーズを回収します。

ポン太は喜楽様、と言うと、
天に昇っていきますた……
と思ったら
「んな訳ねーだろおおお!!」
とギラグはアリトの時の様に
眼を真っ赤にして
ポン太を食っちまー!!
「みんな化かしてやったぜ!!
 九十九遊馬!
 今度会った時は倒しちゃるからな!!」
ここでギラグは一時撤退します。
やはりギラグもベクターに
洗脳ブレインコントロールされていたのか。
ギラグの中のポン太が鳴いて
フラグを残しながら来週に移ります。

来週は遊馬号が大海原で
嵐に巻き込まれています。

何故か璃緒が誰かに誘われる様に
遊馬号から外に出て姿を消しました。
シャークはそれを追いますが、
遊馬達の前に海底の巨大な迷宮が!!

この迷宮では常識は通用しないらしいです。
そしてシャークが消えてしまい、
璃緒がエキゾチックなコスプレをして
シャークとデュエルをしています。
一体Why!?
ここにナンバーズが在るのか!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2ReviewNumbers107.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎遊戯王ZEXALナンバーズ107「化かされた遊馬...

アカリ)コトリさんまで巻き込んで、反省しろ!=ハルサーンユウマ:ロクジュウロウジイチャン?ギラク!=戦上手でな、質素倹約し伝説の名君じゃあれは父ちゃんのコイン#デュエル...