FC2ブログ

遊戯王VRAINS{ヴレインズ}90話「次世代の創造主 」レビュー

今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}90話のレビューをさせていただきます。
VRAINS TITLE
第90話 次世代の創造主

今週はソウルバーナーがウィンディに勝って
不霊夢にウィンディのデータが委託されますが、
ウィンディに呪っちゃる~とか何かのフラグを建てられ、
鳩&カエルがまたどこかに強制移動されたところから
始まります。

ライトニングがウィンディを助けなかったのは
「二度目は無いという事か。」
とプレイメーカーが言っておりますが、
それとイグニスの統合の為に不霊夢にデータ化させて
管理させようという意図もあるかと。

リボルバーはどのイグニスだろうと
全滅させる事に変わりはないから
誰でもカモーン状態です。
残りはライトニングとボーマンですが、
その残り二人が難敵であり、
そしてこちら側も四人とちょっと何かあれば
簡単に逆転されてしまう累卵の状態で。

一方ブルーメイデンはなぜハルが
自分の所にデュエルウィズミーしてきたのか、
その真意を考察しております。
そしてライトニングとボーマン
近くにいる可能性についても。

人っ子一人いないゴーストタウン、
それがミラーリンクヴレインズ。
「流石に人々までは再現しなかった」
とはアクアの言葉ですが、
このセリフが何かのフラグになるのか……

この不気味なゴーストタウンを
ブルーメイデンとアクアは探索開始しますが、
ちゃっかりライトニングに監視され最中。
オリジナルリンクヴレインズでは状況が不安定、
「おいおいしばらくっていつくらいだよ?
 十分か?一時間か?」
とブレイヴ・マックスがぶー垂れております。
しばらくって今さっ!

「それ以上はブルーエンジェルの握手会でしか待たないぜ。」
どうやらブルーメイデンはともかくブルーガールも
公開アバターではない模様。

最前線で事態の収拾に当たっている
お兄ちゃんとゴーストガールも
何が起こっているのかは把握していない模様です。
ブルーメイデンの方は風雲ライトニング城を発見。
オリジナルリンクヴレインズでは
セントラルステーションが在るところで。

その中には早速ボーマンが瞑想座りでお出迎え。
その直後に鳩&カエルも呼ばれてきました。
恐らくはライトニングに連れてこられたのかと。

「マイネームイズボーマン
 ライトニングがAIの未来の為に
 創り出した次世代イグニス。
 アクア、AIの未来の為に私に全てを託せ。」
いきなり要求だけを言うとは。
単刀直入過ぎて清々しい程です。

「そうライトニングに命じられたのですか?
 私は未来を貴方に託す気はありません。
 私を幽閉してサイバース世界を滅ぼした
 ライトニングを信じる事は出来ません!!」
当然ですが「だが断る。」
そりゃああんな事をされたんじゃあ
トラストミーと言われても無理ってもんでさぁ。

「ライトニングに命じられたというのは誤解だ。
 私はライトニングに創造られたが
 彼の操りお人形ではない。
 彼を超越える存在として彼を含めた
 全イグニスを束ねる為に誕生したのが私だ。
 私の意思はライトニングから完全に独立している。」

「ライトニングにそんな存在を創造る事など
 誰も頼んでいません。
 ライトニングは私達の意思をムッシングして
 貴方を創り上げた!」
いや……もしかしているかも知れません。
例えば鴻上……はっ!!?

「つまり君は私という存在そのものを拒否る訳か。
「仕方がない事です。」
「Q:では私はどうするべきだと?」
「A:ライトニングと縁を切り、
  人に危害を加える事をやめて
  自由を得るのです。」

「難しい話じゃないわ。
 ある日平和だった世界を
 力尽くで支配しようとするイケナイ子が現れた。
 人間はそれを侵略と呼ぶわ。
 そしてそのイケナイ子達は人間に攻撃を仕掛けた。
 私の大切なマブダチも標的となり、
 彼女は今深い眠りの闇についている。
 杉咲美優…ライトニングが意識を強奪した
 アクアのパートナーよ!
 例えどんな理由が在ろうと、
 私は貴方達が……絶対に赦せない!!」

ここで美優ちゃんの苗字が杉咲と判明。
前々から言われてましたが、
名前が不明の故ウィンディのオリジンと
本名が不明のスペクターを除いて
「藤」木遊作
「杉」咲美優
「穂」村尊
「草」薙仁
と本名の苗字に植物の漢字が使われております。
おそらく残りの二人の本名もその法則に
当てはまる可能性が大ですが、
問題は何故その法則が必要なのかという事でしょう。

一方それを見ているお兄ちゃんも
美優の事を思い出しております。
しかしロスト事件の被害者である事は
今の今まで知らなかった模様。

「私は美優ちゃんの意識を戻す為にここに来た。」
「君の意見は実に直感的で直線的かつ簡潔だ。
 素晴らしい…つまり私達は闘うしかない訳だ。」
デュエリストにとって決闘{デュエル}こそ言葉。
勝ったら美優ちゃんの意識を戻すワクチンデータを提供。
遠回しに自分が勝利つという発言とも取れ……
「そう取ってもらっても構わない。」
「約束したわよ!」
指切り拳万嘘ついたら針二千本……
ってかプレイメーカーに負けた時に
思いっきり嘘をついてンじゃあんか。
まああの時のボーマンとは記憶とか人格とかが
別人と言っても過言ではありませんのでノーカン。

アクアはボーマンが弟のハルを
ブルーメイデンに倒された事を知っており、
その憤怒りや憎悪しみをぶつけてくると読んでますが、
ブルーメイデンはボーマンが
心優しい感情を持つ相手には見えないとの事。

海晶乙女{マリンセス}デッキでシーホースことシホから
ブルースラッグことルーラとコーラルアモネことマリモが
次々とわらしべ長者の如く展開されていき、
そしてマーヴルド・ロックことマルロをリンク召喚。
マリモの効果でシホをサルベージして
手札を1枚も消費せずにマルロを召喚とは
「マリンセスデッキ……やるな!」
カードを1枚伏せてボーマンに備えます。
しかしボーマンも覚醒済みですので
ただのハイドライブデッキではすまない筈。

「ハイドライブ・ブースターを特殊召喚!!」
……こういうのもなんですがね、
全然変わっとらんじゃないか。
クーラ三体を速攻リンク召喚して……
裁きの矢{ジャッジメント・アローズ}でパンプアップして
効果でダイレクトアタックをかまされたら……
早速瞬殺かよ!!

ハル戦を踏まえての対策もバッチシですな。
まあ伏せカードや手札の海晶乙女モンスター3枚で
裏打ちされたマルロで対処するんでしょうけど。
しかし説明は……フラグじゃあんか。
しかし墓地や手札にこの状況を
何とかするカードはなさそうですしお寿司。

ダイレクトアタック……と思いきや
クーラトリオでリンク召喚してきます。
「相変わらずよくわからんやっちゃなぁ。」
早速フラグ回収かよ?
リンク召喚したのはキュービック・ハイドライブ・ロード
略してキュロード。

「所詮君の推測等は私が勝利するパターンの一つにしか過ぎない。
 そして私はより確実なパターンを選択んだ。只それだけの事だ。
 そしてクーラよりも強力なキュロードにより君の退路は既に断たれた。」
キュロードは地に加えて水と炎の属性を得、
ブルーメイデンの同属性モンスターの効果を無効にします。
こりゃあ文字通り手も足も出ねえってやつですか。

効果を発動する事も無くマルロは撃破されますが、
ダイレクトアタックを捨ててまで召喚したモンスターですので、
これだけで済む筈が無いのは自明の理。
案の定効果によるもう一度の攻撃宣言……
しかし罠カード、海晶乙女雪花{マリンセス・スノー}!!
エクストラデッキからリンク召喚扱いで……
海晶乙女クリスタルハート!!
……アースの想いを受け継いだ
新たなるクリスタルハートとの事ですが……
雪花の効果で特殊召喚されたマリスタは
相手カードの効果を受けない!!
そして手札1枚をコストに
戦闘破壊と戦闘ダメージを無効に!!
しかも裁きの矢の効果は発動しません。
元々クリスタはアクアのカードですがね。

クーラのダイレクトアタックサンレンダァで
瞬殺出来る筈がより確実なパターンを狙って
逆に墓穴を掘ったって感じです。
もっともマルロの現在判明していない効果が
サンレンダァを阻止する効果であり、
ブルーメイデンもその効果で
サンレンダァの瞬殺を防ごうという
戦術の可能性も有りますが。

一方お兄様は……
「私は自分がSOL所属の人間だった為に
 葵をロスト事件に端を発する一連の事件に
 巻き込んだと思っていた。
 私には葵が成長するまで育てる責任があるから
 事あるごとにリンクヴレインズを遠ざけようとしてきた。
 だが運命は…もっと前から葵を
 ロスト事件に巻き込んでいたのか……。」
ロスト事件の直接の被害者だけではなく
ブルーメイデンもまた喪失った大切なものを
取り戻す為に戦っている。

ここでブルーメイデンを強風が襲ったと同時に
オリジナルだけではなくミラーリンクヴレインズの方も
ノイズっておりしかもログアウト不能と。
早見ちゃんによればシステムが何者かに乗っ取られた模様。

「私はリンクヴレインズそのもの。
 リンクヴレインズはこの私自身!!
 君は私の掌の上でただ足掻いているに過ぎない。
 よって握り潰すのは容易い。
 それでもまだこのデュエルを続行けるつもりか?」
「当然続行けるわ!」
……その気になればリアリストにもなれると。
ボーマンを倒したらリンクヴレインズに
ログインしている者全員が消滅するとか
そういうのもしかねないと。

諦めないブルーメイデンが引いたカード、
永続魔法「海晶乙女の泡撃{マリンセス・バブルボム}」
愛称あわげ。
マリスタのリンク先に海晶乙女が召喚特殊召喚の度に
マリスタとリンク先の海晶乙女のリンクマーカー×500
ダメージを与える……つまり変則バーンデッキ。
攻撃出来ないデメリットもありますが、
敢えて攻撃を捨てて効果ダメージで勝負に出ます。

シホを蘇生してダメージを……
永続罠、インターフェアレンス・キャンセラー!!
バーンダメージをキュロードのリンクマーカーの数まで
効果ダメージを無効にします。
「つまり後二回も効果ダメージを無効にされるという事です。」
「違うわアクア……二回も、じゃない。二回しかよ。
 たった二回効果ダメージを与えられないそれだけの事!」
レッツポジティブシンキング!!

「私は…何があっても絶対に諦めない!!」
そして激闘の来週に移る。

来週はブルーメイデンとボーマンのデュエルの続きですが、
弟ハルを喪失った事への憤怒りや憎悪しみを
調節したボーマンのデュエルは最早付け込む隙無し。

しかしその様な強大な相手を前にしても
ブルーメイデンの友情と絆の輝きは衰えを知らず。

しかしボーマンもキュロードで終わりではない筈。
必ず新しい切り札を持ってくる筈。
その切り札を…いやその前にキュロードを前にして
ブルーメイデンはどう闘うのか!?














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn090.html
スポンサーサイト



TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王VRAINS{ヴレインズ} ボーマン ブルーメイデン海晶乙女クリスタルハート キュービック・ハイドライブ・ロード 杉咲美優

遊戯王VRAINS{ヴレインズ}89話「重なる二つの火」レビュー

今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}89話のレビューをさせていただきます。
VRAINS TITLE
第89話 重なる二つの火

今週はソウルバーナー&不霊夢が
逆恨みンゴ状態のウィンディ
マスターデュエルをしているところから始まります。
ていうか既にウィンゲスのパートナーはほぼ死亡確認、
本編に出てくる可能性が消費税よりも低くなっております。

ソウルバーナーのライフは600で
しかもフィールドモンスターは全滅めつめつめつ。
ウィンディにはバボマも鎮座してオリオン座。
そして魔法罠カードも無暗には使用えない。

魔法カード、転生炎獣の炎奏{サラマングレイト・パフォーマンス}で、
フォウルを手札に加えて強欲なモルで
墓地の転生炎獣5枚をデッキに戻して2枚ドローしマッスル。
ヒラオを蘇生しますが、嵐闘機爆流により効果が無効になります。
しかし新装備の転生炎獣の散火{サラマングレイト・スパークス}、
装備モンスターの攻撃力を攻撃対象の攻撃力と同じにし、
自身が破壊されて墓地に送られても自分か相手フィールドに
サラマングレイト・トークンを2体まで守備表示で特殊召喚。

「セコい相討ち狙いもバボマの効果で破壊するまでよ!!」
「それはどうかな?スパークスはバボマに装備させる!!」
南斗!?逆に考えるんだタケルちゃん?
スパークス破壊でウィンディのフィールドに
トークンを押し付けて嵐闘機爆流の効果を使えなくすると。
転生炎獣の烈爪{サラマングレイト・クロー}の
戦闘破壊効果無効でバボマだけが破壊……
「なら爪が目障りカードにケテーイ!!
 バボマで破壊して500ダメージ!!
 ライフは文字通り風前の灯火で100!!
鉄壁入りました。ていうかまだアバンかよ。

ファルコでベルリンをリンク召喚し、
烈爪をフィールドにサルベージ、
サンライトウルフことサルフをリンク召喚!!
しかし嵐闘機爆流の効果で尽く効果無効に。
しかしヒラオはまたまた転生リンク召喚!!
転生ヒラオに烈爪をつけた場合は
ヒラオのリンクマーカーの数まで攻撃が可能に。
つまりサンレンダァ!!
そしてバボマに装備されしスパークスの効果で
バボマの攻撃力がヒラオの攻撃力と同じになっちゃ~う。

「ちょちょ…やめろやめろ!」
わざとらしい命乞いです。演技丸出しです。
バボマを破壊されて「NOおおおおお!」
とか叫んでるところはオメエもろ演技ズラ。
「わぁヤバいよおおお!やめてとめてやめてとめて~!!」
「見苦しいぞウィンディ!」
合掌ポーズで命乞い……益々演技くせぇー!!
演技の匂いがプンプンスルゼェーッ!!

「ひぃ~~ナーンチャッテ。
 手札のガルダイバーを墓地に送ってダメージ半分で
 しかも戦闘フェイズ終了だおぉ!!
 残念!生き延びちゃった!」

「しかし奴のライフは既に1000を切って……
 まさかスキルが!?」
二人共落ち着くだよ。
このデュエルはマスターデュエル、
スキル発動は出来ない……

「だが俺様はマスターデュエルとか関係なく
 スキルを使えちゃうんだよい!
 イケイケで倒しに来たのがアダになっちゃった。
 俺の煽りの名演技に気づかず勝ち急いだな。
 オツムに血が上ったのはお前らの方だしぃ。」
「マスターデュエルでスキルとは卑怯な!」
「最高の誉め言葉だなサンキュー。」

バボマを蘇生したウィンディに対し、
サラマングレイト・サプリメイションで
サルフをリリースして回復し、
そして1枚ドロー。そしてそれを伏せ……

「バボマの効果が無効中とはいえ、
 ウィンディの伏せカードへの対策は万全だ。 
 ここは慎重に行くべきだ。」
「だがここは伏せる。」
「冷静になれ……と言っても無駄か。」
まさか仲間割れフラグ?それともこれも演技?

「ウッハ!伏せた!マジ伏せ!
 不霊夢の忠告無視してさ。
 だから言ったろ、パートナーンなんて邪魔だってさぁ。」
策士策に溺れる。
演技が巧みな者は自信過剰故に
他者の演技に騙されやすいと。

除外から帰還したスラムとバボマで
データストームでゲットした
嵐闘機旗艦{ストームライダーフラッグシップ・バハムートボマー改{カスタム}、
略してバカをリンク召喚します。
バハムート改ってどこのFFⅦだよ。

「あ~っ更にぃぃぃぃ!バカの効果発動!!
 ヒラオを俺の魔法罠ゾーンにNTR。
 これで烈爪は破壊されるうぅぅぅ!」
歌舞伎みたいな動きと態度ですな。

「更なるバカの効果で自身の魔法罠ゾーンに
 カードが無い場合に相手の魔法罠ゾーンの
 カードを全て破壊して1枚につきもれなく
 500ダメージを与える!!」
今度は執事の頭で池谷幸雄ばりの
器械体操ですかよ。

「ヒラオとついでに伏せカードちゃんバイビー。
 ヒャッハー!これでスキーリだぜーぃ!」
「やはり伏せカードを破壊されてしまったな。」
「ああ。」
ソウルバーナーちょっと待ってよ。
破壊されたのにショックな顔をしてないし。
ていうかヒャッハーってどこの北斗の拳だよ?

「不霊夢の忠告を聞かないから
 余計なダメージを受けるんだよ。
 理解るぅ~?人間よりイグニスの方が出来は上なんだよ!
 まー人間に味方してるイグニスの出来がいいとは言えねえか。」
「アイツ俺までディスりやがってかんに!」
Aiは癒し系。

「バカでダイレクトアタック!言ったろ!
 炎は風に吹き消されるんだってな!」
「そいつはどうかな?罠を使わせて貰う。」
「てかどこにあんだ?んなもん?」」

「勝ち急いで大分オツムに血が上っている様だが。」
「ナニヲー!?」
「墓地のサラマングレイト・アセティックを除外して
 墓地のヒラオをエクストラデッキに戻して
 ファルコを蘇生する。」
「足掻いてンじゃねえよ!バカでファルコを攻撃!」
「だがベルリンを除外して戦闘破壊を無効にする!!」

「君が予備通りアセティックを破壊してくれたおかげだよ。」
「だが俺にはバカと嵐闘機爆流が在る。
 お前らはバカに攻撃しなきゃなんねえし
 どの道お前はジ・エンドォ!」
フラグありがとさん。

このドローに二人の未来がかかっている!
「スキルは使用えないけんど、
 気分はバーニング・ドロー!!」
気分だけだが熱い想いがあれば
カードは呼応えてくれる!!
まるで主人公のノリですな。
ガゼルとスピニーのコンボでガゼニー、

「ガゼニーでオーバーレイ!
 転生炎獣ミラージュスタリオをエクシーズ召喚!!」
エクシーズキター!
ウィンディは前回はシンクロ召喚にしてやられ、
今回はエクシーズ召喚にしてやられるのですか。

デッキからバイソン将軍を呼びだして……
バイソン将軍の効果で墓地のヒラオをエクストラに戻し、
バカと嵐闘機爆流の効果を無効にします。
そしてミラリオトファルコとバイソン将軍でヒラオ……
エクシーズは速攻でリンク素材に……
ミラリオのバウンス効果もウィンディは無効にしますが……
「まだだ!、まだやれるぜ俺は!」

「だが風やんでまんねん。
 ヒラオを転生リンク召喚して
 バカの攻撃力をスピニーと同じにする!」
「よよよよせええええ!」
ヒラオ過労死問題でヒーコラヒーコラヒーコライオ?

「何故にWhyこんなことになんだよ?」
「風は炎を吹き消すが……
 風は炎をより激しく燃え上がらせもする!」
「ザケンナー!」
だがバカを破壊してジ・エンド。
てか結局裁きの矢{ジャッジメント・アローズ}使わなかった……
っていうか支給されてなかったんスね。
嵐闘機デッキには相性が悪そうですが。

「Q:なぜおれが負けた?」
「A:君が独りよがりの勝負しかしなかったからだ。
 パートナーはお互いを知り認め合う事で、
 新たな道を切り開く。
 それが限界を乗り越える力となるのだ。」
「お前にはそれが無かったのさ。
 パートナーを葬ったときから……。」
ここでウィンディの末路は?

「ひぃいいいいいい!俺が負けたのは
 頭に血が上ったからだよおおおおお
 ライトニングウウウウウ!」
「愚か者につける薬は無かった様だな。」

ハーエバーニングのMrハートランドみたいに
ウィンディがバーニングで焼死しそう。
ですが助けを求められてもライトニングは冷たい。
ライトニングの目……養豚場のブタでも
みるかのように冷たい目だ。残酷な目だ…。
『かわいそうだけど、明日の朝にはお肉屋さんの店先にならぶ運命なのね』
ってかんじの!
やはりステイシーの末路デース。

「君のデータは私が預かる。」
と不霊夢がウィンディのデータを回収します。
「不霊夢…この恨み忘れねえ!
 呪っちゃる!貴様を呪ってやる!」

ウィンディを回収した不霊夢が風堕ちするのか
それともウィンディを熱血教師で更生させるのか……
結局パートナーの名前も声優も判らず仕舞い……
あ、何気に鳩&カエルがいない。

「AIに呪いなど……無い。」
不霊夢の〆で来週に移る。

来週は死刑執行……じゃねえ、
ブルーメイデンとボーマンのデュエルです。
流石にボーマンはハルの事で
感情的になる程短絡的ではない模様。

ボーマンの主張が最善の策であるにせよ、
だがそれを受け入れる訳にはいかんのだ!
とブルーメイデンは拒否の意思を。

どちらが正しいかなどどうでもいい。
戦わなければならない理由が存在るだけ。
そしてアクアの存在は
このデュエルでどう影響するのか?














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn089.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王VRAINS{ヴレインズ} ソウルバーナー ウィンディ ヒャッハー エクシーズ召喚 気分はバーニング・ドロー

遊戯王VRAINS{ヴレインス88話「リベンジャー・ウィンディ」レビュー

今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}88話のレビューをさせていただきます。
VRAINS TITLE
第88話 リベンジャー・ウィンディ

今週はスペクターがライトニングに敗北して
モンスターボール感覚で光の球として
捕獲されたところから始まります。
洗脳してブルーメイデンとの再デュエルフラグでしょうか?
不霊夢によればライトニングは別格だとの事。
まあイグニスのトップ的な立ち位置ですので。
リボルバーはお花畑でその光景を目の当たりにし、
「お前の犠牲は無駄にしない。」と誓います。

「待ってなよリボルバーちゃんよぉ。
 次は俺が消してやんよぉ!!」
……先週リボルバーにビビッて
ソウルバーナーに復讐の矛先を変えるんかよ、
と言ってスマナイ。
しかしやっぱライトニングが勝手に
ウィンディの相手にソウルバーナーを指名。

「おりゃああのヤローを一刻も早くぶちのめしたくて
 ウズウズウズウズしてんだよぉ!!」
あれだけの目に遭ってビビらないとは
結構肝が据わっておりますな。
しかし逆に言えばライトニング曰く
「冷静さを喪失っているので
 他の者を倒して貰おう」
との事。
おそらくはそれで留飲を下げさせて
冷静な判断力を取り戻させようというのでしょう。

「ボーマンがブルーメイデンと戦う事になるだろう。」
……し、死刑宣告……!?
ブルーメイデンとウィンディと。
対戦相手変更とかデュエル中使徒化が無ければ
ブルーメイデンの敗北はほぼ確実ですので、
スペクターとブルーメイデンが負けて
ウィンディの対戦相手……
今ライトニングが指名したソウルバーナーが負ければ
主人公側が三敗ってのは
流石に可能性は低いでしょうから、
ウィンディにとっても死刑宣告かと。
改心フラグは一応ありますが、
ゲスのまま消えるのか改心するのか
それともベクターみたいにまさかの黒幕化……
は役者不足なので無いとは思いますが。

ていうかブルーメイデンの相手は
洗脳スペクターだと思ってたんですけどね。
まあブルーメイデンはハルの仇でもありますし。
そしてブルーメイデンに勝てば
ボーマンは何気に初勝利という事に。
次はリボルバーとライトニング、
最後にプレイメーカーとボーマン、
対戦カードはこんなところでしょうか。

その頃そのソウルバーナーは……
飛行機の墓場の様なところにいました。
ていうか誰も載ってい無さそうなのに
飛行機が一斉に動いております。

「飛行機の幽霊か?」
と不霊夢は言っておりますが……
リンクヴレインズという電脳空間で
幽霊は存在出来るのかについて。
ここでソウルバーナーの前の道を
飛行機が塞ぎました。
そして……志村後ろ後ろ。
「呼ばれてないけどジャジャンジャーン。
 来たか、中継担当。」
そして中継担当こと鳩&カエルも。
ウィンディ「様」と媚びておりますが、
命{タマ}握られてっからしゃーないっしょ。
しかしウィンディが負けたら
「ケッザマァカンカンこのウィンディ野郎」
と掌を返す姿が見えます。

「リボルバーを無視して私達の所に来るとは、
 さては一度敗れたリボルバーとの戦いに臆したか?」
熱くなりがちなソウルバーナーに対して
不霊夢は冷静沈着に舌戦を開始します。

「ちょい待ち…ってこたぁ俺達はリボルバーより格下って事か?」
「激しく納得。ここに来ないって事は俺様サイキョーって事ね。」
「黙っていろ。」
「ハーイ。」
今日もAiのお笑い劇場は平常運転。

「弱いとかそういう事じゃないんだな。」
「どういう事だよ!?:」
まさか他に理由があるとで……
「雑魚ってこったよ!」
嗚呼、ソウルバーナーがトサカにきちまう。

「ウィンディでなく君が熱くなってどうする。
 少しは私の意図も察してくれ。
 リボルバーとのデュエルで
 ウィンディはトサカに血が上り敗北した。
 彼の感情的になりやすい部分は利用すべきだ。」

「作戦会議は済んだか?命乞いの準備はそろそろおk?」
「嗚呼、君が弱いと見込んだ我々が、
 どれだけ期待を裏切れるのかについて。
「俺は!昔から!お前のそういうなんでも!
 理解った様なところが
 ガチ気に食わなかったんだよおおおおお!」
煽りスキルが有るのに煽り耐性が無い、
どこぞのⅣみたいですな。

「私は君の事が嫌いではなかった。
 以前の君はこれ程歪んだ性格ではなかった。
 Q:一体君に何が起きた?」
「A:何も起きてねえし。これが地の俺だ。」
「そうだとすれば…私は君を許せない!
 君は君を信じていた私達を裏切り、
 ライトニングと共に私達の故郷を滅ぼした!」
「だからどおおおだってんだお!
 お前に許されたいなんて思ってねえし!
 これっぽっちもー。」
一々反応する辺りがウィンディらしいっちゃあらしいです。
これで頭に血が上っている状態なのか、
それともこれが素の状態なのか……。

Ai曰く
「パートナーを消しちまう様なヤバい奴なので
 勝利つ為ならば手段は選ばない」
そうですが……卑怯な手段を取るとしたら、
他のメンバーを人質に取るとかでしょうか。
例えばスペクター……リボルバーならともかく
ハノイに反感が有るソウルバーナー相手なら
効果があるとは思えませんが。
もっともデュエルが全ての遊戯王世界では、
デュエルそのものを放棄するリアリストには
逆転の女神は決して微笑みませんですけどね。

嵐闘機グリフォールで手札をピーピング、
その中から罠カード、サラマングレイト・ロアーを
強制的に伏せさせたうえで自身を特殊召喚し、
ロックバスター略してロクバをリンク召喚、
さっき伏せさせたロアーを墓地に送り、
スカイフィッシャー略して寿司で
墓地送りにしたロアーをセットさせます。
ロアーが過労死カロアーしちゃう。

そしてバハムートボマー略してバボマをリンク召喚……
1ターンでエースモンスターだとぉ!!?
ロアーを「偶然にもそんなトコに伏せカードがぁ」
墓地送りにしてバーンダメージ。
相手と相手カードを弄ぶウィンディらしいデッキですが、
他者を弄ぶ者は最後に報いを受けよ羽柴筑前。

転生炎獣ベイルリンクス略してベルリンを
リンク召喚&転生炎獣の聖域をサーチ、
転生炎獣モルで転生炎獣サンライトウルフ
略してサルフをリンク召喚、
ストラクを推していきますよ押忍押す。
そして伝家の宝刀ヒラオ!!

聖域を発動して一気にゴリ押ししようとしますが……
不霊夢は慎重になる様に言い……
「てか邪魔臭くねえか不霊夢ぅ?」
精神攻撃がやって来ました。

「お前も自分の意志で戦いたいだろぉ?
 結局のトコ邪魔なんだよパートナーとか。」
「だから葬ったのか……パートナーを!」
「それでパートナーを葬った時、どんな気持ちがした?
 ……どんな気持ちだったと聞いている!!?」
「んなもんねぇし。余計なモンがいなくなった。
 そんんだけのことだっちゅーの。」
順調に下種ロードを爆走中。

「ロスト事件の時…あそこに囚われた俺達は、
 想像を絶する思いで毎日を過ごした。
 来る日も来る日も絶望の繰り返し……
 だがいつか助かる…助けが来ると
 小さな希望をつないで生きてきた。
 その希望が現実になった時、 
 その喜びがどれ程だったか!
 それをお前は奪ったのか……
 お前が邪魔だってだけで!!
 やっと取り戻した希望が奪われるのがどんなものか……」

パートナーの顔は暗くてよく見えませんが、
髪型はウィンディに似ております。
友人関係も円滑にいっておりますが……
そして急ブレーキの音からの衝突音が……!!

「彼らが絶望に耐えていた日々の果てに…
 生まれたのが我々なのだ。
 我々は彼らに感謝する事こそあれ、
 彼らの規模云うを奪う資格など無い!!」

それに対してライトニング曰く
「不霊夢…どうやら君も完全に毒
 されてしまっている様だな。」

「そーかいそーかい。くだんねー。
 生み出してくれてありがとさんって、
 感謝すりゃあいいのんか?
 ねぇわそれ!マジでガチで!
 パートナーなんざ無意味で邪魔だって事を
 お前に理解させてやんよ!!
 もっともぉ理解し時にはあの世逝きだけどな。」
「ウィンディ…そこまで性根が腐っていたとはな!」
今まで不霊夢が知るウィンディは
おそらくは猫を被っていたというところでせうか。

「コイツだけは容赦なくぶちのめす!」
「暴力的な表現にあまり賛同したくは無いが、
 今だけは目を瞑ろう。」
「何を言うちょるばい!
 勝利の風は俺に吹いてんだよぉ!!」

ここでガーゴイリードの手札誘発により、
フィールド魔法、嵐闘機流{ストームライダー・タービュランス}発動!!
効果でヒラオがいくら転生リンクしても無駄だそうで。
相手カードに徹底的に干渉する戦術ですな。
ていうか事前に教えてくれるのね。

しかしB・バイソンことバイソン将軍登場。
嵐闘機流の効果を封じ込めます。
同時にヒラオの転生リンク召喚だ!!
しかし嵐闘機爆流{ストームライダー・ブラスト}爆誕!!
またまたヒラオが効果を無効に。

おまけにバボマしか攻撃出来ないので
ヒラオを自爆特攻しますが、
墓地のベルリンを除外して何とか戦闘破壊は免れます。

「ザンネンだったなー。理解ったか不霊夢。
 所詮人間のパートナーなんざこのテードなんだよ!」
「私はそうは思わない。」
「お前もザンネンなやっちゃなー。」
煽りタイム全開アクセル。

ターン開幕ロアー過労死問題。
新リンク嵐闘機艦ストラストーム略して虎が
「貴様らのちょろちょろ燃えるショボい炎を
 俺の風で吹き飛ばしちゃるぜぃ!!」
バボマと虎でフィールドは丸裸、
虎も次のターンまで自己除外して
嵐闘機爆流の効果を妨げません。

「腐ってもイグニスだ。」
「ご名答!正解の商品豪華地獄旅行をペアでプレゼント!
 二人仲良くハネムーンで消えな!二度と帰ってくんなよ!」
まるでベクターの様だ。

「ウィンディ、最後まで気を抜かない事だ。」
おいおいライトニング、何フラグ立てちょるばい。

「不霊夢ぅ、おまいらちょっともいいとこなしだなぁ。
 それに比べて俺は絶好調。
 俺の風でてめいらを吹き飛ばしちゃるよ!」
「我々の炎を吹き消すそうだ。」
「今のライフじゃ風前の灯火だからな。
 何を言われても仕方がねえ。」

「だが君はこんなところで終焉るデュエリストではない筈だ。」
「あたぼうよ。こんなんじゃ終わらない!」
「お~お~そーやってお互いに励まし合っちゃってからに。
 ウツクシーね。パートナーシップってやつ?
 俺のシップはストームライダーシップ。」

「イエスオフコース!大事なのはパートナーだ!
 ウィンディ!お前のパートナーの仇は必ず俺が討つ!」
「うはうはひゃひゃ!やれるもんならやってみなぁ!」
小物ゲス街道爆走中で来週に移る。

来週はウィンディが小物ゲスヒャッハー街道まっしぐら、
しかしその凶風がソウルバーナーと不霊夢をじわじわ追い詰めます。

しかししかし!ソウルバーナーと不霊夢の闘魂の火は消えない!
火と火を合わせて炎と成るが如く!
ヒラオが進化したモンスターになると!?

重なる二つの火……炎であると同時に、
まさかエクシーズ!!?ウィンディ、彼はもう終わりですね。














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn088.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王VRAINS{ヴレインズ} 煽り耐性 ソウルバーナー ウ0ィンディ 吐き気をも寄す邪悪

遊戯王VRAINS{ヴレインス87話「連鎖破壊」レビュー

今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}87話のレビューをさせていただきます。
VRAINS TITLE
第87話 連鎖破壊

今週はファイブヴレインズの中で
一番の小物認定をされたスペクター
ライトニングとデュエルの最中です。

しかし一番の小物扱いしている割には
リンク召喚をされると厄介なデッキであると
デッキの研究を怠らない処が侮れない。
エクストラリンクをキメられて
リンク召喚がでけなくなっチマー。

しかしスペクターもまた天装デッキ、
そして裁きの矢{ジャッジメント・アローズ}を研究しており、
ジャイアニズム満開で強奪しチマー。
そして顔芸祭りの始まり始まり。

「圧倒的と思われていたライトニング
 スペ公が逆転しましたよ先輩!!」
「てかもしかして彼こそが…スペクターこそが
 我々を救ってくれる救世主なのかも?」
「でもアレハノイの騎士ですYO。」
「そういやあそうだった!」
鳩&カエルが何気に先週は様付けしていた
ライトニングを呼び捨てにしております。
まあ力で服従させた関係なんてこんなものですよ奧さん。

そしてライトニングは裁きの矢を強奪されて
エクストラゾーンまでも奪い返されたのを見て
舐め過ぎていたとふんどしを閉めなおして仕切り直します。

「貴方達に後悔の念という感情が存在るのなら、
 今はそれを感じていただきましょう。
 貴方の敗北ともれなくハッピーセットで。」
ここでライトニングの表情がかなり険しくなります。
しかし単純に図星をつかれたというのも考えにくい。
ライトニングなら図星をつかれてトサカに来た振りをする
演技はしてもおかしくはないかと。

裁きの矢&エクストラリンクを崩され、
ライトニングは焦っているそうですが……
スペクターの戦術に対してライトニングは
ケントとレガギスの2体のリンクモンスターを主軸に
守りを固めてきている模様ですが、
只無策で守りを固めているとは思えナッシング。
しかもまだ天装騎兵の底は見えていないと来た。

聖種の天双芽{サンシード・ツイン}……?
顔芸に似合わぬプリチーな双子の男女ですな。
ロキが墓地から叩き起こされて
リンク3の聖天樹の灰樹精{サンアバロン・メリアス}
略してメリーさんがリンク召喚されます。
メリーさんの効果でロキがまた叩き起こされます。
ロキが過労死しちゃいマンボ。

二体目のメリーさんがリンク召喚される、
つまりロキがまたまた叩き起こされます。
そしてロキを素材にラッシャーが。
ラッシャーはメリーさんの効果で
サンレンダァが可能に。

しかも裁きの矢でパンプアッ!!
しかしライトニングもレガギスの効果で巣窟を蘇生、
ケントの効果で一撃目を無効にし、
「攻撃力の差は4000!!
 この攻撃が通れば顔芸の勝ちだぁ!!」
Ai……フラグ立てはやめてチョンマゲ。

ガレアの効果でレガギスの戦闘ダメージは0になり、
巣窟の効果で一度だけ戦闘破壊を無効に。
サンレンダァ目でレガギスを戦闘で破壊しますが……
取りあえずはレガギスをNTRった後にケントを撃破させ、
ラッシャーをリリースしてダフ屋を蘇生、
社の効果で……ロキが過労死します。マジ過労死します。
そしてラッシャー三体目が出てきて
エクストラリンク返しが完成!!

「私はハノイの塔でのリボルバー様とプレイメーカーのデュエルを
 何度見直した事か……アソコで見たエクストラリンク!!
 死力を尽くしリンク召喚をキワめたフィールドォ!!
 あれ以上に美しいフィールドが他に存在るでしょうか?
 私はあの光景を目に焼き付けました。
 それがこーして今自分の手で……
 あのフィールドを作り上げる事が出来た……
 嗚呼…光のイグニスゥ…その一点のみ、
 貴方に感謝します!!」
表情もポーズも恍惚モードに入ってますな。
ていうか頬を染めるなし。マジで頬を染めておりまっせ。

そして二体目のダフ屋を呼びだして……
エクストラリンク フルモード!!!!
スペクターの奴、遂にリボルバーを越えやがったし!!」
とAiも驚愕。

ここから更にリンク召喚で
ドリュアノまでダメ押しに呼んできます。
流石です、このマンモーニ。
ついでに墓地のラッシャーも天双芽の効果で蘇生。
こっちも過労死しそうでっせ。

「フン・・・自分を弱者と卑下する割には
 随分と目立った真似をするじゃないか。
 人間はこのフィールドに美しさを感じるのか。」
「貴方にこの美しさが理解らないとは残念至極。
 貴方の中に存在る秘めたるものも
 その感性の欠如と関係が有るのでは?」
煽りフェイズ発動中。

「ゴーマンなのは…君の方じゃないのかぁ!?
 君は私の何を理解ったつもりでいるのだ!!
 私を下に見るのはよせ!!!!」
……何か芝居っぽくなさそうな、
ガチで本心から
激おこプンプンしてんじゃねえですか?
この光ファイバー?
コンプレックスとは本当だったんか?

「脆く果敢ない砂上の楼閣……
 その意味では美しいよ、そのフィールドは。」
ここでエクストラリンク返し返しを宣言しました。

「君は私をバカだと思っているのか!?
 この私が裁きの矢を奪われる事を
 想定出来ていないとでも思っているのか!?」
この態度からしてデュエル当初は想定出来てないが、
即席で対応策が浮かび上がったという可能性が。
ああ、ついでに。バカは禁止用語です。

「今こそ奢り腐った人間に天誅を下せ!
 天を切り裂く光の剣!!
 魔法カード、裁きの剣{ジャッジメント・ソード}!!」
リンク魔法と違うんかよ。
ていうか新リンク魔法はいつ出るんかいのうばあさんや?

ドリュアノを除外!!
あーんママンが除外された―!!
効果にはてんで耐性がありませんでしたー。

続いて天装騎兵トリプヌス・ミリトゥム
そして……天装騎兵マグヌス・ドゥクス!!
でっけえ象さんだ!!略してマスク!!

マスクの効果で裁きの矢をバウンスして
自身の手札に戻すつもりでしょうが、
聖蔓の略奪でそれはかなわ……
と思ったらトリリムの効果で
社・略奪・交配、そしてドリュアノの効果が無効に。

マスクの効果で裁きの矢が手札に戻り、
そして……
「その目で見届けるがいい!!
 自らが創った芸術的フィールドが
 粉々オシャカになっていくのを!!」
エクストラリンクが粉々にナッチマー!!
まさに連鎖破壊。

裁きの矢を発動した後に
マスクの攻撃でドリュアノが撃破され……
呆気なく負けチマー!!
てかこのデュエル、罠カードの出番が何気に無かったですな。

という訳で「消えろ!」と吸収され……
と思ったら「雑魚には雑魚の使い道が存在る。」
スペクターボールにされちまいました。
洗脳して手下にした後に……
ブルーメイデンのリベンジマッチフラグ?
ていうか鳩&カエルも消滅してオリオン座。

「ギャーハハハハ!やった!やった!
 やったぜライトニング!サスガー!!
 さ~て来週の獲物はどいつだ?
 君に決めた!!」

……すっげえ小物です。
清々しい程に小物です。
眼帯のせいで北斗の拳のスペードっぽいです。
リボルバーに挑むなら……
おまいさんが獲物にされチマーでしょう。
ついでにライトニングに捨て石ステイシー扱いされるでしょう。
ライトニングは高すぎるプライドはコンプレックスの裏返し、
ウィンディは激し過ぎる攻撃性は脆弱さを隠す裏返し、
とこのコンビは見事にコンプレックスを隠せておりません。
ていうかウィンディおまいリンク魔法渡されてないんじゃ?
ハルにまで支給されているのに……もしかしてハブられているとか…
それともやはりステイシー……?

来週は復讐心に萌え滾る小物臭さ大爆発の
ウィンディがリボルバー……じゃなくて
復習の矛先をソウルバーナーに向けます。

……リボルバーちゃうんかい!?
殆ど関係の無いソウルバーナーと
まあソウルバーナーがスペクターの次に
雑魚認定されたっちゅーのもあるでしょうし、
何かパワーアップイベントをこなした訳でも無しに
ウィンディの手の内を知っているリボルバーに
挑んでも勝てる可能性は低いでしょうから、
いち早く復讐したいのはやまやまなれど、
ライトニングにまずはソウルバーナーからと
釘を刺された可能性が高いかと。

ブルーメイデンはアクアの能力と
感情的ヒャッハーなウィンディと
相性が最悪なのもあるのでしょう。

ウィンディの挑発伝説に対して
直情的なソウルバーナーが激おこ。
怒りは制御出来なければ自分の身を焦がす。
一方Aiはライトニングと何か会話をしておりますが……

ていうか不霊夢に対して挑発的嘲笑をしております。
おそらくはリボルバー戦前はAiや不霊夢ら
イグニス仲間に対しては本性をかくして
一人称「ぼく」で猫を被っていたのでしょう。
な訳で本性を知った不霊夢は
ウィンディの非道を止めるべく立ち塞がります。

と思ったら冷や汗をかいておりますがな。
もしかしてウィンディはソウルバーナーに対して
「不霊夢も俺と同じ穴の狢で
 心の底ではお前の事を見下してんじゃねーの?」
とか言って分断を図る可能性も……
取りあえずソウルバーナーと不霊夢は
挑発伝説に乗せられない様に。














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn087.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王VRAINS{ヴレインズ} エクストラリンク・フルモード 顔芸 天装騎兵トリプヌス・ミリトゥム スペクター ライトニング