FC2ブログ

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}89話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}89話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第89話 強襲!オベリスク・フォース

今週は遊矢とクロウのデュエルも終了したところで、
夜空の中ハンググライダーに乗ってオベフォが大挙して
シンクロ次元にカチコミをかけてきたところから始まります。
しかし敵地だけあって通信は妨害されていますので、
アナログな信号弾で通信を取る事になります。

一方シティを走っている遊矢はオベフォを確認すると
連中の目的がセレナと柚子である事を察し、
素良の方はオベフォトリオを尾行します。
会場の面々はアカデミアのアの字すら知らされてませんので、
オベフォのハンググライダーを見ても
何かのイベントでね?と言っております。

メリッサ曰く
「そんなイベント聞いてないけど。」
どうやらメリッサは実は裏がという線は
この独白で無くなった様であり、
メリッサは現時点では只の一般人の様で。
しかし流石はプロの実況だけあって
「空から舞い降りたパフォーマー達が
 どの様なパフォーマンスが行われるのか
 華麗なる姿に期待しながらご覧下さい」
と臨機応変にアドリブをかましております。

その頃評議会ビル前のセキュリティは
迎撃をセルゲイに任せており、
評議会側はオベフォの存在を確認して
対して多勢に無勢ではないのかと
赤馬に対して疑問を持ちます。
そしてランサーズの殆どが地下送りになったので
あてにはならないとも言っております。

赤馬はランサーズは事態を知れば
それぞれの独断で的確な行動を起こすが、
シンクロ次元の住人が自分達の置かれている立場が
イベントであるかどうか判断する事も出来ないと
少々失望しております。
そしてシンクロ次元の今回の件に対する対応を
共に戦う盟友足り得るかを確認する試金石にしようとも。

一方ユーリはここで我に返り、
オベフォの出陣を確認します。
そして目の前に怒り心頭のユーゴが。
バカにした顔で「キミ誰だっけ?」と聞くユーリに対し、
「マイネームイズユーゴだっつーの!!」と。

「君も融合使いなんだ」
「融合じゃねえ!ユーゴだ!!」
最早様式美ですな。
ユーリはさっきまでデュエルをやっている気がしたので
相手はユーゴなのかを問います。
ユーゴは単刀直入にリンのとこに連れてけと要求し、
ユーリは行動を共にしていた柚子の引き渡しを要求します。
まあ引き渡したところで手のひらを反すのは目に……
ていうかユーゴは柚子が天に召されたと思っている筈では?

な訳でユーゴは俺のココ(心)にいると
大真面目で言っております。
流石に事情を知らないユーリは
「バカにしてんの?」と呆れ顔だ。

更に大真面目な顔で柚子は事故死したので
俺の心の中で生きていると言います。
恐らくそんな事は信用していないといった顔で
ユーリはヴァイオレット・フラッシュのカードで
目くらましをして去ります。

そして評議会前のセキュリティの前に
オベフォトリオが姿を現します。
ていうか何ら策も無く
正面からたった三人で姿を現すとは
セキュリティはナメられているのでしょうか?
それとも何か策でも有るのでしょうか?
取りあえずはセルゲイが出陣をします。

オベフォはトップスの客間を始め、
シティ中を跳梁跋扈しますが、
皆イベントと思っております。

一方セレナ一行の逃走は
手負いのセレナと疲労の零羅は
これ以上の逃走は無理ではないかと
月影が判断しております。
月影の事ですから自分が囮になりそうです。

セレナもオベフォとセキュリティの狙いは
自分なので置いていって逃げる様に言います。
しかし月影はセレナを守護るという
自分の任務は放棄しません。
零羅は1人でなら突破でけるので
セレナは自分が守護るから
月影に地下の仲間に知らせる様に言います。

しかし零羅の体力は限界……
しかも間が悪く隠れ場所をオベフォに知られてしまい、
信号弾を撃たれます。
そして不幸中の幸いかその信号弾を
素良と遊矢がそれを偶然見ます。
それを見て月影と零羅も覚悟を固めます。

一方評議会ビルのオベフォは
セルゲイ一人の操る
ヴァン・ダーリ・ズーマに無双されており、
あっという間に三名やられて
まるで光になって消えちまいます。
これはセルゲイにやられたのか
アカデミアに帰ったのか……

この様子を見て評議会は何と
セルゲイのボスのロジェを懐柔しようという
下策も下策を取ろうとします。
シティの一般市民は敵である
アカデミアのアの字すら知らされていない
絶対的情報不足の状態なので
暢気に大会に夢中になってても仕方がありませんが、
二つの敵の存在を知りつつも
その敵の一つを懐柔しようとは……
正にお花畑の事勿れと言わざるを得ません。

一方月影はこのまま逃走を続けていては
地下施設の場を知られてしまうので
三名相手にデュエルをせざるを得ません。
そして零羅は……3名のオベフォを退けますが、
体力的にはもう限界です。
そして月影とオベフォトリオのデュエルだ!!

月影は黄昏の忍者将軍-ゲツガを召喚しますが、
永続罠、融合塹壕-フュージョン・トレンチ-、
そして古代の機械参頭猟犬二体により
月影はあっという間に追いつめられチマー!!
そしてオベフォ赤によれば
古代の機械猟犬はバーン効果で
600ダメージを与えれるので、
次の俺っちのターンが来ればおまいはおしまいだと
処刑宣言をします。
どうしよう!!月影はカードにされちまう!!
地下施設に情報を伝える者がいなくなっちまう!!
……なーんてな。オベフォ赤の説明死フラグ入りました。

ここで素良が颯爽と現れた!!カードドロー!!
アカデミアに反旗を翻す気か!?
乱入ぺなるてーはつどー。……マジいい加減にしろ!!
いや、マジでいい加減にして下さい。
乱入ペナルティーはマジでオウンゴールルール以外の
何物でもありまへんがな。

デストーイ・マッド・キマイラと
デストーイ・シザータイガーを融合召喚し、
月影は罠カード、結界忍法-朧移しの術を発動し、
キマイラに参頭猟犬の効果を与えます。
これでサンレンダァ!!
しかも機械参頭猟犬と機械猟犬を効果で寝返らせて
元の持ち主にダイレクトアタックさせて退けました。

赤馬零王は素良のこの行為を知っても
単なる裏切り行為だけとは取らない可能性があります。
オベフォの不甲斐なさに失望するとか
オベフォ三名を一蹴した素良の実力を評価するとか……

「恨み言は繰り返さぬが忍びと言うもの。
 助太刀感謝いたす。」
と地下施設に移動する事になります。
月影はマジ人間がでけてます。
そして素良はセレナと零羅を助けに行きます。

その頃零羅は……青色吐息ながらも
6名目のオベフォを退けています。
ていうかいくら零羅が相手でも
体力が限界の相手1人に
6名が退けられるとはちょっと情けなくね?
しかしまたオベフォが三名来ました。
これではいくら零羅でも……

ここで何故か零羅はフラッシュバックを見ます。
砂漠の戦場で三人のガスマスクの人影が……
このフラッシュバックは何の意味が!?
「零羅…零羅…!!零羅あああああああ!!!」
ここで主人公・遊矢が遊矢号(仮)で参上だ!!
来週オベフォトリオと遊矢のデュエルか!?

来週はオベフォトリオと遊矢が
デュエルをしております。
もっともデュエルシーン無く
蹴散らされる可能性が高いですが。

月影は無事地下施設に辿り着き、
権ちゃん達にアカデミア襲来を知らせ、
素良はセレナ達の元に向かいます。

権現坂達にデュエルディスクが返還された頃、
またまたシンジとトニーとデイモンが
地下で革命ののろしを上げようとしております。
地下の労働者を味方に加えようというのでしょう。
革命は結構なのですが、
革命の為にアカデミアに協力する様な行為は
慎んで貰いたいもので。

しかし脱獄される訳にはいかないので
ギャラガー+モブ手下2名は
銃器で脱獄を止めようとしております。
(多分脱獄を阻止しようとしているのでしょうが)

元デュエルチェイサー227は
パンチをかまそうとしていますが、
このパンチがどっちに向いているのかは不明。

一方遊矢の前にはバレットが!!
ああ、オベフォトリオは瞬コロされたんですね。
オペゴンとヘイタイガーとシルバーウルフは
鎖で縛られております。
バレットとのデュエルはどうなる!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn089.html
スポンサーサイト

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemasterバトルシティ編第90話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemasterバトルシティ編第90話のレビューをさせていただきます。
MangaKeiBanner032.png
第90話 舞VSマリク 闇のデュエル

今週はデュエルで意識不明となったリシドを
皆が見舞っている場面から始まります。
脳波にも体にも異常は有りませんが、
原因不明の極度の精神的ショックによって
昏睡状態に陥ったという医師の診断が出ます。
しかし神の怒りが下ったのは城之内も同じなのに
何故城之内はピンピンしとるんでしょうか?
これもフラグの一種でしょうか?

マリクに使い捨てにされたリシドの姿を見て
舞は可哀想に思えてくるそうです。
恐らくは昔の自分に重ね合わせているのでしょう。
城ノ内とリシドの勝敗を分けたもの……
それは待っている仲間達の存在……
だがリシドは独りぼっちなのかも知れない。

ここで舞は先週城之内が見た夢に
自分もいたのかと問います。
しかし女心に疎い城之内はこっぱずかしくて
出ていなかったとつい嘘をついちまいます。
1人残った舞は独り……かと独白をします。
遊戯達と逢うまでは独りで戦ってきた……
それが舞の信念で誇りでもあった……
な訳で舞は再び孤高のデュエリストを目指します。

対戦カードを決定する場所なのに
闇マリクも八人目のデュエリストである
イシズもここにはいません。
イシズはともかく闇マリクは何故!?
偽名を使ったマリクの事は海馬は
実力さえあれば名前なぞ大した問題ではないと一蹴。
その魂胆は闇マリクからラーをゲットする事です。

次のカードの一人が舞と決まった途端、
舞は独りで戦うので応援はノーサンキューと
きっぱり断ります。

一方闇マリクは主治医を洗脳して
リシドの病室に潜入し、
千年ロッドでリシドを刺殺しようとします。
顔の刻印のせいで自分が封印され続けたので
リシドをSATUGAIする事で
完全に解放されようというのでしょう。

と思ったら対戦カードの二人目が
闇マリクと決定してすぐにでも
デュエルリングに行かなければなりませんので
一時中断となりました。
すぐに刺殺すればいいじゃあんと思うのは
素人の考えと言うものでしょうか?
な訳で舞と闇マリクのデュエルの開始まりだぁぁぁ。

闇遊戯と愉快な仲間達が到着しました。
舞は声援はノーサンキューと却下しますが、
舞がどう思おうと俺達はやりたい事をやると
城ノ内はそれでも言います。

闇マリクはスライム増殖炉と
ディフェンド・スライムのコンボで
ラーを生け贄召喚しようというのでしょうか?
しかしハーピィの羽根帚で早速瓦解……
しかし闇マリクは想定内の様で、
希望を得れば得る程失った時の衝撃は大きいと
どこぞのファンサービスの様な独白をします。

返しのデス・ガーディウスも
銀幕の鏡壁とのコンボで破壊されますが、
遺言の仮面でデュナミス・ヴァルキリアの
コントロールを奪われチマー!!

ここで闇マリクは城之内達を利用して
千年ロッドで闇のデュエルをおっ開始めました。
遊戯の死でしか晴れる事無き怨念の闇、
その闇への生け贄に舞を選択んだのか!!
しかし舞はデュエルを降りない!!

「孔雀舞…闇のゲーム参加者なら
 モンスターに宿る光が見えている筈だ。
 それはキシャマの存在を支える光ぃ。
 説明するより身をもってすれば
 恐怖と苦痛のゲームを理解出来る。
 今までの御遊びデュエルとは
 比較にならないカイカンを味わえるぞぉ。」

闇マリクの言う通り、
味方殺しの女騎士で
デュナミス・ヴァルキリアを撃破した途端、
杏子が切り裂かれるイメージが浮かびます。
デュナミス・ヴァルキリアは元々
舞のモンスターなので闇の効果は舞に発動します。
このフィールドに存在するモンスターは
元々のコントローラーの記憶に存在する
人間の魂が宿っているので
モンスターが撃破されれば当然
記憶から一人一人消えちまいます。
即ち杏子の記憶が!!

千年ロッドは人の心の真実も見透かす事が出来、
相手が最も苦しむ……否、
苦しんで相応しい死に方をする力が存在る!!
その力で闇マリクは寂しい寂しいと
啼いている舞の姿を、
仲間が消える孤独への恐怖を見透かします。

「孔雀舞ぃぃキシャマは孤独と絶望と言う
 究極の快楽を抱きながらイく!!
 それが来週から始まる闇のゲームだぁ……!」

来週は城之内の記憶も強奪されます。
しかし闇マリクに勝てば記憶は蘇るはず。
しかし闇マリクの攻撃は
じわじわと舞の精神とライフを削り取っていく!!

ここで舞が闇マリクからカードを強奪った!!
そのカードとは一体……!?
え?神のカードを奪え!?
また杏子のネタバレです。
少し自重してほしいものです。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterBCReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterBCReviewTurn090.html

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第50話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第50話のレビューをさせていただきます。
DM20th.png
第50話 過去からの挑戦 戦慄のゼラ

今週は遊戯の登校時から始まります。
どうやら闇遊戯とファッション講義をしており、
闇遊戯は腕にシルバーを巻くとか
オシャレに気を付ける様に言っており、
更に下で待っている杏子は
遊戯にホの字だそうですぜ。

あ、何気に遊戯の母ちゃんがいます。
どうやら双六の子供はこっちの様で。
ついでに中の人が鈴木真仁さん、
つまり骨塚や翔です。
ついでに遊戯は鉄の鎖で千年パズルが
絶対千切れない仕様にしております。

杏子は今度の日曜日にどこかに行かないかと
遊戯を誘いますが……遊戯は街角の占い師に
何か興味を示した様です。

その占い師は言葉巧みに遊戯から
千年パズルをちょっと触らせて貰いますが……
装備魔法、強奪をしてトンコしチマー!!
予想外の展開に遊戯は占い師をチェイスし、
杏子は学校に応援を呼びに行きます。

遊戯の待つ迷路には何故かわざとらしく
矢印の示したプラカードが幾つも有ります。
これは罠か誘いにまちげぇねえ!!

その頃杏子は獏良に逢っております。
既に声は松本梨香さんに代わっておりますが。
杏子と逢った後の獏良…いやバクラは
何トンマしとんじゃと激おこda。
千年リングが反応してバクラは
遊戯にはまだ千年パズルのオーナーで
有り続けなければならないと判断し、
遊戯の敵は俺の敵と見なします。

そして遊戯の後をチェイスし、
ご丁寧に矢印を反対に向けて
後続が来ない様にします。

一方遊戯は廃工場に入るとそこには……
デュエルリングに
千年パズルがつり下げられており、
デュエルか逃走かの二択を強いられます。
そして占い師のバックには謎のフード男が(棒)。

「千年パズルに居座る何物かを追い詰め、
 もう一人の遊戯の正体を探り出す事こそ俺の目的。
 もしもう一人の遊戯が俺の思っている人物なら……」
この頃の一人称は俺ですな。
ついでに字幕をオンにすると
堂々とマリクという名前が出とりますがな。
あかんやん。いやマジで。

しかし闇遊戯は遊戯に一人で戦う様に言います。
どうやら自分が出る様に何者かが誘っている、
と感づいている様ですな。

デュエルの最中ですが、
ここで占い師の正体がキースだと判明しました。
しかし「この男はバンデット・キースと呼ばれていた」
とかまるで自分を他人の様に言います。
これは一体!?
海にボッシュ―トされたキースは謎の船に拾われ、
恐らくは洗脳か何かで操られているのでしょう。

そして一瞬キースは正気に戻り、
「ガッデム!!遊戯!!」
と叫んで再び洗脳状態に戻ります。

その頃杏子は本田と城之内に
応援を要請しております。
しかしここで森田という
いやにお目々がぱっちりの体育教師が
三人の前に立ちはだかります。
ここで三人は遊戯が病気なので
見舞いに行かなければならないと
城之内曰く「嘘も小便…いや大便」
で切り抜けます。
一方遊戯は千年パズルに頼れという
敵の誘いには容易に乗りません。

竜騎士ガイアを融合召喚するも、
機械王と機械改造工場のコンボで破壊され、
追い詰められながらも遊戯は考えます。
機械軍団の弱点は精密機械故の脆さ、
ならばデーモンの召喚と魔霧雨のコンボで
機械軍団を錆び付かせて撃破!!
マイルールなのはご愛敬で。
一方杏子達はバクラの矢印変更攻撃で
どこに行けばいいのか判りません。

ここで手段を選ばぬ
レプリカカードが投入されます。
しかもリストバンドでのイカサマならぬ
手首のイカサマ装置のイカサマドローだ!!

ここでキースはイカサマドローした
ゼラの儀式でゼラを儀式召喚して
デーモンの召喚を撃破だ!!
遊戯曰く
「オリジナルは世界中で3枚しかない
 ウルトラレアカード」
なのに何故キースが持っているのか……

その頃バクラは廃工場に到着し、
闇のデュエルが行われている事を知り、
杏子達は遊戯を求めて彷徨います。
そして敵は執拗に闇遊戯へのタッチを要求しながら
このデュエルは来週に移ります。

来週は何物かに操られた
レアカード満載の極悪デッキのキース相手に
遊戯が大苦戦しております。

そして逆転敗北が確定したのか
キースは千年パズルをバラバラにします。
しかし遊戯は炎の廃屋でパズルを組み立てます。
闇遊戯を喪失わない様に……って
杏子の予告がかなりネタバレしているんですが。
果たして遊戯は焼け落ちる廃屋から
逃げる事がでけるのでしょうか?









詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReviewTurn050.html

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemasterバトルシティ編第89話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemasterバトルシティ編第89話のレビューをさせていただきます。
MangaKeiBanner032.png
第89話 ラーの怒り 立て!城之内

今週は城之内マリク(の影武者リシド)の
デュエルも終焉を迎えようとしています。
リシドの聖獣セルケトによるダイレクトアタックは
よりリアルなマリクを演じさせようという
マリクの思惑でストップがかかりました。
城ノ内をラーのカードで仕留めさせようという意図です。
リシド程の者ならばコピカと言えど
ラーを操れると踏んでの事です。
それが一族の証だとマリクに含まれ、
リシドはラーの召喚を決意します。

ここでラーの姿を拝めると
流石の海馬も色めき立ちます。
第産の神…ラーの翼神竜が降臨するのか!!
ラーの生け贄召喚には通常3体の生け贄が必要で、
その3体の生け贄の攻撃力の合計が
ラーの攻撃力の値となるが、
セルケトは三体のモンスターを取り込んでいるが故に、
攻撃力は5825となる

マリクはここでリシドに
身をもってイシュタール一族であるという
証を立てたと独白しますが……
ラーの攻撃宣言をした途端、
七つの千年アイテムが共鳴を開始めます。

イシズはリシドの攻撃に危惧を覚え、
マリクは想定外の事が起きた顔をしております。
マリクのデッキ内のラーのカードが
途方も無い憎悪のオーラを発している!!
城ノ内とリシドの周りにも次々と落雷が!!
これは一体どういう事だ!?
ていうかラーが攻撃しようとせず、
姿を変えていく!!
コピカ使用への怒りか!?
神の怒りはゲーム参加者全員に下される……
城ノ内は巻き添えかよOI!!?

リシドへの落雷と共に
千年ロッドのレプリカも粉砕され、
リシドは倒れます。
闇遊戯も千年ロッドの破砕で
マリクではないと確信します。
落雷の牙は城之内までも襲います。

磯野は二人が倒れた事で
本田が助けようとするのを
ルール違反で失格にするぞと言い、
海馬はデュエルディスクの体感ショックは
人体に悪影響が出るまでには作られておらず、
精神的な要因が原因だと主張します。
ていうか社長ホントオカルト嫌いですな。

とりあえず両者のうち5分以内に
先に立ち上がりデュエルの意思を示せば
その者が勝者という事になり、
もし5分過ぎれば両者失格になります。
何故かマリクまで頭痛に襲われておりますが。
イシズは「マリクのもう一つの人格が目覚める」
と言っておりますがそのもう一つの人格とは一体!!?

あの苦痛極まりない儀式によって生まれた
もう一つの人格……ていうかどういう人格だよそいつ?
リシドの忠誠によってマリクの中で抑えられていた
全てを破壊に導かんとする邪悪な性格……
リシドが倒れた今その枷が……
しかしリシドは立とうとします。
邪悪な人格を目覚めさせない為に。
立て城之内!!

城ノ内の回想では城ノ内の居眠り中に
遊戯と愉快な仲間達が城之内を起こします。
その中には獏良だけでなく御伽もいますので、
最近の事なのでしょう。
どうやらデュエルの町内大会が始まる様です。
町内1位を目指している様ですが、
その頃の城之内なら町内1位くらいは
軽いもんでしょう。
ここででカバンの中のデッキが零れ落ち、
城ノ内を横目に海馬曰く
「凡骨デュエリストが……」

え?静香や舞もいる!?
これが回想なら時間軸的におかしい……
て事は城之内の脳内出来事、つまり夢!?
本田は城之内に送られた果たし状について言及します。
送り主はどうやら上級生ですが、
城ノ内は仲間を悲しませたくないので
果たし状には応じません。

デッキも遊戯が拾い直し、
いざ出陣……という時に
城ノ内は体に力が入らなくなりました。
ここで愉快な仲間達が一斉に手を貸してくれます。
夢から覚め、立った!!城ノ内が立った!!
ここで城之内が勝利った!!
海馬もラーの攻撃が両者を襲った事で
ラーのカードがコピカだと悟ります。

もうろうとする意識の中、
城ノ内と互いに真のデュエリストとして
認め合ったリシドは邪悪な人格が
前に出ようとして苦悶するマリクの事を
城ノ内に託そうとします。
ここで愉快な仲間達もナムが
マリクであると悟ります。

「そおおおだ、俺が正真正銘のマリクだ。
 ナムは貴様達に近づく為のハンドルネーム。
 仲間の犠牲なぞ安いものじゃないか。
 三千年積もり積もった一族の怨念から比べれば。
 遊戯を葬るなら我々はどんな手段を
 zぢおはpsdjq」wさd!![scdasd!?」
一人称が俺となっているところから
闇マリクが出かかっています。
そしてリシドが気を失った瞬間に……
顔芸伝説・闇マリク登場だ!!

「やっと出てこられたぁ。
 視聴者お待ちかね闇マリクシャマだ。
 そこのハゲチャビンがいると
 俺が出てこられないんで
 消えて貰った方が好都合というもの、
 俺に比べりゃ表マリクは大人しい性格でね。
 デュエルの詰めも甘いのもそのせいさ。
 奴ぁ闇を恐れているが俺ぁ闇が大好きでね。
 まぁ俺に取っちゃあどいつもこいつも影の存在だ。
 やはり神のカードを操れる者は
 千年アイテムと何らかの関わりを持つ者だけと
 判明しただけでもこのデュエルは有意義なものだ。」

海馬はオカルトグッズに興味はありませんが、
オベリスクは自分のしもべだと言っております。
それに対してマリクは貴様にも
三千年前の記憶が残されているんでね?と言います。
いずれ答えは出るのでしょうが。
しかしイシズの目には闇に閉ざされた
絶望の未来しか見えません。

闇マリクの高笑いと共に来週から
三体の神のカードを巡る
真のミレニアムバトルが開始される!!

来週の対戦は……舞と闇マリクです。
こんな事を言いたかぁねえですが、
舞はほぼ確実に負けるでしょう。
もっともバトルシティのラスボス相手ですので、
勝ったら勝ったでストーリーにも
かなり問題が起きますが。

問題はデュエルのない様です。
闇マリクにどこまで食い下がれるか……
と思ったら舞は愉快な仲間達に
独りで決闘うから応援はいらないと言います。
一体舞の心境はどうなっている!?
来よ来週!!











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterBCReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterBCReviewTurn089.html

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemasterバトルシティ編第88話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemasterバトルシティ編第88話のレビューをさせていただきます。
MangaKeiBanner032.png
第88話 ラーの翼神竜を召喚せよ

今週はマリク(の影武者リシド)が
罠キラー・サイコ・ショッカーの召喚を許しながらも、
聖なる領域を守護る聖なる神の守護神・
聖獣セルケトを召喚したところから始まります。
伝説のフィッシャーマンにインセクト女王、
しかしサイコ・ショッカーでは
この強大なモンスターには太刀打ち出来ない!!
そして聖櫃の中にはラーの翼神竜のカードが!!

リシドのデッキにラーが入っている理由は
マリクがリアルにマリクを演じさせる為に
コソーリコピペカードを羽蛾ったものだそうで。
しかしコピーカードとは言え使用う者を選ぶカード、
選ばれない者が使用すれば
リアルに死亡や再起不能等になります。

マリクが出した答えは
コピカは操る者の心に反応するので
墓守の一族として生きてきたリシドならば
コピカを操る事が出来ると判断しました。

しかしリシドはラー無しで勝利するつもりです。
セルケトの攻撃が城之内を……と思ったら、
セルケトは特殊召喚された場合、
召喚酔いして素のターンに攻撃がでけまへん。

しかし城之内の引きの強さは……
ドロー!!……融合のカードでした。
マリク(の影武者リシド)でさえ
身の毛もよだつと言わしめたセルケトの攻撃方法、
即ち捕食でサイコ・ショッカーを破壊し、
セルケトは攻撃力をサイコ・ショッカーの
攻撃力の半分アップしチマー!!

まず厄介な効果を持つサイコ・ショッカーを
撃破したのは当然でしょう。
インセクト女王は虫モンスターがいなければ
単なるデメリットモンスターですし、
フィッシャーマンも海がなければ
下級モンスターにすらやられかねません。
といっても効果が使えても
どうにもなりゃしませんが。
しかも城之内の引きの強さも
この土壇場に来て全然発揮しねえ!!

そしてインセクト女王も捕食されチマー!!
捕食シーンはエグい場面ですので、
捕食シーンはTV画面の外で行われます。
どうやらセルケトは捕食したモンスターによって
色々外見が変化わるらしく、
インセクトな羽根が生えました。

静香はこれ以上見てられないと言いますが、
城ノ内は最後まで諦めずに見ていて欲しいと言います。
静香は暗闇の中で勇気と言う光を見出した。
ならばどんな事が有っても逃げ出したりはしない!!

暗闇の中の光……それを見つめる人生……
リシドの回想が再び開始まる。
捨て子だったリシドが
イシュタール夫人に拾われて与えられた光が。

イシュタール家にまつわる墓守の宿命を
リシドは偶然聞きます。
千年ロッドと千年タウク、
闇に眠りしファラオの記憶を守護り続ける
三千年にも渡る一族の宿命の事を。
そしてリシドが十歳になった時に
本当の子として墓守の一族に迎え入れて
墓守の儀式を施す事も。

その後イシズが生まれましたが
墓守の儀式は男でなければならないと
イシュタール父は言い、
イシュタール夫人はリシド本人に
十歳の誕生日に正式に一族に迎え入れると
約束します。
墓守の儀式は過酷な儀式、
しかし本当の子になれるのであれば
リシドはどんな試練とて厭いはしない。

嗚呼……しかし何という運命の悪戯か、
後継者たる男児マリクが生まれ、
そしてそれと同時にイシュタール夫人も
産後の予後の悪化からか天に召されます。

それと同じくしてイシュタール父の
リシドに対する態度も冷たくなり、
マリクを守護れないだのなんだのと
リシドへのドメスティックバイオレンスが
日に日に激しくなっていきます。
遊戯王世界の父親は何故か
性格がアレなのが多いのは気のせいでしょうか?

そのドメスティックな日々は
リシドの精神にフラストレーションを蓄積し、
マリクがいなければという
デンジャーな考えにとらわれて
熱にうなされて闘病中のマリクを
刺殺してしまおうとも考えますが……

「ごめんね兄さん……
 ぼくがドジばっかりするせいで……
 ぼくはずっとリシドの事を
 兄さんだと思っているよ……」
との言葉に殺意も消えます。

そんなマリクの精神が
ナーバズになる出来事が。
父の背中には墓守の一族として
自らの生命と共に守護り続ける
ファラオの記憶を継承する為の刻印が
刻まれているとの事で。

来週の誕生日にそれを継承つぐ、
つまり背中に紋々を彫る儀式が
行われるからだそうです。
苦痛みが無くなるのに
何か月もかかるので
その怖さでナーバスになっています。
まあしゃーないと思います。
誰しも花山薫にはなれませんから。

そんなマリクにリシドは
換わりに自分が受ける覚悟を決めますが、
リシドの懇願はイシュタール父の怒りに
あっさり却下されチマー。

そして来るべき墓守の儀式の日が……
連れられて行くマリクは
泣きながらリシドの名を呼びますが、
リシドには何も出来ません。
そしてイシズも祈る事しか……。

「マリク……我が弟よ……」
ナイフで身を刻まれるマリクの苦悶を聞き、
何かを決意したかの如くリシドはナイフを取り出します。

儀式が終了った時には包帯を巻かれたマリクは
苦痛に呻きながらリシドに問います。
「答えてくれよリシド……
 ぼくが誰を憎めばいい……!?」
ここでマリクのイメージに凶悪な顔のイメージが……!?
こんな事を経験したのですから
性格があんなに歪むのも仕方がないのかも知れません。

「私にマリク様の苦痛しみを癒す事は出来ません。
 ならばせめてこれで貴方と貴方の一族に
 忠誠を誓わせて下さい……」
顔に巻かれた包帯を取ったリシドの顔には
マリクの様に刻印が刻まれていました。
そして回想が終了します。

「ところでリシド。」
「何でしょうかマリク様?」
「今度東京五輪も開催される事だし、
 ぼくも東京に行ってみたいんだが、
 銭湯ではこの刻印が入れ墨扱いされるのか
 ちょっと気になるんだが。」
「……おそらく大丈夫でしょう。
 入れ墨程度を気にする様では
 遊戯王世界の住人は務まりません。」
「まあそうだね。」

ここでマリク(の影武者リシド)は
城ノ内に負けを勧めます。
実際城ノ内の手札は
今は役に立たない魔法カードばかり、
しかし城之内はデュエルを諦めない!!
その双の眼から闘志の炎未だ消えず、
覚悟を秘めし見事な闘志だ……!!

二人の間に流れる緊張は互いに
デュエリストのプライドを認め合った証であり、
互いに巡り合った事に誇りを感じている証左だ!!
どんな結末が訪れようとこの決闘、
最後の瞬間まで二人が決闘いを止める事は無い。

聖獣セルケトをの猛威の前に
城ノ内の最後の砦のフィッシャーマンも
踊り食いされチマー!!
しかし最後のドローがある!!
と思ったらアサーリターン終了だ!!
それともクリボーみたいに
手札から発動するカードでも引いたのか!?

城ノ内は言う。
マリク(の影武者のリシド)とのデュエルを通じて
今までの憎悪しみが消えて見えるけど見えないものが見えたと。
そしてアンタは自分を洗脳したセコ野郎と違って
正々堂々と決闘ったと。

「俺は負けるかも知れねえが、
 アンタとのデュエルは俺がこれまでに
 戦ってきた中でベストに近いものだった!!」

確かに遊戯王のデュエル中で
このデュエルはベスト20くらいに入ると思います。
ここで城之内の直感が正鵠を射た!!
目の前のマリクを名乗る男はマリクではない!!
闇遊戯もマリクにしては前のスライム戦術と
異なる戦術を取っていた事への違和感について
やっと納得した様です。
何よりリシドからは闇の力を感じない。

マリクは非常に焦っております。
正体がばれたなら幾ら千年ロッドでも
海馬は洗脳でける隙など作らない。
となれば計画は振り出し、
石板に描かれた真実を知る事は出来ない。

「バカな事を……私がマリクである証拠は
 この千年ロッドが物語っている!!
 このターンで全てが終焉る今、
 敗者の遺言の書等誰も聞き入れはせぬ!!」

幾らマリクの影武者を続けなければならぬとは言え、
マリクを呼び捨てにしなければならないリシドの苦衷、
痛いほどよく理解ります。

セルケトのダイレクトアタックに対して
ここでマリクの待ったが。
リシドがマリクであると信じさせるには
神のカードを召喚しなければならない。
との判断です。
城ノ内の敗北寸前のデュエルは
再来週…いや、再々来週に意外な方向に導かれる!!

再々来週はマリク(の影武者リシド)が
ラーを召喚します。
城之内はよく戦いましたが、
ラーまで出てこられては勝ち目もクソも……

な!?ラーが攻撃をしない…だと!!?
それに上空の雷雲から激しい雷が!!
マリクの言う神の怒りとはこれか!!
そしてこのデュエルの結末はどうなる!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterBCReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterBCReviewTurn088.html

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第49話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第49話のレビューをさせていただきます。
DM20th.png
第49話 奇跡のディメンジョン ブラックマジシャン召喚

今週はDDMの決闘もいよいよ大詰め、
追い詰められた御伽が切り札のモンスター、
ゴッドオーガスを呼んできました。
今週からバトルシティのOPになりますが、
詳しい内容は53話のレビューで語っておりますので、
とりあえずはまだDDMを続けます。

逆にワープホールでゴッドオーガスに攻め込まれ、
闇遊戯は防衛線を強化しますが、
御伽は優勢からまた冷静さを取り戻し、
更に闇遊戯の陣地に
ダイスをディメンションさせる余裕はない!!

闇遊戯の心はくじけ掛けますが、
CM前に城ノ内の友情の応援が入り、
「俺の為じゃなく今まで全力で遊戯と戦って
 敗れ去っていった沢山のデュエリストの為に戦え!!」
羽蛾…梶木…舞…そしてペガサス……!!
デュエリストとしての本分を
見失いかけていた闇遊戯の心は繋ぎ止められます。
カードとダイス、畑違いであれど、
ゲームはゲーム……心はまだ折れない!!

起死回生のデューカー・ツイン・ソードの
回天剣舞六連もヤランゾの効果で
守備クレストを増やされて不発に終わりますが、
闇遊戯はゲームを諦めない!!

しかしモンスターを
ディメンジョン出来る
場所が殆ど無い!!
しかし僅かな隙を突いて
ブラマジを召喚しました。
ここで御伽はペガサスが
DDMに幾つか改良を施した
という言葉を思い出します。
デュエルモンスターズの
モンスターのいくつかを
輸入させておいたというのです。
しかもデュエルモンスターズの
バニラなブラマジと違って
こっちは特殊効果を持っているとの事です。
舐めプや油断で全モンスターの能力を
把握していなかったのが裏目に出ました。
そしてゴッドオーガスを撃破だ!!

しかしここであの宝箱が開封される!!
それはレアアイテム「モンスター・キャノン」!!
だがブラマジの効果マジカル・シルク・ハットで
破壊効果は不発に終わるぜ!!
更に死のマジック・ボックスでヤランゾを破壊して
瞬間移動させてダイレクトアタック!!
これで勝負は決した!!

全世界が見ている中で敗北した御伽は
DDMで夢を掴もうとしてきたのに
もうおしまいだべーと失意モードです。
しかしそんなこたぁねーべよ。
遊戯達も御伽を励まします。

「ゲームは相手から何かを強奪ったり
 憎悪しみあったりする為じゃなくて
 素晴らしいゲームをした相手は
 みんな友達だって。」
と遊戯と御伽は握手をしました。
ここでナイスタイミングなメールが。
インダストリアル・イリュージョン社から
正式な契約の申し出だそうです。
ていうか獏良に病院送りにされたのに
すぐに社長業を再開するとは
ペガサスはかなりタフですな。

雨降って地固まる……
御伽との友情を交わし、
DDM編も終了します。
今週からEDも変わり、
来週はどんな話が待っている?

来週は……リマスターでは予告がありませんでした。
仕方がないのでネットサーフィンで予告を捜します。
イメチェンなのかなんなのか遊戯は
首から鎖で千年パズルを下げるファッションをします。
しかし通学途中で出会った怪しさ大爆発の
黒マントの占い師に
言葉巧みに千年パズルを強奪されチマー!!

そして廃工場へと誘い出された遊戯は
黒マント男とデュエルをする事に。
闇遊戯は千年パズルの中ですので、
遊戯がデュエルをする事になります。
相手は儀式モンスターのゼラを使う様ですが、
過去からの挑戦という事は
旧キャラなのか新キャラなのか
どっちなのでしょうか?









詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReviewTurn049.html

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}88話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第88話 雷鳴の一撃!

今週はロジェの一方的な都合で
急きょナイターで行う事となった
遊矢VSクロウのデュエルの最中に
遊矢がロジェの細工で凶暴化、
クロウも遊矢へのトップスとズブズブ疑惑を
再び強める等かなり泥沼化した状況から始まります。
何故か遊矢の異変と共に
遊矢シリーズの共鳴も始まります。

遊矢の反撃にトップスはウハウハ、
希望の星のクロウの苦戦にコモンズはムカムカ、
これではクロウの疑惑も益々増しそうです。
ダベリオンの効果で攻撃力をアップしますが、
クロウは永続罠、黒羽呪鎧を発動!!
ダベリオンの効果を無効にします。
しかしロジェがまた本人も与り知らぬ
一方的八百長でアクションカードを用意します。
一方ヘリにだっこちゃん状態の素良は
遊矢の異変に気づきました。

「LK3を引き離し、TD6に接続。」
しかしロジェのやりたい放題の
コース変更がまたまた発動だ!!
ここで覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴンこと
オリゴンを遊矢はエクシーズ召喚してきます。
素良はその召喚時に起こる風で
ヘリごと風に煽られております。
しかしメリッサは風に煽られて
足元の素良に全く気付いておりません。

ここでオリゴンの召喚の際に起こった
無数の落雷の影響で周りのビル群の電気は無論、
バックアップ回路を含めた
回路破壊コース変更中の道路も途中でとまっちまー!!
まるでどこぞの下っ端の様だ!!

しかしブラック・バードをナメるなよ!!
ブラック・バードのブースト機能で
道路の途切れた間を飛び越えました。
一方遊矢号(仮名)は…装備魔法、覇王の翼発動!!
オリゴンがUFOキャッチャーの如く
遊矢を掴まえて途切れた間を飛び越えます。

ここでクロウはコース変更が
途中で止まった事に関して
自分だけでなく遊矢も危なかった事に対して
トップスとズブズブという疑惑が少し薄らぎます。

一方地下の柚子はブレスレットの共鳴に
遊矢の安否が心配で居ても立っても居られません。
アマンダ達の作業部屋には徳松っつぁんの子分しかいませんが、
外に出たら見張りに捕まっちまいます。
一方セレナのブレスレットも共鳴して
これではセキュリティの格好の目印です。
零羅の体力ももはや限界、
後は月影に頼るしかねえ。
そして遊矢のヘルメットへの電気ショックも
回路の故障で使えなくなり……
と思ったら最高電圧のまま止められなくナッチマー!!
てか精神や記憶障害が起こり、
最悪脳がやられておっ死んじまう可能性も……!!
しかし科学者の心配をよそに、
ロジェは壊れるならそれまでと意に介さない!!
シティ住人の視線を釘付けにするという目的が
果たされているならそれで結構だという
悪役のスタンダードを行く行為です。

クロウは遊矢の心変わりしたのは何故かと問いますが、
ここで遊矢の状態が異常である事を知ります。
しかも遊矢はオリゴンの効果でサンレンダァ!!
しかも益々遊矢シリーズのシンクロナイズドと
ロジェの陰謀はヒートアップしていくばかりだ!!

一方評議会ビル前には待機している
セキュリティとセルゲイが
赤馬と評議会の抹殺及び
(ここにはいませんが)柚子とセレナの
確保の任務を遂行戦としております。
一方評議会もその動きに気づいており、
赤馬をまるで用心棒の様に思っております。

遊矢の方は誰の声も聞こえず、
サンレンダァ目に移ります。
ライキリの破壊を防いでもライフが0になれば……
しかしここで罠カード、黒羽希望を発動!!
ライフを半分支払って戦闘ダメージを無効にするという
既存カードの下位互換も下位互換の効果が発動します。

素良の目に飛び込んできたのは……
満月を背にした6つの何かの影……
まるでETだ……と思ったら、
ゲイラカイトを使って飛んでいる
オベリスク・フォースの連中だ!!
奴らは既にこの次元にもきていたのか!!
セキュリティによれば20名確認されております。

焦ったロジェは突入を中止して
評議会ビル包囲を続けさせ、
蟻一匹外に出さない様に命じます。
そして切り札のセルゲイを
対アカデミアに出陣させます。
セルゲイの顔が邪悪に光る!!

ここでやっとメリッサが素良に気づきました。
素良はオベフォの目的が
柚子とセレナと推測します。
ここで素良の脳裏に
牢獄みたいなところに柚子もセレナも渡さない
という台詞が……。
あ、飛び降りた。
しかもクロウの背中に
チープ・トリックみたいに
張り付いております。
 
素良は遊矢は友達なので
正気に戻してほしいとクロウに頼んで
そのまま消えました。
まるで忍者の様だ。

BF-弔い風のデスとライキリを
チューニングしてシンクロ召喚した
A BF-涙雨のチドリが
破壊された時にデスの効果で敗北する、
つまりこいつがクロウの最後の切り札だ!!
チドリの攻撃でオリゴンは撃破されます。
しかし覇王の翼の効果でチドリも破壊され、
更にご丁寧にダメ押しで
攻撃力分のダメージまで与えます。

流石のインチキ効果も発動せず、
遊矢はクロウを下します。
と同時にシンクロナイズドも解除され、
遊矢はD・ホイールを運転したまま眠っております。
これってヤバくね?
それを見ていたジャックは何故か
「下らんデュエルだ」と
怒りを露わに一瞥して去ります。
この発言の意味は一体?
純粋にデュエルの内容について言ったのか
もしかしてロジェの工作とかを
知っていたので下らんと言ったのか
どっちなのでせう!?

それと同時に柚子とセレナの
ブレスレットの共鳴もやみます。
眠りから覚めた遊矢に対し、
連行される直前のクロウは
デュエル中にセレナを狙う
怪しい連中の影が見えたから
素良がそいつらを追っていったので
遊矢にそれを追う様に言います。

ならば遊矢は素良を捜す事と
柚子とセレナを助ける為にD・ホイールを駆って
オベフォの魔手の待つ街に出ます。
ていうか遊矢のヘルメットの電撃装置は
どうなっているのでしょうか?
再び電撃洗脳のフラグを残しつつ来週に移る。

来週は月影がオベフォ数人とデュエルをしております。
オベフォと言えどもシティ内での通信禁止は免れない様ですが。
ていうか月影が数の暴力に遭っている模様。

オベフォ連中は融合カードでブイブイ言わせており、
月影は手傷を負いながらも立ちはだかろうとします。
ていうかまだ乱入ペナルティ実装されてるん?
ていうか大会はまた中止なん?ジャックとのデュエルは?
頼むから中止で終わらないで下さいよ。いやマジで。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn087.html

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第48話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第48話のレビューをさせていただきます。
DM20th.png
第48話 遊戯苦戦 ゴッドオーガスの猛攻

今週は闇遊戯が御伽とDDMの対決で
ルールを説明されないままのプレイで
大苦戦を強いられているところから
始まります。

城ノ内や本田はセコ技を使ったのは
マインドスキャン等を使った
ペガサスだと主張しますが、
今の御伽は聞く耳持ちません。
説得出来る方法は一つ、
DDMを通して遊戯の心を感じさせる事だ。
御伽の作ったこのゲームの、
ルールを初めとする何から何まで理解する、
それが唯一の方法だ!

闇遊戯もただではやられず、
攻撃と違って効果は連続使用が出来る
というルールを学習してゴロゴーンの効果で
爆弾トカゲとリザードラゴンを破壊!!
闇遊戯はプレイしているうちに
プレイヤーのモニターのマニュアルを見て
このゲームの醍醐味とルールを
恐ろしい速度で理解しつつあり、
更にゲームは続きます。
ついでに街頭テレビでの中継を
爺ちゃんも見ております。

闇遊戯がルールを理解すればする程
叩き潰し甲斐があると御伽は思っておりますが……
闇遊戯は守備を完全に把握しており、
更にデューカー・ツイン・ソードの
効果を使用してミノタウルスを撃破だ!!
しかしフィールドをよく見てみると……
闇遊戯は罠にはめられた事を理解します。

その罠とはモンスター召喚の為の
ダイスをフィールドに置く場合、
自軍のフィールドに隣接する様に
ディメンジョンしなければならない……
てぇ事は闇遊戯のダンジョンの経路が
閉ざされたという事は
モンスターの大群を倒す事しか
御伽への道は開けない……
ほぼ詰みゲー状態と言う事か!?

しかも御伽は黒いダイス、
隠しアイテムが秘められたレアブラックで
ワープホールを作っております。
しかしこのアイテムが効果を発揮するのは
場に入口と出口の2つのホールが置かれた時だけ。
闇遊戯の陣地にダイスをディメンションする場所が
残されているのは出口を置く為……
つまりもう一つ御伽が置けば
ほぼ負けが確定するという事か!?

しかも速攻でまたレアブラックが手に!!
これが決まればほぼ負けは決定……
しかし失敗して首の皮一つ繋がりました。
そして闇遊戯の手の内にもレアブラックが!!
ここでワープホールをもう一つ作って
速攻の黒い忍者が敵陣に乗り込み、
ダイレクトアタックをかまします。
闇遊戯の勝利はこのホールにかかっている!!

御伽はゴッドオーガスを召喚しますが、
攻撃は速攻の黒い忍者にかわされ、
闇遊戯がイカサマ無しで
ペガサスに勝利てた可能性を脳裏に浮かべます。
更に闇遊戯の攻撃は続き、
御伽はライフを1にまでされますが、
残りライフ1は鉄壁の城塞!!

敵は三体のモンスターと謎のアイテム、
そして味方は三体のモンスター、
数の上では互角だがフィールド的には
かなり不利なまま来週に移ります。

来週は重戦車と言うべきゴッドオーガスの来襲で
闇遊戯のモンスターは無双され全滅、
そしてダイレクトアタックでライフは1に!!

しかもモンスター召喚の為のスペースは0!!
このままでは闇遊戯は負けチマー!!
しかしデューカー・ツイン・ソードが
何がしかの効果を使っております。
そしてブラマジがこの土壇場で召喚!!
このゲームの結末はどうなる!?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReviewTurn048.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}87話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}87話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第87話 野獣の記憶

今週はロジェの都合で急きょ
遊矢VSクロウのセミファイナル第一戦が
繰り上げで今夜行われる事になりました。

その頃素良はセキュリティのビルの前に
遊矢を奪回せんものと機会をうかがっております。
しかし遊矢のデュエルが開始まっていると街頭テレビで知り、
驚いている模様です。

ロジェによれば遊矢には脳への手術を施す筈が
赤馬によって少々計画が狂ったとの事で。
つまり手術そのものは何らかの形で行われたという事でしょう。
遊矢にはデュエルで勝利って貰わなければならないので
またセコい妨害工作でも行うのでしょうか?
そして同時進行でセルゲイによって
赤馬と評議会をマサクゥルして
柚子とセレナを確保する算段だとか。
ロジェが遊矢に対して行った工作は
遊矢のヘルメットに何かを仕込んでいる様で。

ここでクロウが遊矢にランサーズが
トップスと繋がっているという疑惑をもって
マジスマネと謝ります。
隼とのデュエルでその疑惑が晴れた様で。
そして子供達…否、子供達だけでなく、
シティの未来の為にもクロウは負ける訳にはいかねえ。

遊矢もまたデュエルで皆を笑顔にする夢の為に
負ける訳にゃあいかねえ。
しかしそれはシティを支配せんとする
ロジェによって赤馬達や評議会が
セキュリティに拘束されているので
今はそれどころではないそうです。
な訳で何だか分かんねえが
クロウに頼みがあるそうです。

一方夜のシティの中をユーリを捜して
ユーゴはD・ホイールを駆っております。
月影も零羅とセレナを保護してシティを移動し、
赤馬や評議会はセルゲイの襲撃を知ってか知らずか
平静を保っており、
素良は遊矢の登場の謎を解きに
ビルの階段を疾走しております。
あ、実況のヘリの車輪に捕まった。
やはりデュエリストの身体能力はハンパねぇ。
そして様々な思惑が錯綜する中、
デュエルが開始まる!!

ロジェが準決勝を急きょ行ったのを
クロウは何かの陰謀と察し、
遊矢は評議会を武力で無理やり制圧する奴の
支配する世界は笑顔とは程遠いと考え、
クロウは遊矢に協力する腹積もりを決めました。
本当の勝負は全てが終了ってからとも約束を交わします、

遊矢はディスカバー・ヒッポとカバートークンで
ダンスショーをしております。
この効果は一体……!?
もしかして:遅延行為?
それに対してクロウも罠カード、
BF-フェスティバルを発動!!
カーニバルにフェスティバル、
仮面ノリダーを思い出しチマー。

ここで作戦開始なのか遊矢が動きます。
やろうとしている事は評議会ビルを通ろうとする時、
オートパイロットの働いているD・ホイールは
飛ぶ事は出来ないが飛び降りる事は出来る!!
これが遊矢の目論見か!!
しかしロジェがそれを看破してポチッとな。
ヘルメットの装置で遊矢の脳が刺激されチマー!!

ロジェがヘルメットに仕込んだ
電気ショック発生装置は
脳のある部位に刺激を与えて強制的に
攻撃性というヤジュー…もとい、
野獣を増させようとしているのか!!
シティの住人の目を遊矢に向けさせようというのが
ロジェのこの装置を仕込んだ真意だそうです。

遊矢はオツムに電気ショックをかまされて
飛び降りる事が出来ず、
更にはクロウは遊矢にハメられたとまたまた勘違い!
そしてスイッチの出力が最大になり、
遊矢のヤジューが覚醒する!!
その頃ユーリやユーゴもその影響を受け……
クリアウィングが共鳴をなしております。
恐らくスターヴ・ヴェノムも共鳴しているのでせう。

その頃月影一行ではセレナのブレスレットが
何かに反応して光っております。
一方アマンダ達は大人に混じって
地下でリサイクルの分別作業を行っております。
ていうかこんなちまい子供が混じっても
誰もおかしいと思わないのが何気に
この次元の異常さを垣間見せております。
タナーは隼やシンジが地下で
大脱走を計画しているに違いないと
何気にフラグ台詞を口走っております。
ここでも柚子のブレスレットが光っております。

更に遊矢シリーズの凶暴化による共鳴は続く!!
三人揃って目を光らせて咆哮える!!
更に魔法カード、カタストロフ・ドローを発動!!
自分のフィールドのモンスター5体を犠牲にして
カードを二枚ドロー……ってユーリとユーゴも
何故かドローしているぅ!!
ペンデュラムをセッティングするところまで……
顔芸までシンクロしとるがな!!
オペゴンをペンデュラム召喚して
ブイブイ言わせている遊矢を見て
ロジェの悪役笑いもヒートアップだ!!
先週焦りまくっていた男とは思えねえ!!
トップスと繋がっているのかという
クロウの疑惑も再び浮き上がってきた!!

しかし怒れるクロウは驟雨のライキリで
遊矢のフィールドをがら空きにして大ダメージだ!!
遊矢の変貌にセレナと遊矢のブレスレットが
更に共鳴しているのは一体!?
ここでやっとヘリにだっこちゃん状態の素良が
デュエル場面の下に到着だ!!
そして遊矢シリーズの共鳴は
ナストラルことユートも参戦!!
素良は遊矢の顔にユートを見ておりますが、
これは何等かの伏線でしょうか!?

しかし野獣と化した遊矢は
再びペンデュラム召喚でオペゴンをペンデュラム召喚し、
ダリゴンをもエクシーズ召喚!!
様々な想いと思惑が交錯するこのデュエル、
再来週結末はどうつける!?

再来週は素良がクロウに働きかけて
何とかこの状況を打開しようとします。
遊矢シリーズのシンクロも止まりませんが、
何とかクロウのトップスとつるんでいるという
誤解は解ける模様です。
クロウは遊矢のダチとして
この状況を何とかでけるか!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn087.html

遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第47話レビュー

今回は遊戯王デュエルモンスターズ20thRemaster第47話のレビューをさせていただきます。
DM20th.png
第47話 対決!ダンジョンダイスモンスターズ

今週は御伽の策略に乗せられ、
敵の土俵であるDDM{ダンジョン・ダイス・モンスターズ}で
闇遊戯が御伽と対決する事になりますた。

プレイヤーは無数のダイスの中から
15個を選択んでダイスプールとする。
ルールを知らない闇遊戯はどのダイスを選択ぶ!?
フィールドはダーク・フィールド……
一体どの様なゲームだ!?
ダンジョンマスターのライフは3つ、
それを無くしたら即ち敗北だ。

ダイスについている紋章をクレストと言い、
二つ以上の召喚クレストが揃った場合、
召喚の権利を得られるとの事で。
そして召喚したモンスターでダンジョンを拡張させ、
召喚したモンスターを敵陣地を進行させて
制圧する戦略ゲームだそうです。

闇遊戯もモンスターを召喚……失敗!!
クレストには召喚・進行・魔法・攻撃・防御・罠の
いずれかが記されており、
低レベルのモンスターは
召喚クレストが多くその分召喚させやすいが、
レベルの高いモンスターは
クレストが少なくて召喚が難しい。
闇遊戯はこのルールを知らなかかったので
レベルの高いモンスターばかりを選んでしまった!

これではモンスターの展開が命の
DDMで圧倒的に不利だ!!
恐らくはこれがヒントとなって
海馬はデュエルモンスターズで
レベルの高いモンスター程召喚しにくい
生け贄召喚ルールを作ったのでしょう。

ダイスは自分のフィールドが繋がる様に
セッティングしなければならないので、
このルールが召喚に影響してくるのでしょう。
そして召喚以外のクレストは
クレストプールにストックされます。

ここで星が2つ揃った!!
召喚……でけねぇー!?
同じ星が二つなければ召喚は不成立だ!!
もしかして:エクシーズ召喚?
しかも他のクレストも1しか出ません。
これも後々に影響しそうです。

御伽は順調に召喚を決めていきます。
もし次のターンで召喚出来なければ
闇遊戯は攻撃されチマー!!
しかしこの土壇場でリトル・ウィザードを召喚し、
13人目の埋葬者を撃破!!
しかしモンスターの数は御伽の方が圧倒的に多く、
リトル・ウィザードだけで防御するのは難しい!!
しかも魔法クレストを消費する事で
モンスター破壊効果を得る爆弾トカゲを召喚してきた!!

御伽曰く
「ダイスとクレストのコンボで
 多種多様な攻撃が可能となる」
その言葉通り爆弾トカゲで
砦を守る翼竜を南斗爆殺拳!!

ここで御伽が自分がこのゲームの考案者だと言い、
本来ならばDDM発明者にして初代王者として
世界中の注目を浴びているはずだったとも言います。
しかし闇遊戯がペガサスに勝利った事で
その成功プランがオシャカになったそうです。

自分の考えたアイデアを総結集したDDMのアイデアを
ペガサスのホームページに送ったらペガサスが
御伽本人に直接会いたいとメールを送ってきました。
ていうか原作とはかなり話の内容が異なってますな。
御伽の父ちゃんとかは影も形もないし。

ペガサスは僅かの間にDDMを魔改造して
完璧なゲームに昇華させており、
更に初プレイにも関わらず、発明者の御伽に勝利し、
そして御伽にDDMを世界に広めようと申し出ます。
「デュエリストキングダムでの大会が終わったら
 正式契約を交わす約束だったんだ。」

この戦争が終わったら結婚する予定なんだ。
レベルのフラグです。
しかしペガサスが敗北けてからは
連絡が一切きまセーン。

ちょっと逆恨みっぽいデース。
そしてあのペガサスが負ける訳なーい!
どんなダーティー卑怯な手を使ったのかと
言ってきますのでこいつぁ
この勝負に勝利つしかねえ!!

しかし御伽の攻撃は遂に闇遊戯に届いた!!
リザードラゴンでライフは残り2!!
イカサマでないと証明する為に、
そして城之内を助ける為には
この勝負に勝利つしか無いが……
来週…もとい、再来週この勝負はどうなる!?

再来週は段々ゲームの内容とルールを
呑み込めてきた闇遊戯が反撃を開始する!!
双剣の剣士のモンスターを出して
反撃を開始しますが、
闇遊戯も後にOCGに輸入された速攻の黒忍者、
そして御伽はOCG化が期待されるゴッドオーガスと
次々にモンスターを繰り出してきます。
闇遊戯はこの窮地をどう切り抜ける!?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohDM20thRemasterReviewTurn047.html