FC2ブログ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}115話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}115話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第115話 決闘{デュエル}海賊キャプテン・ソロ

今週はカイトに負けたデニスが
ケジメとしてリンと瑠璃の居場所を教えて
サラダバーして何故か遊矢の前に
囚われた筈のセレナがドヤ顔で
船をチャートしたとあらわれたところから
始まります。

しかしおかしい……
公式でもポンコツキャラ扱いされてそうな
セレナにしては手際が良すぎる。
ていうかどう見ても海賊船です。

沢渡もそれについて疑問に思っているところを
船のオーナーであるキャプテン・ソロ
見た目はボロでも性能はニシキと豪語。
ソロ……ソロ…若い人は
ワンピースのゾロを思い浮かべるでしょうが、
自分的にはスター・ウォーズのハン・ソロですな。

柚子はセレナとの再会を喜んでおります。
セレナによれば脱獄の機会を待っていて、
遊矢達がアカデミアにカチコミに来た
という情報を得たので駆けつけたとの事。
リンと瑠璃の居場所も既に突き止めてある……
私もランサーズの一員だと。
おかしい、何かがおかしい。
セレナらしくない有能さだ。

と思ったら早速アカデミア兵が
ヘリで強襲してきました。
柚子はセレナに任せて……
と思ったら柚子はセレナに拘束され、
更にソロも遊矢達の前に立ちはだかった!!
沢渡は最初から怪しいと思っていたんだと言います。
怪しいと思うまでも過程はともかく、
沢渡は正鵠を得ていました。

「騙される方が愚かなのだ。」
これはセレナの裏切りか!?
何故!?セレナは魔法カード心変わりしたのか!?
それとも魔法カード洗脳-ブレインコントロール!!?
それともセレナに化けた偽者アミバ!?
しかも投網で沢渡と権現坂が
手下二人にあっけなく捕縛されている!!
ちょっと情けなさ過ぎやしませんかい?

そしてセレナとモブ兵士二人は
そのままヘリではい撤収撤収。
「こちらセレナ。柊柚子を確保しました。」
無表情で柚子をフルネームで言ったりと
何か洗脳されてっぽそうですぜ。
それともハゲフェッサーを騙す芝居?
敵を欺くにはまず味方からとか……。
普段のポンコツぶりからは無さそうですが。

海賊船は最初から罠だった。
そしてソロは遊矢達をカード化せんと
デュエルを挑みます。
やはりこの世界はデュエルが全て。

ソロは海賊キャラらしく、
初手でキャプテン・ロックを融合召喚してきます。
互の手札からの凡ゆる召喚・特殊召喚を禁止する
まさにロックカード。
おまけにここの船の隅から隅まで
熟知しているのでアクションカードも
どこにあるのか把握済みだ。

フィールド上に1000以上の
モンスターがいる場合、
ロックは破壊されると
調子こいて口走ります。
こいつぁ破壊フラグだぜ。
しかも沢渡はモンスターを召喚出来なければ
そんなの意味無いとか言っておりますが、
権現坂はロックもモンスターなので
攻撃力を1000以上にすればいい、
と的確なアドバイスだ。

遊矢はこの状況を打破するには
アクションカードしかないと判断しますが……
ソロは酒樽攻撃で物理的に勝鬨式妨害をします。
酒樽で妨害ってどこの魔界島だ?
そしてアクションカードでバーンダメージだ!!
しかもやっとアクションカードをゲットしたら
マイナス効果ときたもんだ!!

ソロはこの船の隅々まで知り尽くしている。
ならば……船の上なら問題無し!!
ローラースケートで綱渡りして
アクションカードをゲット……
と思ったらソロが子分共に
面舵一杯させて妨害し、
アクションカードをゲットして
遊矢が海中に落ちてうわらばの危険に!!

しかし驟雨のライキリが
颯爽と現れてスーパーキャッチ!!
いつの間にか来ていた赤馬が操る
高速艇に乗ってクロウが召喚!!
ついでに零羅や素良もここに乗っております。
月影は……子分共をボコって
沢渡と権現坂をレスキューし、
高速艇に乗り移ります。
マジ有能すぎるよ月影。
つーかこんな状況でもデュエルは続行すんのな。
デュエリストの鑑だぜ。

永続魔法、大海戦を発動して、
戦闘ダメージを二倍にした上で
物理的に大砲で高速艇に
ダイレクトアタックをかましてきます。

ここで素良が乱入してペナルティー。
ペナルティーもマジ働きものですな。
ていうかペナルチー切れよ。
いや切ってくださいオナシャス!!
素良とソロは顔見知りの様です。
コスプレ好きと言っておりますので、
ソロは海賊は少なくとも本業ではなさそうです。

手札から召喚でけないのならば
エクストラデッキから出せばいいだけ。
デストーイ・ハーケン・クラーケンを融合召喚だ!!
アイアム ア ボーイ。ジスイズ ア オクトパス。
あんまりでかい顔すんな、このタコ野郎。

しかし自壊したロックは、
永続罠、デッドマン・パイレーツにより、
効果を無効にして蘇生してパンプアップ、
そしてアクションカードの使用により、
攻撃力2400の壁となるぅ!!

だが罠カード、EM大加勢がある!!
ソード・フィッシュをクラーケンに装備して
攻撃力を3400にした後、
クラーケンの効果でニレンダァ!!
アサーリと決着はつきました。

高速艇でトンコするランサーズに対し、
ソロは尚も追跡しようとしますが……
月影が「うむ、少し拝借して参った。」
と面舵のネジを一本抜いてきましたので、
面舵がオシャカになって追跡出来ねえ!!
月影マジ有能すぎるっしょ。

赤馬によれば治安維持局は解体され、
シティは市民の手に委ねられたとの事です。
この後どうなるのかは市民次第という事ですが、
あの民度を見ればかなり不安に思えます。
しかしキッズ向けアニメで
そんな欝展開は必要ねえんだよ!!
笑顔で〆るのが少年漫画の王道です。

クロウはシンクロ次元代表として
シンジや徳松っつぁんに選出されたとの事で。
ランサーズのやるべきこたぁ
まず柚子やセレナをゲットバックする事。

遊矢はセレナが自分の意志で
裏切ったとは思えないと言います。
素良はプロフェッサーの側近には
人の心を意のままに操る事が出来る奴が
いると聞いた事があるとか。
それが既存キャラなのか新キャラなのかは
解りませんが……使うデッキは
コントロール奪取系デッキの可能性は
非常に高いと思われます。

てこたぁ柚子も洗脳されて
遊矢の前に立ちはだかる可能性が……
しかしセレナと柚子が抜けて
ランサーズも男所帯っつーか……
一人くらい華が欲しいものですな。
明日香とか合流しないものか。

アカデミアに乗り込み、
柚子シリーズをレスキューし、
ハゲフェッサー赤馬零王の
野望を打ち砕く為に……!!
ランサーズの誓いと共に来週に映る。

来週からは早くもアカデミアにカチコミ編で、
哀れなほど薄っぺらい
西の塔の番人・ディアナとカイトが、
古代ギリシャっぽいガチムチの
東の塔の番人・アポロとユーゴが、
それぞれ激突します。

このデュエルの行方はどうなる!?
リンと瑠璃の……そして、
セレナと柚子は……!?
ていうか太陽と月というと5D´sの
インティ&クイラオマージュでしょうか?














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn115.html
スポンサーサイト

TAG : 遊戯王 デュエルリプレイ アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ 榊遊矢 洗脳 セレナ 紫雲院素良 キャプテン・ソロ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}114話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}114話のレビューをさせていただきます。

第114話 闇に輝く超銀河
arc5.png
今週は勝鬨との再戦で
勝鬨にエンタメの何たるかを伝えた上で
勝利した遊矢に柚子がこの次元に遊勝がいる事を
伝えるところから始まります。

一方その遊勝は豪華客船で明日香と一緒にいます。
遊矢と落ち合う手筈なのでしょうか?
明日香は遊勝に降りる様に諭されますが……
そこにデニスが逃がさなぁ~いと参上。
その遊矢一行も後一歩で客船には間に合わず。
残念!!いや、他に船を探して追い掛けるだ!!

その客船にはデニスの前に
どこからかカイトが隼に代わって
瑠璃をレスキューする為に参上ツカマツリー。

「何だ君は!?藪から棒に。」
なんだチミはってか?
そうです、私が変なお兄さんです。
……変なおじさんネタですか?

カイトが遊勝の弟子であり、
隼の朋友という事はデニスも知っており、
負けたら瑠璃の居場所まで
エスコートしてもらうという条件に対し、
アカデミアに制圧された負け犬に
負ける筈がないという自信と共に
カイトを鼻で笑います。
カイトに負けた隼に負けた、
というのは密に密に。

「エドは貴方の息子の
 遊矢とのデュエルによって
 心を開いたんです。
 独りでアカデミアと戦い続けてきた俺にも
 遊矢は仲間の大切さを思い出させてくれた。」

だからカイトは瑠璃を取り戻す為に
デニスとデュエルウィズミー。
エドの裏切りを知ったデニスも
師匠の目の前で弟子をコテンパンに
叩きのめすのも一興と挑戦を受けます。

急遽行われることになったビッグサプライズ!!
その名もカイトVSデニスのスペシャルマッチこと
ジ・エンタメデュエルショー!!
観客も興奮を隠せないぃぃぃぃ!!!!

稀代のエンターテイナー榊遊勝の弟子デニスと……
デニス曰く「当代随一のヒール」カイト……
誰がヒールじゃい!!
「誰がヒールだ!!ふざけるな!!」
カイトはヒール扱いに不満の模様。

トラピーズ・マジシャンに対し、
カイトはエクシーズにはエクシーズと
早速光波竜を出してきます。

皆をあっと言わせる程の
エンタメをしなきゃというデニスに対し、
「ならば瑠璃を奪ったお前から
 モンスターを奪ってやる!!」
という謎理論でトラピーズ・マジシャンの
コントロールを奪いますが、
Emストリング・フィギュアの効果と
Emキャンディ・クラフトマンの
ペンデュラム効果でこのターンを華麗に凌ぐ!!

返すターンでデニスは……
とうとう融合Emを出してきました。
Emトラピーズ・フォース・ウィッチを融合召喚!!
トラピーズ・マジシャンとのタッグによる
ヨンレンダァでカイトと光波竜を追い詰めます。
アカデミアの資料でデニスは
カイトの情報を網羅しており、
ここまでのデュエルは想定内、
という事です。

追い詰められたカイトが引いたカードは……
サヤカのリトル・フェアリー……!!
「仲間の意思が……
 俺に更なる高みへと目指せと囁く……!!」
仲間と聞いたデニスが
ちょっと思わせぶりな顔とため息を。
ランサーズに未練でもあったのでしょうか?

データになかったと驚くデニスに対し
「データを基にした想定内のデュエル等詰まらない。
 お前の言葉を借りればみんなを驚かせてこそ、
 エンタメデュエル!!
 予測不能のデュエルを楽しむがいい!!」
これはいい意趣返しだ。
データ至上主義に陥ったデニスに対し、
カイトがエンタメデュエルで返します。

リトル・フェアリーの効果で
サイファー・エトランゼを墓地に送り、
その効果で魔法カード、RUM-光波昇華を手札に加え、
そして発動して超銀河眼の光波龍をエクシーズ召喚!!
エトランゼ……江藤蘭世……
スーパーラブローションだぜ!!

光波龍は全てのモンスターの攻撃力をゲットし、
その通りで光波干渉で倍になった
光波龍のダイレクトアタックで瞬……殺!!!!

その結末に遊勝が拍手を贈り、
それを合図に周りの観客も拍手を贈り、
いつしか船は満面の拍手に満たされます。

悔しがるデニスに遊勝が言うには
「早くこの歓声に答えなければお客さんに失礼だ。」
しかしデニスは歓声は勝者の為に存在るので、
敗者には関係ないと言いはります。
遊勝はデニスに共にアカデミアを変えようと言いますが……
それはでけないと断られます。
ランサーズを裏切った者が今更仲間には戻れないと。

リンと瑠璃はそれぞれ東と西の塔の上にいる。
ハゲフェッサーの最高機密をゲロってしまった
デニスはもうアカデミアには戻れない。
そしてランサー図で一緒に過ごした日々は楽しかった、
そう遊矢に伝えて欲しいと言うと……

「ぼくが魅せる最後のエンタメ……
 この身が見事カードに変化りましたらご喝采!!」
まさかのサラダバーでカード化しチマー!!
その頃遊矢一行は船を探しています。
しかしナシのつぶてで船はありません。

しかしここで何の脈絡も無くセレナが現れ、
船ならあるからついて来いと
怪しすぎるドヤ顔で言います。
これは怪しすぎる。怪しさ大爆発だ。
てか目からして変だ。
ていうかとっつかまっていたのに
逃げられる訳がない。
恐らく洗脳か偽者か……
謎を秘めたまま来週に移る!!

来週は……セレナがチャーターした船が
どう見ても海賊船にしか見えません。
このアニメは遊戯王であって
ワンピースじゃありませんぞ。

今のところはセレナ本人に
怪しいそぶりは無さそうですが……
海賊船のオーナーの
決闘海賊キャプテン・ソロは
見た目だけで怪しさ大爆発です。

沢渡は嫌な予感がするとの事で。
松尾の悪い予感よろしく
当たらなければいいのですが。
ていうか不審なヘリが船に近づいている!?
ヘリから出てきた二人のモブは一体!?
聞き覚えの有る声とは!?
この航海の行方はどうなる!?














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn114.html

TAG : 遊戯王 デュエルリプレイ アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ カイト デニス・マックフィールド サラダバー 超銀河眼の光波龍

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}113話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}113話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第113話 修羅の渇望


四つの次元に分かれた世界……
そこには四人の同じ顔を持つ少年達が存在し、
彼らが持つドラゴンは、呼び合う……。
まるで互いを求めあうかの様に。

とOP前の口上が変わっておりましたが、
OPそのものは変わっていません。
まだエクシーズ次元は舞台になる、
という事でしょうか?

今週は遊矢と柚子が七夕前に再会を果たしましたが、
そこにデニスまで現れ……
急に勝鬨まで現れて遊矢を押し倒すという
女性向けの薄い本が出来そうな登場の仕方を。
遊矢に負けて以来塾では冷や飯食らいだとか。
ていうか凡ゆる娯楽を無視して
生粋のデュエル戦士を養成する点で
梁山泊塾はアカデミアと共通しておりますな。

そんな勝鬨にデニスは誘いをかけてきました。
遊矢を打倒し、闇の日々から這い上がる為に。
遊矢とのデュエルは正々堂々戦った結果、
それを憎むのは少々逆恨みの気がします。

権現坂と沢渡は裏切者のデニスを前にし、
度怒り炎の助ですが、
デニスは用事があると言って
モブ軍団を差し出してきます。
しかし相手はラーイエローの大将に
オシリスレッド9人。
十代の様な主人公補正のない
オシリスレッドなど
星矢達五人以外の青銅聖闘士と同じ。
つまり恐るるに足りぬ。

カイトはデニスの追跡を開始し、
権&沢は柚子を守護るべく臨戦態勢だ!!
遊矢も心置きなく勝鬨とデュエル……
っていうか後ろの果物屋のオッサンが
リアクションなさすぎ。
遊矢は遊矢で正々堂々戦った結果なので
遊矢には落ち度が無いのにも関わらず、
勝鬨の微応力的なデュエルを
更に力でねじ伏せたとの
責任を感じているのでデュエッ!!

覇勝星イダテンに対して
遊矢はダベゴンを召喚します。
しかし相手もダベゴン対策をしており、
ライフを500支払い、
天融星カイキを蘇生させて
融合カード無しで融合して
覇道星シュラを融合召喚!!

その効果のせいか勝鬨の顔には
毒々しい虹色の隈取が!!
闇堕ちというやつですか!?
そしてシュラのこうかは
全モンスターの攻撃力を0にして
全モンスターの攻撃力を
ダメージ計算次のみレベル×200にする、
という対エクシーズの効果を引っさげております。
スタンバイフェイズに500ダメージ、
というリスクを負ってまで……!!

「お前のモンスターはレベルを持たない!!
 つまりレベル0という事だ!!」
前回の経験を活かして
エクシーズメタ戦略を張った戦略は賞賛に値しよう。
だが……まだレベルを持たないという事を
単にレベル0と解釈している、
レベルそのものを持たないという事にまだ気づいていない!!
ついでにレベル0を意味しているであろう
親指と人差し指の丸を象っているポーズが
まるでハウマッチダラーみたいで滑稽だぞ!!
天然でネタを披露する漢・勝鬨勇雄恐るべし!!

自分の身を呪いに浸してまで
勝利を欲する勝鬨に対して、
遊矢も俺もあの時の俺じゃない、と。
相克の魔術師の効果で
ダベゴンのランクをレベルに変換し、
相生の魔術師の効果で
レベルを12にします。
これこれ、勝鬨がまた混乱してしまいますぞ。
しかしアクション魔法の奇跡の選択で
シュラの破壊は防がれます。
スタンダード次元出身者だけあって
アクションカードの使い方には慣れている模様。

カイキの呪詛いの紋章が
肉体を侵していく度に
自分の勝利は近づいていく。
そう嘯く勝鬨の目は最早尋常じゃねえべ!!
アクションカードのダッシュを許さず、
装備カードの流星剣の二回攻撃で
更に遊矢を追い詰めていきます。

しかし二回目の攻撃は……
早速アレンに貰ったローラースケートを
覚束無い足取りで何とか駆使しつつ
復活と回避のアクションカードで攻撃をかわします。
しかし便利ですな、回避。
ていうか遊矢は早速ローラースケートで
壁走りをする程になっていますし。
勝鬨も棒を使った跳躍で遊矢を追っております。
ええい!やはり遊戯王世界のデュエリストは化物か!!

膠着状態の戦局の中、
遊矢はEMパイロブスターをドロー!!
戦局を入力しようとしたら
選挙区と出てしまいま。
何というタイムリーな誤字。

ここで意味もなくダベゴンで
攻撃力0のシュラの攻撃力を半分にした!!
これはどういう意味だ!?
でっかい花火を打ち上げるだと!?
まるで意味がわからんぞ!!

その真意はパイロブスターの効果で
墓地にEMが二体必要だから
わざとダベゴンの効果を空打ちして
エクシーズ素材を墓地に送ったとの事です。
シュラのレベルを減らして攻撃力を下げ、
ダベゴンで攻撃し、

「ていうかアクションカードどこ!?
 ……もはや一枚も……!!?
 運にまで見放されたというのか!!」
アクションカード品切れかい!!
勝鬨の(゜д゜)な顔が切なさ大爆発!!!!

だが「永続罠、封魔閃光でシュラをパンプアップし、
シュラの破壊と引き換えにダベゴンを返り討ちに!!

勝鬨は遊矢に勝利つと誓った!!
遊矢に負けたあの時から?
いや、八年前から!!
「川原ですれ違ったあの日から!!
 陽の当たる場所で
 明るく楽しいデュエルをするお前と!
 梁山泊でひたすらじめじめとした
 暗い道を行く自分……!!」

……遊矢が覚えているわきゃねえべ!!
それ、流石に完全に逆恨み以前だから!!
こまい頃の勝鬨は気の弱そうな子供です。
これからこんな暴力デュエリストに育つとは、
やはり梁山泊はアカデミアと酷似しております。

「今こそ自分は確信した!!
 自分の散り際に見る光景はこれしかないと!!」
え?散り際?光景?何言っているのか判らないです。
「封魔閃光の更なる効果で共に滅んで終焉らせる!!」
相討ち狙いという訳か!!!!

遊矢共々奈良区に落ちてうわら…もといサラダバー!!
と思いきや、罠カード、アクロバット・タワーを発動!!
遊矢はダベゴンに、そして勝鬨はイダテンにレスキューされます。

互いのモンスターを球にして塔に積み上げ、
更に互いに2枚ドローしてその結果により
塔がどちらかに倒れてダメージで敗北する!!
二枚のカードのレベルの合計が
遊矢は6で勝鬨は10!!
レベルは勝鬨が多いので……え?遊矢の勝利!?
どうやらレベルの多い方が負けの様で。

そして遊矢は「楽しかったよ」と
シェイクハンドを求めてきます。
それと同時にギャラリーから拍手が。
柚子達も拍手しております。
てかアカデミア軍も拍手しとるぅ。
マジチョロすぎねえですかい?
アカデミアでは余程娯楽とは
かけ離れた生活をしてたのでしょう。

「エンタメデュエルか……悪くはないな。」
とエンタメを認めて去ります。
バカがつくほど(褒め言葉)の
エンタメデュエリスト・遊矢の勝利で
来週に移ります。

来週は遊勝や明日香の前に
デニスが追いついてきました。
どうしても遊勝を見逃さないつもりです。

それに対して追いついたカイトが
物言いをつけます。
「何だ君は?」
何だチミはって……
カイトは変なおじさんか!!?
「そうです。私が変なお兄さんです。」
とでも言わせるつもりか?

カイトは勝ったら瑠璃の居場所まで
案内してもらうと言っております。
「師匠の目の前で弟子を叩き潰すのも一興」
とかデニスが言っております。
カイトが遊勝の教えを受けたという事でしょうか?

ここで銀河眼の進化系の超銀河が!!
参頭竜が早くも見参か!!!
このデュエル……
どちらが勝つか判らない!!














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn113.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王ARC-Ⅴ 榊遊矢 勝鬨勇雄 デニス・マックフィールド

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}112話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}112話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第112話 笑顔あふれる街へ

今週はエドが遊矢にエンタメデュエルの
なんたるかを味わって敗北し、
完全にエンタメには勝てなかったよ状態に
なったところから始まります。

しかし野呂守が現在ここにいる
最後のアカデミアネームドキャラとして
ランサーズを見逃す訳にゃあいかねえと
立ちふさがります。
おお!やるときゃやるのかこのキノコ頭!!

自分の命令一つでアカデミア軍が
一斉攻撃して瞬コロだそうですが……
この世界は量より質の世界、
フィールドのモンスター全体に及ぶ効果や攻撃で
十把一絡に瞬コロされるのがオチですぞ。
タイラー姉妹にも
デュエルを理解ってないとか
一斉攻撃がでけないとか
デュエルが素人である事を暴露されます。
しかし最後まで他力本願ですな。

しかしここでエドが立ちふさがり、
デュエルは笑顔をもたらすものと
考えを改めた意思を表示すべく
総司令のマントを外しました。
エドが志を変えるにしても贅沢を言うなら
もう数話描写が欲しかったところです。
グレース曰く「ちょっとカッコいいかも」

あ、姉妹も遊矢達の方についた。
チョロイン道を極めておりますな。
遊矢も御満悦でユートと語り合っております。
エドもエクシーズ次元への贖罪こそが
今の自分達が行うべきことだと言います。

だが野呂はそれを許さなーい。
ここで裏切りもんを全員粛清するつもりデース。
エドが裏切り者宣言をした今、
繰り上げ式に自分こそが
総司令官に就任するとか言っております。
しかし重要な役職に就くという事は
それだけ責任も伴うという事をお忘れなく。

「志村、後ろ後ろ。誰か忘れてやしないか?」
げぇっ!(指名手配犯)カイト!
アレンを含むカイトの愉快な仲間達が
カイトの後ろにずらリング。
隼ならアジトでサヤカ達の
看護を受けているのでダイジョーブイ。

カイト達は仲間の為に命をかける覚悟が有る!!
野呂にカイト達との戦いで命をかける覚悟が有るか!?
「いやいややめときましょーかねぇ。
 私事務職なもので実戦経験がナッシングなものでぇぇ~。」
ちょ……このノロマ本当にアカンわ。
ちょっとは骨のあるトコ見せて下さいよぉ~。

アークエリアプロジェクトと称して
実際には侵略戦争を行ってきた事に対してエドは
計画の破棄とエクシーズ次元復興への尽力を表明し、
モブに対しては賛同しなければ帰ってよし、
という訴えでアカデミアモブ兵に
協力を取り付けます。

ところで野呂は……
何の脈絡も無くレジスタンスの
夕飯作りに協力しております。
おいおい野呂もですかい?
ちょっとチョロすぎやしませんか?
変節するにしてももう少し描写を……
ついでにタイラー姉妹やモブ兵も
夕飯作りに協力しております。

食料医薬品が無料で提供、
居住区もアカデミアが責任をもって立てる、
隼を治療の為に侵攻部隊の本部に連れて行く、
との約束にもアレンはすんなり受け入れる事に
難色を示しておりますが、
これはしゃーないと思います。
あれだけヒドい目に遭わされたのですから。

隼に関してはきちんとした設備で
腕のいい医者に見て貰った方がいいとの事。
しかし遊矢とカイトは信用します。
デュエルを通して心を通じ合わせたのでしょう。
エドやカイトはデュエルを通じて
笑顔や仲間を守護る大切さを学んだと。

エド達が潔く自分達の非を認めた様に、
カイトもアカデミア兵のカード化という
自分の非を認めます。
もう少し描写が欲しかったところですが、
これも放送日時という大人の事情なのでしょう。

遊矢は言った。
やられたらやり返すだけじゃあ
いつまでも争いが終わらないと。
赦しこそ闘争いを終わらせる唯一の手段だと。
無論赦せない事も存在るが
それを終わらせるには大きな心の痛みを伴う。
それでも勇気を以て赦す事で未来を開こうとした。
誰もが笑顔になれる平和な未来を創る為に。
カイトはその勇気を見せてくれた。
家族を失った苦痛に耐えて赦し、
自分も詫びる……。

これはいわゆる綺麗事の理想論であり、
ほとんど実現不可能な事なのでしょう。
しかし理想は実現させようとする事こそが、
理想に近づこうとする事こそが重要なのでしょう。
ついでに説得力のある描写も頼みまっせ、
アニメスタッフの皆様。

ここでエドがカード化された人間を
元に戻す方法があると唐突に言ってきます。
カード化は人の生命エネルギーを集める手段であり、
それらは全て本部の転送装置を通じてアカデミアに送られ、
新たな理想郷が作られた時に
人々は再生すると「聞いている」そうです。
聞いているというので本当かどうか知りませんが。

という訳で侵攻部隊の本部に直行します。
隼はここで集中治療を受けております。
エドはスマイル・ワールドを見せて
遊勝をどこかの次元に飛ばしてしまったと詫びます。
柚子の事についてはエドは
全兵士に聴いても柚子の事は
解らないとの事。
柚子との再会は先になりそうです。

という事で遊矢達は融合次元に出陣する事になりますが、
そこにローラースケートを持ってアレンが現れます。
餞別としてローラースケートを遊矢に渡します。
これが後に助けになるフラグでしょう。
そしてカイトは隼の代わりに出陣するという事で、
サヤカに餞別としてリトル・フェアリーのカードを
受け取ります。
これもデュエルで助けになるフラグでしょう。

エドがいるので心配はいらないと思いますが、
遊矢達の不在で何かが怒らなければいいのですが……
え?エドの改心が実は芝居?
流石にそりゃあないっしょ。
ベクターショックにデニスショックで
不信になる気持ちも判らないではありませんが、
只でさえエドは描写の薄い
チョロいキャラとして
描かれてあると批判されているのに
過去の人気キャラにそんな汚れ役を以下略
それはそうと融合次元に出陣だ!!

「アカデミアとはいつ戦るの!?今でしょ!!」
遊勝塾では柚子とユーゴを連れた
明日香がアカデミアとの決戦を主張しております。
ユーリにワンターンシックスキゥかまされ、
このままでは遊勝熟はジリ貧だという事です。
異世界の強力なデュエリストである
柚子とユーゴがいる今こそ反撃のチャンスだと。

脱出に成功した塾生達を
再びアカデミアに向かわせる訳にはいかないと
赤馬零王に訴える為に
遊勝は自ら出陣しようとする模様。

ここで何の脈絡も無くデニスがあらわれた!
ここで遊勝とデニスの関係が
師弟関係だと明らかになります。
後ろにはデニスの手下の
オシリス(一名ラー)連中がいます。
オベリスクが手下じゃないという事は
デニスはアカデミアの中では地位が低い、
あるいは正規のメンバーではない、
という事でしょうか?

師である遊勝に対して
教え子のレベル…もとい、
ランクアップを確認してちゃぶ台とか
言っております。

「君はあの頃から少しも成長していない様だ。
 当時から君は見た目の
 ド派手さばかりに目を奪われていたが、
 だが華やかさの中にどれだけ
 人の心を揺るがすメッセージを込められるか……
 それが大事なんだ!!」
遂に遊勝のデュエルが見れるぞ!!

遊勝の戦略は1枚カードを伏せただけ、
しかし遊勝曰く、
最高に楽しんで貰う為の布石との事。
それに対してデニスはペンデュラム召喚で
ボール・ライダーとヒグルミ……
ちょい待てやヒグルミ!!
おどれブタ箱行きちゃうかったんか!?
それともエラッタして釈放か!?
Em-権力のヒグルミと改名でもしますか?
更にランク4のトラピーズ・マジシャンを
エクシーズ召喚!!
融合召喚は奥の手という事か!?

え?ちょっと待って!?
ボールライダーがレベル3になってませんか?
作画ミスですか?
そしてマジシャンの効果でニレンダァして
ダイレクトアタックをかませばジ・エンドと豪語。
しかし説明は以下略

遊勝は罠カード、ミラクルシルクハット発動!!
自身はシルクハットの中に隠れ、
何故か背景も宇宙になっております。
これは摩訶不思議な力か!?
ていうかマジカルシルクハットを彷彿とさせます。

一方の帽子に魔法カード、
一方の帽子に攻撃力0のモンスター。
魔法カードを攻撃すればライフが0で、
モンスターを攻撃すれば攻撃力が倍で即敗北。
すごく…ギャンブルカードです。

しかしトラピーズ・マジシャンは
ニレンダァがでけるので確実に仕留められる!!
……恐らくはモンスター効果があるのでしょうけど。
攻撃したのは手札にある時に
モンスター扱いになる魔法カード、
ペーパー・ドールでした。
最初から当たりはございませんでした。残念!!

あ……遊勝がいない。てか逃げた。
塾生一同もいつの間にか逃げております。
これは遊勝の時間稼ぎだったのか!!
まあ塾生の安全の確保と逃走の幇助、
今はこれが大事ですからしゃーないっしょ。

「奴らはアカデミアに向かうと言っていた!
 港だ!!港にゴー!!」
アカデミアに向かうと言っていましたが、
本当に向かうのかはわかりません。

遊勝は明日香に支えられて隠し通路から脱出し、
ユーゴと柚子はDホイールで
古代の機械兵士のリアルダイレクトアタックを
かわしております。
追跡にはなにげにブル・コプターもいます。

「俺から離れるなよ柚子!!
 俺は絶対にお前を守護ってみせ…あ」
柚子のブレスレットでどこかに飛ばされた。
何故にWhy!?
それと入れ替わりになる様に遊矢が登場!!
今週直ぐに再開出来るとは早いですな。

「遊矢と再開でけるとは奇遇だね。
 来週は君の出番だよ……」
このシルエットの男はまさか……勝鬨か!!
来週激闘の予感が!!

来週は遊矢達の前にデニスが現れ、
勝鬨を呼び出します。
デニスはデニスで権ちゃんとマイペース……
あ、勝鬨が遊矢を押し倒しとる!!
女性向け薄い本の予感が。

勝鬨は新しいモンスターを出して
遊矢に立ちはだかります。
恐らくエクシーズ対策もばっちりでしょう。
おまけに光り輝くクマドリみたいな模様も
体中に浮かび上がらせております。
これに対して遊矢はどう出る!?

アサーリとした描写で終わった(?)
エクシーズ次元編の総括ですが、
辛口を言うならばシンクロ次元で
不要な描写を含めて放送時間が長くなったので、
そのしわ寄せでエクシーズ次元は
放送時間を短くせざるを得なかったと
いうところでしょうか。

それにエクシーズ次元は廃墟になっており、
描く事が無かったのも事実でしょうけど。
エクシーズ次元編はせめて最低でも
後数話くらいは放送する事で
アカデミア陣営とレジスタンス陣営の
葛藤等の家庭の描写を最低でも
後数話くらいしてもよかった気がしますが。














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn112.html

TAG : 遊戯王 デュエルリプレイ アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ 榊遊矢 チョロイン ノロマ 榊遊勝 デニス・マックフィールド

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}111話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}111話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第111話 ペンデュラムハート

今週はアカデミアイズム信奉者にして
アンチエンタメの急先鋒であるエドとのデュエルの
途中から始まりますぜ。
頑なな心のエドを相手に遊矢に秘策は!!?

一方ノロマはエドが勝てば
独断で失態のもみ消しを図った事で
お仕置きを受けるのが心配の様です。
野呂守だ…二度と間違えるな!
 わたしの名は野呂守というんだ!
 ノロマでもトンマでもない!」

一方エドは満足アンカーで
遊矢の行動を物理的に阻止して
アクションカードの取得を妨害します。
と思ったら回避ゲット!!
ダイレクトアタックを
華麗に回転して回避!!
グレイトな動きだ!!

しかしエドは言います。
ディストピアガイがいる限り
君の運命は既に決定していると。
攻撃をかませばデマイズ・アーバンで
ディストピアガイがパンプアップして
モンスター破壊効果が発動します。

ノロマは野呂守
このままだと副指令をクビになると
自分の進退を非常に気にしております。
……彼はもう終わりですね。

しかしデマイズコンボは1ターンに1度、
2900の攻撃力を何とかすれば
複数で凹れば突破も可能とユートのアドバイスin。
しかし遊矢は遊矢のブレずにデュエルを貫く。

エドの心はペンデュラムの如く揺れ動いている。
プロフェッサー・赤馬零王と榊優勝の間で。
シンクロ次元までの独り善がりではなく
相手の心理を読んだ上で
自分の意思を伝えようとしております。

エドは薄薄気づいてはいますが……
しかし納得する訳には行かんのだ!!
「デュエルは遊びじゃない!決闘う力だ!!」

ラフメイカーは何故か
ディストピアガイに自爆攻撃を仕掛けます。
しかしグレースはいい顔で
「何かあるのよ。
 それが遊矢のエンタメデュエルでしょ。」
すっかりエンタメに魅了されておりますな。

デマイズコンボに対して遊矢は
ラフメイカーのパンプアップ効果&
罠カード、反撃のエンタメイトを発動。
ディストピアガイの破壊こそ防がれましたが、
とりあえずデマイズコンボを通り抜けます。
ていうかラフメイカーの攻撃が
スマイルビームだ!!
そしてラフメイカーの攻撃力が
元に戻ったのに遊矢は笑っております。
何か策でもあるのかい?

イチかバチかの息詰まる駆け引き、
こういうデュエルの醍醐味は楽しいだろう?
とエドに言います。
イチかバチかのカウンター!

「デュエルは遊びじゃない!!
 勝つか負けるか勝敗を決する力だ!!」
「結果だけじゃない。
 俺はデュエルで理解り合いたい。
 デュエルは争いの道具じゃない。
 みんなを笑顔にするものだ!!」

エドの主張がキン肉マンの
完璧超人の主張と重なり合って来ました。
そして今まで他の主人公達と比べて
挫折を味わってきた遊矢だからこそ
説得力があります。

エドの回想では……
ディストピアガイの攻撃で
遊勝は膝にダイレクトダメージを受けチマー。
元々痛めていた膝のキズが
エドの攻撃で悪化したのでしょう。

エドの悔しければやり返せという挑発に、
遊勝はやり返すだけデュエルはつまらないと言います。
遊勝がこの苦境に立たされても
エドを楽しませる為の策を考えております。
デュエルは楽しいものという自身の信念を貫く為に。

エドはその主張が全く理解出来ていません。
デュエルは力であり、
技を磨き、自らを鍛え上げ勝ち上がる力。
それがアカデミアイズムだと。

おそらくアカデミアはデュエル戦士育成の為に
思春期において娯楽という娯楽を
全く無視した育成を行っているのでしょう。
それならばアカデミア一般兵が
数少ない娯楽である「狩り」を
喜々として行う理由が理解出来ます。
そして遊勝の「全く赤馬零王という男は」
のセリフからしてハゲフェッサーとは
どういう関係にあるんか気になるところで。

「アカデミアが残虐な行いを改め、
 共に笑顔になれるなら私はアカデミアを赦す!!
 デュエルで世界に笑顔を!
 みんなの未来に笑顔をもたらそう!
 つまらない争いなんて止めにして
 共に楽しもう!!」

多少ヤンチャして被害者当人がまあまあで
笑って済ませる程の軽微な加害ならいざ知らず、
散々他人様の街を廃墟にしたり
人をカード化したり(恐らく元に戻るのでしょうけど)
取り返しのつかない重大な加害を、
しかも第三者が許すというのは少々無理があるかと。
やはり多少なりともアカデミアの面々に
ケジメをつけて貰うのが筋かと思います。

そして遊勝がこの発言に見合う程の
説得力がある言動を行えるかどうかが
鍵だと思います。
正論であるが理想、
理想と現実は常にギャップが存在るもの、
しかしその落差を埋めてこそ人は奇跡と呼ぶ。

「榊遊勝はアカデミアイズムを 
 残虐行為手当上等だと決めつけた。
 そして笑顔になるなら許すと……
 それが戦争を終わらせる唯一の道だと
 偉そうに言った!!」

ディストピアガイのダイレクトアタックで……
エドが満足アンカーで遊矢を引っ張って
アクションカードを取れない様にしているぅ!!
ライフが100で崖っぷちだ!!(棒)
ノロマも崖っぷちで身の振り方を考えねば!!

さらにエドはやり返されて悔しいなら
やり返せと挑発伝説してきますが、
やられたらやり返す争いの終わらない流儀は
遊矢の流儀にあらず!!
ここでスマイル・ワールドがドロー!!

野呂は念の為に援軍を招集する
手はずを整えております。
その援軍がやられて
益々泥沼に落ちていく未来が見えます。
ていうか懐中時計は通信機器にもなるんかい。

オペゴンとダガーマンとラフメイカーの
ペンデュラム召喚に成功し、
魔法カード、エンタメ・エクスチェンジを発動!!
ラフメイカー以外のモンスターの
コントロールを相手に移……え?何で?

ここでスマイル・ワールド発動!!
グレース曰く
「何度見ても幸せな気分になるぅ~」
完全に落ちてますな。
モンスター軍団の目が……
スマイルなおめめになっております。
ディストピアガイまで。

「ぼくは笑顔になんか屈しない!」キリッ
しかしフメイカーの効果で攻撃力が6900だ!!
これは結構使えそうなコンボですな。
てかモンスターの皆さんが笑っております。

ディストピアガイの効果で
ラフメイカーを破壊しようとしますが、
遊矢はアクションカードを……
またまたエドは満足アンカーで
遊矢の行動を阻止しようとしますが、
ターザンアクションで……
と思ったらエドが金網チェーンデスマッチを自壊させ、
満足アンカーを消してターザンアクションも不発で
ラフメイカーもボキョーン!!
ていうかアンカーは金網の付属品かよ。
ここでエドの脳裏に遊勝の
「もっと笑ってもっと楽しめ!!」
という言葉が。

ここで墓地のブレゴンを蘇生し、
相手フィールドのモンスターの攻撃力を0にします。
出オチじゃなかったのね。
エドの脳裏には更に遊勝の言葉が。
「デュエルは語り合いだ。
 心を開けばデュエルはもっと楽しくなる!!」

エドはランサーズの戦術である
アクションカードを駆使って
遊矢と語り合おうとします。
「私はデュエルで理解り合いたい。
 君とも赤馬零王とも。」
更にまたまた遊勝の言葉が。

遊矢もアクションカードで応え、
パンプアップしたディストピアガイに対して
ブレゴンもパンプアップしてスマイル花火攻撃だ!!
そしてエドの口元は……笑っている。
笑顔には勝てなかったよ……
もう少し展開を長くしても良かったのですが、
まあこれはこれでいいと思います。

そして曇っていたハートランドが晴れました。
グレースがはしゃぎまくっとります。
ノロマは……本性の悪人顔で
援軍を招集していると言っております。
仕事は早く援軍はすぐにやってきて
遊矢達を包囲しておりますが……
オベフォですらないモブに包囲されても
危機感がなく来週に移ります。

来週は柚子と明日香が遊勝の前に
ユーゴを連れてきております。
そこにあの男デニスが……!!
デニスと遊勝の接点がこれで判明する!

野呂は腹をくくったのか
身の程知らずなのか自分自身が登場して
ランサーズ討伐の命を遂行すると言っております。
まあモブオベ生徒に数にモノを言わせて
やらせようというのでしょうけど。
たまには自分でデュエルして下さいよ。

エドも……チョロイン枠でした。
カイトもすっかりランサーズと打ち解けております。
この位展開が早い方がいいんですがね。
後数週くらいでエクシーズ次元編は終了でしょうか?














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn111.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王ARC-Ⅴ チョロイン エド・フェニックス タイラー姉妹 野呂守