FC2ブログ

再放送 遊戯王5D's132話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's132話のレビューをさせていただきます。

TURN-132 強襲!機皇帝ワイゼル

今回はWRGP決勝戦で
ジャックがあっさりとルチアーノに
勝利したところから始まります。

チーム5D´s勢は遊星を除いて
イケイケムードです。
そりゃあ無傷で勝ったんですから。

しかしクレバーな遊星は
何かきな臭いものを感じとっています。
一方チーム・イリアステルでは、
作戦とは言えわざと負けるのは面白くないと
ルチアーノがボヤいています。
やはり作戦だったか。

下っ端は早速ワイゼルを召喚だ!!
「まだ理解からぬか!!?
 スカーレッド・ノヴァにシンクロ封じ等通じぬのが!!
 このジャック=アトラスに同じ手は通用しない!!」
「それはこっちのセリフだ!!
 貴様こそ同じ手段が通じると思ったか!!
 インフィニティ・ショットでダメージだ!!
 スカノヴァを除外させたのもこの複線だ!!」

「ていうかあれはぼくがホセの為に取っておいたカード!!
 プラシドのタコ勝手に使いやがって!!」
「何故作戦通リニシナイノダ?
 マサカ一人デ倒スツモリデハアルマイナ?」
『悪いが少々ヤンチャで暴れさせてもらうぜ。』
ルチアーノって結構お爺ちゃん思いなんですね。
ホセもプラシドの性格を把握してるんですから
それ位予測しておくべきかと。
もしかするとこれが敗因になるかも知れませんぜ。
ていうか、インフィニティ・ショットって虹色ですね。
結構シュールなものがあります。


「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン、
 バーニングソウルでやっておしまい!!
 バーニング・ストライクで
 ワイゼルG対策もバッチリ(死語)だ!!」
「ワイズG3でワイゼルG3を特殊召喚!!
 更に受けたダメージで無限霊機に貯金、
 そして反響鏡でドロー&ダメージだ!!
 『少々侮り杉田みたいだな。
  だがアイツを殺るにはライフ500で十分!!」

「アイツ、まだやる気かよ!!?」
チーム・イリアステルのチームワークはどうなっちょる!!?
まあ原因は下っ端一人ですがね。
ていうかセカンドホイーラーはクロウだよ。
ジャックに勝ってもライフ500じゃあ瞬殺だっつーの。

一方イリアステルサイドでは……
「e~のかよ、このまま好き勝手ヤンチャさせといて!!?」
「ウ~~~ム、ぷらしど、やんちゃハココマデダ。
 我等ノ使命ヲ忘レタカ?」
「わーったよ、作戦通りやりゃいいんだろ!!」

『ここで伏せカードのみだと!!!?
 やはりおかしい……!? 
 チーム・ニューワールド、
 一体何を企んでいるんだ!!?」
「さあどうしたジャック=アトラス!!?
 遠慮はイラン、攻めて来い!!」
 
下っ端の大根役者振りに
流石のジャックも胡散臭い事に気づき始めました。
「『奴らは何を考えハッ……!!
  無限霊機…確かあのカードは』
 龍亞、ピットボードキボンヌ!!」
「おk、遊星!!」
ここで遊星からサインが送られて来ました。
ムゲンレイキヲあぼーんセヨ

「シンクロ・ソニックで無限骨董品をあぼーんだ!!」
「ヤバ、気づかれちゃった!!」
何気にルチアーノの反応が可愛いですな。
「やらせはせん!!貴様如きにやらせはせん!!
 イリアステルの栄光、この俺のプライド、
やらせはせんぞ!!
 インフィニティ・ガード・フォーメーションで破壊はさせん!!」
「やはり秘策はそのカードか!!
 だが先に貴様に消えて貰う!!
 スカーレッド・ノヴァ、やっておしまい!!」
「しかし最後っ屁で無限霊機と無限牢の効果を発動!!」
作戦上とは言え、二人抜きを達成したジャックですが……

『待っていろ不動遊星……
 お前とはもう一度戦うチャンスが有る!!』
ちょっと待ってよ下っ端。
それどういう複線よ!!?

あ、ホセが自らの脚でフィールドに駆けて行った!!
何てターボじいちゃんだよ!!
後ろから車椅子型D・ホイールも出て来ました。
どこのミセス・マイコ=カトウだよ!!
デュエルになるとハッチャけるのか!!?

「ハッハッハ!!
 ちーむ・5D´sヨ、覚悟スルガヨイ!!
 コレカラガ本当ノ勝負!!
 我等ノ力ヲ思イ知ラセテヤル!!」
衆目の前で合体しくさった!!!
もうロボットである事がばれていいのか!!?

「なんとおおおお!!!!!!!!
 D・ホイーラーがD・ホイールと一体化したぁ!!!
 これぞD・ホイールの最終進化形態!!!
 チーム・ニューワールド!!!
 優勝にかけるデュエリストの魂を見たああ!!!」

ちょ、おま!!!
こんなトンデモ見せられて
よく平然とそんな事が言ってられるなMC!!
ていうか何で一般人のMCが最終進化形態とか知ってんのさ!!?
ロボットっていうか人外も有りなのかこの大会!!?
なんちゅーフリーダムぜよ!!
もしかして実はMCは黒幕か!!?

「マズハソノ天狗ッ鼻ヲ圧シ折ル所カラ開始メヨウカ。
 ぐらんど・こあヲ破壊シテぐらんえるヲ召喚!!
 ソシテ無限霊機デ8000らいふヲ回復!!」
ていうか何相手のD・ホイールに
リアルダイレクトしてんだよジジイ!!!
おまいもリアリストなのか!!? 

「奴らの目的は無限霊機にカウンターを貯金して、
 ライフ&攻撃力&守備力を上げる事にあったのか!!」 
「今頃気づいても遅いんだよバカ蟹!!
 ウェーハッハッハ!!」

「さーきっと完成ノ最終章ノヘ幕開ケダ!!
 我等ガ力思イ知ルガイイ!!
 ぐらんえる・とっぷノ効果デ
 すかーれっどノ効果ハ差シ押サエダ!!
 ぐらんえる、ヤッテオシマイ!!!!
 ソシテ破壊シタすかーれっどヲ頂戴スル!!」
ていうか一般ピープルはサーキットとか聞かれても
何の事やらでしょう。

ジャックはまたしてもやられて吹っ飛びました。
この人吹っ飛び属性でも有るのでしょうか?
「うぇーはっはっは!!
 最早如何ナルもんすたーモ敵デハナイワ!!!
 コレデ勝利ハ我等ノモノ!!
 来週世界ハ生マレ変ワルノダ!!」

来週はクロウの出陣の前に
龍亞龍可が死んじゃうと止めますが、
ジャックが気を失いながらも
クロウにバトンを渡したのに止められないと
出陣をします。

ていうか死亡フラグビンビンだぜ!!!
いや、クロウの事ですので、
ホセと相打ちして
ルールを無視して真の力を目ざめさせた
スーパー下っ端プラシド(仮名)と遊星が
ぶつかるという展開も有るかも知れません。

次のキーカードは極光のアウロラですので、
これでシンクロ封じ対策をするのでしょうか?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn132.html
スポンサーサイト

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第20話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}20話のレビューをさせていただきます。

第20話 難問!?アタックデュエルクイズ!!

今週はニコのあらすじから始まります。
その頃権現坂は滝で打たれる修行をこなしています。
あ、下着は不動と書いた白フンだ。

アクションフィールド魔法、
クイズ・フロンティア-エクストラ・ステージが発動し、
二人はインディ=ジョーンズばりの
トロッコに乗っています。
ていうかクラッシュタウンが頭に浮かぶぜ。

そして二人は五枚のアクション罠を通過、
つまりクイズゴレンダァになります。
遊矢は全問不正解でライフが100×5減り、
九庵堂は全問不正解でライフが100×5増えます。
しかしよく見てみると遊矢の
エンタメなパフォーマンスが
周りの塾生達に受けています。

魔法カード、EMキャスト・チェンジにより、
手札交換をしてウィップ・バイバーと
EMリザードローとオペゴンをペンデュラム召喚します。
しかしエテ公とですが!のコンボで
どうやっても攻撃は通りません。

しかもスフィンクイズーも問題を出してきます。
「今フィールドで一番レベルの高いモンスターは?」
正解ならそのモンスターは破壊され、
攻撃力分のダメージを受ける、
つまりオペゴンは破壊されて遊矢はYOULOSE。
不正解なら即バトル終了だ!

「ファイナルアンサーでエテ公。」
「ザンネーン、これでバトル終了!
 んでもってチミのさっきの答えの0ははずれになり、
 不正解の罰でオペゴンを破壊して
 エテ公の攻撃力は更にアップップー!!」
「だがリザードローの効果で2枚ドロー!!」

相手の攻撃に対し、
罠カード、ドタキャンにより、
全モンスターを守備表示にして
破壊されたモンスターは手札に行きます。
しかし相手も速攻魔法、倍率ドン!!を発動!!
スフィンクイズーの攻撃力を倍にして
ダイレクトアタックをかましてくるぜ!!

それに対して遊矢はライフ5000の
アクション罠を取るぜ!!
しかし不向きの数学だあああ!!!!!!
しかし奇跡の大逆転は……
「わかりません。」
現実は非常である。

しかし遊矢は罠カード、
復活のエンタメ-リボーン・フォース-を発動!!
九庵堂にダメージを押し付けて戦闘終了だ!!

リザードローとウィップ・バイパーと
EMディスカバー・ヒッポとオペゴンを
ペンデュラム召喚し……
しかし相手は罠カード、
ラスト・クエッションを発動!!
「このターンのバトルフェイズ開始時、
 フィールドに表側表示で
 存在するモンスターの数は?」
「ファイナルアンサー、6体!」

ですが!相手は罠カード、カイシュートを発動!!
エテ公を手札に戻してその攻撃力分
スフィンクイズの攻撃力をアップさせる!!
そして不正解の罰で遊矢のモンスターは全滅めつめつ……
それはどうかな?
通常罠、EMアフター・エンドロールにより、
オペゴンは相手カードの効果をまぬがれ、
破壊されたEM×600攻撃力をアップする!!
これで攻撃力は4300!!
スフィンクイズーの効果もエンドロールにより無効になり、
戦闘ダメージ倍の効果で勝利だ!!

ここでニコが
「最後までデュエルの本分を忘れず、
 きっちりとフィールドとカードに向き合いましたね!」
そしてたらこ唇の塾長も
「デュエルはカードを通した
 相手とのコミュニケーションである……
 君は我々に本来のデュエルの在り方を思い出させてくれた。」

「カードを通した……コミュニケーションか……」
ここで万雷の拍手が沸き起こります。
話の流れでなし崩しに九庵堂が改心していますが、
まあ子供向けアニメなのでこまけぇこたぁいいっこなしよ。

あ、今度はチェスのデュエリストが素良に負けた。
相変わらず唐突にデュエルシーンが入って来ますな。
一方舞網市では強力な融合反応が感知されています。
ここで登場はしましたがセリフが無い為に
地味に柚子の皆勤賞が消えました。
主役以外での皆勤賞は次回予告の杏子を除けば
小鳥一人のオンリーワンという事ですな。

来週は遊矢が何やら思い悩んでいます。
デュエルの事だそうで。
あ、真澄が誰かと携帯電話で話しています。
どうやら北斗と刃らしいです。

そして黒崎隼の足元には……柚子!!?
その前には真澄が!!
こりゃあ噛ませ犬フラグビンビングだ!!

一方赤馬はペンデュラム召喚を研究しています。
これは見逃せねい回だぜ!!












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn020.html

再放送 遊戯王5D's131話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's131話のレビューをさせていただきます。

TURN-131 未来を賭けた戦い! 機皇帝スキエルvsスカーレッド・ノヴァ・ドラゴン

今週はなぜか117話で行方不明となって
ZONEと出会ったシェリーのところから始まります。
そろそろ伏線回収というところでしょうか?
スライがスターダストに執着する複線も
回収してほしいのですがね。

ZONEがシェリーに見せた真実なるものは、
赤い空間の下に墓石のようなものが
沢山乱立してある土地でした。
ここでZONEはアンモナイトもどきの姿に戻りました。
「コレガ君達ノ未来……
 もーめんとガ破滅サセタ世界ダ。」

一方トリオ・イリアステルは何かの建物の上にいます。
馬鹿と煙は何とやらという事でしょうか?
「決勝戦では、俺達の本来の力を駆使う。
 俺は生まれ変わった時、
 創造主ZONEから俺達の秘めたる力を聞かされた。」
ZONEはイリアステルとも繋がって……
ていうか創造主だった様です。
それとアーククレイドルとか秘めたる力とか
またまた新要素が出てきました。

一方チーム・5D´sのメンバーは
夜のWRGP会場にいました。
痣も既に発動しています。
龍亞が龍可の痣に触った途端
龍亞にも浮島が見えました。

ここでイェーガーと狭霧ちゃんと
牛尾とカーリーが到着しました。
そこで夜空にトリオ・イリアステルの姿が現れました。
「あれは神の居城、アーククレイドル。
 イレイドゥスの眠る地。
 アーククレイドルが地上に降り立った時こそ
 ネオ童実野シティーを友愛して世界は生まれ変わる。」
イリアドゥスとは何の事を示しているのでしょうか?
イリアステルとも響きが似ている様に聞こえますし、
代理人の事も意味していますので、
もしかしてZONE辺りの代理人でしょうか?

ここでジャックの肩に手を当てたカーリーも
アーククレイドルが見える様になりました。
しかしカメラには映りません。
シグナーパワーが無ければ見えない様です。

「明日の決勝戦で俺達の本当の力を見せてやろう。
 チーム・5D´s。」
ヲイヲイ、本当の力の存在を敵に口走っていいのかい?
ここでトリオ・イリアステルは一旦退場です。

ここでチーム・ラグナロクがやって来ました。
「我らのルーンの瞳の力は
 世界を危機から救う為の力。
 そのルーンの瞳が赤き竜に託した……。
 チーム・ニューワールドを倒す事を。」
「ならば迷う事は無い!!!
 明日の決勝戦で俺達の力の全てを出し切るまで!!」
「そして奴らに勝利ってネオ童実野と世界を救う!!」

そして決勝戦の日がやって来ました。
イェーガーはブルー状態でしゅ。
「もしチーム・5D´sが三馬鹿に負ければ
 ネオ童実野シティーは友愛しゃれてしまいましゅ!!
 このままバックレてしまいたいでしゅ!!
 家族を連れて逃げてしまいたい~!!」

そこに牛尾がやって来ました。
「やはり真実を市民に知らせ、
 決勝戦を中止にするべきでは?」
「馬鹿を言ってはいけましぇん!!
 しょんな事をしたらパニックになってしまいましゅ!!
 しょれに知らせたとしてどこに避難場所が有るのでしゅ!!?
 彼らを信じるのでしゅ!!チーム・5D´sの勝利を!!
 しょう…最早信じるしか無いのでしゅよ!!」
イェーガーは滝の様な涙目でしゅ。


ここでスケボー・ホイールでルチアーノがやって来ました。
「見せて貰おう!!
 その子供の玩具でどれだけ
 ホイール・オブ・フォーチュンと張り合えるのかを!!」
「やってみればわかるYO!!」

しかしルチアーノは何故かわざと先行を譲りました。
何か意図でも有るのでしょうか?
それとも余裕(別名油断)でしょうか?
どちらにしてもジャック的にはプライドがズタズタでしょう。

ジャックはスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンで
スカイ・コアを戦闘破壊しようとしますが、
相手のツイン・ボルテックスによる自己効果破壊で
機皇帝スキエル∞一式が姿を現しました。
おまけに謎の永続罠、無限霊機を発動だ!!
それはそうとレッド・ノヴァとはもしかして
紅蓮の悪魔のしもべの事でしょうか?
姿は全然違いますが。
トラスト・ガーディアンも
シンクロ素材として使われましたので、
忘れた頃に戦闘破壊耐性が発動するかも知れません。

「性懲りもなく進化しちゃってさ、呆れるよ!!
 無限霊機はダメージを記憶するドM装置!!
 そしてこの装置が起動した時は……
 ネタバレになるから教えてやんない!!!」

チーム・ニューワールドサイドでは……
「無限霊機が発動した……。」
「作戦通リダナ……。」
作戦とは一体何ぞや!!?
 
ルチアーノは機皇帝スキエル∞の効果で
スカノヴァを失敬しようとしますが、
効果で華麗にスルーサレチマー!!
は対象を失い無効になる!!
そしてスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンの攻撃!!
ショタアーノは只では負けず、
永続罠の無限牢でスカイ・コアを魔法カード扱いで残し、
無限霊機の霊機カウンターを40にしました。

南斗!!ライフを1ポイントも奪えずにルチアーノが敗退!!
しかし無限霊機が有るので只の負けとは思えない!!!
ルチアーノは最後っ屁で
スカイ・コアをフィールドに残していますし。
やはり三帝合体とくるのでしょうか?
合体ロボ物と言えばそれしかなかでしょう。

「いい噛ませ犬的負けっぷりだったぞルチアーノ。」
「やかましかばい!
 けど作戦とは言え面白くないよね、こういうの!!」
「ダガ、コレデイイノダ。
 奴ラハ既ニ逃ゲル事モ出来ナイ地獄ヘ足ヲ踏ミ入レタ。」
「ああ。そして終焉へのカウントダウンが開始まった。
 来週以降に期待していたまえ、視聴者諸君。」

来週はvs元下っ端プラシドですが、
プラシドは何を思ったのか
効くはずも無いワイゼルの
シンクロ泥棒を仕掛けています。

そして相変わらず遊星に執着しています。
「本気を出すまでもない」という台詞が
作戦の為の挑発なのか、
それともホセの指示を無視して
遊星とまで戦うつもりなのでしょうか?

あ、来週のキーカードがグラン・コアだ。
おまけにワイゼルが破壊されても
プラシドがニヤリングしています。
これはもしかしてジャックのニ連勝でしょうか?
前話で予想したニ連勝がまさか現実のものに!!?
まあ相手にとっては作戦の為のニ連敗ですがね。










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn131.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第19話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}19話のレビューをさせていただきます。

第19話 知識の宇宙!!九庵堂栄太{きゅうあんどう えいた}

今週は社内でニコが遊矢に
「クイズはお得意かな?」
と問うところから始まります。
TVでのクイズ番組では
九庵堂栄太なる少年が
出るクイズ番組すべてに優勝して
知識の宇宙なる仇名{アーバンネーム}を持っているそうで。
?曰く「クイズの正解不正解は人生の正解不正解」。

そしてついた場所は進学塾の「明晰塾」。
ニコ曰く人生の勝ち組製造塾だそうです。
中ではさっき出てきた九庵堂が
ド派手な演出で出てきました。

ここで周りの塾生が遊矢を指さして
一斉に嘲り笑い始めます。
こいつぁヤバいぜ。
ここがアウェイだという現実に
一気に認識させられます。

「まー人には得手不得手があるからね。
 なぞなぞが得意なの?苦手分野は?」
「しいて言えば理科と数学かな。」
「ぼかぁ苦手分野は……
 んなもんなあああいねええ!!!!
 だってぼくちゃんパーフェクト!」

この態度からかなり性格がネジ曲がった
ガキんちょと思われます。
羽蛾みたいに最後までネジくれているか
徳之助みたいに改心するかどっちかはわかりませんが。
予想するに負け方は
「知識が有っても知識の応用、
 その知識を活かしたりする事は苦手」
と予想します。

今週の素良は将棋デュエリストを打ち負かしています。
将棋デュエリスト……漫画版のZEXALにいた様な記憶が。
しかも今度は相手の土俵で戦って
融合を使用してなさそうです。

一方遊矢と九庵堂のデュエルは
クイズ・フロンティアがフィールドです。

九庵堂のクイズモンキーに対し、
遊矢はEMガンバッターを召喚しますが、
クイズモンキーの効果で
クイズを出されチマー!!

「バトルフェイズ終了時に
 クイズモンスターが何体いる?」
ガンバッターでエテ公をイテこますので
0体に決まってるじゃあんか。

しかし相手は永続罠、ですが!を発動し、
1ターンに1度クイズモンスターの
破壊と戦闘ダメージを無効にし、
更にさっきの答えの0体を
不正解にしてエテ公の効果で
ガンバッターを破壊して
エテ公自身の攻撃力と守備力を
ガンバッターと同じにする!!

もし遊矢が1体と答えても
ですが!を発動せずに
エテ公を破壊させた上で0体にし、
戦闘後に自身の効果で蘇生させて
ガンバッターを破壊させていた事でしょう。
「正解不正解はぼくの思うがままなのだお。
 ぼくが主導権を握る=正解!
 君が有利になる=不正解!」
このエテ公はそういっている!

エテ公のダイレクトアタックに対し、
遊矢はアクションカードを拾いますが、
それはアクション罠で、
クイズの正解不正解で
効果が変わるというものです。
正解すれば攻撃を無効にして、
不正解ならばライフを100失います。

更にエテ公は手札から
スフィンクイズを特殊召喚して
ダイレクトアタックをかまします。

遊矢はアクション罠で活路を開こうとしますが、
その悉くが裏目に出て合計600ダメージを受け、
その逆でエテ公はバンバンライフを回復します。

「苦手なジャンルばかり引いてゴシューショーサマー」
「俺が引いたのは苦手なジャンルばかりで
 あいつが引いたのは俺が答えられそうなジャンルばかり……
 って事はそれを先に潰したんだな……!
 とすれば残るは俺の苦手なものばかり……」

「さて、ここでクイズです。
 ここから来週本当のクイズ地獄で
 もがき苦しみ赤っ恥青っ恥をかきまくる、
 カワイソーなデュエリストはだーれだぁ?
 アクションフィールド魔法、
 クイズ・フロンティア-エクストラ・ステージ!!
 正解はお前だ!榊遊矢!!ウェーハッハッハ!!」
新しいフィールド魔法で調子こいて
墓穴を掘りそうなフラグをおったてて
来週に移ります。

来週はカードイラスト問題とかが出ます。
強欲な壺の葉の数は何本
大嵐で飛ばされている人は何人
とかいう問題が出ています。
遊矢が得意……じゃなくてこれも苦手です。

んでもって遊矢はインディ・ジョーンズや
クラッシュタウンの鬼柳よろしく
トロッコで移動しています。
ていうかカードイラスト問題も駄目となると
遊矢が答えられる問題ってあるんかな?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn019.html

再放送 遊戯王5D's130話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's130話のレビューをさせていただきます。

TURN-130 未来へつなぐ、仲間との絆

今週はvsチーム・ラグナロク戦で
遊星がハラルドを下し、
決勝に駒を進めたところから始まります。
周りは遊星コール一色だぜ!!!

「見事だ……乾杯だよ、不動遊星。
 まさか君の目的が
 オーディンの眼を発動させる事だったとは…。
 君の持つヒトの知恵は、神々の力をも超えた。
「私のルーンの瞳も君達を仲間だと告げている様だ。
 頼んだぞ……世界の命運は君達の肩に掛かっている。
「ああ、判っている。」

「ぼっちゃま、彼らに任せて宜しいのですか?」
「不動遊星…彼は破滅の運命を持つ者などではない。
 彼こそが人の可能性を導く存在!」

ここで新Opが始まります。
Believe In Nexusに続いて
遠藤正明さんの主題歌です。

多数のモンスターカードが出てきたかと思うと
疾駆する遊星with遊星号のバックに
5竜+パワーツールが飛翔しています。
ていうかパワー・ツールだけ何か画質が違いますな。
画像も動いていませんしやはり機械族……
これならOPから簡単に外せますな。
パワーアップフラグだと思いたいですが。

クロウ、ジャック、遊星、
アキ、龍亞、龍可が、
次々とエースモンスターを召喚していきます。

次にマッパのシェリーと
後ろに真の姿を背負ったブルーノです。

次に背中に5D´sのアザを背負った遊星が現れ、
プラシド・ホセ・ルチアーノの
暑苦しい顔が揃い踏みで、
次に画面一面に額にグリーンのオーブをつけた
新キャラのワルそうな男の顔がバーンと現れています。

次にシューティング・スター・ドラゴンと
スカーレット・ノヴァ・ドラゴンを操る
遊星&ジャックが、
次にトリオ・イリアステルの後ろに従いし三機皇帝と
更に後ろに存在する謎の機皇帝らしきモンスター、
そして最も後ろにグリーンのオーブの男がいます。

次にシューティング・スター・ドラゴンと
スカーレット・ノヴァ・ドラゴンと
ブラック・フェザー・ドラゴンが
謎の「機皇帝のような」モンスターと戦っています。

「機皇帝のような」モンスターが
三竜の攻撃を振り払ったかと思うと、
遊星が遊星号で突進して……
ジャンク・ウォリアーを召喚して
浮島をバックにしたZONEの進化系、
アームズ・エイドな両手の生えたZONEに
突進していって終わりです。
ていうか、赤き竜も遊星に対峙している様に見えるんですが。
もしかしてZONEも赤き竜も敵対フラグですか?

グリーンオーブの男は
プラシドが誰かに体を乗っ取られたとか言う
オチだったりするかも知れません。
下っ端の上に再生怪人ですから。
ダイの大冒険のハドラーみたいに
一皮も二皮も剥けるかも知れませんが。

そして何よりジャンク・ウォリアー
OPのラストを務めた事が衝撃的です。
もしかしてライノックスみたいに
ジャンク・ウォリアーが土壇場で
いいところを取っていくのかも知れません。


本編が始まって
満足トリオがシティーの全貌が見渡せるところにいて、
決意を新たに染ます。

一方カーリーハウスでは
カーリーが必死のピッチで記事を書いています。
アキ&龍亞龍可もいます。
金田さんにはチャンさんの分まで
頑張って貰いたいものです。

どうやらWRGPの記事を
書いているところです。
「ちょっと!!
 そんな事で私達を呼び出したの!!?」
おお!!狭霧ちゃんもいたんかい!!
ジャック関連で変なゴシップ記事が書かれないかどうか
監視しに来ているそうで。
狭霧ちゃん、鬼の形相です。
ここで総集編らしくチーム・5D´sの自己紹介が入ります。

とりあえずは総集編なのでカットです。
そして敵対組織のイリアステルの紹介です。

「そんな事があったなんてー!!!!
 全然知らなかったんだからー!!!
 ていうかそんな連中相手に
 チーム・5D´sは勝てるの!!?」
「私達チーム・5D´sはイリアステルと戦う為に
 WRGPを勝ち上がって来たのよ。
 それにジャックも遊星も
 あいつらと戦う為に新しい力を手に入れたんだし。」
ここでスカノヴァとシューティング・スターの
デビューシーンが流れました。

「こんちゃー。
 皆さんが作業してるっていうんでー、
 ジャックがいつも飲んでいるブルーアイズマウンテンの
 差し入れにキマシター。」
ここでひんぬーウェイトレス・ステファニーの参上だぁ!!!!
しかしコンセントに足を取られて
スッテンコロリン!!!!
場に居合わせた面々の顔芸の数々!!!
そして原稿があああああ!!!!!!!!!!

一方イリアステルサイドでは……
「全テハ予定通リダナ。
 次ノWRGPノ決勝戦、
 我々ちーむ・にゅーわーるどノ勝利ニヨリ、
 さーきっとハ完成スル。
 ソノ時コソコノねお童実野してぃーニ、
 新タナ破滅ノ扉ガ開クノダ。」
通りすがりの一般市民(自称)が〆ています。
まあ負けてもサーキットは完成するんでしょうが。

一方満足トリオは夕日をバックに
「待っていろ、イリアステル!!」
「テメーらは俺達の手で倒すぜ。」
「そしてこの街、ネオ童実野シティーは必ず守って見せる!!」
と誓ってEDに移ります。

シグナーズ+一人の紹介の後、
遊星とスターダスト、
ジャックとレモン、
クロウにブラフェザドラゴン、
アキにブラックローズ、
龍亞&龍可とエンシェント&パワーツール
が一枚ずつ写っています。

そして悲しげな表情の
シェリーの伸びた髪の毛には
トリオ・イリアステルと
グリーンオーブの男と
ブルーノが映っています。
そのシェリーの手の先には
遊星が手を伸ばしています。

次には古森で遊星とアキが
手を取り合って空を見つめています。
空には10枚の羽を輝かせた
シューティング・スターで〆です。
10枚という事は5竜×2でしょうか?

来週はとうとう
チーム・ニューワールドとの決勝戦です。
ホセは我々が勝利した時に
アーク・クレイドルなるものが姿を表して
ネオ童実野をブッ潰すといっています。

後ルチアーノがスケボーです。
スケボーでも参戦出来るんかいな。
最早何でもありですな。
ファーストコンタクトは
ジャックvsルチアーノですが、
さてさてどうなるでしょうか?
・ジャックがまさかのニ連勝で
 返しにラストホイーラーがニ連勝で遊星の勝利
・負け
・引き分け
・勝ってセカンドホイーラーに負け

あ、来週は新しいリゾネーター(水属性)が出ます。
どんな効果でしょうか?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn130.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第18話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}18話のレビューをさせていただきます。

第18話 反逆の2つの影

今週は遊矢が勝利したという報告を
赤馬が中島から聞いているところから始まります。
ついでに遊矢が自分の用意した
特別出場枠に安易に頼らずに
自身の力で出場権を取ろうとする漢{おとこ}気に
さすがと感心もしています。

そしてペンデュラム召喚に関してのリサーチ報告や
融合召喚の強い召喚反応の繁発などの
報告を受けます。

その頃柚子は素良の特訓を受けていますが、
黒マスクの男の事で特訓は上の空です。
ついでにその黒マスクの男が物陰から見ています。
ホンマ一体誰なんや?

一方黒マスクの男の脳内イメージでは
周りが廃墟と化しています。
ていうか回想でしょうか?
あ、黒マスクつけてない。
素顔は益々遊矢似です。
「俺は…俺はもう……
 誰も傷つけたくない……」

素顔黒マスクが呟いていると、
目の前の廃ビルの屋上に
真っ白のライダースーツを着て
真っ白のバイクに乗った謎のバイカーが。
素顔黒マスクの険しい表情から察するに、
どうやら因縁深き相手らしく、
素顔黒マスクがダーク・リベリオンを
エクシーズ召喚すると、
相手もその対となるであろう
白いドラゴンらしきモンスターを召喚します。
召喚形態はまだ判りませんが。

その様子を新キャラである
謎の赤マスクの男と仲間が見ています。
その赤マスクはバイカーにとって敵らしく、
バイカーはさっさと逃走します。
どうやら赤マスクは黒マスクの仲間らしく、
「ルリア」という名前を口にします。
「ルリア」とは一体!?
もしかして遊矢の聞き間違えか!?

一方回想が終了したところで
柚子のブレスレットが紫に輝き始めます。
そしてその直後に遊矢が現れました。
どうやらブレスレットが光ると
その度に遊矢が現れるといか。
まるで遊矢専用センサーですな。
遊矢と黒マスクの男の関係は一体!!?

一方黒マスクの男は
LDSの本社の前で目を覚ましました。
これは一体どういう事か!?
黒マスク曰く「また飛ばされた」
との事ですが、一体何の事……
と思ったら爆音が聞こえ、
そこに黒マスクが行ってみると
赤マスクがLDSのアンドレもどきと
デュエルをしています。
黒マスクの男曰く
名前は隼{シュン}だそうで。

一方柚子は修造に何か詰め寄っています。
「だからそのブレスレットは
 お前が生まれた時から……」
「どこの世界にブレスレットをはめて
 生まれてくる赤ちゃんがいるのよ!!?」
柚子は部屋にコモッチマー。
もっとも遊戯王世界では
ブレスレットをはめて生まれてくる赤ちゃんがいても
別に取り立てて驚く事じゃないんですけどね。
そして柚子はブレスレットの事で苦悩します。
果たして柚子は融合召喚をマスター出来るか?

一方LDSでは理事長母ちゃんが赤馬に
差出人不明で送られてきたと
二枚のカードを見せます。
そこにはモブデュエリストの顔と
アンドレもどきの顔が。
どうやらアンドレもどき+1名は
隼にやられて魂を
カードに封印されたのでしょう。

「マルコと……ティオ……」
モブデュエリストがマルコで
アンドレもどきがティオでしょうか?


「事件はこれまで三度起こっている。
 最初の被害者は沢渡シンゴ……
 だが彼は封印されていない。
 しかしマルコとティオは……」
恐らくは黒マスクは封印しない主義で、
隼は封印をする主義なのでしょう。

「この異なった二つの事例から
 導かれる可能性……犯人は……二人……!!」
あ、ここで沢渡オヤジがやってきました。
どうやら新事件について
真偽を確かめに来た様です。
どうやら遊矢が犯人であると
今も主張しており、
調査に進展が無ければ次期市長の権限で
警察を動かすと言っています。

しかし犯人は調査中だと
沢渡オヤジを追い帰し、
中島に市内の警戒レベルを
一段上げる様に指示します。

「このカードは正に我々への挑戦状だ。
 このカードを分析室に回し、
 徹底的に調べるんだ。
 二人を……いな、
 全てのデュエリストを救う手だてを
 見つける為にも……。」

一方遊矢はデュエルの対策の為に
一晩中クイズ番組を見ていて
寝不足になっています。
これじゃあ逆効果だよ。
その前に次期市長次期市長と
やかましい沢渡オヤジが見えました。
LDSの警備員にえばっています。
あ、沢渡オヤジが遊矢を見つけた。

オヤジは警備員トリオに次期市長権限で
遊矢をとっ捕まえる様命令します。
しかし逃走をする遊矢の目の前に隼が。
隼は警備員をLDS所属と確認すると……
RR{レイドラプターズ}-バニシング・レイニアス
なるモンスターを召喚します。
そしてその効果で同名モンスターを
二枚手札から特殊召喚し、
そしてエクシーズ召喚をします。

その頃デュエル管制室では
強いエクシーズ召喚の反応を示しています。
どうでもいいですけど
モブの社員の姉ちゃんは美人ですな。
謎のエクシーズモンスターの起こす風圧で
沢渡オヤジと遊矢は吹っ飛ばされ、
コンクリートに物理的な傷痕がついて
警備員トリオはカードに封印されチマー!!
ああっ、カードがどっかに飛んでってしまった!!

ここでニコが現れて
気絶している遊矢を目覚めさせます。
遊矢は自分の見た一部始終を説明しますが……
そこには誰もいません。
これは一体!?

ニコによれば遊矢は熟睡していたとの事です。
しかしコンクリートにつけられた爪痕は
これが夢では無い事を雄弁に物語っている!!
まあそれはそうと、
謎が謎を読んで来週遊矢は
次の対戦相手のところに向かいます。

次週は九庵堂栄太とかいう
年齢的に小学生に見える
クイズデュエリストと対戦します。
GXの神田次男を思い出してしまいま。
おそらくはOCG化を全く考えていない
カードばかりが出るのでしょう。

どうやらクイズデュエルは
遊矢の苦手なジャンルだそうで、
大苦戦しています。
ついでにスフィンクスや
猿のようなモンスター(?)も
出ています。

理科・科学・数学の箱が出ています。
数学って事は中学生なのか
それとも飛び級なのか……?

何気に次週のサブタイトルも
遊矢以外が言っていますし、
サブタイトルの後のセリフも
「お楽しみはここからだ!」
ではなくなっています。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn018.html

再放送 遊戯王5D's129話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's129話のレビューをさせていただきます。

TURN-129 ギャラルホルン! 終焉へのカウントダウン

今週はvsチーム・ラグナロクも大詰めを迎えています。
ところが逆転の手は防がれて三極神は健在の上、
ギャラルホルンの効果で耐性もばっちし、
おまけに三ターン後にはダメージで負けるという
絶体絶命の状態です。

『俺の手は奴に全て読まれていた!!
 奴の手の中にオーディンの眼が存在る限り……
 有る!!!まだ逆転の手が!!!
 全知全能だからこその逆転が!!!
 スターダスト・ファントムを召喚!!」

「成程……神の威光は地の果てまでも照らすが、
 冥界{ニヴルヘイム}で発動する効果は
 トールをもってしても無効にし出来ない…か。
 そして三極神の攻撃をスターダストで凌ぐか。
 ファントムと合わせれば三回の攻撃を凌げる訳だ。
 だが次のスピード・ワールド2の効果で
 ファントムを破壊する!!」

「カモン・スターダスト・ドラゴン!!」
「三極神の攻撃でスターダストはおサラバだ!!」
「だが牙城のガーディアンの効果で生き残る!!!
 マジスマナイ、スターダスト!!」

「神の攻撃を耐え切っただと!!?
 遊星、君の粘りには驚きを超え、
 驚異すら感じる。
 ならば念には念を!!
 ヨルムンガンドとフェンリルを
 君のフィールドに特殊召喚だ!!」
念には念を、ですか。
それはどこぞのプレイヤーキラーみたいに
敗北フラグになるんじゃないでしょうか?
南斗邪狼撃!!!
ていうか……
本家ヨルムンガルドとフェンリル涙目。

「次のターンで戦闘フェイズに移行すれば、
 フェンリルの効果でヨルムンガンドは
 強制的に攻撃表示となり、
 遊星は3000ポイントのダメージを受ける!!
 ギャラルホルンも厄介だが、
 その前にこいつらをどうにかしなければ
 遊星は攻撃すら出来ん!!」
ここでジャックが先の展開を口走りました。
これはナイスアシストだぁ!!
先の展開を口走った場合、
その展開通りにはならないのが定石さ!!!

「『奴の伏せカードはオーディンの眼……』
 ならば活路への希望でドロー3枚!!」
「これで遊星は自らセーフティーラインを超えた……!!」
「だがこれでいい。ハラルドのSCは1。
 バーン効果は発動出来ない。
 次にギャラルホルンの効果が発動するからには、
 遊星はこのターンでケリをつけるしかない。」

「ライフ・ガードナーを召喚!!
 そしてヨルムンガンドを除外して
 萌え系カード、異次元の精霊を特殊召喚!!
 フォーミュラ・シンクロンをシンクロ召喚!!
 俺の答えはスピードの中に存在る!!
 招来せよ、シューティング・スター・ドラゴン!!!
 更にSPースター・フォースでフェンリルを除外して
 攻撃力アップだ!!
 そして効果でシューティング・ミラージュ!!
 サンレンダァ!!!」
ていうかスター・フォースって
どこのシューティングゲームだよ。

「フェンリルとヨルムンガンドを逆手に取り、
 更にはシューティング・スター・ドラゴンまで……
 不動遊星……何と言うすごい漢だ!!
 もうイチレンダァすれば私は負けていた。」

『ここから俺が、
  このデュエルで勝利つキーはたったひとつ!!』
 さぁ来いハラルド!!
 俺は最後の最後まで絶対に諦めない!!」
「遊星、君は2枚の伏せカードに逆転の一手を託している様だが、
 私にはオーディンの眼が存在する!!
 更にテュールの効果でデメリットも帳消しだ!!」

「だがトリック・ミラーでデメリットはそのままだ!!」
「だがオーディンの攻撃力はシューティングを上回っている!!」
「だがシューティングは自身をリリースする事で
 オーディンの効果を無効にする!!
 そしてゼロ・フォースで三極神の攻撃力を0にする!!」
「神の攻撃力がゼロだと!!?
 これでは攻撃が出来ない!!」
ハラルドは驚きのあまり顔芸になってます。
そして三極神も除外でオサラバだぁ!!

シューティング・スター・ドラゴンのダイレクトアタックで
チーム・5D´sの勝利だぁ!!!

来週はカーリーが新聞の記事の作成に
テンテコマイしています。

なぜか知りませんが、
狭霧ちゃんと二人で
凄い形相で口論しています。
一体何が起こったのでしょうか?
ここでは理由は言えませんが、
ある理由でカーリーの中のチャン・リー・メイさんが
トルンカ役の金田アキさんに変わるそうです。

郷里大輔さんの急逝、青野武さんの急降板、
今村のりおさんから岩田光央さんへの
イワンコフの声の交代等、
今年の声優界は大殺界です。

その理由についてですが、
ご本人は現在はもう関係を断っておられるそうなので、
今回の降板は自粛という形だそうです。
非常に残念ですが、
ご本人の意向を尊重したいと思います。

そしてハラルドの言う遊星の
「人の可能性を導く存在」とは?
あ、そうそう。
次のOPのヴォーカルも遠藤さんだそうで。
来週に続く!!










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn129.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第17話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}17話のレビューをさせていただきます。

第17話 豪快披露!!満腹全席!

今回はプロデュエリストの登竜門である
ジュニアユース選手権に出場する為に
4タテしなければならなくなった遊矢と
料理人デュエリストの茂古田未知夫の
デュエルの途中から始まります。

しかし遊矢のコンディションは腹ペコで、
しかも未知夫のコンボに見事にハマッチマー。
一方権現坂はどこぞの海岸の先で
特訓を行っています。

永続魔法、ワンダー・レシピの効果により、
三体のRCMがまたしても
手札から特殊召喚されます。
バーンダメージもついてきますので、
このままではドカ貧だ。
しかもアクション魔法、
ヴィクトリー・トッピングも加え、
RCM共通の攻撃力倍増効果で
プリンス・カレーの攻撃力は1800に!!
その様子をミッチー父ちゃんが
仕事の合間にTVで見ています。

しかし遊矢も負けじと。
罠カード、EMコールを発動し、
プリンス・カレーの攻撃を無効にして
デッキからEMチアモールと
EMヒックリカエルを手札に加えます。

未知夫も罠カード、食糧保存の法則を発動し、
デッキからCMライオニオンとCMラビットマトを
永続罠、食罪庫の下に重ねて置き、
更に通常魔法、食券乱用を発動!!
デッキからRCMキング・ハンバーグと
RCMクイーン・オムレツを手札に加える!!

アクションカードに頼ろうにも
遊矢は腹ペコで力も出ません。
しかしここで母ちゃんが
デュエル飯を差し入れました。

パンケーキの中に
ミルフィーユトンカツが入っています。
トンカツ自体はミッチーのレシピ通りだそうで。
その上パンケーキで挟んでいます。
「ぼくの完璧なレシピに一工夫だって?」
「完璧……もう一工夫……」
ここで遊矢は何かを閃きました。

EMチアモールとEMヒックリカエルを
ペンデュラム召喚しますが、
RCMの効果で食道破壊されます。

一方素良はシザー・ベアで
落語家デュエリストを一蹴して二連勝しますが、
柚子はまたぼんやりしています。

「そこのマダム奥さん!!
 さっきぼくのレシピに手を加えたと言ったね!
 ぼくの完璧なレシピに手を加える余地など無い事を、
 思う存分思い知らせて上げるよ!!」
まあこの手のセリフは
「完璧にそれ以上は無いが
 未完成ならそれ以上がある」
というお約束のセリフに繋がるのでしょう。

ワンダー・レシピの三度の効果により、
四体のRCMがまたしても
手札から特殊召喚され、
そしてバーン効果でライフは500に!!
続いて四体のRCMが
プリンス・カレーの攻撃力をそれぞれ倍にして
攻撃力を4800に!!!

しかし罠カード、分断の壁を発動し、
相手フィールドのモンスター×800
RCMプリンス・カレーの攻撃力を下げ、
更にアクション魔法、エナジー・メイトにより、
ライフを500ポイント回復して
ライフ200で踏ん張ります。
果たして五体のRCMに
どうやって立ち向かうつもりでしょうか?

ここで通常魔法、イリュージョン・バルーンをドロー!!
エクストラデッキから一挙五体ペンデュラム召喚だ!!

しかし五体のRCMの効果で全滅……
「それを待ってました!!
 通常魔法、イリュージョン・バルーンを発動!!
 破壊された分だけデッキの上からカードをめくって
 一番レベルの高いEMを特殊召喚する!!
 運も実力の内と言いますからね!!」

ここでEMハンマーマンモ、
上級EMキター!!
ハンマーマンモでダイレクトアタックをキメ、
「いただきマンモス!!」で見事に勝利を攫んだぜ!!

ここで未知夫の脳裏に父ちゃんの
「料理に完璧なんて無い。
 いや…有るとすれば食べる人の事を考えて、
 常に工夫し続ける事。」
との言葉が浮かびます。
この敗北を糧に未知夫は
成長していく道を選びました。

ここで二人は戦友の握手をします。
しかしこういう再戦の約束は
他の誰かに負けて果たされないフラグです。
果たしてそのフラグを打ち破れるか!?
あ、遊矢の腹の虫が鳴った。
どうやらさっきのパンケーキだけでは
足りなかった様で。
なのでここで未知夫が
ご馳走を振る舞ってくれるそうです。

「ミッチーの手料理でおもてなしなんてサイコー!!」
あ、母ちゃんがコーフンしてる。
母ちゃんのカートゥーン的な
テヘッ顔で来週に移ります。

来週は遊矢が選手権出場を目指している頃、
LDSで赤馬主導の
ペンデュラム召喚の研究が行われています。
そこで何者かによる三度目の
LDS関係者襲撃事件が起きました。

一方柚子は黒マスクのことを考えています。
その黒マスクは謎の赤マスクとデュエルしています。

沢渡の父親や理事長母ちゃんも出てきて
黒マスクを追っています。
と思ったら追っているのは遊矢かい。
そして赤マスクに佐渡の父親が吹っ飛ばされています。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn017.html

再放送 遊戯王5D's128話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's128話のレビューをさせていただきます。

TURN-128 不死身の三極神!  叫べ、セイヴァー・スター・ドラゴン!

今週はチーム・ラグナロクとの対戦も大詰め、
ラストホイーラーのハラルドとの
一騎打ちから始まります。
ところがどっこい!!

早速三極神最強のオーディンが出てきて
三極神揃い踏みにナッチマー!!

あちゃー!!
三極神の攻撃でトークンを含めて
モンスター全滅だーぁ!!!!
おまけにモンスター・チェーンの効果は
遊星サイドには生きていますので、
モンチェンは逆に裏目に出て遊星の首を締めちまう!!!!

一方イリアステルサイドは
両者の激闘で着々とサーキットを完成させつつあります。

ここでハラルドの回想が入ります。
何か画面一面吹雪です。
場所はハラルド城(仮名)に映ります。
執事のセバスチャンがいます。
あ、ショタハラルドがやって来ました。
かなり昔の回想の様で。

デュエル巡礼で世界各地で起きている事を知り、
真実を知って成長したハラルドは
ハラルド城(仮名)に戻ってきました。
そしてカードを手にした途端、
オーディンの眼がかっと開きました。
セバスチャンは感動のあまり落涙しています。

そしてハラルドは遊星に
サレンダーを奨めます。
後ろから勇次郎に手刀をかまされそうな台詞です。

「確かに、神を従えるお前達は、
 俺達よりも強力なチームなのかもしれない。
 だが!!俺はこのWRGPで!!
 やらねばならない事が有る!!
 お前は言った……。
<そもそもゼロ・リバースを招いたのは、
 君の父親である不動博士……
 その血を受け継ぐ君には、
 破滅の運命が纏わり付いているのかも知れん。>
 と。
 お前のいう事を、俺は正直、
 心のどこかで認めたくなかった。
 だが、父のあの言葉……
<遊星……あれを近づけてはならない……>
 俺の父の意識は、
 恐らくあの中に生きている!!!」
二人の頭上には浮島が浮かんでいます。
ていうかなんじゃそりゃあ!!?

「確かに俺は、
 この街の破滅と共に生まれた。
 お前の言う通り、
 俺の背負った破滅の運命は
 まだ終幕っていないのかも知れない。
 もし俺の運命が
 あの物体を引き寄せているのだとしたら、
 あれを止める事こそが、
 俺に課せられた宿命なんだ!!!
 お前がイリアステルと戦う宿命{さだめ}なら、
 それは俺も同じだ!!!
 自らの手でこの宿命に打ち勝つ為に!!
 イリアステルと決着をつけ、
 このネオ童実野シティーを護る!!!
 その為なら、俺は命を捧げる!!!
 それが俺の覚悟だ!!!
 だから俺は諦めない!!!
 自分の力が尽きる、その瞬間まで!!」
ここで遊星の痣が光りました!!!!
他の4つの痣も!!!
そして4つの赤き束が遊星の元に!!!

「星界の三極神・・・その攻撃を防ぐには!!!
 救世竜 セイヴァー・ドラゴンで
 セイヴァー・スター・ドラゴンをシンクロ召喚!!!」
ここでセイヴァー・スターが何気に公式戦デビュー!!!
しかしセイヴァー・スターは1ターンしかフィールドに……
セイヴァー・スターは公式戦デビューですので、
チーム・ラグナロクのデータにもありません。
そしてハラルドはセイヴァー・スターに赤き竜を見ました。

しかしモンスター・チェーンで攻撃できないやん!!
あかんやん!!!
取り合えずライフ1000で
退場は避けられましたが。

「このピンチをセイヴァー・スター一体で託すというのなら、
 それこそが君の策略という事になる!!
 だが、オーディンの前に小細工は効かない!!
 オーディンの眼で伏せカードを覗いたるもんねー!!
 伏せカードはウェーブ・リバウンドか!!
 シンクロモンスターの墓地からの特殊召喚を防ぎ、
 その分のダメージを相手に与えるカード……
 もし私がオーディンの効果で
 モンスター・チェーンを無効にしていたら、
 セイヴァー・スターの効果で
 フィールドのカードを全て破壊し、
 神々の復活を阻止して
 その攻撃力分のダメージを与える、
 これが君の狙っていたコンボだ。
 オーディンの効果を発動していれば、
 その瞬間私の敗北が決定していた訳だ。
 これだけ恐ろしい手を考えていたとはねぇ。
 遊星……だが私には通用しない!!
 遊星、決戦の状況は整ったのか?
 君はモンスター・チェーンが切れた瞬間、
 攻撃を仕掛けるつもりだろうが、
 そうはイカの塩辛。
 神々の戦いは、常にプレイヤーの先を行く。
 その戦いに祝福されるのは、
 運命により選ばれたデュエリストのみ!!
 私はこのターン、自らの運命をかける!!!
 オーディンの効果発動!!」

「だがセイヴァー・スターをリリースし、
 フィールドをリセットする!!
 そしてウェーブ・リバウンドを……」

「だが墓地からギャラルホルンを発動!!
 アースガルドの番人・ヘイムダルが
 ギャラルホルンを吹き鳴らす時!!
 それは最終戦争、ラグナロクの到来……!!
 遊星、おそらく来週でデュエルは終了だ!!
 この罠が君を葬る!!」

来週はギャラルホルンの効果で
蘇生効果を無効に出来ず、
しかも3度目のエンドフェイズに
バーンダメージで負けは確定ですし。

それに対して遊星はスターライト・ファントムなる
スターダストのサポートモンスターを召喚する様です。
しかしハラルドは星界○○フェンリルなるモンスターを
召喚してきます。
ていうか守備力が4000もあるよ!!
レベルも10もあるし!!
ていうか既存のカード「フェンリル」の立場がねえッス!!

しかし先の展開が読めているデュエルは
勝利フラグも同然!!!
遊戯王に逃げ勝ちは似合わないぜ!!!!
ハラルドの顔が崩壊する顔芸展開も有りそうですし。
それとも遊星が負けるのか!!?
来週に続く!!!!











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn128.html