FC2ブログ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}95話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}95話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第95話 己の信じるデュエル

今週はジャックがセルゲイに勝利したところから……
って墜落したセルゲイが大破して
腕がもげながらもまだ動いているぅ!!!

ここで蘇ってはまずい、
所詮はトップスの犬とばかりに
暴徒のコモンズ@名無しさんトリオが
TO DO MEを刺さんと棒を持って……
あ、ロジェがリカバリーせんかいと
セルゲイに叫びます。

ところが部屋の中から叫んでも聞こえる訳無く
セルゲイのコンディションがNO SIGNAL、
つまりコモンズ暴徒によって
再起不能にされた事を知ります。
「ワタシの切り札が……
 わたしぃのゆめがあああがはいあああああ!!!!」
取り乱したロジェはシティ中のセキュリティに対して
コモンズ暴徒全員の鎮圧を命じ、
力尽くでシンジら暴徒を力尽くで鎮圧しようとします。

その頃遊矢と権現坂はそれを見て
シティ中が争いで滅茶目茶になるになる事に
懸念を抱いております。
徳松っつぁんと沢渡と零羅もこの状況では
簡単に評議会まで行けそうにありません。
ので徳松流エンジョイ突破だ!!
……あ、やべぇ!!
暴動を見て零羅のトラウマがまた!!

恐怖から逃れる様に暴動に突っ込みますが……
ここで隼が現れて零羅を抱えて
窘めて暴走をストップだ!!

しかしここでなんの前触れもなく
空中ビジョンでロジェの画像が出てきて
コモンズの暴動に対してトップスの要請を受けて
戒厳令により現時点で全法律を停止して
司法・行政の全権限を自分が掌握する事で
対抗すると宣言します。
しかし柚子に押し倒された。

柚子はビジョンを通じて
ロジェの目的は治安回復ではなく
トップス・コモンズの争いに乗じて
シティを力尽くで自分のものにせんと
企んでいる事を暴露します。

そして仲間同士で
内輪もめしている場合ではない、
ロジェだけでなくアカデミアにも狙われていると
両方に訴えかけますが……

「YA ME RO!」
とロジェは力尽くで柚子を突き出しし、
演説を中止させます。
ていうか逆効果だと思いますが、
それだけロジェも追い詰められている、
という事でしょう。

遊矢は柚子救出を最優先しますが、
権現坂はまず自分の為すべき事をしろ、
素良と月影が柚子を救い出すと嗜めます。
ここでサムが現れ、
ジャックのメッセージを伝えます。
そしてそれを伝えるのがサムの役割だとも。

もしそれが遊矢の目指すデュエルではないのであれば、
「それをデュエルで証明して見せろ!
 何かを成し遂げたいと思っているのなら……
 怯むな!!」
心の底から信じるデュエルの証明……
それがジャックの真意か。

遊矢は知った。今自分がすべき事は何かを。
遊矢が行くべきはデュエルパレス!!
ジャックに己の信じるデュエルを
デュエルで証明すべきだと!!
柚子が己の立場で戦っている様に
自分もまた己の立場で戦うと。

その頃赤馬は評議会を後にしm
評議会前にはチーム徳松が
ようやくたどり着いてますが、

徳松さんがセキュリティに
エンジョイ突撃をかまそうとするところ、
そこに赤馬のDDD双暁王カリ・ユガが
セキュリティの罠バリア五枚と
次元幽閉&グラヴィティ・バインド-超重力の網-&
聖なるバリア -ミラー・フォース-五枚を撃破だ!!

尚もゾンビの如く立ちはだかろうという
セキュリティに対して評議会ファイブが
たとえ戒厳令下と言えどもシティ最高権威の
評議会メンバーに触れる事は許されないと嘯きます。

それに対して赤馬は
「権威を自分達を守護る為だけに
 使うのは意味がないのでは?」
と問いかけます。
しかし五人衆は自分達の安泰=シティの安泰、
と現在の状況を理解しているのかいないのか、
という発言をします。

しかし現に雲の上から赤馬を追ってやって来た。
赤馬にこの次元を見捨てられたらという危機感、
すなわち赤馬とロジェを争わせて
高みの見物をしていればいい、
という状況が覆るかも知れない恐怖からか?

今までの勝ち馬に乗れば安泰だった
事なかれのやり方が通じなくなる。
ここは自分達の世界なのであるから
部外者ではなく当事者である。
「傍観者には未来を語る資格は無い!!」

一方遊矢一行の前にはまた
コモンズとセキュリティの抗争が。
しかしアマンダ達が現れて
デュエルパレスへの近道をレクチャーします。
キッズ大活躍だぜ!!
そして俺の歌を…もといデュエルを見ろ!!
とシティの衆に言う為にデュエルパレスに直行だ!!

一方シンジ一行は低レベルモンスターが
何の対策もせずにゴヨウモンスターに
勝てる筈無く絶体絶命の状況だ!!
しかしここでクロウ参上!!!
A BF-驟雨のライキリ参上!!

セキュリティを蹴散らしますが、
柚子の言葉通り
トップスだのコモンズだの
言っている場合ではなく、
皆で力を合わせて俺達の故郷を、
子供達の未来をロジェやアカデミアから
守護らなきゃならねえと説きます。

しかしシンジ達にとってアカデミアよりも
トップスへの怨恨み憎悪しみこそが
優先されるとの事。
革命の為ならばクロウも邪魔すれば敵。
下手すればトップス憎しで
アカデミアとも手を組みかねねえ!!
正に思考の視野狭窄とはこの事か!!

一方デュエルパレスにも
コモンズがセキュリティに
トップス連中を差し出せと
睨み合っており、
デュエルパレスに入ろうとする者全て
敵とみなしております。

権現坂が遊矢の盾とならんとしたその時だ!!
チーム徳松と赤馬がRRモンスターに乗って参上!!
そのまま遊矢達をサルベージして空中移動だ!!

どうやら柚子の訴えを聞いた遊矢ならば
デュエルパレスに直行すると判断した
赤馬による行動だそうで。
遊矢凱旋を見てメリッサも
報道根性が湧き湧きだ!!

そして沢渡が遊矢にマイクを渡して
思いの丈を語る様に言います。

「みんな聞いてくれ!!
 トップスもコモンズも今だけは争いを停止めて
 俺の言う事に耳を傾けて欲しい。
 俺は今からジャック=アトラスと
 FSCの決勝戦をやる!!」

だがロジェがそれを許す筈がなく、
戒厳令下の理由で決勝戦を無効にすると言います。
しかし議長は指揮権は停止しているので
戒厳令こそ無効だと言います。

一方月影&素良も
治安維持局と柚子の場所をつきとめマス。
しかしマジで決闘者の身体能力は
どうなっているのか?

「デュエルは争いの道具じゃない。
 デュエルは人を幸せに……笑顔にするものだって。
 その事を……俺はこのデュエルで証明してみせる!!」
と衆目やジャックに宣言して来週に移る!!

来週は沢渡が魔界劇団で
セキュリティを食い止めている間に
遊矢とジャックがデュエルをします。

ていうか長官野郎の顔が顔芸、
頭が完全に錯乱してそうです。
セキュリティに決勝戦を力尽くで止めさせ、
関わる者を一斉検挙するつもりです。

そして借り物の言葉とは一体!?
次週決勝戦に移る!!












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn095.html
スポンサーサイト