FC2ブログ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}110話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}110話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第110話 破かれたスマイル・ワールド

今週はオベフォとの戦いで隼が重傷を負い、
そこにエドが遊矢を狙って現れたところから始まります。
ランサーズ討伐の使命を横取りされた
タイラー姉妹は不満たらたらで、
キノコ頭の方はエドに失態を隠そうと
対ランサーズ部隊を要請した事がバレます。

隼をアジトに連れて帰ろうという遊矢に対し、
エドは遊矢のデュエルディスクに
満足アンカーあるいはDチェーンを
物理的につけてトンコでけない様にします。

フィールド魔法、クロスオーバー……
いや、エドのフィールド魔法、
金網チェーンデスマッチも同時に発動だ!!
アクションフィールドではなさそうですが、
「フィールド魔法カードはお互いのフィールドに
 1枚ずつ表側表示で共存できる」
というマスタールール3のルールが
何気に適用されております。

エドはここで初めて自分の名前を名乗り、
今日こそ決着をつけると言っております。
しかもノロマ野郎が手柄を独り占めさせてはなるまいと
モブ兵士を大量にランサーズに向けてきます。
しかしここでカイトが
モブ雑魚共の前に立ちます。
やはり頭数にブイブイ言わせる
種族:軍勢はフィールドのモンスター全体に
対象を及ぼすカード効果かモンスター攻撃に
やられるのがオチなのでせう。

いきなりのペンデュラム召喚と
EMダグ・ダガーマンとオペゴンの攻撃に対して
エドはディシジョンガイとダイナマイトガイの
コンボで遊矢にダメージを与えてターンをしのぎます。
爆風で遊矢は吹っ飛ばされますが、
アンカーをつけられておりますので
壁にぶつかる前に地面にビターン!!
てかエドの腕力と肩力スゲー。
肩が抜けないですか?

「エドもやるわねぇ。
 そうでないとおもろくないけど。」
しかしグロリアは観客モードのグレースに対し、
「そっちは総司令官に任せて
 私達はランサーズ討伐に参加するぞ!」
と真面目モードです。
「でもでもこれからがいいとこなんだから!
 待って!もうちょっと!もうちょっと!」
ダメだこのポンコツ妹。
まるで宿題があるのにテレビゲームに
夢中になっている子供の様だ。
高橋名人、こっちですこっち。

一方のカイトは……
と多勢に無勢です。
これはいくらカイトでも……
しかし多勢に無勢は十把一絡げフラグ。
遊戯王の世界は量より質が基本。

返しのターンでディストピアガイを融合召喚して
バーンダメージを与えた後、
装備魔法、ディレイ・アーマーを装備し、
オペゴンとダガーマンを破壊して
ライフを600まで削っちマー!!
遊勝のデュエルが間違っている事を証明するマン……
もといガイがハッスルしております。

一方カイトサイドでは光波竜が五体まで増殖しております。
そして全滅めつめつさせた後、
遊矢に隼は任せろとニヤリ。
一方キノコ頭野呂は失態をエドに押し付けようとしたり
保身の方法を考えたりと無能のテンプレをしております。
ダメじゃない。失態を隠すキノコ。

「デュエルで笑顔をなどという
 微温い思想がアカデミアの前では
 無力という事が理解ったかい?
 ドゥーユーアンダスタン?」

ユートも相手は自分達のデュエルこそ
絶対だと思っていると説得は諦めております。
しかしエドの思想に対し、
どうやら遊矢はユートの助言に
「自分達のデュエルこそ……そうか!
 だったらあいつの言葉で語っちゃる!!」
ティーンときた模様。

融合には融合を!
ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
略してブレゴンを融合召喚!!
エドが押されているのを見てノロマは……
失態の口封じがでけるとニヤリング。
しかしブレゴンはディストピアガイの
攻撃力を0にしますが、
永続罠、デマイズ・アーバン、
そしてディストピアガイのコンボで
破壊され……るわきゃねえだろ!!
そんなアサーリと新モンスターが
……
破壊された。アサーリと。
お前はジャンク・バーサーカーか!!

ここでエドの懐から破れたスマイル・ワールドが。
遊矢はエドに凄い形相で
「答えろ!何故父さんのカードを持っちょる!!」
ここでエドの過去語りがスタート!!
一応今日は父の日です。

エドがエクシーズ次元に来て間もなく
遊勝と出会います。
「貴方ですか?
 デュエルで笑顔をとふざけた事を
 言いふらしているトンチキは?」
「半分あっている。
 デュエルで笑顔をといったのは私だが
 ふざけた事とは思っていないよ。」
「黙れ!」

アカデミアイズムの正当性証明の為に
遊勝とデュエルをして……
アサーリディストピアガイの
物理的ダイレクトアタックで
遊勝を吹っ飛ばしております。

ここで遊勝はスマイル・ワールドを使い……
キング・クリムゾン!!で結果だけを見ると、
エドがアサーリ負けております。
orz<ぼくが負けるなんて……
   スマイル・ワールドには勝てなかったよ……

どうやら遊勝はこの時点で
足を負傷している様です。
デュエルを争いに使うのが愚の骨頂だと
エドから赤馬零王に伝えて欲しいと
スマイル・ワールドを渡して言いますが……

「アカデミアイズムが間違っていると言うのか!?」
「そうだ。」
遊勝はマジ顔です。
エドはスマイル・ワールドを受け取りかけますが、
「ちゃう!ちゃう!違うわい!デタラメ禁止令!
 ぼくは騙されないぞ!!
 アカデミアイズムとプロフェッサーは絶対だい!!」
笑顔に拒否反応を示して
スマイル・ワールドをどこぞのK社長よろしく
真っ二つに破ッチマー!!
ガンダムにも出れそうな声です。

ここでいきなり唐突に
なんの脈絡もなく遊勝が
どこかに飛ばされちまいます。
誰が何の目的でどういう手段で?

それからエドは榊遊勝のおっかけになりました。
その息子の遊矢には結果はドロー。
エドにはもう後がない!!
しかしちょっとエドが只の負けず嫌いの
逆恨みっぽくなっているのはいただけません。
せっかく過去作の人気キャラを
引っ張ってきているんですから
もそっと扱いをよくしていただきたく。

そしてエドとデュエルで理解り合う事は出来ないのか!!?
遊勝との省略されたデュエルに
そのキーが隠されているのでしょうか?

ディストピアガイで
ダイレクトアタックを喰らえば
「遊矢はやられてももっと楽しませてくれなくちゃ!!」
エンタメってますなぁグレース。

「あいつ……ずっと思っているんだな。」
え?何を?ああ、スマイル・ワールドの事ですか?
『榊優勝は間違いなんだ!!
 ぼくは絶対に笑ってなんかいない!!』
回想のエドは……どう見ても笑っております。
本当にありがとうございました。
ディストピアガイのダイレクトアタックで
来週に移ります。

来週は遊矢とのデュエルでエドの心は
プロフェッサーイズムと
遊勝のエンタメデュエルの間で
ペンデュラムの如く揺れております。
そして背景にはスマイル・ワールドが。

エドも薄々気づいてはいそうですが、
意地を張る展開になるのでせう。
エドは遊びじゃないのよデュエルはHAHA
と言って案の定意地を張っております。

このデュエルの結末がどうなろうと
もう一戦遊矢とデュエルをする可能性は
高いと思います。
果たして遊矢はエドと理解り合えるか!?

……ところでディストピアガイ以外の
Dの融合は出るのでしょうか?














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn110.html
スポンサーサイト

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王ARC-Ⅴ 榊遊矢 エド・フェニックス チョロイン ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}109話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}109話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第109話 戦場に果てる隼

今週はスペード校を壊滅寸前に追い込んだ
タイラー姉妹に対して遊矢&隼のコンビが
勝利を収めて即堕ちしてオベフォが
ランサーズ討伐を引き継いだところから始まります。

一方遊矢に対して
意地を張っているアレンに対し、
隼が「素直になれ」と促します。
隼もかつての自分を見ている様だから
この様に言えるのでしょう。

そして遊矢がシェイクハンドを求めます。
アレンが握手したのを皮切りに、
続いてサヤカが、
そして皆が友情のピースを作ります。

だがここで「もう思い残す事はないだろう」
と無粋なオベフォトリオが。
いや…言葉をかけるだけマシなのでしょうか。
しかしアレンとサヤカでかなう相手ではなく、
そして権&沢は怪我していますので、
遊矢と隼が相手をする事に。

そしてノロマちゃんはオベフォを呼んだのは
プロフェッサーがこの様な状況を見越して
寄越したと言っております。
「私の名前は野呂守!!
 ノロマではない!!」

グロリアは自分達が信用されていない事に憤慨しますが、
グレースは実際負けたんだし遊矢のエンタメデュエルに
興味を示す等グロリアに比べて柔軟な考えを持っております。
例え相手にエンタメデュエルが通用しようがしまいが、
遊矢は父から受け継いだエンタメデュエルをやり抜く。
「ならば心置きなく決闘れ!!
 俺も自分のデュエルを貫く!!」

オベフォの双頭猟犬の融合召喚に対し、
隼はライズ・ファルコン&ラプターズ・フォースで
ブレイズ・ファルコンをエクシーズ召喚して
効果破壊をして先制を取ります。

グロリアはオベフォが手間取っているのを見て
もう一度我々がと言いますが、
グレースは慌てない慌てないと動じません。
本心は遊矢のエンタメデュエルに
興味を持っているそうですが。

オベフォ赤は参頭猟犬と蘇生した猟犬と
双頭猟犬でガラ空きの遊矢を狙ってきました。
卑怯とも取れますがこれも戦術です。
しかしアクション魔法、大脱出で危機を乗り越えます。
そろそろアクション魔法の
新しい使用の仕方とか魅せ方を考えた方が
いい様な気がするのですが、
今後に期待したいところです。

そしてユートもオベフォ相手でも
心を通じ合わせる事がでけると言います。
拙者も真実よりも遊矢の言う甘い戯言に
かけてみたくなったでござるよ。
返しのターンにオペゴンとフレンドンキー、
そしてシルバー・クロウをペンデュラム召喚しし、
オベフォのモンスターを全滅めつめつ……
しかし調子よすぎるという事は
手ごわい反撃を受けるフラグでもあります。
しかしオベフォ曰く
「甘いデュエル」だそうです。
こいつら……今までのオベフォではないな。
よく訓練されたオベフォの様です。

オベフォ青をダイレクトアタックすれば
一人消す事が出来たと言いますが、
遊矢は相手とやろうとしている事と同じだと言います。
簡単に決着なんかつけたくない。
デュエルで心を開きあって語り合いたい……と。
悪く言えば舐めプか甘い戯れ言ですが、
修羅の門の陸奥九十九の様に
「相手に全力を出させた上て勝つ」
という決闘{デュエル}に昇華出来るのか、
デュエリスト・榊遊矢の鼎の軽重が問われます。

ここで古代の機械混沌巨人が降臨!!
やはりこいつらは他のオベフォとは違う
よりすぐりのオベフォか!!
グロリアはあんなデカブツ出して
私達まで危険にさらすつもりかと言います。

サヤカの脳裏には混沌巨人によって
ハートランドを蹂躙された記憶が蘇ります。
トラウマの蘇りによって
恐慌状態に陥ったサヤカは
その場から逃げようとしますが、
崩れたビルの下敷きに……
と思ったら隼がお姫様抱っこ
レスキューしました。
しかしその代償は大きく、
倒れてしまいました。
戦場に果てる隼とはこれだったのか……!!

混沌巨人無双で遊矢のモンスターは
全て破壊されようとします。
遊矢のライフはアクション魔法にかかっている!!
しかしクイックカードを拾い損ねチマー!!
しかしここでカイトが参上ツカマツリー!!
しかも否定した筈のアクション魔法を使っております。
こんな時にも発動するとはペナルティは働きものです。

そして銀河眼の光波竜をエクシーズ召喚し、
混沌巨人のコントロールをも奪取、
光波干渉で攻撃力倍!!
そして魔法カード、拡散光波でサンレンダァ!!
そしてTODOMEの懺悔タイムでカード化……
と思ったらカード化しませんでした。
遊矢と隼に感化されたのでしょう。

感化が早すぎるかもしれませんが、
この位の展開の速さでいいと思います。
ついでにオベフォはカード化されそうになった時に
見苦しく取り乱してはおりませんでした。
やはり一般兵と違って訓練された兵の様です。
野呂は待てと言いますが、
カイトは一瞥しただけで去っていきます。

タイラー姉妹がリベンジマッチの意思を示しますが、
そこにエド率いる一隊が現れ、
エドが「誰も手出しをするな!」と。
そして遊矢とのタイマンマッチの
意思を表明して来週に移ります。
いやはやシンクロ次元の時に比べて
かなり速い展開ですな。
シンクロ次元編に慣れ過ぎたから
早く感じているのでしょうけど。

来週はエドのアンカーが遊矢の腕を
デュエルディスクごと拘束して
逃げられない様にしてから
デュエルをします。
まるで満足アンカーだ!!
どこの満足同盟だおまいは!?
それともDチェーン!?

これを引っ張ればアクションカードが
取りにくくなるのでしょうが、
エドはそんなコスい手は使わないでしょうし、
第一人気キャラのエドに
そんなコスい手を使わせるとは思えません。

それよりもエドが何故
アンチスマイル・ワールド厨になったのか
そこを知りたいところです。
遊勝のデュエルを否定したいと言っておりますので、
そこに理由が有りそうですが。
回想では何気にディストピアガイで
遊勝が押されまくっております。

タイラー姉妹も見届人をしております。
グレースははしゃいでおりますが。
そして遊矢はユートの言う
「あいつな……自分達のデュエルが
 正しいと思い込んでいる。」
という言葉をヒントにティーンと来ます。
果たして遊矢は何をティーンと来たのか!?













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn109.html

TAG : 遊戯王 デュエルリプレイ アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ オベリスク・フォース お姫様抱っこ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}108話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}108話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第108話 アマゾネス・トラップ

今週は遊矢&隼組がアレンとサヤカを
探しているところから始まります。
そしてエドが独白で遊勝の息子の遊矢を、
デュエルで笑顔をイズムを叩き潰さねば、と。
てかスマイル・ワールドを執拗に憎んでおります。

一方遊矢サイドでは
デュエルシーンすらなく権&沢コンビが負けとる。
まあ墓地共有ルールは権現坂の魔法・罠レスの
超重デッキにはかなり相性が悪いですから……

隼はタイラー姉妹を見るや否や
アマゾネスデッキを使うタッグデュエリストとは
キシャマらかと問います。
我々に恐れをなしてトンコした
レジスタンスかと口にした途端、
隼が
「だま……」
「黙れ!」
え?遊矢が黙れと言った。
これは珍しい。

「俺と隼は別行動を取っていただけ!!
 俺達が現場にいれば多くの仲間を
 カードになどさせなかった!!
 ……だそうだ。」
ユートの台詞を代弁した模様で。
ユートも二人とは面識がありませんが、
スペード校を壊滅寸前まで追い込んだ
二人の話は耳にしている模様で。

遊矢はユートの無念や怒りを理解しつつ、
怒りに身を任せたら得体の知れない何かに
再び支配されてしまうのではないかと危惧。
しかし隼はユートの想いに応える様に言います。
そして付き合いの長い隼も
ユートの気持ちが理解る様です。

「ユート達の想いに応える」
「自分を見失わず自分の信じるデュエルもする」
「両方」やらなくっちゃあならないってのが
「エンタメ」のつらいところだな。
覚悟は出来てるか?
遊矢は出来ている。

ここでとりあえず……
クロスオーバー以外の
アクションフィールドを出してほしいです。
墓地の共有というルールを聞いて
遊矢が権現坂に圧倒的不利じゃないか!
と視聴者の代弁をしてくれました。

しかしタイラー姉妹も負けずに
アクションカードなんて使うんだから
オアイコだと反論……
っていうか権の字は使いませんし、
逆にアクションカードの存在で
不利になるんですがね。

「権現坂の無念の思いは俺が晴らす!!」
え?沢っちは?沢渡は!?

永続魔法、スロー・ライフにより、
ターン中に通常召喚を行えば特殊召喚が、
特殊召喚を行えば通常召喚が行えなくなります。
何気にメタですな。

融合召喚されたアマゾネス女帝に対して
モンキーボードと相生の魔術師を
ペンデュラム召喚して対抗しようとしますが、
罠は逃げる場所にこそ仕掛ける物、
グロリアは永続罠、アマゾネス拝謁の間を発動!!
相手が特殊召喚したモンスターの攻撃力分
ライフを回復するというこれまたメタカード。
対ランサーズのデュエリストならば
ペンデュラム対策はするのが当然。

返しのターンでグレースの融合召喚した
アマゾネスペット虎獅子と女帝の攻撃で
ペンデュラム召喚したモンスターを全滅めつめつ……。
一方隼とユートは遊矢曰く怒りに囚われつつあります。

ライズ・ファルコンを召喚し、
特殊召喚絶対殺す効果でパンプアップして攻撃しますが、
遊矢は隼に憤怒りに任せた攻撃を諌めます。
こういうカードゲームでは
オツムに血が昇れば不利になる。
遊矢の言葉も一理あります。

戦闘破壊を無効にされるもダメージは与えました。
これで少しは戦況が有利に……
しかし虎獅子の効果で一度しか攻撃出来ず、
そして永続罠、アマゾネスの秘湯を発動!!
攻撃ダメージもリカバリーされ、
更に永続罠、アマゾネスの呪鏡により、
戦闘ダメージも制限されチマー!!
徹底したコンビネーションと攻撃制限、
そしてライフゲインこそが
アマゾネスデッキの真骨頂なのでしょう。

てか秘湯発動時のグレースのセクシーポーズが
哀れなほど薄っぺらいですな。
いや、貧乳党党員ならご褒美ですが。

しかし返しのターンで
RUM-エスケープ・フォースにより
ブレイズ・ファルコンを呼び出……
あ、女帝にアサーリ撃破されチマー!!
何気に権現坂が遊矢のクッションになっております。
しかしアイアン・ハートの効果で
ライズ・ファルコンが再び降臨!!

諦めてお仲間と一緒にカードになれば?
という言葉に隼の激怒のまなこだ。
しかし次のグレースのターンで終わりだ、
というグロリアの死の宣告がinします。
次のターンが来れば……の話ですが。

ユートはさっきのグロリアの発言で
オツムに血が昇っていて
更にその自覚がありませんが……
遊矢は言います。
怒りに囚われたら今度こそ
得体の知れない何かに
呑み込まれてしまうと。
ていうか何かって何?
その正体は10~20話くらい後に
わかるのでしょうか?

遊矢は二人の気持ちに応えるべく
デュエルを続行し、
ユートもそれを尊重します。
しかし何か秘策でも有るのか?

ここでスマイル・ワールドをドロー!!!!
そしてダベゴンをエクシーズ召喚します。
タイラー姉妹は……自分のライフが五桁を超えているのに
「笑えねえ」とか不機嫌そうです。
しかし遊矢には勝算が存在る!!
遊矢と隼とユートの三人が力を合わせれば!!

永続魔法、ミラクル・ロケット・ショー!!
これで相手モンスターに戦闘破壊耐性をつけて
戦闘ダメージも無効にします……って、
デメリットしかないじゃあんか!!
明らかなデメリットしか無い筈がない。
デメリットを逆手にとってか
それとも大きなデメリットだけではなく
何か大きな効果でもあるのでしょうか?

一方エドは野呂の姿が急用で
見えない事に疑問を抱いております。
しかしデュエル反応で
スマイル・ワールドの発動反応あり。

デュエルに視線を戻して見れば……
スマイル・ワールド後に
ライズ・ファルコンで
アマゾネスの上がった攻撃力を
逆利用してパンプアップ、
そしてダベゴンの効果で
更にパンプアップしますが……
攻撃は無効になる……!!

ライズ・ファルコンとダベゴンが
虎獅子に攻撃をしますが、
ミラクル・ロケット・ショーのエフェクトは
ど派手で綺麗でライズ・ファルコンと
ダベゴンだけでなく虎獅子も笑顔ですが
戦闘破壊と戦闘ダメージが無効にされちゃあ……
と思ったら無効にした数値分……
効果ダメージを喰らいます。

「う…うっそぉ~ん!」
ちょ…グレース何その気の抜けた様な
うっそぉ~んって声?
これが榊遊勝直伝の
エンタメデュエルでございます!

一方エドは……
「榊遊勝ぉぉぉ……すぐに出るぞ!!
 本部にいる班は私と来い!!」
エドの一人称が私になっていますな。
何かの伏線とかでしょうか?

「こんな……こんなデュエルが……」
「スゴかった……」
一方タイラー姉妹は放置プレイで
ぺったん座りで惚けております。
何かのプレイですか?即堕ちですか?
二人をカード化していないのは
ユートと隼が遊矢の気持ちを汲んだからでせう。

あ、野呂がやって来た。
ランサーズを逃した事を怒っている様で。
しかし後ろからオベフォが三人やってきました。
プロフェッサーの命により
我々がランサーズを始末するとの事です。
野呂に対してタメ口ですので
オベフォもある程度以上の地位なのでせう。

来週はタイラー姉妹が何かを喋っております。
遊矢がオベフォ相手にエンタメデュエルを
見せてくれるのが楽しみっぽそうです。
まさかスマイルに感化されたんでしょうか?

マジで早すぎますがシンクロ次元での
牛歩さを考えればこれくらいスピーディーでも
構わないと思います。

そのオベフォ相手に遊矢と隼が
交戦をしております。
相手が誰であろうと遊矢は遊矢、
自分のデュエルを貫くまで。

てか混沌巨人が出ております。
オベフォにもレベルがあって
オベフォの上位が出張ってきているのでしょう。
オベフォトップのネームドキャラが
出てきそうな予感が。

そんな遊矢に大して隼も
心置きなく決闘れと檄を飛ばします。
そしてサヤカをお姫様抱っこしております。
次回……戦場に果てる隼……
隼がカード化されるんか!?
てか城之内死すレベルの
ネタバレじゃねえですか!













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn108.html

TAG : 遊戯王 デュエルリプレイ アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ 榊遊矢 タイラー姉妹 黒咲隼 チョロイン

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}107話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}107話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第107話 決闘{デュエル}に飢えたアマゾネス

今週はレジスタンスの隠れ家で
サヤカ達が難民に食料を配給している
ところから始まります。
ところがサヤカの顔は浮かない顔です。
そりゃあカイトがきっぱりと
絶縁状を突き付けてきましたから。

シンクロ次元での戦いを経、
隼はユート以外の多くの仲間を得た。
そしてサヤカは思いつめた顔のまま
外に飛び出しチマー。
ていうか何気に太一と熱血指導が
配給を待つ難民としてカメオ出演しとります。

サヤカは瑠璃を助ける為の
一歩を踏み出す勇気を持てなかった……
例えサヤカがいたとしても救えなかった、
という厳然たる事実はともかく、
サヤカは勇気を持つ為に何とか
懸命に模索しております。
故にカイトを連れ戻そうと外に出ました。

ランサーズは
遊矢&瞬
権ちゃん&沢の字
の二チームでサヤカを探す事に、
そしてアレンはよそ者はいらないとばかり
単独でサヤカを探します。

パッキンの姉・グロリアなる貧乳と
パッギンの妹・グレースなる貧乳の
アカデミア姉妹が立ち塞がります。
サヤカはランサーズだと誤認された模様。

ここで小さな騎士{ナイト}・アレンが参上!!
サヤカはおれが守護る!!
アレンはサヤカに逃走る様に言いますが……
逃げて後悔するよりは闘争う事を選択します。
かっとビング……
それは勇気を持って一歩踏み出す事!!

なのでフィールド・ライフ・墓地を共有として
タッグデュエルになります。
タイラー姉妹にとっては
久しぶりの実戦との事ですので、
ここに付け入るスキがあるかもしれません。

「戦場に戻ってきた以上、
 油断等する筈がなかろう。」
アレンのアンナを髣髴とさせる
列車デッキのバーンダメージに対して
グロリアは隙も油断も有りません。
ハンティングゲーム感覚で
ヒャッハーしていたモブ連中とは
根本的に違うという事でしょう。

返しのアマゾネス女王の攻撃を
アレンはシグナル・レッドで無効にし、
更に特殊召喚して先制攻撃を防ぎます。
ペンデュラム召喚を警戒している様ですが、
しかし二人はランサーズではない。

フェアリー・チア・ガールをエクシーズ召喚し、
魔法カード。フェアリー・パウダーの効果で
戦闘破壊を無効にしてパンプアップ、
攻撃しますが女王は戦闘破壊を無効にしチマー!!
アレンがアンナデッキならば
サヤカは小鳥デッキという事でしょうか。

タイラー姉妹の方はペンデュラムをしてこない事に対し、
舐めプしているのはむしろ好都合だと判断しますが、
もし違うとしたら……という可能性も考慮に入れております。
そしてサヤカの戦術の稚拙さからランサーズではないと判断し、
ついでにアレンを挑発伝説します。

一方女王の効果まで考える余裕がなかったと
指摘されたサヤカは精神的動揺で頭が真っ白になり、
チア・ガールのエクシーズ効果を発動するのを忘れチマー!!

ここでアレン達は初めて二人は目の前の敵が
スペード校のレジスタンスをたった二人で壊滅寸前まで無双した
タッグデュエルの第一人者のタイラー姉妹である事を知ります。

アマゾネスペットライガーを融合召喚してきて
戦場或いはタッグデュエルのの基本中の基本というべき
弱い方であるサヤカを集中して凹ります。
おまけにバーン対策として、
永続魔法、アマゾネスの魔鏡を発動します。
これは破壊されてバーンダメージが通るフラグなのか、
それともバーンダメージとは別のダメージソースで
攻撃するフラグなのか……

一方のサヤカは自分のドジで
戦況が不利になってしまったので
自分で自分を責めております。
これでは泥沼だ。
しかしアレンの心は折れない!!
遊矢より主人公しているかも知れません。

返すターンでアレンは
重装甲列車 アイアン・ヴォルフをエクシーズ召喚し、
モンスターをいたぶってチマチマダメージを与える
タイラー姉妹の戦法を良しとせず、
攻撃力を上げて効果でダイレクトアタックだ!!
しかし相手もさるもの、
ライガーの効果でダイレクトアタックは出来ねぇ!!
姉妹の説明が何かハモっているぞ!!

ならばチア・ガールの効果で
疑似シャイニングドローし、
リミッター解除でダメージを与え……
ところが罠カード、アマゾネスの身代わりにより、
アマゾネスの剣士を特殊召喚されチマー!!
効果で自分がダメージを受けチマー!!
しかし列車は急には止まれない!!
しかしここは罠カード、フェアリー・レイルだ!!
アイアン・ヴォルフとチア・ガールの
エクシーズ素材を1つずつ取り除いて
ダメージを無効にしてその数値を
チア・ガールの攻撃力にするぜ!!
そしてダメージは受けてもらう!!
結果論ですがチア・ガールの効果を
使わなかったのは正解でした。

チア・ガールは戦闘破壊を無効にし、
そして効果で守備表示になった!!
これで鉄壁の守りだ……いやフラグか!!
ここでタイラー姉妹が本腰に入ります。

アマゾネス女帝を融合召喚して貫通効果付与で
ライガーとの波状攻撃でアレンとサヤカを破ります。
敗れこそしましたが、四人それぞれに見せ場があり、
サヤカも精神的に成長を見せたよい回でした。
しかしその前にカード化という現実が目の前に……

だがそうは問屋が卸さない!!
権現坂と沢渡が颯爽と参上だ!!
ランサーズだと名乗る沢渡を見て
二人の眼は今度こそ満足出来ると
wktkしております。
来週に権・沢VSタイラー姉妹のデュエルが勃発か!!

その頃ノロマはタイラー姉妹の到着が
予定より遅れている事に対して苛立っております。
タイラー姉妹が権&沢と交戦しているところを見て
かなり動揺しておりますな。

そしてタイラー姉妹の事は
エドには内密にする意向。
恐らくはノロマの事ですから
失態を上官に知られたくないとの
保身の為なのでしょう。
もっとも個人の保身目的の情報隠ぺいは
必ず組織にとって悪影響をもたらすのでしょうが。

一方エドは遊矢に勝利てなかった事に、
遊勝の息子だからと判断し、
スマイル・ワールドの欠片を見て
苛立っているところで来週に移ります。

来週は権現坂と沢渡……え?遊矢と隼!?
権・沢は瞬コロかよ!?
まあ墓地共有ルールは権現坂の魔法・罠レスの
超重デッキにはかなり相性が悪いですから……

スペード校を壊滅寸前まで追い詰めたのが
タイラー姉妹と知って隼は激怒してそうです。

しかし遊矢は怒髪冠を衝く
ユートや隼の無念を理解した上で、
自分の信じるデュエルを貫くまで!

しかしアマゾネスデッキはそう甘くはない。
アマゾネス・トラップに対して
遊矢と隼はどう立ち向かう!?













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn107.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王ARC-Ⅴ タイラー姉妹 神月アレン 笹山サヤカ アマゾネス

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}106話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}106話のレビューをさせていただきます。 
arc5.png
第106話 アークエリア・プロジェクト

今週は遊勝が柚子に自分の知っている情報を
説明するターンから始まります。
ていうか塾生のモンスターが
懐かしモンスターばかりです。
三沢の未OCGカードはいつOCG化する?

まるでターミネーターの様な描写で
赤馬零王から強制送還された
赤馬は本社で僅かに残されていた
赤馬零王の研究の断片から
「四つの次元に分かれた次元を
 デュエルで天下布武して
 支配しようとしている」
とデュエル脳100%な計画を知ります。

「ぼくが…いや、私が父を解任し、
 自らLEOコーポレーションの
 ボス社長になったのも
 彼の野望をストップイットする為。
 その為の実戦組織である
 ランサーズの指揮を
 是非貴方にとっていただきたい!!」

赤馬が指揮のオファーを持ちかけてきたのは……
何を隠そう榊遊勝その人でした。
赤馬の真剣な想いを汲んだ遊勝は
「赤馬零王と共にリアルソリッドビジョンと
 アクションデュエルを育て上げた自分なら、
 対等に話をする事が出来る。
 そう考えた私は零児のチームが
 独自に開発していた次元移動装置を
 半ば強引に使用いアカデミアに向かった。
 それがストロング石島との
 チャンピョン決定戦の当日だった。」

何ともまあ間の悪いこって。
にしても石島の再登場はまだデスか?
必死に涙目になっている遊矢が痛々しいです。
ちょっと抜けているといいますか、
翌日に持ち越せないのは何故かという
理由とかがほしいところです。

しかし遊勝はアカデミアに到達する予定が
ハートランドに不時着しています。
そこで遊勝はデュエルで笑顔をという
自分のデュエル理論をエクシーズ次元の
デュエリストにティーチング。
しかしそこにアカデミアが
カチコミをかけてきました。

そしてエドとのデュエルで
遊勝は足を負傷したとの事です。
北斗の拳のリュウケンと同じで
最強ながら途中で負傷に倒れる
という展開でしょうか?

アカデミアが全てを支配する為に
一年前に発令されたカチコミ侵略作戦の
総司令がエドであり、
そして明日香ですら
第一陣に選ばれなかったとの事ですので、
アカデミアは戦力層が厚いのでしょう。
それか明日香は別の作戦の為に
温存されていた戦力なのでしょうか?
あ、布の向こうで柚子がシャワー浴びている。
シルエットだけですがそれが却ってそそりますな。

その第一陣の凱旋の様子は
侵略先の住人をカード化した数を
喜々として競い合っています。
洗脳教育とはまこと恐ろしいもの。
自分の様な脳みそでは
瞬時に洗脳される自身があります。
モブオシリスの髪型が……
どう見ても三沢と吹雪です。
本当にありがとうございました。

しかしその第一陣の中でも
浮かない顔をしている三つ編み娘がいます。
どうやら成績が芳しくない……のではなく、
人をカード化するのに堪えられないと言います。
明日香はかつてのセレナと同じく
決闘者が負けたらカード化されるのは当たり前で、
大義の為には少々の犠牲はしかたがないと言います。
まだ洗脳中なのでしょう。

しかし三つ編みっ娘は言います。
エクシーズ次元の完全制圧の為に
非デュエリスト含む老若男女無抵抗な市民までも
無差別カード化をしまくっているという事実を。
その事実を聞かされて明日香は動揺します。
そして明日香にそんな汚れ仕事をさせたくないので
一緒に逃避行をしようと持ちかけます。
異常な空間で正常を保っていられるのは
言うべくして中々でける事ではないでしょう。

それに明日香は三つ編みっ娘に
プロジェクトの重要性を理解してもらう目的で
二人で夜の海をボートで渡り逃避行しようとしますが……
そこには追っ手が……
忠誠度の低い者でもプロジェクトに貢献出来る方法、
それがカード化……!!
三つ編みっ娘がカード化され、
次は明日香という時に……
そこにモンスターを従えた遊勝が
颯爽とやってきて追っ手をやっつけます。

しかしその直後にバタンキュー。
エドとのデュエルで
飛ばされてきた直後だからだそうで。
明日香達塾生はエクシーズ次元で
何が起こっているのかを遊勝から聞き、
プロジェクトの本質を知った、
或いはエクシーズ次元に派遣されて
そのやり方に疑問を持ったとの事。

明日香は「デュエルで笑顔を」
という遊勝の理念に賛同して
一緒に遊勝塾融合次元分校を
立ち上げたそうです。
そしてアカデミアから一人でも
多くの仲間を助け出して
いずれはアカデミアそのものを……
といういわゆる寺子屋というやつでしょうか?

柚子も全面協力を約束します。
ところがそこにアカデミア襲来の報せが。
対する生徒は五人。
目の前にいるのは……
紫キャベツことユーリだ!!

捕食植物2体と永続魔法、プレデター・プランター、
というやけに平凡な初手で来たユーリに対し、
一人目はGXの翔を彷彿とさせる
スーパービークロイド・ジャンボドリルを
融合召喚します。

それに対してユーリ
「裏切り者のくせに恥ずかしげもなく
 よー融合モンスターを出せるね。」
と煽ってきます。
ユーリは煽りスキルもかなりの様で。

紅一点の人はマスター・オブ・OZを
融合召喚してきました。
こっちは隼人リスペクトのデッキです。

三人目はおジャマトリオを融合して
おジャマ・キングを融合召喚!!
サンダー!!サンダー!!万丈目サンダー!!
ユーリに失笑されました。
しかしユーリのモンスターカードゾーンには
3箇所使用不能になっちマー!!
ユーリは本気でゲンナリしております。

そして四人目と五人目のうちの兄は
VW-タイガー・カタパルトを融合召喚!!
またまた万丈目だ!!
そしてユーリは融合カードなしの
融合召喚は何気に知らなかった模様。
融合召喚の第一人者のユーリが
知らなかったという事はおそらく、
元々融合次元には融合カード無しの
融合召喚の手段は無かったものと思われます。
既存の融合カードありきの融合召喚にとらわれず、
新しい境地を開いていくスタンスは
遊勝の教えを受けた事によるものでしょう。

そして弟はXYZ-ドラゴン・キャノンだ!!
ここで社長リスペクトが入りました。
そして兄とのコンビネーションで
VWXYZ-ドラゴン・カタパルト・キャノンも
融合召喚でユーリのモンスターを全滅めつめつ。
ところが捕食植物スキッド・ドロセーラの効果で
特殊召喚したモンスター全部に
捕食カウンターがついチマー!!
これは一網打尽フラグだ!!
ついでにプチ顔芸です。

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
三度融合召喚してジャンボドリルの貫通効果を奪い、
そして二枚目のドロセーラの効果も合わせて
ゴレンダァでワンターンファイブキゥ……!!
おジャマ・キングを攻撃する時には
何かゲンナリしとりました。
ユーリでも生理的に受け付けない模様。

五人揃ってカード化された直後に
明日香と柚子が現場に到着しました。
ここでユーリが柚子に名乗り出ます。
とりあえずハゲフェッサーの指令通りに
柚子を拉致ろうとしますが……

ここでユーゴがD・ホイールで
何の脈絡もなく今度こそ逃がさねえと
ユーリ目掛けて突進してきたのを
柚子のブレスレットが何故か発動し、
ユーリが強制送還されチマー。
ていうかユーゴ轢殺する気満々だろ?

柚子が死んだとばかり思ったユーゴは
抱きつこうとしますが柚子ハリセンで
スパコーン!!
ユーゴはリンをレスキューしに
ここにカチコミにきた模様で、
柚子はリンだけでなく瑠璃もセレナも
軟禁されていると言います。

一方赤馬零王はOPに出てきた
双子の姉妹ことタイラー姉妹に対して
野呂からの報告に出てきた
エクシーズ次元に出没した
ランサーズ討伐を指示します。

「ノロマちゃんじゃ役に立たないし
 エドは実戦経験が少なそうだし。」
勝気そうな姉妹の出陣で
来週に移ります。
しかし……平らーだけあって
二人して哀れなほど薄っぺらいですな。
野呂はどうやらノロマと呼ばれる程
役に立っていない模様で。


ここで新EDの動画が通常モードになります。
夕焼けに佇む遊矢に
次に落日をバックに遊矢と権現坂と柚子が
歩いているシーン、
次に鉄棒に佇んでいるシーン、
その上をジャンボジェットが飛んでいき、
次に遊矢のモンスターが空に満ちていき、
そして遊矢と権現坂と柚子がダッシュしていって
夕焼けに向かって言って〆です。

来週は……カイトを探すサヤカとアレンの前に
平らもといタイラー姉妹が現れました。
ていうか殺る気満々です。
紫オーラがビンビング。
ランサーズとまで思われております。
サヤカはフェアリー・チア・ガールを召喚しております。
てこたぁアレンはアンナの鉄道デッキ?

タイラー姉妹はどうやら
アマゾネスデッキを使う模様。
アマゾネスにも新規カードが出るんでしょうか?
どちらにしてもサヤカやアレンが
アカデミアの屈強の刺客である
タイラー姉妹に勝てるとは思えません。

答え①ハンサムのアレンはは
   突如反撃のアイデアがひらめく
答え②仲間がきて助けてくれる
答え③何らかの理由でデュエルが中止になる
答え④カード化で中途退場。現実は非情である。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn106.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー デュエルリプレイ 遊戯王ARC-Ⅴ ユーリ スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン 融合召喚