遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第25話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ25話のレビューをさせていただきます。

第25話 不動の覚悟!!権現坂 昇

今週はトリオ・ザ・LDSを
一人で纏めて凹った黒咲隼の前に
赤馬が颯爽と現れたところから始まります。
隼の目的は赤馬を人質にして
瑠璃と人質の交換にするとの事で。
ついでに瑠璃が隼の妹である事も
判明しました。

しかし赤馬は父親との関係は良くないらしく、
人質になっても助けないそうで、
どこぞの剛三郎が頭に浮かびます。

一方柚子は夜の舞網を
息を切らして奔っています。
方一夜明けた榊家では
デッキ調整を終えた遊矢が
ニコの助言を思い出しています。

しかし家にも遊勝塾にも誰もいません。
と思ったらニコが出てきました。
何故誰もいないのでしょうか?

そのニコは遊矢を……
権現坂道場に……
もしかして最後の相手は……権現坂か!!?
権現坂は自分を追い込む為、
年間勝率6割まで後一勝としたまま、
敢えて他者からの対戦要求を拒否り、
遊矢がここまで勝ち上がるのを
ひたすら待っていたのです!!
このデュエルの勝者こそが!
即ち選手権出場者!!

そこまでして遊矢との
真剣勝負の為に自身を追い込むとは!
道場を継ぐ権現坂にとって
このデュエルは正に試金石!!
まさになれ合いの友情ではなく、
一人一人の自立心と強い心に裏打ちされた
真・友情パワーとはこの事か!!
遊矢よ!お前はそこまでの覚悟が持てるか!!?

場所は遊矢の回想の夕焼けの舞網に移ります。
トンコした男の息子として
町中から後ろ指刺され組されて
すっかりショボーンしています。

そこに現れたのは
パンクファッションの不良です。
ていうかTシャツの柄は
ストロング石島じゃあんか。
そしてそこに権現坂が。

「俺ぁデュエルに誘っただけだぜ。
 榊遊勝とストロング石島、
 どっちが強いのか確認しようってな。」

「そんな事の為に我が道場は
 アンタに不動のデュエルを
 教えている訳ではない!
 無用の私闘は即刻破門!
 例え兄弟子でも見逃す訳にはいかん!」
ここで回想が終了します。
ていうかこのストロングTシャツ男、
略してストT男は再登場すると見ました。

場所は道場内に移ります。
見届け人はニコと権現坂の父親つまり道場主。

「今まで自分を守り続けてくれた恩人を
 蹴落とさなければ選手権には出られないのですから。
 そしてプロを目指すならば
 孤独にも強くなくてはいけません。
 貴方は今まで権現坂君だけでなく、
 多くの人達から守られてきました。
 いつも応援され、励まされ、
 それを力にしてきましたが、
 プロは周囲全てが敵というアウェーであっても
 自分の力を発揮せねばならないのです。
 だからこそ今日は敢えて
 貴方の応援団は排除させて貰ったのですよ。」

そうか……皆がいないのは
遊矢が独り立ち出来る様との心遣いか!
何という心憎い配慮だ!
その応援団は道場の裏のパソコン動画で
デュエルの行方を見守っています。

権現坂師範の口上の後、
剣の墓場を舞台にデュエルが始まる!!

そこで権現坂は早速
超重武者ビッグベン-Kを呼び出した。
権現坂は本気も本気、超本気だ!!
遊矢はここまで戦ってこれた事を
支えてくれた恩人の権現坂相手に
真剣勝負する事を躊躇しています。
その優しさこそが長点であり、
またデュエルにおいて欠点ともなりうる。

「過ぎたる情けは相手への侮辱に等しいッッ!!
 親友だからこそ俺はお前を
 全身全霊をかけて打ち倒すと!!
 お前もいらぬ情を捨て去り、
 全力でかかってこんか!!!!!」 

遊矢は新EM、シルバー・クロウを召喚し、
二枚のアクション魔法と
シルバー・クロウ自身の効果で
バトルフェイズ中に
攻撃力を3600にまで上げます。
走り回ってアクションカードを集める、
いつもの遊矢の戦法だ。

それに対して権現坂は
手札のファイヤー・アーマーの効果で
ビッグベン-Kの戦闘破壊を無効にします。
このデュエルは生半可な気持ちでは勝てない!!

「相手がいくら動き回ろうと
 決して惑わされぬ不動の構え。
 これぞ我が権現坂道場の王道たる戦い振り。
 良いぞ昇!それでこそ我が道場の跡取り!!
 選手権でもその不動のデュエルを貫くがよい!!」
 
「気が早いぞ親父殿。
 デュエルはまだ開始まったばかり。
 俺はまだ全力を出し切った訳ではない!」

ここでチューナーモンスター、
超重武者ホラガ-Eを召喚!!
これが権現坂の新しい不動のデュエルか!!
シンクロ召喚!!!
超重荒神スサノ-O!見!参!!
果たして遊矢は朋友相手に
真剣勝負の覚悟が出来るのか!!!?
来週に続く!!!!

来週は権現坂の新たな切り札、
シンクロモンスターの
超重荒神スサノ-Oが立ちはだかります。

それに対して遊矢はつぎはぎが目立つ
魔女っ娘を召喚します。
ルペゴンは召喚出来るのか!?
そして遊矢がドローする
運命のカードとは!!?
真剣勝負の行方は!!?
赤馬と隼のデュエルは!!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn025.html
スポンサーサイト

再放送 遊戯王5D's136話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's136話のレビューをさせていただきます。

TURN-136 決死の攻防!  機皇神vsシンクロモンスター

今週は遊星vsアポリアのファイナルバトルの最中、
旧BADエリアにデュエルの場を移して
デュエル続行という展開です。
マシニクルの効果により
くず鉄のかかしは通用せず、
倍の貫通ダメージを与えられるという展開で、
どうやって凌ぐのでしょうか?

ここでジャックとクロウがD・ホイールでやって来ました。
ていうかスゲエ回復力!!!!

「そうだ……まだ俺にはこれが存在る!!
 ジャックの遺してくれた絆のカードが!!
 このカードが存在る限り、俺達は負けはしない!!」

「友情ごっこはここまでだ!!
 マシニクル、やっておしまい!!
 くず鉄のかかしも無効にして破壊する!!」
「だが破壊出来るのは一枚だけだ!!
 俺の遺したカードを使え遊星!!」
「リベンジ・ツイン・ソウルで守備力アップ!!
 更に返り討ちにする!!」
「だが墓地の機皇帝パーツを除外する事で
 破壊を無効にする!!」

ここでブラック・フェザー・ドラゴンと
スカーレット・ノヴァ・ドラゴンが
効果&攻撃を封じられた状態で蘇生されました。
しかしどうやって使うんでしょうか?
融合でもするんでしょうか?

と思ったらシューティング・スターが
トラスト・チェーンで
「みんなオラに攻撃力をわけてくれ!!」
になりました。
「見たか絶望野郎!!
 これが俺達の絆だ!!」

「この絆が存在る限り、
 絶望になど負けはしない!!(キリッ)
 この先、如何なる絶望が待ち構えていようとも!!
 この絆で、新たな未来を切り開く!!」

「でもシューティング・スターはシンクロモンスターだから
 トラスト・チェーンの効果で攻撃出来ないじゃあん。」
「大丈夫だ龍亞。
 サルベージェントによって召喚されているから
 シューティング・スターは通常モンスター扱いだ。」
ちょっと待ってくれブルーノ!!
て事は今のシューティング・スターは
バニラサポカの恩恵を受けられるって事かいな!!?

「だが本当の絶望には勝てなかったよ!!
 バニシング・クライムで
 フィールド上のモンスターを全て除外する!!!
 そしてエンドフェイズに戻ってくる!!
 マシニクルに装備カードとして
 ごっつぁんされる為に!!!」
エンドフェイズに除外される予定のニ体が
戻ってきてしまい、
次のターンにマシニクルにごっつぁんされちまう!!!
ていうかアポリアかなり顔芸です。

そしてスカーレット・ノヴァ・ドラゴンと
ブラック・フェザー・ドラゴンがごっつぁんされちまったー!!

CMが終わってもサーキットは作成され続けています。
そしてマシニクルの攻撃が!!!!
「だがガード・マスターの効果で守備表示になり、
 発動ターンに戦闘では破壊されない!!」
「だがマシニクルはエンドフェイズに
 吸収したシンクロモンを鉄砲玉として撃ち込める!!
「永続罠のハードシップをシューティング・スターに装備する!!
 このターンに攻撃・守備力を0にする事で
 効果ダメージを無効にする!!!」
こりゃあメタなカードで。
自分のカードの効果ダメージも無効に出来るのなら
能動的に使用出来ますが。

「だが敢えてブラック・フェザー・ドラゴンも鉄砲玉にする!!
 そして無限狂宴で再びニ体を吸収する!!
 そしてシンクロモンスターの吸収回数×600のダメージを与える!!
 そしてライフを600回復だ!!
 不動遊星、次のターンで決着をつけたるー!!」
「あいつダメージを大きくする為に
 わざとブラック・フェザー・ドラゴンを墓地送りにしたのか!!」

「何を迷っている遊星!!
 俺たちの絆は何者にも敗北ける事は無い!!!」
「そうだ!!何時だって俺達は!!
 その絆で勝利を掴んできた!!!」

ここで五人の痣が発動しました。
「そうだ……俺にはまだ希望が存在る!!
 このドローこそが最後の希望……
 カード達よ……俺の声に呼応えろ……!!
 キタ━(゚∀゚)━!!!
 ハードシップとシューティング・スターを破壊し、
 場の装備カード全てを破壊する!!」
またまたメタなカードだ!!!

「そしてミスティック・パイパーを召喚!!
 リリースしてカードを1枚ドロー!!
 ロードランナー!!
 モンスターカードなのでもう1枚ドロー!!
 そして狂食召喚-グール・サモナーで
 ブラック・フェザー・ドラゴンを特殊召喚!!」

「まだ理解らんのか!!
 シンクロモンスターなどマシニクルには通じん事が!!」
「更に狂食召喚-グール・サモナーの効果で
 ロードランナーを捨ててスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンを特殊召喚!!」
アポリアのセリフをガン無視かよ!!!

「デメリットのダメージは
 ブラック・フェザー・ドラゴンが引き受ける!!
 そしてシューティング・スター・ドラゴンを特殊召喚!!
 そしてブラック・フェザー・ドラゴンでダメージを吸収する!!」

三体のシンクロモンが揃い踏みだぁ!!!
「これがシグナーの力なのか……!!」
「来週明けに行くぞアポリア!!
 お前がどれだけ絶望を与えようとも、
 決して希望は失われない!!」

来週は三体のドラゴンが揃い踏みから始まります。
恐らく決着は付くでしょうが、
サーキットは勝負の結果に関係なく
完成しそうな気がします。

ていうかアーククレイドルが出てるよ!!
ZONEも本格的に活動しそうですし、
しかも非シグナーにも見えてそうですし。
あ、ミゾグチハケーン。










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn136.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第24レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ24話のレビューをさせていただきます。

第24話 反逆の翼 レイド・ラプターズ

今週はトリオ・ザ・LDSが
襲撃犯を探す為に夕日の街の中を
ヒーコラヒーコラと歩き回っています。
しかし刃は権現坂の特訓に付き合っているのか
どこにも見当たりません。

そしてその様子は逐一
LDS本部によって監視されています。
正確には襲撃犯の情報を得る為に
監視されているのでしょう。

ドライブ・フォースのCMには
何故か沢渡と取り巻きトリオが
解説を務めています。
「沢渡さん、マジ強すぎッスよ!!」
マジネタキャラすぎッスよ。
何でこいつらが……侮れん!
今後もネタキャラとして
出てくるという事でしょうか?

その頃素良は選手権出場決定でで
祝勝会と浮かれていますが、
遊矢は後一戦残っていますから
浮かれていられませんので、
祝勝会は遊矢の勝利後にとの事です。


柚子は融合のカードを見ていますが……
あ、目の前に襲撃犯を探している真澄がいる。
真澄を追って柚子も走り出します。

そして真澄の前には黒咲隼が。
マルコの仇を前に真澄は激昂しますが……
「LDSの連中のデュエルには
 鉄の意志も!鋼の強さも!
 感じられなかった!
 許るさないというのなら
 俺を倒して恨みを晴らして見ろ!!」

一方柚子の前にはユートが現れ、
行く手を阻みます。

一方真澄は北斗と刃を呼んで
トリオを組んでバトルロイヤルルールで
実質3on1でデュエルをします。

ジェムナイト・ラピスを
呼び出した真澄に対し、
隼はRR-バニシング・レイニアスと
永続魔法、RR-ネストにより、
同名カードを3体高速召喚だ!!

続いて北斗は
セイクリッド・トレミスM7と
セイクリッド・プレアデスを
高速で召喚します。
ぞして二体の効果でCM前に
レイニアス二体を手札にバウンスだ!!

一方柚子は……
「何故私にはそう言いながら
 他の人達は傷つけるの!?
 真澄は…彼女は傷ついてもいいっていうの!?
 ていうかフーアーユー!!?目的は!?」

「俺達は仲間を…敵に囚われた大切な仲間を、
 救おうとしている……!!」
それが瑠璃という人物なのか!?
「俺も君が瑠璃だと思った。
 何故瑠璃がここにいるのかと。
 だが君は別人28号で瑠璃じゃない。
 瑠璃が敵の召喚方法を習う訳が無い!!」
敵?そして敵の召喚方法!?

続いて刃も
XX-セイバー ガトムズと
X-セイバー ヒュンレイを高速召喚し、
刃曰く「禁じ手」及び、
北斗のプレアデスの効果と相まって
隼の手札と伏せカードを0にします。

ここで新モンスターの
ジェムナイトレディ・ラピスラズリを
融合召喚します。

一方柚子の方は……
「融合召喚が敵って……
 私が融合召喚を習ったのは、
 塾を…仲間を守りたいと思ったから…!」
と言います。

「俺達も瑠璃を…仲間を守る為に戦っている。
 この戦いを終わらせ、
 もう誰も傷つけられない世界を作る為に……
 その戦いに君を巻き込みたくない。
 だが、もし戦わざるを得なくなった時は、
 生き抜いてほしい…
 例え融合召喚を駆使ってでも……!!」

ちょっと待ってよ。
何を言っているのか
まるで訳が判らんぞ。
それとLDSとどう関係あるんよ?

「仲間の為に強くなろうとした君は、
 変革ろうとした君は、
 間違っていない……。
 俺も戦い続ける……
 瑠璃と仲間達と、
 俺達の未来を救う為に……!
 君は、瑠璃によく似ている……
 瑠璃は……俺の仲間の瑠璃の妹だ。
 そしてマイネームイズユート。」
と言ってユートは去ります。

続いて真澄は
ジェムナイトマスター・ダイヤを
融合召喚してラピスラズリの効果と相まって
隼のライフを1800削り、
そして2250削って……
と思ったら墓地の罠カード、
RR-レディネスの効果により、
ライフを10にしてあらゆるダメージを0にします。

「やはり貴様らのデュエルには!
 鉄の強さも鋼の意志も感じられない……!!
 貴様らの言う通り、
 俺達は正に崖っぷちに追い込まれている。
 だが、そこから必ず立ち上がる……!
 そして最後には敵を圧倒し、せん滅する!!」

魔法カード、ディメンション・エクシーズを発動し、
レイニアス3体をエクシーズ素材にして
RR-ライズ・ファルコンをエクシーズ召喚し、
相手の特殊召喚されたモンスターの
合計攻撃力分自身の攻撃力をアップする!!
攻撃力!16400!!!!
そしてサンレンダァ!!!!
やはり敗北フラグは覆せなかった!!!!!

三人がカードに魂を吸われると思ったら、
ここでLDSのトップチームが参上!!
「今頃来ても手遅れだ。
 雑魚共の相手は放送時間の無駄だ。
 お前らの親分を連れてこい!」
「呼んだか?」
え?赤馬が直々に出陣か!
疾風怒濤の展開で来週に移る!!

来週は遊矢が四人目の相手と対戦します。
おおよそ予想はしていましたが、
その相手は権現坂です。

遊矢は権現坂を蹴落としてまで
選手権に出場する事を躊躇いますが、
権現坂は敢えて遊矢に棘の道を進ませます。

果たして遊矢はこの試練を乗り越えられるか!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn024.html

再放送 遊戯王5D's135話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's135話のレビューをさせていただきます。

TURN-135 絶望の魔人!機皇神マシニクルインフィニティ・キュービック

今週はvsチーム・ニューワールドで、
ホセとルチアーノとプラシドが何の脈絡もなく
いきなり合体してアポリアと名乗るところから始まります。

「何だよあれ!!?人間じゃないの!!?
 普通有り得ねえだろ!!?」
流石に観客も引いています。
ていうかホセを見て人間じゃないと気付かんのか!!?
どんだけ節穴アイなんだよ観客!!!

おまけにルチアーノとプラシドのD・ホイールもやって来て、
ホセのD・ホイールと合体して
トリシューラみたいな三頭獣のD・ホイールになりました。
「お前達……いや、お前は一体何者なんだ!!?」
「我が名はアポリア、絶望の番人。
 我ら三人は元々一人。これこそが私の本来の姿だ。」
元々一人ってどういう意味だよ!!?
機皇帝を倒したのも計算のうちだってのか!!?

今の遊星の気分は水の中に1分しか潜ってられない男が…
限界1分目にやっと水面で呼吸しようとした瞬間! 
グイイッ……とさらに足をつかまえられて
水中にひきずり込まれる気分に似ているのでしょうか。

マシニクルが召喚されて、
またしても遊星vsプラシドの時と同じ雷が
そこら中に落ちまくっています。
そして五人の痣が光りました。
MCサイドでは中継スタッフが全員トンコしました。

一方イェーガーのところには、
牛尾が抗議の電話をかけていますが、
イェーガーは遊星を信じます。
しかし!MCは残って実況します!!!
MCの実況魂を見たああああ!!!!!!
 
「私はその絶望に抗う為に
 三つの身に分かれこの時代にやって来た!!!
 レクチャーしてやろう。
 なぜ私がホセ、ルチアーノ、プラシドに分かれ、
 イリアステルの三皇帝になったのかを!!」

え?お前らひょっとして同一人物なのか!!?
ルチアーノは自分を下っ端呼ばわりしてたんかい!!?
ここで回想タイムに入りマース。
シグナーズ+龍亞&ブルーノが

壊れたドームとリアル世紀末な町中で
乞食姿で今にも餓死しそうなホセがいます。

「人類を……歴史を見送った私は、
 唯一の生き残りとして、絶望の中で震えていた……。
 だが、生き残っていたのは私一人ではなかった。」

ここで外套をかぶった三人組が現れました。
グラサンの中国ヒゲな爺さんに
シルバーマスクの男、
そして触覚の髪の爺さんです。 
ここで仮面の男がホセに近づき、手を伸ばします。

場所はモーメントの残骸の中に移ります。
「我々の使命……
 それはモーメントの負の力で
 滅んでしまったこの世界に、
 未来への希望を取り戻す事……。
 私達四人は最後の力を降り注ぎ、
 破滅した世界と人類を再生させる方法を模索した。
 しかしBAD、それは余りにも無謀な試みだった。」
ていうか鉄仮面は声といいフォルムといい
ZONEだよこりゃあ!!
触覚髪の爺さんはどう見てもパラドックスだし!!!
グラサン爺さんはハゲチャビンです。

場所はどこかの螺旋錠の部屋に移ります。
グラサンとパラドックスが
タイムカプセルのようなものに入っています。
側にはZONEもいます。
「果てしない時間を費やし、
 その時間の中で仲間達も一人、
 また一人と力尽きていった……」
あ、パラドックスさん老衰死なのね。
もしかするとグラサンはWiiで発売する
デュエルトランサーのスルトなのかも知れません。

そしてアポリアもタイムカプセル行きです。
ZONEの仮面の中から目が見えています。
「聞いてくれZONE……。
 私の心は三つの絶望で出来ている……。
 私を愛してくれる者(両親)を失った絶望……
 愛すべき者(戦友の彼女)がいなくなった絶望……
 愛さえいらなくなった絶望……。」
アポリアの少年期がルチアーノで
青年期がプラシドで老人期がホセという訳ですか。

「この力を利用しろゾーン。
 私の心を三つの絶望に分けて、
 君のしもべとして使用え。
 君は必ず希望を……未来を取り戻せる……。」
ここでアポリアも老衰でこと切れます。

「そして私はプラシド・ルチアーノ・ホセという、
 三つの絶望として甦り、
 イリアステルを創り上げた。
 仲間との最後の約束を果たす為に。
 未来の滅亡を防ぐ為に!!!!
 その為にネオ童実野シティーを歴史から抹殺する!!
 そう、モーメントの根源を消滅させ未来を救う!!
 それが我らの計画だ!!
 チーム・ニューワールドの勝利によって
 ネオ童実野シティーは友愛する。
 そして未来が変わるのだ!!!
 我らは再びひとつとなった。
 三つの絶望が一つになった今、
 その強大な力にお前が勝利てる訳が無い!!!
 絶望より生まれた憎悪みの力を思い知るがいい!!!!」
アポリアより生まれたアポリアビームが
周りを滅茶苦茶にしています。

ここで二人してコースから外れました。
アーククレイドルも見えます。
ここでまたキングオブモブの林田夫妻が
車に乗って登場だ!!!!
アポリアに轢かれそうになったが、
ギリギリエスケエエエプ!!!!

次に目の前にはモブのバスケ少年が転んで泣いている!!!
正統派主人公としては子供を見殺しには出来ないぞ!!
どうする遊星!!!?
 答え①ハンサムの遊星は突如回避のアイデアがひらめく
 答え②仲間がきて少年を助けてくれる
 答え③かわせないorアポリアに轢かれる。 現実は非情である。

「だが屑鉄のかかしで
 バスケキッズも俺もガードする!!
 さあ今のうちに逃げろ!!
 こうなったら人の少ない
 旧BADエリアに誘い込むしかない!!」
流石は遊星、攻撃をガードし、子供も助けています。

恐らくは旧BADエリアに移ったのは
遊星にとっては単なる人的損害の減少でしょうが、
アニメの展開的には何か別の意味が有ると思います。
旧BADエリアに何かが有るとかでしょうか。
旧モーメントも有る事ですし。

「このデュエルの勝利により破滅が訪れる。
 その破滅こそが新しい未来への扉となるのだ!!」
「破滅の先に新しい未来など存在る訳が無い!!」
「もうすぐそれを証明してやろう!!
 それがイリアステルが創造り上げて来た歴史なのだ!!
 ワイゼルA5の効果により、
 倍の貫通ダメージ1500×2=3000
 &かかしを破壊する効果により、
 この攻撃が通れば来週お前は敗北する!!
 どうだ不動遊星、絶望の味は!!」
攻撃失敗フラグの先の展開口走りご苦労さんッス、アポリア。
しかし旧BADエリアの建設途中の建物の土台、
アレは一体何なのでしょうか?

来週はマシニクルの一撃がトドメを刺し、
サーキットが完成してしまう!
そしてアーククレイドルが降りてくる!!
アポリアの顔芸攻撃も頂点に!!

遊星どうする!!?
ここでブラック・フェザー・ドラゴンを始め
ドラゴンズが一斉に登場する!!
シューティング・スター・ドラゴンの進化系の降臨か!!?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn135.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第23話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ23話のレビューをさせていただきます。

第23話 秘術の眼

今週もニコの先週の説明から始まります。

デュエルはペタルエルフと
儀式モンのタロットレイのコンボで
大量召喚されたモンスターも攻撃が出来ません。
「大怪我したくなかったら
 とっととサレンダーなさい!!」
「何を言ってんだ?デュエルで大怪我なんて。」
遊矢のツッコミが入りました。
ていうか常識的に考えて
カードゲームで大怪我なんて
有りっこないですから。

ミエルはエルフを裏守備表示にした後、
またまた裏守備表示にしました。

ここで遊矢はEMコールを引き、
オペゴンを攻撃表示にしますが、
またリバースコンボで守備表示にされ、
占術姫ウィジャモリガンも
リバースで表になり、
EMコールを伏せます。
ところがウィジャモリガンのリバース効果で
エンドフェイズに遊矢のモンスターは
全滅めつめつめつ……!!
しかもライフが300に!!

「ミエルは貴方の事を心配して言って上げてんの。
 悪足掻きすると本当に取り返しのつかない事になるわよ。」
そしてまた裏守備表示にします。
ここで遊矢は大失敗を犯します。
EMコールを使った戦術を独白、
つまり説明死フラグを立ててしまいま。
しかしミエルはアクション魔法、
ドロー・ロックを発動し、
アクション魔法を1枚墓地に送るまで
ドローが出来なくなります。

しかし遊矢は諦めずに
アクション魔法探しをします。
それに対してミエルは罠カード、
リバース・リユースを伏せます。
その意図は自分の墓地から
リバースモンスターを2体
表側表示で特殊召喚し、
リバースコンボでバーンダメージを
食らわせる積りです。

ここで塔の鎖が切れつつあります。
どうやらミエルは占い通りの
勝利方法によらない勝利方法で
遊矢の大怪我の未来を回避するつもりです。
どうやらクイズキッズと違っていい人の様です。
しかしこっちも説明死フラグを立てました。

一方素良はとっとと演劇デュエリストをやっつけていました。
6戦目でまさかの敗北或いは苦戦と思いましたが、
どうやら大人の事情で素良のデュエルを描写する程
放送時間に余裕は無かっただけでした。

ミエルは危険が危ないのでサレンダーしろと言いますが、
塔を支えていた鎖が千切れて倒壊しながらも、
遊矢はアクション魔法、奇跡を発見!!
「運命が……変わったの……!?
 命を落とすかもしれない危機を乗り越え……
 文字通り奇跡を攫み取ったっていうの?」
これでドローが出来るぜ!!

ところがドローしたのは……融合!!
あの時にデッキに混ざってしまったのか!!
……いや……遊矢は新たに思い浮かんだ様です!!
遊矢はペンデュラム召喚をし、
リバース効果に対しては……

墓地のEMスプリングースの効果で
星読みと時読みを手札に戻し、
カレイド・スコーピオンをリリースして
星読みをアドバンス召喚!!
そしてここで素良と柚子が来ました。

ここで遊矢が融合召喚!!
星読みとオペゴンで融合し、
ルーンアイズ・ペンデュラムドラゴン、
略してルベゴンだぁ!!
名付けてペンデュラム融合です。
そして効果でサンレンダァ出来、
で三体のモンスターを撃破して
ついでにミエルのハートも撃沈……です。
素良と柚子もばっちし見ていました。

「融合のカードを柚子に返すよ。
 そいつと一緒に柚子は
 今までと違う自分になろうとしている。
 今度は俺の番だ。柚子のおかげでヒントを貰った。
 次は俺自身の手でペンデュラム召喚の
 その先を攫んで見せる!!」
融合を返したって事は……
ルペゴンは御役御免という事ですか?
そりゃな……とここでミエルが遊矢に
脱衣無しのルパンダイブを決めてきました。
どうやら運命の人認定です。

「ちょっと…運命の人ってどういう事?」
柚子が100㌧ハンマーならぬ
ハリセンを出して殺気ムンムン状態です。
それでもミエルは遊矢にゴロニャン状態だ。

「自らの運命を切り開いた少年に、
 いかなる運命が待つのか……こ、これは!!?」
塾長の水晶玉が真っ二つにわれてしまいました。
まるで黒曜石の打岩だ。
これは遊矢に更なる過酷な運命が待っているという事か?
それとも遊矢の運命は占いでは見通せない?

一方遊矢と柚子とミエルの
三角関係状態で来週に移ります。
ミエルは再登場する可能性は高いのでしょうか?

来週はLDSトリオが隼を見つけて
夕焼けの倉庫で
3on1のバトルロイヤルルールで
デュエルをする事になります。

……すごく敗北フラグビンビングです。
そしてその状況をビル内で
赤馬が見ています。
デュエルが中止にならない限りは
三人の魂はカード化しちまう!!












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn023.html

再放送 遊戯王5D's134話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's134話のレビューをさせていただきます。

TURN-134 破滅の道! シンクロ召喚が行きつく未来

今回はクロウのブラック・フェザー・ドラゴンを受け継いだ遊星が
ホセとラストホイーラー同士のデュエルをするところから始まります。

『俺には理解る
 クロウがどうしてブラック・フェザー・ドラゴンを
 俺に託したのかを……!!
 すべてはWRGPまでの今までの戦いで俺達が出た答えは……
 俺達は自身のデッキだけで決闘ってるんじゃない!!
 三つのデッキで決闘っているんだ!!』
三人の決意、チーム・ユニコーン、チーム・太陽、
それらが遊星の脳裏に浮かんできます。

「ぐらんえる、ヤッテオシマイ!!」
「だがウェーブ・ウォールで攻撃は無効だ!!」
「ダガAきゃのんデ
 ぶらっく・ふぇざー・どらごんヲ粉砕!!」
「だがシャドー・インパルスで
 ブラック・フェザー・ドラゴンの遺志を継いで
 スターダスト・ドラゴンを特殊召喚!!」
「機皇帝ノ攻撃ヲ一度カワシタクライデ浮カレルナ!!
 オ前達ノ絆ナドデぐらんえるハ倒セン!!
 幾ラ蟻ガ群レヨウトモ、
 象サンヲ倒ス事ガ出来ンノト同ジ様ニ!!
 象ハ蟻ガ足元ニ存在ルノヲ知ランデアロウ。
 シカシ踏ミ付ケテイクダケ!!
 歴史ガ人類ヲ顧見ル事ナドナイ様ニ!!
 オ前達ノ足掻キナド全テ無駄ナノダ!!
 SP・さいれんと・ばーんデだめーじダ!!
 今ココニ象ノ足ニ踏ミ潰サレルノダ!!」
一体につき300ダメージかよ!!
ショボい!!随分とショボい象の足だぜぃ!!!

「俺は諦めはしない!!
 歴史を改竄しようとするお前達に
 何処までも立ち塞がってやる!!」
「愚カナ……余リニモ幼イ……
 ナラバ教エテヤロウ……
 愚カナル人類ノ歴史ヲ……!!」
「ていうかアレを見せるの!!?」
「ホセめ……忌々しい!!!」

ここで上空に∞の文字が!!
そして五人の竜の痣が!!
五人+龍亞&ブルーノはその∞の文字の中で
シェリーが見た廃ビルの墓標の大群を上空から見ています。
しかしそのビルの墓標と思われていたのは……
シンクロモンスターのカードの残骸!!
その上で輝く漆黒の太陽!!
そしてダイダロス・ブリッジの残骸が!!
まるで超人墓場ならぬカード墓場です。
ここでブルーノが眼を背けました。

「私達ニトッテハ現実ノ……
 オ前達ニトッテハ未来ノ……
 ねお童実野シティー…… 
 全テハしんくろ召喚カラ始マッタノダ!!」
ここで(イリアステルトリオにとっての)
回想が開始まります。
まだネオ童実野シティーは繁栄をしています。
空には空飛ぶ船が飛び交っています。

デュエルレーンには大勢のD・ホイールが……
って大勢どころじゃねえぞ!!!!
画面上に20台くらいのD・ホイールが
犇めき合ってんじゃあんか!!
事故るどころのレベルじゃねえ!!!
この時代の道交法はどうなっとるんじゃい!!
そして皆シンクロ召喚と
新興宗教の信者の様に口にしています。

一方街頭にはシンクロ販促のソリッドビジョンCMが。
CMのレースクイーンな姉ちゃんが
ガオドレイクのカードで販促をしています。
それを見て皆シンクロカードを掲げています。
ていうか新興宗教みたいで怖いです。
「でゅえるノ進化ト共に、
 人々ノ熱狂ノモトニ世界ハ発展シテイッタ。
 しんくろ召喚コソガ繁栄ノしんぼるデアッタト……
 アル者ハ言ッタ。
 D・ほいーるガしんくろ召喚ガ起コス波長ガ
 もーめんとトりんくシテイルト。
 共鳴シタもーめんとハ回転を高速メ、
 世界ノ進化ノすぴーどハ増シタ。
 ダガ、ソノすぴーどハ早過ギタ。」

ここで笑い続けていたルチアーノが
何かを見て突然ガクブルし始めました。

そこにはワイ・スキ・グラの三機皇帝の大群が!!
ワイゼルは250円だからともかく、
スキエル・グランエルは
そんな簡単に集められるものではなかろうに。

「これはぼくの記憶……」
三機皇帝の大群は
ネオ童実野シティーを容赦なく攻撃し始めました。
スカイネットの叛乱か!!?
瞬く間にネオ童実野は199X年になっちまう!!
そしてそこで避難をしているある夫婦と
その息子のルチアーノが!!
必死の逃走も空しく夫婦はレーザーで跡形も無く蒸発だ!!
そして次の瞬間ルチアーノにも……

「そしてこれは俺の記憶……」
ネオ童実野の廃ビルの外を
グランエル軍団が徘徊しています。
中には少年兵プラシドと同年代くらいの兵がいます。
バズーカ砲でグランエル一体の頭を吹き飛ばしましたが、
返しの攻撃でその兵は……
プラシドはグランエル二体目にマシンガンを乱れうちしましたが、
そんなものが敵う筈もなく……

「愚カナ人間達ノ欲望ハヤガテ頂点ニ達シタ。
 ソノ時もーめんとハ突然逆回転ヲ開始メタ。
 マルデ人ノ心ニ反応シタカノ様ニ。
 もーめんとハ暴走シ、
 世界各国ノもーめんとガ一斉ニ爆発シタ。
 世界ヲ道連レニ。」
 私達ヲ含メ、愚カナ人間達ノセイデ!!
 ココデハ私ノ時代ノ記憶……」
ホセの回想が入りました。
ていうか今と違って随分と貧相です。

「何故カ運命ニ選択バレテシマッタ私ガ……
 一人世界ヲ彷徨イ歩イタ……ダガ……
 私ノ呼ブ声ニ応答エテクレル者ハイナカッタ。」
 私ハ人類ヲ…歴史ヲ見送ッタ……深イ絶望ト共ニ……。」
ここで回想が終わります。
アニメ遊戯王らしく超展開が来ました。
ていうかイリアステルの三人は
ロボットとして生まれたのではなく
元人間だった様です。
て事はブルーノも元人間でしょうか?
三人やブルーノを改造したのは誰でしょうか?
まあ三人はZONEでしょうが。

ていうか
ルチアーノは機皇帝の群をみてふじこしていましたが、
カードの機皇帝を見てもふじこしないのは何故でしょうか?

シンクロモンスターを使ったらどういう原理で
波長がモーメントの加速を促すのでしょうか?

どういう理由かつどういう原理で
モーメントが逆回転したり自爆するのでしょうか?

機皇帝の設定は何なんでしょうか?
いつどこで誰によっていかなる目的で
いかなる技術で作られたのでしょうか?
そしてどういう理由で人間を虐殺してきたのでしょうか?

機皇帝の群は自分の意志で動いているのでしょうか?
それとも裏に誰かがいるのでしょうか?

どこの国が何の為に戦争を起こしたのでしょうか?

世界が滅んだのは機皇帝のせいなのか
モーメントの逆回転のせいなのかどっちなのでしょうか?

まるで結果ありきのキング・クリムゾンみたいです。
まあ後で説明されるでしょうけど。

「不動遊星……運命カラ眼ヲ逸ラソウトイウノカ?
 オ前達ノ運命ハ破滅ヘト向カッテイル!!
 ソノ開始マリトナルノガしんくろ召喚ナノダ!!
 すぴーどノ出シ過ギハ交通事故ノ元ナノダ」
「違う!!シンクロ召喚は破滅のシンボルなんかじゃない!!
 運命の壁を突き破る為のものだ!!」
「ソノ単純ナ思考エコソガ人類ヲ破滅サセタノダ!!」

「いや……運命は……未来は!!!
 まだ俺達の手中{て}に存在る!!
 俺は信じる!!俺達の!!俺達の絆が!!
 未来を切り開くという事を!!
 クリア・マインド!!
 招来せよ、シューティング・スター・ドラゴン!!」
ドリル・シンクロン
デブリ・ドラゴン
ニトロ・シンクロン
クイック・シンクロン
エフェクト・ヴェーラー

ゴ……ゴレンダァ!!!
「シューティングソニックでグランエル∞を撃破!!
 これが俺達の未来を切り開く力だ!!
 シンクロ召喚が!!アクセルシンクロが!!
 お前達の野望を!!まやかしの未来を打ち砕いた!!」
「ソレハドウカナ?byエド=フェニックス
 運命ニ近ヅイテイルデハナイカ。
 オカゲデ私ノふぃーるどハ焼ケ野原ト化シタ。
 ダガ安心シロ。ソノ運命ハ!!私達ガ……イヤ!!」
「コノあぽりあガ修正シテヤル!!」
「このアポリアが修正してやる!!」
「このアポリアが修正してやる!!」
そう言うと三人はは∞の文字に飛んでいきました。

ルチアーノの左目のマスクと
プラシドの右目のマスクと
ホセの口のマスクが一つになり、
プラシドを基調とした蟹頭の男が!!

これは一体何なんだ!!?
ロボット物と言えば合体とはお約束だが、
ここまで超展開とは!!!
「我が名はアポリア……」
プラシドの声でアポリアと名乗り、
来週に移ります。
 
ちなみにアポリアとはギリシャ語で
「行き詰まり・道の無い事・出口なし・
 極限状態・論理的難題・ それでいて迫り来るもの」
だそうです。
そう言えばアポリオンという悪魔が存在しました。
意味は「破壊者」「滅ぼす者」で、
ヘブライ語のアバドンに相当します。

来週はトリシューラみたいな三つの獣の頭を持った
ゴージャスなD・ホイールに乗ったアポリアと
デュエルを続行します。
ていうかルール的にはいいのかこれ!!?
もしかしてまたもや
「デュエリストの魂を見たあああ!!!」
とか言ってMCはノリノリかも知れませんが。

アポリアは「機皇神マシニクルインフィニティ・キュービック」
とかいう長ったらしい名前の機皇帝ならぬ機皇神を使います。
でもその後ろにはZONEがいるのでしょうな。
いわゆる中ボスという事で。
もしかするとモーメントの逆回転による世界の滅亡は
ZONEの仕組んだ事だったりするかも知れません。

シェリーの件とかスライの件とか
色々未回収の複線も有りますので、
それも回収して欲しいものです。
今回はクロウのブラック・フェザー・ドラゴンを受け継いだ遊星が
ホセとラストホイーラー同士のデュエルをするところから始まります。










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn134.html

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ22話のレビューをさせていただきます。

第22話 占い少女・方中{ほうちゅん}ミエル

今週は怪しさ大爆発な占いの部屋から始まります。
そこではフードをかぶった占い師・方中ミエルが
カードをタロットに見立てて占いをしております。
ミエルの妄想では対戦相手はロンゲパッキンで
全裸のイケメンがミエルを口説いています。
あ、ミエルが鼻血ブー。

遊矢はデッキ構築で寝過ごしちまいました。
デュエルの時間に遅れちゃうよ。

遊矢はデッキ構築の途中でしたので
カードをかき集めますが、
家に重要なカードを置き忘れる
フラグ成立でしょうか?

デュエルの場所は観客は全員
黒フードの怪しい連中、
そして占いの場所というには
余りにも怪しさ大爆発の
オカルトな場所です。

当のミエルはすっかり遊矢を
運命の人と思っています。
「クールなエリートデュエリスト(胸元開け)」
「ワイルドな肉体派(Tシャツ一枚)」
「優しく家庭的なタイプ(料理人姿)」
遊矢の姿かたちはわからないので
脳内で妄想しておりますが……
あ、鼻血ブーだ。

その頃の遊矢は……悪魔城的な
海野占い熟にニコを案内人として
入場します。
あ、遊矢が階段から足を踏み外した。
まるでソニックの如く階段から転げ落ちて
ミエルの足元に到着。
運命の人はトマト頭でした。

あ、ミエルのパンツが見える。
ラッキースケベというやつでしょうか?
勿論遊矢がです。
テレ東規制で我々には見えません。

「くぉぉぉぉのラッキーへんたいいいいいいい!!!
 アンタがミエルの運命の人かどうか、
 これからデュエルで占ってあげるわ!」

「運命は既に定められている。
 しかし、時間を彷徨う人々は、
 それを見通す事は出来ない。
 占いは灯し火となって人を導くの。
 それは人生の縮図においてもまた同じ。
 フィールド魔法・フォーチュンテラー発動。」
塾長の海野は占い師の女性らしいです。

先攻後攻はコイン占いで決めます。
しかし遊矢は先を見通せないので
ドラゴンの絵柄を選びましたが、
コインには悪魔の絵柄が。

ミエルは早速裏守備表示で攻めてきます。
リバース主体という事でしょうか?

「貴方、何か悩みがあるわね。
 さっきのコイン占いで貴方はドラゴンを選んだ。
 それは強い力で現状を打ち破りたいという
 気持ちの表れ。
 今の貴方は行き詰まって次の一手が見えてない。」

遊矢は早速オペゴンを引きますが……
手札はレベル5以上の上級モンばかり、
つまり手札事故です。
なのでアクションカード頼みです。
いいカードが見つかるといいのですが。

一方柚子は倉庫の一杯ある場所で
何かを探しています。
素良は柚子に対して携帯電話で
「どこで何をしちょるばい!?
 今日の六連勝でぼくの選手権出場が決まるんだから
 きちんと見届けてよ!」
と怒鳴っております。

占術姫コインノーマを反転召喚し、
リバース効果でデッキからモンスターを
伏せ表示で場に出します。
それに対して遊矢はアクションカード……
二まいあるカードのうちの一つは…罠の大凶だ!!

EMガンバッターを召喚して
攻撃しますが、
罠カード、黒猫の睨みにより戦闘終了させられます。

「せっかくの忠告を無視して無駄な事をするなんて…
 もういい、解ったわ。
 やっぱり貴方はミエルの運命の人ぢゃない。
 跡形もなく消し去ってあげるわ。」

占術姫アローシルフと
占術姫クリスタルウンディーネの
リバース効果で
儀式魔法、聖占術の儀式及び、
儀式モンスター、聖占術姫タロットレイをサーチ、
そして儀式召喚をして
ガンバッターを撃破します。
てかマンジュ・ゴッドの下位互換です。
まあ待望の儀式モンスターが出てきましたので、
儀式モン復権なるか!?

「俺は勝つ!勝って選手権に出て!プロへの道を!」
イメージがもろ男坂最終回ですので、
↓まさか打ち切りフラグ?
「俺はようやくのぼりはじめたばかりだからな。
 このはてしなく遠いプロデュエリスト坂をよ!」
 
「占いなんてものに俺は惑わされない!!」
ペンデュラムでオペゴンと
4体のEMをペンデュラム召喚します。

「中央のドラゴンはとても
 不安定な状況に置かれているのを象徴している。
 象は大きな力の象徴。
 鳥は貴方の気持ちが
 高みへと登っている事を示している。
 けど、蠍は足元に潜む障害。
 しかもそれが狡猾なものである事を
 蛇が示している。
 ここから示される貴方の運命は……
 大いなる挫折……
 そして貴方の運命は暗闇に閉ざされる。」

パートナーガの効果により
オペゴンの攻撃をアップし、
攻撃を仕掛けますが、
タロットレイの効果により
占術姫ペタルエルフがリバースして
モンスターが全員守備表示になります。

「もうおやめなさい。
 これ以上続けたら貴方の命に関わるわ!」
衝撃的な発言で来週に移ります。

来週はミエルの忠告から始まります。
「もうおやめなさい。
 これ以上続けたら貴方の命に関わるわ!」

そして新しいモンスターで
オペゴンら五体のモンスターを一掃し、
運命に逆らうのはやめて
サレンダーしろと言ってきます。

まあサレンダーしたら話が進みませんので、
「俺の運命はまだ何も決まっちゃいない!
 俺の未来は俺が切り開く!」
と拒否します。

あ、ミエルがOдO顔だ。
秘術の眼とは一体!?
遊矢がドローした融合は
一体いかなるモンスターを呼ぶ!!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn022.html

再放送 遊戯王5D's133話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's133話のレビューをさせていただきます。

TURN-133 立ちはだかる巨帝!  機皇帝グランエル


今週はホセに負けたジャックが
カーリーとステファニーに付き添われて
病院送りになるところから始まります。

ところで狭霧ちゃんは?
あ、何やらイェーガーに中止を直訴しています。
しかしイェーガーはチーム・5D´sに全てを託します。

一方チーム・5D´sサイドでは龍亞龍可が
「あんなモンスターを相手にしたら死んじゃう!」
とクロウを止めています。
しかしクロウは止まりません。
そしてクロウvsホセの始まりだぁ!!

「スピードワールド2でグランエルを…」
「私ガすぴーどわーるど2ノ対策ヲ怠ルト思ッタカ!!?
 ソモソモソンナしょぼイちゃちナ展開デ
 視聴者諸君ガ納得スルト思ッタカ!!?
 罠かーど、いんふぃにてぃ・うぉーるデばっちしダ!!」

「んな訳ねえだろ!!
 チューナーとモンスターが揃ったが、
 ここでシンクロ召喚をする程
 トリックスターのクロウ様は単純じゃねぃぜ!!
 BF-極光のアウロラで
 アーマード・ウィングの効果を使うぜ!!
 楔カウンターで攻撃力は0だ!!
 そしてスチームトークンで除外だ!!
 攻撃力がいくらだろうと関係ねぇ!!
 これが俺流対シンクロキラーへの切り札だ!!」

「オ前ノ切リ札ハソノ程度カ!!
 無駄ダト言ッタハズダ!!
 ぐらんえるGデすかーれっとヲ盾ニスル!!」
「何て野郎だ!!
 取り込んだシンクロモンスターを盾にしやがった!!」
「すかーれっとハ元々装備扱イ、
 ヨッテ楔かうんたーヲ乗セル事ハ出来ナイ!!」

「ぐらんえる、ヤッテオシマイ!!」
「だが熱風のギブリで防がれる!!」
「ダガ私ノ攻撃ハ終ワリデハナイ!!
 守備表示もんすたーヲ召喚シタ事デ
 逆ニ自分ノ首ヲシメタナ!!
 ぐらんえるAノ効果デ
 すかーれっとニ攻撃サセル!!
 ヤッテオシマイ、
 愚カナしんくろもんすたーヨ!!
 仲間ノ力ヲソノ身ニ受ケテ、
 悶エ苦シムガイイ!!
 吸収シタしんくろもんすたーハ
 だいれくとあたっく出来ナイ!!
 オ前ガもんすたーヲ召喚シナケレバ
 だめーじヲ受ケナカッタモノヲ。」

「天狗風のヒレンをアドバンス召喚すれば
 ギリギリ100ポイント残る!!」
「ダガ次ノ対策ガナケレバ
 オ前ハぐらんえるノ攻撃ヲ受ケルゾ!!」

『奴の言う通りだ……
 だがヒレンはダイレクトアタックを受けた時、
 あるいは2000ポイントのダメージを受けた時、
 墓地の自身とBFを特殊召喚出来る!!
 更に緊急同調で
 ブラックフェザー・ドラゴンをシンクロ召喚すれば……
 次のターンのグランエルの攻撃も防ぐ事が出来る!!
 いや駄目だ!!攻撃を防げてもブラックフェザー・ドラゴンは
 グランエルに破壊されてパシリにされちまう!!
 そうなりゃ遊星が二体のシンクロモンと
 闘りあわなきゃならなくなる!!
 シンクロキラー対策のスカーレット・ノヴァでさえ、
 グランエルには敵わなかったんだ!!
 俺のシンクロモンスターじゃあ勝ち目はねえ!!  だったら今の俺には……今も俺には!!!
 何も出来ねえっていうのかよ!!!!
 すまねえみんな!すまねえ遊星!!』

しかしここで遊星の
「カードを信じるんだ。」
という激励電波がクロウの脳裏に届きました。
ちなみに手札にはシャドー・インパルスなる
罠カードが有ります。
これがキーカードとなるのでしょうか?

『今の俺に出来なくても、
 仲間に託せば出来る事が有る!!
 これが本当に最後に最期の手段だ!!』
「人間ノ可能性トハコノ程度カ!!
 見セテミロ、オ前ノ本当ノ切リ札、しんくろ召喚ヲ!!」
「挑発伝説には乗らねえぜ!!
 シンクロ召喚をしたら最後、
 俺のシンクロモンはお前のパシリになっちまう!!
 それだけは避けなきゃならねえ!!」

「何故避ケル必要ガアル。
 仲間同士ガ争イ、互イガ傷ツケアウ、
 ソノ愚カナ構図ハ、人間のノ姿ソノモノデハナイカ。
 見ヨ、コノオゾマシイ姿ヲ!
 しんくろもんすたーコソが
 愚カナ人間ノ進化ヲ象徴スル存在ナノダ!」
ホセや、その台詞はプラシドにこそ当てはまると思うんだけどな。
仲間であるホセやルチアーノを軽んじ、
挙句の果てに下っ端で再生怪人で
SUPER ROBOYAROUでくたばり損ないですから。
そういえばプラシドは一番人間を見下しているにも関わらず、
何故か機皇帝は人を表す「ワイズ」の名を冠してますね。
三人の中で一番感情の起伏が豊かで一番人間らしいです。
SUPER ROBOYAROUなのに。

「ざけんじゃねええええ!!!!
 そいつは!スカーレット・ノヴァ・ドラゴンは!!
 ジャックの魂だ!!!
 俺達はいつも!!!
 シンクロモンスターと共に戦ってきた!!
 お前達に悪く言われる筋合いは無ェ!!」
「気ヅイテオラヌ様だな。
 ソノ浅ハカな考エコソガ破滅ヘトツナガル!
 滅ビユク者ニ語ル口ハナイ!!
 ぐらんえる、ヤッテオシマイ!!」 

「まだだ!!!
 ヒレンの効果で自身とギブリを特殊召喚し、
 そしてブラック・フェザー・ドラゴンをシンクロ召喚!!!」
クロウは敗れる瞬間、
ブラック・フェザー・ドラゴンをシンクロ召喚だ!!

「恐らくクロウは遊星にブラック・フェザー・ドラゴンを託す為に、
 敢えてグランエルの一撃を受けたんだ。」
「ナント、己ノ身ヲ犠牲ニシテしんくろもんすたーヲ召喚シタダト!!?」
「そうだ……これはチームの勝利の為の敗北……。
 お前が言った、仲間内で争うだけが人間の姿じゃねえ!!
 自分の思いを、自分の魂を仲間に託して……
 共に戦う事も出来る!!
 ヒトはそれを『絆』と呼ぶんだ……!!」

「キズナ……」
「今回はちょっくらしんどかったな……
 遊星……後は頼んだぜ……」
絆という言葉にホセは反応します。
どこかの誰かさんは仲間内で揉める様な事ばかりしてましたからねえ。
わかっとんかね、そこのくたばり損ないのSUPER ROBOYAROU君?

後、自分はこう思うんですよ。
「このアホダマー!!
 争い、傷つけあうのを恐れッッ!
 何が真の友情か!!何が絆か!!
 ヒトは互いに本音のままにぶつかり合い、ドツキ合い、傷つけあい、
 そして本音で語り合ってこそ!!
 真に理解出来るというものぞ!!
 それなき友情や絆は単なる馴れ合い談合に等しい!!
 [仲が良い程喧嘩する]という言葉もある。
 マザーテレサの[愛情の反対は憎悪ではなく無関心]
 という金言もある。
 そして極端に言うなら生命のやり取り(Not一方的な虐殺)程
 深い付き合いが存在ろうか!!?
 傷つき嫌われる事を恐れていては、
 真の絆・友情は永遠に生まれぬ!!」

「クロウ、お前の残してくれたブラック・フェザー・ドラゴンの力……
 決して無駄にはしない!!!」
ここで来週に移ります。

来週はホセのブラック・フェザー・ドラゴンが
「オ前ニトッテ地獄ノ置キ土産トナル」発言が気になります。
あ、ルチアーノは何気にピットでくつろいでいます。

そのブラック・フェザー・ドラゴンに
何かの黒い三本柱が働きかけています。
罠でしょうか、それともモンスター効果?

あ、病室のジャックとクロウが眼を覚ましています。
どうやら遊星への大鐘音の準備が整った様で。
そしてサブタイトルの
「破滅への道!シンクロ召喚が行きつく未来」とは!!?
シンクロ召喚がどう破滅に繋がるのか気になります。
後、11月3日は日本シリーズ中継の為にお休みだそうです。
イリアステルの力で何とか
「ナランワ戯ケ者!!!」










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn133.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第21話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ21話のレビューをさせていただきます。

第21話 ペンデュラムのその先に

今週は赤馬がペンデュラム召喚を
研究しているところから始まります。
どうやら赤馬は自分の力に驕る事のない
上昇志向の強いストイックな性格の様で。

一方遊矢は試行錯誤で悩んでいます。
昨日まであと二勝だと悦んでいたのに
何があったのでしょうか?
自分の新しいデュエルスタイル、
あるいは戦術でも
模索しているのでしょうか?

どうやら昨日ニコに
プロなら観客を沸かせるデュエルを、
と言われたそうです。
本気でプロの道を模索している辺り、
やはり榊遊矢とアークⅤは
これまでの主人公や作品とは
違ったコンセプトなのでしょう。

その頃素良は
大歌舞伎塾 大歌舞なるデュエリストと
デュエルをしています。
どうやら素良は柚子に
デュエルをしながら
デュエルの講習をしている様です。

エッジインプ・シザー+
ファーニマル・ベアーで
デストーイ・シザー・ベアを呼び出し、
ダイレクトアタックで勝利します。
ついでに言うと
相手はライフ400で手札0なのに
自信満々でターンを終えていました。
墓地か除外されたカードを
使うつもりだったのでしょうか?

一方LDSトリオは……
北斗や刃がやる気が無いのに対し、
真澄は犯人探しに躍起になってます。

しかし北斗と刃前に現れたのは……権現坂ぁ!!?
そして次に秘奥義!!猛虎落地勢だ!!
「この漢{おとこ}権現坂!
 貴殿を真の漢{おとこ}と見込み、お頼み申す!!」
何をだよ!!?

一方真澄はKEEP OUTの
テープが貼ってある事件現場にいます。
あ、テープを乗り越えた。
こりゃあやられチマーなフラグビンビングだ!!
上の高速道路の壁につけられた傷跡から
コンクリートの欠片が落ちてきて
真澄はその傷跡の存在を知って驚愕だ!!
益々フラグビンビングだ!!

場所は素良と柚子の帰宅に移ります。
「私ならもう一つ前のターンで勝負を決められたわ。
 相手モンスターの攻撃力は1500だし、
 あそこはファーニマル・ベアじゃなくて、
 攻撃力1600のファーニマル・ライオで…」
「ぼかぁ柚子に融合召喚を見せたかったの。」
つまり舐めプという訳ですな。
6戦目で足元を掬われなければいいのですが……。

しかしその前に真澄が現れました。
そして舞網市で起こっている
謎のデュエリスト連続襲撃・失踪事件についてを
知らないかという質問をしてきました。

まあ柚子が知っている訳ありません。
ていうか黒マスクの男も
一方的に柚子を知っているだけですし。
真澄は問答無用で柚子に
黒マスクの事を問います。

素良はLDSの融合召喚なんて大した事が無いし、
柚子は対戦相手を探していたので
ホイホイ受けても構わないと言っています。

ここで真澄がLDSの名を口にしたので
「おまいもLDSか!!」
黒崎隼が柚子をはっ倒しながら登場しました。
同時に真澄の死亡フラグもほぼ確定します。
が、ここで黒マスクの男が割って入り、
これ以上無茶な事をするなと隼を止めます。
そして柚子ら三人は黒マスクの男と隼と
襲撃犯が二人(以上)いる事を知ります。

「ユート!!」
「この前も言った筈だ!!
 ここは俺達の戦場ではない!!
 彼らは我々の敵ではないと!!」
「ここは俺の戦場だ!!
 ルリを取り戻すにはこうするしかない!
 邪魔立てするなら貴様も倒すぞ!!」
どうやら黒マスクはユートと言う様です。

その隙を見て真澄は北斗と刃に連絡をします。
柚子はまだ犯人と決まった訳ではないと言い……
「ルリ…何故ルリがここに!!?」
どうやら隼も柚子の事を知っている様で、
何故かルリという名前で呼んでいます。
その割にはさっきはっ倒さなかったかい?

「逃げたのか!?自力で脱出を!!?」
さっきから何を言うとるかこいつは?
まるで訳がわからんぞ。
隼は柚子に詰め寄りますが、
ユートが
「彼女はルリではない」と言って
腹パン当て身で気絶させます。

一方遊矢は火之迦具土を含む
トマハンデスデッキの紹介した
雑誌「Dステップ」を見て
行くべき道を模索しています。
他にも
ヴァンパイア・ベビー
いけにえ封じの仮面
魔力吸収球体
便乗
砂塵の悪霊
自立行動ユニット
の情報も掲載されています。

ここで北斗と刃がやって来ました。
襲撃犯が見つかったので
現場に急いでいる様です。
一方ユートは柚子に
「君にこのカードは似合わない」
と融合のカードを否定します。

「それは心外だなぁ~。
 ぼくからのプレゼントを
 他人にとやかく言われたくないんだけど。
 何ならそのカードがどんなにすんばらごいか、
 教えてあげてもいいんだけどね~。」

ここで遊矢と北斗と刃がやって来ました。
そして柚子のブレスレットが光ったかと思うと
ユートが一瞬で溶ける様に消えました。
柚子はルリとかルリとかじゃないと言われて
何だかわからないと軽く混乱中です。
LDS関係者が来て面倒になりそうなので
遊矢と柚子と素良は退散する事に。
刃は遊矢が選手権に出場する為に
後に称しなければならない事に対し、
遠回しに激励をします。

あ、柚子と素良がいません。
代わりに拾い忘れた融合のカードが落ちています。
謎が謎を呼んで来週に移るぜ!!

来週は遊矢は融合のカードのそばで
グテーンとしています。
対戦相手は占い好きのロリゴスロリで
遊矢が運命の相手だと一人で盛り上がっています。

遊矢がどんな人物か知らないので勝手に
「クールなエリートデュエリスト(胸元開け)」
「ワイルドな肉体派(Tシャツ一枚)」
「優しく家庭的なタイプ(料理人姿)」
と鼻血出して妄想しています。
まるでどこぞの汚物かなこさんですな。

その名は占い少女・方中{ほうちゅん}ミエル。
占いというとカーリーが頭に浮かびます。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn021.html