FC2ブログ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}124話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}124話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第124話  蘇る幻影騎士団{ファントムナイツ}

今週は先週の明日香のストーリー説明に続いて
遊矢のストーリー説明から始まりました。
BBに勝利したところから実験棟に行くところまで
説明しておりますが……
BBが再登場した時にはどこぞのザウルスよろしく
遊矢を兄貴と呼んでくるかも知れないと思ってしまったドン。

その頃瑠璃は一人で
アカデミアの廊下を歩いていました。
分かれ道でどっちに進むか迷う瑠璃を見て
ドクトル曰く「どっちに進むかは自分の頭に尋ねるんだな。」
無意識のうちにオツムの虫に操られて右に進んでおります。
ドクトルの後ろのセレナが無表情で無言で不気味ですたい。

一方遊矢は実験棟の巨大扉の前にまでつきました。
果たしてこの巨大扉をどう開けるのか……
と思ったら自動ドアでした。
それを何の疑問も無く罠という疑いも無く
アサーリ入室しております。

そこで遊矢が見たものとは
謎の怪しさ大爆発な実験棟でした。
人をカード化したと思わしきカードが
実験ポットの中に大量に浮いており、
そしてそこで瑠璃をハケーン。
そしてお約束の柚子と人違いです。

ユートが柚子じゃないよ瑠璃だよ、
と説明してくれました。
取り合えずは瑠璃の先導で
隼のところに行こうとしますが……
ドクトル野郎の思惑で早速瑠璃が
邪悪な笑みの洗脳モードに。
そしてデュエルウィズミー。
ユートはすぐに洗脳を疑っています。
おいおい展開が早すぎないですかい?

遊矢の戦術はオペゴン軸か?
EMの大量展開か!!?
幻影騎士団……ってデッキごと変わっとるぅ!!
どういうことだよユート!?
母さん全然わかんないわよ!!

「ユートの瑠璃への思いが
 俺のデッキを変えたのか……」
デッキごと変わったっちゅーんかい!!
しかも思い以外の何の説明も無く。
しかしカードゲームではよく有る事。
これで動揺してちゃあ
デュエリストは務まらねえ。
てかモンスターが一枚もねえじゃあんか。
これ手札事故じゃあんか。

取り合えず三枚伏せます。
モンスターを出さずに伏せカードだけ、
この戦術を瑠璃は熟知している模様。
ユートは回想で瑠璃の
「デュエルは争いの道具ではなく笑顔をもたらすもの」
というセリフを思い浮かべます。

「なのに今のお前はどうだ!笑顔どころか……
 思い出せ!瑠璃!!本当の自分を取り戻すだ!!」
「ていうか貴方いったい誰!?フーアーユー!?」
「マイネームイズユート!!」×2
「はっ?ユートぉ?」

ここでハゲフェッサーの思惑とは
かけ離れた異変がまたまた起こったのか
赤馬零王は何やら困惑気味です。

返すターンで瑠璃は速攻で
アセンブリー・ナイチンゲール→
インディペンデント・ナイチンゲール+パラフュと
融合召喚をかましてきます。
おまけに効果ダメージもバーンしてきます。

パラフュが瑠璃の豹変の原因と気づいた時、
ここで満身創痍の隼がやってきました。
ドクトルは隼をとんだ邪魔とか言っております。
ならば何故瑠璃とのデュエルでバッタンキューした時に
TODOMEを刺しておかなかったんかと。
セレナは無言で出撃。これは一体!?

隼は瑠璃をデュエルで正気に戻した筈。
なのに結果は見ての通り……
という事はデュエルで勝っても
洗脳解除はさせんのう(魔法カード「大寒波」発動)。
つまり影で瑠璃を操っているドクトル野郎を
発見していてこまさない限り洗脳は解けないです。

インディペンデント・ナイチンゲールの攻撃に対し、
幻影騎士団ロスト・ヴァンブレイズ×2のダブルトラップで、
戦闘破壊耐性を持つ罠モンスターを2枚出し、
速攻魔法、幻影騎士団双記章により、
相手ターンで新エクシーズ、
幻影騎士団カースド・ジャベリンをエクシーズ召喚!!!
インディペンデントの効果を無効にして攻撃力を0にする、
しかも相手ターンにも使用可能というゴルゴニック涙目。

隼はデュエルが行われている隙に
裏で操る者の捜索をうぼぁー
セレナの無言のスタンガンによる
リアルダイレクトアタックで
隼が隼殺されました。
そして乱入です。
このデュエルに遊矢が勝利ったら
おまいの言う事何でも聞いちゃう
とかのたまってます。
ぺなるちーはつどー。
おうおう、相変わらずの働き者ですな。

セレナは永続魔法、寄生工場とパラフュにより、
インディペンデントをパラサイト・クイーンにします。
羽蛾あっ!!女王様ああああああああああああ!!!!!
てか月光はどうした月光は!!!!?

「天才のこの私が作り上げた
 Q極のパラサイトモンスターだぁ!!
 思う存分暴れさせろうはうはひゃひゃ!!」
……カテゴリー化するつもりかこのドクトル野郎。
カースド・ジャベリンの効果も
女王様は相手モンスターの効果を受け付けないので
そのまま戦闘破壊されチマー。

遊矢の本当の自分を取り戻すだ!という説得に
「私は本当の自分を覚えているさ。
 だがそれも最早過去の話だ。
 あのビーカーにはアカデミアが誇る偉大な化学者、
 ドクトルが生み出した虫が無数に培養されている。
 そしてその虫が私の頭に鎮座ましましてる。
 そして柚のオツムの中にもっ!!!」

てかビーカーの光るアレって卵だったんかい。
ていうか自分で秘密をベラベラ喋るって
セレナはキャラ的にやっぱりポンコツやねん。
そして柚子の頭の中にもやはり案の定。
薄い本がバァンバァン出そうです。冬コミ。
キッズ向けアニメという事を忘れちゃいませんかい?

「私達はドクトルによって生まれ変わったのよ。
 マジ喜ばしいこったわ。」
「諦めるのだな。柚子はもうお前のもとには……」
「織田魔利!!よくも…よくもゆづを!!!!」
遊矢が神を逆立て激怒している!!
覇王キラートマト再びか!!?

「落ち着け!落ち着け遊矢!!落ち着くだ!!」
おお!ストッパーユートの御登場だ!!
「許せないのはお前だけじゃない!!」
へ?
「この俺も同じだ!!」
ちょっと待ていやこのナス頭!!!!
ストッパーと思ったのにアクセラレーションかよ!!!!
煽ってんじゃねえべよこのナストラル!!!!!!!

ここで遊矢がユートにバトンパスします。
あ……セレナと瑠璃が驚いています。
そりゃあそうだ。いつの間にか。
お目の前の遊矢がユートになっているんだもんよ。
実体化なのか入れ替わりなのか……
兎に角トマトがナスになった。

「まさか榊遊矢の中にもう一人の人格が……!!」
プロフェッサーは遊矢の中に
ユートがいるという事を知らなかった模様で、
ひどく狼狽しております。
どうやらこのハゲチャビン赤馬零王は
想定外の事態に弱い模様。

魔法カード、RUM-埋葬されし幻影騎士団{ベアリアル・ファントム・ナイツ}により、
カースド・ジャベリンを蘇生した後……回想inです。
ポニテのモブ女子に瑠璃が勝っております。
遊戯王はモブ女子の可愛さは定評がありますからな。
ここユートは隼に瑠璃を紹介されます。
ユートは瑠璃が隼の妹としって驚き桃の木山椒の木。
そして瑠璃の笑顔に一目惚れ。ラブコメ次元ですかい?

「大空を自由にさえずり飛び回る鳥達みたいな
 明るく楽しいデュエルがしたいの!」
次の場面はデートスポットっぽいところで
ユートと瑠璃がイチャイチャしとります。
次の場面は瑠璃がユートの肩に寄り添って
ユートの顔が紅潮して焼きナスに。
ラブコメ次元もあったんだ。

取り敢えずはダベゴンをエクシーズ召喚して
瑠璃が舌打ちして……
「俺は瑠璃から笑顔を奪ったアンチクショウが憎い!!」
「俺も同じだ!俺達が倒すべきはドクトル!!」
「そして必ず瑠璃を……セレナを……」
「柚子を……」
「「取り戻す!!」」
リンがハブられたままハモります。

「ならば二人を倒しここまで来てみろ。
 これるものならなぁ!」
ドクトルはフラグ台詞をおったててます。
それともまだ何か倒された時の為の策が有ると!?
柚子のレイプ目のドアップで来週に移る。

来週はドクトルがモニターを通して
遊矢達に自己紹介をしております。
……てか柚子の顎を指でナデナデして
遊矢の逆鱗もナデナデしております。

ドクトルのパラフォに呼応する様に
セレナと瑠璃も邪悪な笑みを浮かべます。

「何匹かかってこようと虫は虫ぃ!!」
遊矢がキラートマト化して
ユーリに取り付いたのと同じ
悪魔(?)が取り付いております。

そしてオペゴンとダベゴンが揃い踏みし、
遊矢の表情がまるで悪鬼の如く……
てか白面の者っぽいです。
サブタイトルは烈火の炎……
もとい烈火の竜。
烈火の竜とは一体!!?















詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn124.html
スポンサーサイト

TAG : 遊戯王 遊戯王ARC-Ⅴ アニメレビュー デュエルリプレイ 幻影騎士団 黒咲瑠璃 セレナ パラサイト・クイーン

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}123話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}123話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第123話 栄光の機械竜

今週は明日香のストーリー説明から始まります。
そこで最後に現れたのは……げぇっユーリ!!

五人まとめてカードにしたげるとかいうユーリ
実の父親であるはずの遊勝が遊矢と間違えます……
と思ったら次の瞬間明日香がタッコー。巨乳タックル。
そしてコンボで巨乳スリーパーホールド。
ストロングですなぁ。

ここで素良が壁を押すと取っ手が現れ、
それを引くと柵が落ちてきました。
それにより遊勝達はユーリから隔離される模様。
しかし零羅が転んでしまってワンワンワワン。
しかし素良が零羅を押して零羅は遊勝サイドに行き、
明日香とタッグで……と思ったら
素良も柵に隔離されチマー。
しかもこの柵はデュエルディスクを
エラーにする機能までついてきます。

ユーリは明日香の事を色々調べた結果……
「そぉ~んな優等生の君と
 デュエってカードにでけるなんて
 マジ楽しみだなぁ~ふふふのふ。
 てかこれ知ってるぅ?」

変態だー!!変態大魔王だー!!
てかユーリは帯留めされている
新品のデッキを出してきました。
明日香も含めた優等生に支給される
特別デッキだそうです。
ふむ……古代の機械デッキ……
そのデッキは反則、いや販促だ!!
ここまで販促である事を隠そうとしないとは
その勇気と無謀を掛け違えた漢気に
シビれるアコガレるぅ!!

ユーリは捕食植物デッキとこっちのデッキと
どっちで相手して欲しいとか
露骨な舐めプを噛ましてきます。
明日香はプライドが高いので
捕食植物デッキでやらんかいと言ってきますが、
ユーリは優等生デッキでやりまぁ~す。
そういう舐めプはゲストキャラの明日香ではなく、
前の五人衆相手でやってほしいものです。
イヤ、マジで。

明日香は1ターン目から
サイバー・エンジェル-那沙帝弥-を
二体儀式召喚してきます。
ライフゲインの上に切り込みロックだ!!
その……アニメでロックをかまして
成功した例が無いんですけど……
あまりにも鉄壁な失敗フラグッッッ!!!
おまけに素良の説明まで入っとるぅ!!!

ユーリはユーリでカード効果を確認しております。
ガチで本当に知らないデッキなんかよ!

取り合えずはいちいち確認しながら
永続魔法、古代の機械要塞を
魔法カード、古代の機械射出機で粉砕します。
永続魔法をすぐに玉砕する戦法をミスと言われ、
「てかミスなんてしてないけど。」
とちょっとカチッてきております。
どこまで演技なんかが分からいのがおそろしいところ。

その二枚の効果で
二体のアンティークモンスターを
デッキから特殊召喚し、
そして手札に加えた古代の機械熱核竜を……
アドバンス召喚だと!?
融合のエキスパートたる
アカデミアの切り札が
融合じゃない訳が無い!!
てか販促活動に熱心でよろしい。
中々すぐれたセールスマンになれそうです。

二回攻撃×貫通×戦闘フェイズに効果発動封じ
で那沙帝弥二体を大喝采で撃破し、
「初デッキを使いこなしちゃうなんてさぁ、
 ぼくってやっぱ天才~♪
 てか次に行きたいからさっさと終わらせてね。
 早く!早く!はーやーくー!」
煽りで言っているのか
それとも地で言っているのか……

その頃ユーゴも
「早く……早く……」
その頃遊矢も
「早く……早く……」
謎のシンクロです。
だが明日香もこのままでは終わらない!!

返すターンで那沙帝弥を蘇生させ、
古代の機械熱核竜のコントロールを奪取し……
「ひどぉい!君はアカデミアから生徒を奪うだけじゃなく!
 ぼくのモンスターまで奪うっていうのかい!?」
わざとらしすぎる大げさな演技です。

「貴方こそ私達から大切な仲間を奪った!
 大切なものを奪われる辛さを思い知りなさい!!」
え?明日香は演技に気づいていない?
素良曰く3000の二回攻撃で一コロだそうです。
だから説明は……てか説明フラグが立って
フラグが発動しなかった試しがあったのかどうかについて。

案の定罠カード、未完の古代の機械で
古代の機械巨人を呼び出されますが……
永続魔法、融合破壊でデッキの融合カードを
三枚全部墓地に送られて戦闘+バーンダメージで
残りたったの100!!
残りたったの100!!
100!!!!
てかたった三枚しか墓地に送ってないし、
他にも融合・フュージョンのつくカードとか
それ以前にパワーボンドとかきそうです。

「なんでそんなコトすんだお。
 ぼくからモンスターを奪い、
 挙げ句の果てには融合まで奪うなんてさぁ。」
「大切なものを喪失うつらさ……
 どう?思い知った?」

「大切な……もの……」
ここで改心したと思いたいですが、
どこぞの真ゲスよろしく
改心すると思っとんかい展開の予感が。

回想では家族も友達もいない、
対人関係はデュエルの時だけで
ボッチのショタユーリはチート性能過ぎて
まわりからドン引きされていて、
程良い強さで皆から慕われていた
ロリ明日香を羨望(?)の目で見ています。
てかロリ明日香の服は今柚子に着せていた服ですな。
お古の服なのでしょうか?
そして次の階層では赤馬零王がロリセレナを連れています。
つーか回想を独白しているユーリを
プロフェッサーが監視カメラで見ております。

「そんな時プロフェッサーとかいう
 ハゲちゃびんが声をかけてきた。
 ぼくにアークエリア・プロジェクトが始まれば
 好きなだけデュエルがでけて
 倒しおた相手をカード化していいって言ってくれた。
 それからはずっと楽しかった。
 カードにすればする程プロフェッサーも喜んでくれたしぃ。
 でももうそんなこたぁどーでもいいし。
 ぼかぁ自分が楽しくてシたいからカードにする!!
 これまでもこれからもずっとね!!」

流石に赤馬零王も動揺しております。
これは想定外の様ですな。
ハラフュで洗脳とかでけないのでしょうか?
それともパラフュは枚数が少ないとかでしょうか?

「そんな事続けていたら
 友達百人出来る訳無いじゃない!!
 みんなカードにしちゃったら
 最後には誰もいなくなって
 世界中に貴方ぼっちになるわ!!」
「世界にぼく独りってこたぁ
 それってぼくがサイキョージャンプじゃあん!」

何その発想。ボッチの究極体型!?
マジぶっ飛びまくった考えです。
そこにドン引きビビりまくるぅ!!

古代の機械飛竜を手札に戻して召喚し……
超融合発動!!」
えええええええええええ!!!!?
ちょっとMATTE!!
ストラクデッキに入ってないじゃん。
それってズルじゃあん!!
てか超融合を出してええんかええんかええのんか!?
LDSにも超融合理論とかが有りましたが、
GXの象徴的なカードをホイホイ出すには
それなりの下準備とかがいると思いました。

「ぼくがデッキに入れたからに決まってんじゃん。
 もしかしてぼくがデッキレシピも知らずに
 そのまま使っていると思ってた?思ってた?」
舐めプしつつ演技もしていてたんかよ!!
性格はアレだけどクレバーだわ。策士だわ。
ついでに超融合も最初から手札にあったとか。

明日香に対する当てつけなのか、
裏切りモンスターにも生贄になって貰うと称して
熱核竜と巨人と飛竜を融合して
古代の機械究極巨人を融合召喚ナノーネ!!
しかも超融合に対して全ての効果は発動出来ない!!
クロノス先生の切り札を覇王のカードで呼び出すとは……
巨人の攻撃で……明日香敗れる!!!
クロウの時もそうですが、
過去のゲストキャラはもう少し
マシな扱いをして欲しいものです。

「ぼかぁ人をカードにしてないとダメなんだ。
 呼吸をする様にねぇ。」
中毒?カード化依存症ですか?
ちょっとマジでイカれてませんか?
北斗の拳のリン的な表現で
「く…狂ってる……!!」
奇面組的に来津輝。

「君のおかげでぼくにも夢がでけたよ。
 世界中…いんや、全ての次元の人を、
 残さずカードにするって夢がね!!」
カードにされる明日香が最後に見たものは、
ユーリに取り憑いている紫黒色の悪魔でした。
これが黒幕なんか!?
ハゲフェッサーも想定外過ぎて
何か動揺しまくってますし。

元アカデミア出身の素良と明日香が
殆ど接点が無かったのが残念です。
てか今思ったんですけど、
融合使いのマルコ先生はこのまま
声無しで終わるんですか?
終盤でまさかの……という展開も有ったりして。
ついでにストロング石島も再登場は無しですか?

素良に牙先を向けたユーリは……
ここのシステムは自分も使えて
閉じ込められたフリをしていたとか言っております。
素良と二人がかりでかかってこられたら
流石にマズいと感じたのでしょうか?
行き当たりばったりに見えてかなりクレバーです。
てか来週にデュエルの描写だけでなく
セリフもなくカード化されてそうです。

一方遊矢は生徒に
柚子は実験棟にいると言われて
そこに行きます。
しかしその生徒はパラフォに洗脳されていて、
罠が待つ実験棟に遊矢が行って来週に移る。

来週は遊矢withユートが瑠璃と再会します。
しかしパラフォに洗脳かまされた瑠璃は
遊矢withユートにデュエルウィズミーします。

遊矢をカード化したげるとか言っている瑠璃と
デュエルしなければならなくなった遊矢は、
凶悪な顔の瑠璃をアカデミアに操られていると知り、
デュエルで元に矯正しようとしますが……
隼が勝っても出来なかったのを
遊矢はどうやってするのでしょうか?

過去の回想シーンでは
穏やかな面持ちの隼と、
瑠璃にドギマギのユートが見られます。
「デュエルで笑顔を」
と教えてくれた瑠璃を救う為、
遊矢withユートは戦います。

蘇る幻影騎士団というサブタイからして
遊矢のデッキに幻影騎士団のカードがはいるのでしょうか?
てかこのサブタイを見て蘇える金狼を思い出しました。















詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn123.html

TAG : 遊戯王 遊戯王ARC-Ⅴ アニメレビュー 天上院明日香 ユーリ 販促回 舐めプ 機械竜叛乱 超融合

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}122話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}122話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第122話 グローリー・オン・ジ・アカデミア

今週は隼が洗脳解除した瑠璃をおぶって
階段から降りてくるところから始まります。
と思ったら降りた途端に隼がバタンキュー。
やはりエクシーズ次元での傷は深かった。

一方デュエル場に戻ってみれば……
開幕サンダースがSMプレイを堪能しておりました。
BBが裏切りプレイをした模様。
生徒達は
「弱肉強食の厳格さを教えるものであれば
 サンダース教官もカード化されねばならない。」
例え味方でも負ければカード化。
狂ってはいますがブレてはいません。

遊矢はBBに誰とも争いたくないんじゃないかと
BBの本心をカウンセリングします。
「お前がこのどデカイ砦を築いた時に思っただ!!
 この砦は俺にとってのゴーグルと同じだって!!
 ゴーグルを降ろしていればみんなに笑われ馬鹿にされても
 別の世界の出来事の様に思えた。
 お前もあの砦は自分の心を守護る為に……」

凶暴性は小動物の威嚇と同じで、
凶暴性をまして力を見せる事で
自分の心を守護る為にやっている事か。
遊矢も昔はゴーグルという名前の部屋に
閉じこもっていたヒッキーだった。
故に昔の自分を重ね合わせ、
何とかしたいと思っているのか。

「ああ、そーだお!なにがめーれーだぁ!!」
案外素直に認めましたな。
しかし生徒達はBBを止めない。
自身のカード化をもって
勝利至上主義を体現する様に
立派な御最期をとか言っております。
強固な洗脳は南斗おそろしいものか。

「いいだろう……くっ殺せ!
 実践の厳格さを生徒達に教えられるなら悔いはない!!」
狂っているとは言えブレない。
良くも悪くもアカデミアイズムが見えます。

「この作戦には俺には思惑があった。
 お前は味方をもカード化する戦いに飢えたケモノ。
 俺はサバイバルデュエルに育てた五人の精鋭を投入し、
 プロフェッサーの厳命・榊遊矢排除を果たそうとな。
 俺をカードにし、榊遊矢を消しされぃ!!
 これはハゲフェッサーの命令だ!!
 榊遊矢を討ち漏らせばお前に生きる道は無い!!
 強者を喰らい!己の血肉としろ!!
 勝利って頂点に立って来い!!」

な訳でサンダースカード化は後回しにして
強襲城のバーンダメージで遊矢を
FINISH HIMしようとしますが、
安定のアクションカードで華麗にスルー!!
二段目もジャックの罠カード、レッド・ゲイザーを発動!!
バーンダメージを無効にしてライフを半減して
トークンを1体特殊召喚だ!!
これはOCG化される時は
コストはライフ1000になりそうです。

あ……BBが城の中に逃げ込んだ。
引きこもりと化しております。
罠カードにビビりすぎですな。
てか挙動が一々かわいいよBB。
そして強襲城にまた次弾装填されチマー。
毎ターン実質ノーコストで
2000ダメージっちゅーことかい。
てかOCGで考えたら4000ダメージかよ。
強すぎやしませんかい?
インチキ効果も以下略
サンダースが何気にまだカード化されとりません。
生徒達が「敗者はカードに」連呼しているのが
恐ろしいところですアカデミア。

「いくら叫んでもオツムに
 染み込んだ教えを消し去る事は出来ん!!
 それを覆すには奴らの心を震わせるしか無い!!」
ジャックのブレないデュエルで語れ論in。

そして満を持してダブル・リゾネーターの効果を経て
レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイランド降臨!!
てかドラネコが手を振っております。

「犬小屋の中で吠えるケモノ等
 その小屋ごと吹き飛ばしてやろう!!」
負け犬という事ですか。
遊矢のモンスターも巻き込んで
タイランドが自分以外の
フィールドのカードを粉砕玉砕大喝采!!
勿論強襲城も。

ペンデュラムモンスターは
エクストラデッキに戻るとは言え、
ジャックらしい強引なやり方です。
と思ったらまた強襲城跡地から新しい城が現れた!!
更に近代的でゴージャスにパワーアププーしとるし。

ジャック曰く
「犬小屋が馬小屋になったか。」
城之内曰く
「誰が負け犬が馬の骨になっただと!?」

その馬小屋は墓地の剣闘獣全部を収納し、
互いのフィールドのモンスター効果を
無効にするというスキルドレイン的な
効果を持っております。
遊矢はBBがジャックにビビっているという
証左だと判断しますが……

更にタイラントのダイレクトアタックに対して
砦内の剣闘獣1体の攻撃力を
1000+残りの砦内の剣闘獣×1000にして
特殊召喚して戦闘させるという販促効果ぶり。
そして破壊されて墓地に送られたモンスター×500分
コントローラーにダメージを与えるというガチ振り。
ついでに特殊召喚されたモンスターは
エンドフェイズに砦に戻ります。
徹底したヒッキー…もとい、
ヒットアンドウェイ戦法です。

ジャックは遊矢に対して
「お前はお前のやるべき事をやれ。」
と激を飛ばします。
遊矢がやるべき事とは……
BBが心に纏った鎧を脱がす事だ。

ここでレデースアーンジェントルメーン。
アカデミア生徒相手にエンタメデュエルを魅せます。
魔法カード、EMペンデュラム・アート&クリーンを発動し、
背景が純白のキャンバスに生まれ変わらせ、
エクストラデッキのレベル1の
EMペンデュラムモンスターを可能な限り
特殊召喚しますので拍手喝采プリーズ。

てかEMの面々がスプラトゥーン的演出で
カラーボールを純白キャンバスに投げつけております。
あ、沢渡が緑のペンキ塗れた。まさにスプラトゥーン。
そして〆にEMアンダーカバー・ヒッポを通常召喚。
カバでカテゴリーがでけそうな勢いです。
カバァァァッー!てな感じで。

EM軍団のダイレクトアタックに対して
BBも剣闘獣軍団を差し向けますが、
速攻魔法、EMガード・ダンスの効果により、
戦闘破壊と戦闘ダメージを0にします。
そして全部の剣闘獣
ヒッキー状態から引きずり出します。
てかEM軍団と剣闘獣軍団が
ダンスパーティーをおっぱじめておりまっせ。

そして剣闘獣が全て出て
パラライノのダイレクトアタックで……
しかし手札から最後の剣闘獣の
ノクシウスが出てきてこんにちわ。
だがお楽しみはこれからだ!!

「てかなんでおれのモンスターたちはもどってこない?
 てかおまいたちいったいなにをしちょるばい?」
BBが様子を見ようと開けたところは……
大砦の馬の頭の部分からでした。
かなりシュールやね。
チームEMとチーム剣闘獣でカラーボールのぶつけ合い、
スプラトゥーン対決をやっとりますし。

そしてお次はガード・ダンスの効果で
互いのモンスターのコントロールを入れ替え……
ってチームEMがヒッキー状態のBBを
無理やり外に連れ出します。
一気にBBがコミカルギャグキャラに。
そしてペンキで水色一色に。

「わらうな!なにがおかしかばい!?」
「もう無理に戦う事はない。
 だってデュエルは誰かにやらされるものじゃなく、
 自分が楽しむ為のものだから。
 デュエルは自分も相手もみんなを笑顔にする。
 俺はここにいる全員を笑顔にしたい。
 本当のデュエルを楽しんで貰いたい。
 人を傷つけるデュエルは今日で終わりにしよう。
 これからは本当にやりたいデュエルをしよう!!」

アンダーカバー・ヒッポをデッキに戻して
ペンデュラム・アート&クリーンで
特殊召喚したモンスターを全て破壊します。
サンダースによれば大砦の効果で
両方ダメージを受けるとの事ですが……
沢渡が言うにはペンデュラムモンスターは
墓地にいかないので遊矢は無事。byベクター
これにはジャックも満悦エンタメデュエル。
そしてBB自身の言葉で
500のダメージを受けて
遊矢が勝利をします。

「おでは・・・いままでたくさんのひとをきづつけて・・・」
「償うのはこれから幾らでも出来る。
 もう本当の自分に戻ったんだから。」
「ほんとーのおれに・・・」
BBが涙ぐんでおります。
素直に非を認めて償おうとしているところ、
やはり元は気弱で繊細なデュエリストだったのでしょう。
遊矢がエンタメカウンセラーと化しておりますな。

「お前がカードにしてしまった人達も俺が……
 俺が必ず元に戻して見せるから!!」
「うあーーーすまない!まじすまない!!」
ここでアカデミア特戦隊のカードも
サルベージするところが権ちゃんのいいところ。

「エンタメデュエルだとぉ!?
 ひよっ子共を味方につけたところで
 アカデミアからトンコでけると思うか!!
 プロフェッサーの厳命を受けた
 次の刺客が必ずやお前を葬り去る!!」
あ、サンダースが生徒達に連れて行かれた。
次なる強敵の存在を示唆して……。
てかオサーンブレねえですな。

権ちゃん達は俺達は後で行くので
柚子とセレナを助け出す様に言います。
「地上までご案内します。」
遊矢にはモブ生徒が一人付いて来る様です。

一方隼サイドでは……
必ずカイトを連れて帰ると
瑠璃が一人でどっかに出かけます。
しかし……
「こういう事もあろうかと
 脳筋筋肉頭生徒達の中に
 虫を一匹仕込んで良かった。」
洗脳済とはドクトル有能だなオイ。

「虫達は引き寄せられるぅ。
 クイーンの元にね。」
クイーンとはセレナの事か!?
てか柚子ももしかして洗脳済みか!?

そして赤馬サイドでは
遊勝と合流を果たしております。
強大になりすぎたアカデミアを
壊滅に追い込むには……
げえっ、ユーリ!!!!
波乱の予感を含んだユーリの登場で来週に移る!!

来週は……明日香がユーリに
巨乳タックル&巨乳スリーパーホールドして
足止めとしてデュエルを挑みます。

ユーリは優等生だった明日香を
カードにでけるなんて愉しみだなぁとか
心底嬉しそうです。

遊勝はプロフェッサーの元に行き、
素良は牢屋に閉じ込められて
デュエルディスクもエラー扱いです。

ユーリは……機械竜!!?
捕食植物はどうなった!?
捕食植物デッキでなくてもいいという
一種の舐めプですか!?
それとも別の意味が!?

女性キャラに触手プレイをしないという
アニメスタッフの鉄の意志を感じます。
てか同じ融合次元出身でも
明日香と素良は面識は無いのでしょうか?















詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn122.html

TAG : 遊戯王 遊戯王ARC-Ⅴ アニメレビュー デュエルリプレイ 榊遊矢 バトルビースト グローリー・オン・ジ・アカデミア ジャック・アトラス 剣闘獣

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}121話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}121話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第121話 最凶の烙印

今週は漢・権現坂が仁王立ちで
剣闘獣使いの野獣デュエリストBBにやられ、
カード化される寸前でジャックが
何の脈絡もなく現れたところから始まります。
あらすじに2分とはまるで往年の
ドラゴンボールZを彷彿とさせます。
てかどうやって次元間を渡ってきた!?
まあ……こまけえこたぁいいんだよ!!

あ……ちょちょちょちょっとあぶねえ!!
今BBを轢き殺そうとしなかった!?
マジ轢き殺そうとしたろ!!?
おまいはボンガロのテリーか!?
ジャック参戦……ぺなるちーはつどー。
ペナルティは相変わらず仕事をしておりますなあ。

アマンダ達にシティの未来は自分達に任せて
世界を救う為にアカデミアと戦ってと乞われ、
ジャックは出陣したとの事。
やはりジャックは応援してくれる子供達を決して裏切らない。
しかしクロウは……クロウは!!
沢渡を守る為にカード化してしまった!!

てか遊矢達との会話中に
BBがじりじりと近づいてまんがな。
まるでバラエティ番組かコントの様だ。

ジャックは早速高速で
スカーライトをシンクロ召喚だ!!
クロウをヤられて怒り心頭のジャックは
手加減というものを知らない。
壁走りライディングのジャックに対して
BBはぽかーんとしちょる。
そしてスカーライトの効果で
ガイザレスを破壊せんとします。

「レモンの攻撃力3000以下の
 特殊召喚されたモンスターは全て破壊……
 シンクロ次元にはそんなゴイスな
 効果を持ったモンスターがいるの!?」
ブロッコリヘアーなちょっとガタイのいい
南米系のモブ女性オベリスクが
いい味を出しております。

しかし相手は永続罠、剣闘獣の蛇頭楯により、
レプティレス的なメデューサの楯で破壊を無効に……
カウンター罠、レッド・バニッシュでそれを無効にして破壊。
このカウンター罠はレモンがいる場合、
「セットしたターンに発動出来る罠だと!?」
てかノーコストの賄賂でね?

そして指し降ろされた親指は
BBにもダメージを与える。
親指は皆平等です。

榊遊矢程のデュエリストが
 残り鉄壁の100まで追い込まれたからには、
 何か有ると思って伏せた迄の事!!」
「こ……このままだいれくとあたっくをくらったら……」
「レッド・ウルフの効果を使ったターン、
 俺は攻撃出来ない。命拾いしたな。」
「(*´ỏ`*)ホッ……」

……露骨にホッとしとるぅ!!
このBB、マジ心の底から安堵しとるぅ!!
何かちょっとかわいくね?

「何お前は俺の最高傑作にして
 アカデミア最強のデュエリストだあああああ!!
 それ程の男が命拾いしたと言われて安堵するとは!!
 こうなれば俺が直々に熱血指導してくれるわ!!」
あ、サンダースが降りてきた。
ついでにこんな時にでもぺなるちーは発動します。
マジ働き者ですな。
てか乱入が多過ぎませんかい?
基本的にカードゲームはタイマンで
複数戦でやるにしても
もうちょっと説得力が欲しいもので。

サンダースが融合召喚したのは
剣闘獣総監{グラディアルビースト・テイマー}エーディトル!!
そしてBBのフィールドに
アンダバタエを召喚条件を無視して特殊召喚します。
インチキ効果もいい加減にしろ!!

どんな猛獣も鞭一つで思いのままに操れる
という口上ですが……BBが操れておりません。
てか教官の教育方針でBBがアレになったんでは?
「これでまた存分に戦える!!
 お前の強さ&凶暴さを目の前の的に見せつけちゃれ!!」

「あいつ……さっきまでと様子が……」
遊矢はBBの様子が変化したのを敏感に察知します。
まるで何かに怯えている様な……

「プロフェッサーからの至上命令だ!!
 赤馬零児以外のランサーズは全排除せよ!!
 特に榊遊矢という男だけは
 何があっても討ち漏らすなと!!」
アカデミアの計画に遊矢の存在はなぜまずいのか……!?
で……取り敢えずはサンダースさんや、
重要な情報を自らゲロっちゃうのはマズくねえですか?

サンダースはエーディトルの効果で
スカーライトを破壊&バーンダメージで
ジャックを退場させようとしますが……

「この効果が通ればあいつは終わりよ!!」
ブロッコリヘアーのモブネーチャンの説明死入りました。
罠カード、レッド・アーマーで効果破壊は無効だ!!
スカーライトは俺は守護る!!
しかし遊矢はモンスターがいないので
ダイレクトアタックの対象に!!

しかし遊矢はハゲフェッサーが
自分を友愛対象にしているのは何故か、
という疑問で頭が一杯であり、
攻撃に対して上の空です。
と思ったらローラースケートで
物理的に華麗に避けました。

しかし攻撃は追ってきます。
ここはアクションカードで凌ぐしかない!!
しかしサンダースはBBに取らせるなと命令を……
いや……命令違反をかましたぞこのBB!!
戦後に軍法会議モノだ!!
そして安定のアクション魔法、回避でスルー。

「命令違反するからキシャマはまともな兵士になれんのだぁ!!
 勝手な振る舞いは勝機を逃し、
 味方を危険に晒す事もアルカノイド!!」

取り敢えずは正論ですな。
「何が正論だよ。馬鹿言ってんじゃないよ。
 自分の命令で生徒五人を
 カードにしといてよく言うよ。」
沢渡の異議あり!!が入りました。

そしてユートに対して遊矢は言います。
アカデミアの計画と別の次元に生まれたのに
クリソツフェイスの遊矢シリーズに
赤馬零王は何をしようとしているのか?
何故遊矢とユートは一つになったのか?
それと遊矢を名指しで友愛しようとする事は
繋がっていると……
そして遊矢の中に存在する
なにか得体の知れないものは……

「てか目を覚ませ遊矢!!
 デュエルの最中に戦いから目を背けるとは言語道断!!
 心に迷いが存在るならデュエルで語れ!!デュエルで叫べ!!」
遅延行為にジャックのジャッジがin。
ジャックらしい発言です。
月影とクロウの想いに応える為にも
このデュエルには負けられねえ!!

EMパラライノとEMドラネコで
アンダバタエの効果を無効にして
更にダメージを与えますが、
永続罠、剣闘獣の強襲城{グラディアルビースト・アサルト・フォート}が発動!!
一瞬強襲城は教習場のシャレと思ってしまいま。
剣闘獣以外の自分のカードを破壊し、
そして剣闘獣罠カードを全て
永続魔法扱いの闘獣の砦として扱い、
そこにデッキから剣闘獣を1枚ずつ置きます。

剣闘獣は1ターンに1度戦闘ダメージは0になり、
戦闘や効果破壊は無効になる。
ガチガチに守護るデッキコンセプトですな。
更に砦モンスターをデッキに戻す事で
相手に1000ダメージを与えられる。
こういう鉄壁コンボは破られるがフラグ。

「どーだよ!!これがおれのきりふだだぁ
 とっぱでけるもんならかかってこんかい!
 ほーほっほっほっ!!」
てか砦は手で動かすんかい。人力砦とは斬新なり。
まるでお前の母ちゃんでーべーそー
とか言い出しそうなポーズです。

ここで遊矢の回想が入ります。
チキン野郎榊遊勝の息子と
うしろゆびさされ組刺されていた頃の
遊矢の回想でしょうか?
遊矢はBBを昔の自分と
重ね合わせているのでしょうか?

BBはおそらくは繊細で
気が弱い決闘者だったのでしょう。
虚勢を張っているのも、
周りをガッチガチに固めるのも
元々は繊細で気が弱いから。
だからこそサンダース
スパルタンX教育に耐える為に
心が壊れたというところでしょうか?

サンダースはBBにやっておしまいと命令します。
「俺の命令はプロフェッサーの命令。
 戦いの放棄は即ち敗北に値する許されない行為。
 カードにされてもいいのか!!?
 カードになりたくなければ
 奴らをひとり残らず殲滅するのどぁ!!」
ここでBBのトラウマに
サンダースが踏み入ってしまった模様。

「ぐらでぃあるびーすと×2のこんとろーらーは
 えーでとるのこーかをはつどーでける!!」
「そうだ!その調子だBB!!
 その効果でスカーライトを破壊すれば
 奴は3000のダメージで……」
「おれがはかいすゆのはえーでとるじしんだ!
 じぶんじしんでえすえむせんかい!!
 こーげきりょくぶんのだめーじをひげおやじ、
 おまいにあたえちゃるぅ!!」
「え……?ちょ、血迷ったかこのタコBB!!」

まさかの反逆!謀反!裏切り!
フンフンフンフンフンフンと
フンフンディフェンスみたいな鞭さばきで
エーディトルとヒゲのSMプレイという
シュール過ぎる展開で来週に移ります。

来週はBBとの死闘の続きからです。
何やらBBは跳んで跳んで跳びまくってます。
そしてサンダースに馬乗りになって
カードにしようとしております。

そのサンダースはBB
俺をカードにして榊遊矢を消し去り、
闘士を燃やし、生き残り、頂点にたて!!
強者を己の血肉とせよ!!と言います。

人間としてはかなりイカれてましますが、
他人をヤるならば自分もヤられる覚悟がある、
自分すら糧にしようとするモノホンの男です。

当然遊矢はカード化しようとするのを
ストップイットしようとします。
デュエルはタイラントが
新規剣闘獣と交戦しております。
このデュエルの結末やいかに!?
てかグローリー・オン・ジ・アカデミアって
パック名になりそうなサブタイですな。















詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn121.html

TAG : 遊戯王ARC-Ⅴ アニメレビュー 遊戯王 榊遊矢 ジャック・アトラス サンダース バトル・ビースト 安堵 剣闘獣