遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第16話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}16話のレビューをさせていただきます。

第16話 天才料理人『茂古田未知夫{もこた みちお}』

今週はプロの登竜門である
ジュニアユース選手権出場の為に
遊矢は四連勝しなければ
ならなくなったところから始まります。

キッチンでは選手権出場をする為に
六連勝をキメようとする素良がいます。
しかし母ちゃんはミルフィーユとんかつと
サラダにかかりっきりで朝飯は出来ていません。
主婦に話題のミッチーなるシェフの
レシピを見て作っている様です。

結局遊矢は朝ごはんにありつけずに
デュエルに行く事になりました。
「霧隠料理スクール」というところが
デュエルの場所だそうで。

そして中からはそのミッチーこと
茂古田未知夫なる若きシェフが
対戦相手として現れました。
ていうか外見は沢渡2Pカラーです。
外見は糸目で爽やかそうですが、
遊戯王の世界では裏がある可能性が
非常に高いです。

ここで塾長の霧隠に対して
と母親らしき眼鏡が
モンスターペアレント的クレームを
つけています。
「いいじゃないママ。
 この榊遊矢君は前チャンプの
 ストロング石島を倒したそうじゃない。
 面白そうだから軽く料理しちゃるよ。」
ちょ、沢渡的な匂いの本性がちらっと見えた様な。

ちなみに「割烹もこた」なる
海鮮料理屋を営んでいる頑固そうな父親は
料理の仕込が有るから来られないそうで、
眼鏡母ちゃんもそれを不快に思っています。

ちなみに遊矢にはタツヤ達が応援に来ています。
ちなみにフィールド魔法はアクション・キッチンです。
相手の土俵なので苦戦しそうだ。
「ここはぼくが君を料理する為のキッチンさ。」
実は性格が悪いというオチを
さり気なく表現しているセリフです。
それともただの自信家なのか?
ていうかこの糸目、何気に眉毛も太いですな。

早速アクション魔法、デキテルレンジも駆使し、
CM{クックメイト}モンスターの
CMジャガジャガーとCMタマゴングと
CMヒヨコムギを揃えます。
そしてアクション魔法、
フリーズ・フリーザーも拾います。
流石は土俵だけあって
闘い方を熟知しています。

一方雲龍型デュエル塾という場所では
素良が相撲取りデュエリストを
デストーイ・シザー・ベアーで
一蹴しています。

遊矢の腹の虫の鳴く音は
周囲の失笑を買っています。
しかし空腹は思わぬ思考低下を招きます。

「朝ご飯抜きならしゃーないけど、
 それを負けた言い訳にしないでくれよ。」
逆に言えば朝ご飯抜き相手に負けたら
恥の上塗りって事になりますな。
「ぼくのレシピは完璧なんだお。
 そこから生み出されるクッキングデュエルに、
 君が勝てる訳がないじゃあないかぁ。」

EMウィップ・バイパーで攻撃しますが、
茂古田アクション魔法、フリーズ・フリーザーを……
しかし遊矢もアクション魔法、バトル・バーナーにより、
それを跳ね返してタマゴングを撃破し、
バトル・バーナーの効果で他のCMモンスターも破壊だ!!
しかし相手は食罪庫{フード・セメタリー}なる永続罠を発動し、
三体のCMをそれらに仕舞い込み、
デッキから三体のRCM{ロイヤルクックメイト}、
RCMナイト・ナポリタンと
RCMプリンセス・プリンと
RCMプリンス・カレー手札に加える!!
こいつは何を狙っている!?

一方未知夫の父ちゃんはやはり
息子のデュエルが気になるのか、
仕事中にデュエルを見ています。

返しに永続魔法、ワンダー・レシピを発動し、
RCM三体を特殊召喚するぜ。
そして料理代はライフで支払います。
食い逃げは許されなさそうです。

ナポリタンとプリンの効果と
アクション魔法、エクセレント・スパイスにより、
カレーの攻撃力は2200にアップし、
ウィップ・バイパーがやられチマー!!
だがカレーの攻撃力はエンドフェイズに元に戻る!!

何じゃい、元に戻るんかよ。
次のターンで8800だったら納得の強さなのに。
もっとも無防備モンスターを
ただ突っ立てさせるとは思えませんので、
何か策があるのでしょう。

ここでペンデュラム召喚で
トランポリンクスとパートナーガと
オペゴンを出してきます。
しかしRCM三体はリンクス&ナーガ&オペゴンに
食い倒れで食わせまくって
自身を手札に戻して破壊します。

ここで心理捜査官草薙葵の
「しょくどうを破壊する」
という殺害予告が食堂を爆破するのではなく
殺しの対象ののオサーンに食わせまくって
食道を破壊して殺すというのを思い出しました。
そしてまさかの二週目突入だ!!

来週は未知夫のモンスターらしき
ライオンを模したCMモンスターと
トマトみたいなCMモンスターが出ています。

遊矢はEMコールなる罠カードで凌ぎますが、
アクションカードを取るだけの体力も残されていない程
遊矢は腹ペコ状態になっています。
嗚呼!ヒックリカエルとチアモールも食堂破壊か!!

そしてプリンス・カレーにはトンカツが!!
もしかしてカツカレーか!!
しかも未知夫には新しいモンスターまでもが!!
しかしそんな遊矢に元気の源が降臨!!
このデュエルどうなる!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn016.html
スポンサーサイト

再放送 遊戯王5D's127話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's127話のレビューをさせていただきます。

TURN-127 激闘!運命を賭けた黒い羽

今週はvsチーム・ラグナロク戦で
クロウvsブレイブのデュエルから始まります。
ところが相手フィールドには神がニ体もいるのに
クロウのフィールドや手札は0です。
何気にブレイブはスタンディングで手を振って
観客にアピールしています。
しかしこんな状況でも
1枚のドローで状況が変わるのが
このアニメの良い所であり悪いところでもあります。

会場がブレイブコール一色の中、
応援団の子供達は完全にアウェー状態です。
しかしここで子供達の応援がクロウに届きました。
南斗子供達が伝説の友情のトライアングルで
クロウ兄ちゃんを応援しています!!
正に大鐘音だ!!!
しかしそんなデンジャラスな態勢では
落っこちちま……あっ落ちたーーーー!!!

しかしここで牛尾の登場だぁ!!!!
牛尾が落ちそうな子供をレスキューだぜ!!!

「おるぁー、観戦はマナーを守らにゃあいかんぞ!」
「だって…ぼく達の声を
 クロウ兄ちゃんに届けたかったから……
 少しでも近くで呼びたかったんだよぉ……」
「おまえらぁ……」
牛尾も泣く子には勝てません。

「お前の為に、あの子達が……」
「判っている。
 だから俺は諦めねぇ!!!」
『会場に轟く大勢の観客の声援も、
 あの子達には形無しか。
 アイツらも……』

ブレイブのところの子供達も
TVでブレイブのデュエルを見ています。
そしてクロウは2枚のカードを伏せました。
起死回生も逆転なるか!!?

しかしここでブレイブがスピードスペルを引いたら
その時点でクロウの負けだ!!
もっともそう上手くいかないのがアニメ展開です。

「スピードスペルじゃなかったか。
 どうやら神はお前の言う全力を
 見てみたいと言っているらしいぜ。
 『何、焦る事は無い。
  警戒すべきは二枚の伏せカードだ。』」
いや、第二の手札の墓地もあるぜブレイブ。

「判ってるのか?
 ロキで攻撃すれば罠は無効にし、
 ダイレクトアタックが決まるんだぞ!!
 『そうか……自分が負けようと、
  せめて俺に10個のSCを使わせ、
  次の不動遊星に繋げる為の伏せカード……
  やはりあの二枚はブラフ……
  だがまあ……ここまで来て、
  SCの有利不利は関係無い。
  せめて最期の傷痕を残そうってのが、
  傷にもならねえよ。』
 お前の望み通り使ってやるぜ!!」

「お前のライフを頂戴するぜ!!
 スピード・ワールド2の効果と
 ロキの効果で伏せカードは全滅だ!!」
「しかしあいつらの応援があれば、
 俺は幾らでも奇跡を起こしてみせるぜ!!」
「だったら見せてみろ、その奇跡を!!」

「BF-陽炎のカームの能力でカムバック!!
 ブラック・フェザー・ドラゴン!!」
「この状況で墓地のカード効果は有ると思ってたぜ。
 だがブラックフェザーの攻撃力では神は倒せない、
 お前のライフ50は0になるこの現実は変わらない!!
 ハッタリで俺の攻撃をやめさせようってんだろうが、
 俺の方が一枚上手だったって訳さ!!
 控え室で子供達に詫びるんだな!!
 お前のライフを頂戴するぜ!!」
「ところがどっこい!!
 頂戴されるのはお前のライフの方だ!!
 ブラック・ウィングを墓地発動だ!!」

「eeeee~~~~~!!!?
 墓地から発動だって!!?」
「ブラック・ウィングは墓地でこそ真価を発揮する!!
 お前が二枚共墓地に送ってくれたおかげだぜ!!」
「まんまと術中にはまったという訳か!!」
「これが俺の全力だぁ!!!!」

「まさか手札0でニ体の神に向かってくるとはな。
 だったら俺も全力でお前に応答えてやるぜ!!
 『お前達の……力を!!』」
ここで子供達がブレイブの応援をしている
シーンが入ります。

二人のカードのバーン効果は互いに有効扱いで、
相討ちとなり申した。

「お前の全力、
 子供達への想い見せて貰ったぜ!!」
「俺達ゃ結局似た者同士って訳か……!」
「だが勝負はまだついちゃいない。
 ハラルドは強いぜ。」
「遊星もな!!」

「遊星、いよいよ決する事になる。
 この世界の未来が、
 ルーンの瞳を持つ我々に託されるのか、
 赤き竜の痣を持つ君達に託されるのか……
 やがてその運命が決定る。」
「運命なんてものは知らない!
 俺はただ、仲間達が繋いだ、
 この絆のレーンを疾走るだけだ!!
 俺達の答えは、スピードの中に存在る!!」
ここで竜の痣が浮かびました。
遊星はクラスター・ペンデュラムを召喚し、
トークンを2枚特殊召喚した後、
モンスター・チェーンで
3ターン攻撃を封じますが、
ハラルドは極星天ヴァルキュリアを召喚し、
効果でトークンを2体特殊召喚しました。
南斗!!ヴァルキリアは可愛い娘ちゃんだ!!
お前はどこの没落貴族なんだよ!!
そして遂に極神聖帝オーディンが召喚されました!!
モンスター・チェーンもいつまで持つでしょうか?
波瀾万丈で来週に続く!!

来週は、
三極神は三体並ぶと強烈なシナジーを発揮するそうです。

ここで何ですが、OCGでは種族と属性が変わり、
三極神は神ではなく紙になっちまったそうです。
とてもシナジーどころではありません。 

そしてハラルドは遊星にサレンダーを勧めます。
まあサレンダーしろと言われてする訳ありませんが。

んでもって三極神は不死身だそうです。
そしてそしてそして!!
久しぶりにセイヴァー・スター・ドラゴンが光臨!!!
来週の展開はどうなるのでしょうか?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn127.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第15話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}15話のレビューをさせていただきます。

第15話 目指せジュニアユース選手権!!

っぽいです。
ていうかアンドレをごつくした感じです。

「悪いけど今はまだ詳しい事は
 オトナの事情で話せないんだ。
 ぼくらも調査中でね。」
「マルコ先生は!?」
「それも含めてごめんね。
 でも心配しなくてもいい。
 事件の全容はLDSの上層部が
 必ず明らかにする。
 君達は今まで通りデュエルの腕を磨く事。
 それがマルコ先生が一番喜ぶ事だと思うよ。
 判ったらここはぼくらに任せて
 早くスクールに戻りなさい。」

とアンドレもどきの大人の情味溢れる説得で
三人はスクールに戻る事となりました。
どうやら制服組はプロテストまでを
トップクラスの成績でクリアした超エリートで
刃や北斗らの憧れの的だそうです。
と思ったら真澄は単独行動をする事になります。
こりゃあ謎の敵にやられるフラグビンビングですな。

一方柚子は倉庫に素良を連れて来ました。
どうやら強くなる為に
融合召喚のノウハウの伝授キボンヌだそうで。
ここで何故か物陰に黒マスクの男が!!
こいつの目的は一体!!?
ここで素良が黒マスクの男の存在に気づきました。
そして素早い身のこなしで男を追い、
デュエルディスク同士でリアルファイトだ!!
ていうか運動神経半端ねえッスこのジャリ。

柚子&素良と黒マスクが対峙している時に
ここで真澄が現れました。
そして柚子とひと悶着しているうちに
柚子のブレスレットが光ったかと思うと、
黒マスクの男は影も形もありません。
そしてここで遊矢が現れました。

暴走真っ最中の真澄は遊矢に
黒マスクの仲間疑惑をつけますが、
「それより黒マスクがあそこからトンコしてるお!!
 グズってないで早く追いかけなきゃ!!」
という素良のホラにコロリと騙され
追っていっチマー。

「柚子が融合ってジュニアユース選手権の時の為?
 それより後の四戦の相手が見つかったよ!!
 正しくは見つけて貰うんだけど
 あのニコ・スマイリーが
 協力してくれる事になった!!
 後は勝利つだけ、絶対に出場てみせるからさ!!」

しかし柚子は黒ずくめの男の事が
頭から離れません。
一体アイツは何者なのか!!?

一方その頃LEOコーポ本社では
別の黒ずくめの男が何かを探っています。
風雲急を告げ、来週に移る!!

来週は遊矢は四連戦で
腹ごしらえをしますが、
話題のミルフィーユトンカツを作るから
朝飯はお預けです。

腹ぺこ遊矢の相手は
沢渡の2P色とでも言うべき
料理デュエリスト「茂古田未知夫{もこたみちお}」です。

クッキングデュエルとは一体!?
何やらニコがメガネおばさんに
王冠の様なものを被ったオサーンに
何かを説明しています。

一体どんなデュエルになるのか?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn015.html

再放送 遊戯王5D's126話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's126話のレビューをさせていただきます。

TURN-126 降臨!第二の神 極神皇ロキ

今週はジャックがドラガンを破って
ブレイブと対決するところから始まります。
しかしスカノヴァがいるとは言え、
極神皇トールがフィールドに存在し、
ライフが残り100ですので、
これは二番手のクロウにどうやって
バトンパスをするかが
問題だと思います。

「気持ちは晴れたのか、ドラガン?」
「俺の持てる全てを出し切った。
 負けてしまったがな。」
「そんな顔には見えないがな。」

ブレイブはトールとスカノヴァを相打ちさせ、
堅実に効果ダメージでジャックに勝ちました。

「クロウ兄ちゃ~ん頑張れ~~!!!」
ここで孤児院の子供達が
クロウを描いた旗を掲げて応援に駆けつけました。
「おう!任せとけ!!
 『お前たちの為にも必ず奴を
  ぶっ飛ばしてくるぜ!!』」

それはそうと、
ブレイブも旗の存在に気づきました。
何かの複線でしょうか?

クロウはいきなり暁のシロッコと
アーマード・ウィングを召喚してトールを撃破!!
ブレイブのライフは残り1250だぁ!!
しかしもろ敗北フラグな展開だぁ!!

「神は不滅かも知れねえが、
 それを操る人間のライフには限りがあるんだぜ!!」
まるでvsオシリスの時の遊戯の様です。
あの時はライフではなくデッキでしたが。

「俺のライフが……俺のライフがあああ!!
 なーんてな。
 フリッグのリンゴでリカバリー
 &邪精トークンちゃんカモーン!!
 そしてトールもカモーン!!」
なんてチートカードなんだ!!!!!!!!!
チートにはチートをか!!

「トール、やっておしまい!!
 BF二体のお命頂戴!!」
「だがこの時を待っていた!!
 BFの期待の華、アリゼたんを特殊召喚!!
 そしてブラック・リターンで
 トールはエクストラデッキにゴーホームだ!!」

「またまたなーんてな。
 レーヴァテインの効果でトールを破壊する!!
 神を封印して攻撃力分のライフを回復、
 起死回生を狙っていた様だが、
 トリックスターとしての腕は
 俺の方が何倍も上だな!!」
しかもライフがセーフティーラインを超えています。

「クロウ兄ちゃん頑張れ!!!!」
ここで子供達の激励が届きました。
「どうやらこれがお前の全力の様だな。
 やはり、お前達に任せる事は出来ないな。」

ここでブレイブの後ろに
子供達のイメージが浮かんでいます。
これは一体!!?
「子供達を守る為に!!
 イリアステルと戦う事を!!!!」

ここで回想に入ります。
「俺は一匹狼のトレジャーハンターだった。
 お宝の匂いを嗅ぎ付け、
 世界中を股にかけて
 お宝をゲットしていたぜとっつぁ~ん。」

沈没船からお宝をゲットして
陸に上がってきた時に……
「突然俺の前に子供達が現れた。
 彼らは周辺の国々で勃発した紛争で、
 犠牲になった戦災孤児達だった。」
中には熱病に魘されている幼児もいます。

「戦地を逃れ、
 子供達だけでこの島に辿り着いたと……。」
場所は木こりハウスに移ります。
「俺はその島を離れる事が出来なくなっちまった。
 柄にも無く、
 一匹狼が一夜にして十人の子持ちやもめになっちまった。
 やがて、子供達の両親を奪った紛争の影に、
 ある組織の存在が在るとの噂を聞いた。
 それは奴らの利益の為に開始められたと言う。
 冗談じゃねえ!!!!
 戦争で犠牲になるのはいつも弱い子供達だ!!
 世界のあちこちでそいつらは
 紛争をコントロールしているらしい。
 そう……お察しの通り、イリアステルだ!!
 奴らは絶対に許さねぇ!!!
 そんな時だ、ハラルドとドラガンに出逢ったのは。
 そして俺は、俺の使命を知った。
 イリアステルを倒す、それが俺の使命だ!!
 俺はどんな事があっても子供達を守る!!
 イリアステルの手から!!
 この決闘にはイリアステルへの挑戦権がかかってる。
 俺は俺の手でイリアステルをブッ倒したい!!!!」

ドロー系の罠のブラック・ブースト……
またチートカードかよ!!!!
そしてブラック・フェザー・ドラゴンを召喚して
トールを撃破し、効果でダメージも無効だ!!
「大したトリックスターじゃないか。
 考えたな……だが、駄目だ。
 お前は目の前の神に気を取られすぎだ。」

そしてとうとう第二の極神皇、ロキが降臨!!!!
「だが俺は最初{ハナ}っから
 第二の神の存在を忘れちゃいねえぜ!!
 ブラック・ソニック発動!!これが俺の全力だ!!」

「だがロキが降臨した今
 何人も神に触れる事は出来ない!!
 ブラック・ソニックの効果を無効にして破壊!!
 ロキ&トール、やっておしまい!!」
ここでブラック・フェザー・ドラゴンと
極北のブリザードが破壊され、
ライフが残り50だ!!
しかもクロウが有利になったのは
ブラフェザが召喚された時だけ!!
こりゃあ絶対に負けるに決まっている!!!!!!!!!

しかしこんな状況からでも逆転出来るのが
天下無敵のチート野郎クロウ!!!
こういう絶体絶命の状況も勝利フラグに変える男!!!
さて来週はどうなるか!!?

来週はブレイブが
次のドローでスピード・スペルを引いたら
スピード・ワールド2の効果で
あぼーんと言っていますが、
こういう先の展開を口にすると
スピード・スペルを引けないか
引けても無効にされるかの
どっちかと相場が決まっています。

そして再びブラック・フェザー・ドラゴンが
フィールドに舞い戻っております。
この勝負、どっちに転んでもおかしくはねえぜ!!!!











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn126.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第14話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}14話のレビューをさせていただきます。

第14話 熱血!!修造劇場

今週は遊勝塾の存亡を賭けたデュエルの
エクストラデュエル「遊矢VS赤馬」の途中で
マルコなる教師が何者かに
襲撃されたという報告を受け、
水入りとなったところから始まります。

取り敢えずは遊勝塾は守られましたが、
一方遊矢は自分以外が
ペンデュラム召喚を使いこなした事に
衝撃を受けています。

そしてヤケのヤンパチになりかけの
遊矢に対して修造が喝を入れます。

その頃LDSでは社長である赤馬が
「マルコ襲撃事件」の詳細の報告を受けています。
発生時刻は遊矢は遊勝塾で
北斗とデュエルをしていましたので、
何気に犯人ではないという事が証明されました。
赤馬によれば遊矢は
エクシーズ召喚の技術も知識もなかったそうです。

一方病院内での真澄ら三人は
マルコが消息不明なのを知らないのか
面会拒絶に憤っています。
あの毒舌の真澄がここまで憤るとは
マルコは少なくとも悪人ではなさそうです。
ここで真澄が真相を確かめるべく
どこかに行きます。

一方遊勝塾では
ここで何の脈絡も無く
修造がデュエルウィズミーしてきます。
フィールド魔法はマジカル・ブロードウェイ!!
遊勝の得意フィールドだ!!!

修造は早速手札から
ガッツマスター・ファイヤー(剣道)
ガッツマスター・ヒート(アメフト)
ガッツマスター・レッド(サッカー)
をそれぞれの効果で速攻で揃え、
残る二枚のカードも伏せ、
手札をバンバン使っています。

そして返しのターンで永続罠、全開ソウルを発動し、
手札をピーピングします。
「星読み&時読みがあるんだから
 当然ペンデュラムだよなぁ。
 それとも赤馬零児と比較されるのが怖いのか?
 え~?負け犬アンダードッグの遊矢さんよぉw」

しかし遊矢はペンデュラムではなく
EMフレンドンキーとウィップバイパーを
高速召喚して攻撃しますが
三体のガッツマスターの効果と
アクション魔法、イリュージョン・ダンスに翻弄されます。

「修造クンは相変わらず不器用ねぇ。
 うちの人だったらもっとスマートに伝えられるんだけど。」
ここで母ちゃんがやって来ました。
伝えるとは一体!?修造の真意は!?

「榊遊勝は誰よりも華麗で誰よりもカッコいい
 エンターテイナーだった!!
 だが…最初からそうだった訳じゃあない。
 榊遊勝はアクションデュエルに
 スリルとスピードを持ち込んだ!!
 しかし、その曲芸の様なデュエルスタイルは、
 多くの批判を浴びた。
 だが、聞くに堪えない罵声はやがて熱狂に変わり、
 榊遊勝はアクションデュエル界に燦然と輝く、
 本物のスターになったんだ!!
 新しい世界の扉は、
 誰かが勇気を出して押さないと開かれない!!
 そして遊矢!!
 お前もペンデュラムという新たな扉を開いた!!
 だが最早ペンデュラムはお前一人だけのものじゃない!!
 いずれ誰もがペンデュラム召喚を使える様になる!!」

通常魔法、青春の交換日記を発動し、
デッキからガッツマスター二枚をドローした後、
星読み&時読みと手札交換し、
更に通常魔法、青春コール!をリバースし、
ガッツマスター二枚を手札に加えた後、
星読み&時読みをペンデュラムにセッティングして
ペンデュラム召喚します。
まあ沢渡如きすらペンデュラムが出来たので
修造なら造作もない事でしょう。

「榊遊勝はみんなが
 アクションデュエルをやる様になっても、
 むしろ笑顔を見せる様になった!!
 そして負けじと自分も腕を磨いた!!
 周囲も彼に倣って切磋琢磨し、
 それが今のアクションデュエルの
 隆盛に繋がったんだ!!」
ここで遊矢の脳裏には赤馬が
遊勝の事を心から尊敬していると
語っていた事を思い出します。

「一流は一流を知る!!
 お前も一流になれ!遊矢!!
 ペンデュラムという扉を
 最初に開いた人間として
 後に続く者達の模範となれ!!
 赤馬零児に負けじと腕を磨け!!」
つまり「独り占めは駄目よ」。
ファミコンが本格的な
家庭用ゲームの扉を開いて
後続の模範となった様なものですな。

ここで修造は攻撃をしません。
というよりわざわざ
ペンデュラムをしなくてもいい状況なのに。
青春の交換日記で入れ替えたカードは
ターン終了時に元の手札に戻ります。
勝敗よりも重要な事、
即ち遊矢へのメッセージでしょうか。

ちなみにもっと勝利に拘れば
プロでも成功出来たとは母ちゃんの談です。
ここで母ちゃんは「私の出る幕じゃないよ」
と言ってクールに去ります。

赤馬の言っていたペンデュラムの進化、
その更なる可能性とは……
「赤馬零児はペンデュラムのその先に行こうとしていた。
 なのに俺は……」
「怖がって縮こまっては何も出来ない。
 勝利たかったら……」
「勇気をもって前に出ろ!!」
遊勝の教えが遊矢の脳内に響きます。

「ペンデュラムの先は俺にはまだ見えない。
 だけど……!!」
ここでイリュージョン・ダンスで
全てのモンスターを守備表示にし、
攻撃表示でしか効果を発動出来ない
ガッツマスターの効果を封じ、
星読み&時読みをペンデュラムにセッティングして
EMブラスタートルとEMスパイク・イーグル、
そしてオペゴンをペンデュラム召喚します。

更にイーグルでオペゴンに貫通効果を付与し、
タートルの効果でフィールドの
全てのモンスターのレベルを1アップして
オペゴンの戦闘ダメージ倍効果を使用可能に!!
更にアクション魔法、イリュージョン・ファイヤーにより、
オペゴンは他のモンスター3体が攻撃宣言出来なくなる代わりに
その数まで攻撃をする事がでける!!
螺旋のストライク・バーストサンレンダァ!!!

「燃えた燃えたぁ燃え尽きたぁ!!!!!
 よくやった遊矢。
 お前に伝えるべき事は全て伝えた。
 ガクッ」
「塾長おおおおおおおお!!!!」
漢柊修造ここに散る……!!
熱血修造劇場 完

んなわけねーべや!!
ここで柚子の突込みハリセンが
修造のツラに入ります。
「ありがとう塾長。
 俺、誰よりも腕を磨くよ!!
 もっと上手く、もっと強くなって!!
 いつか父さんみたいな
 みんなを笑顔にするデュエリストになる為に!!」
柚子が何か決断をした様な顔をして来週に移る。

来週は遊矢は遊勝の様な
エンタメデュエリストになると決意を新たにします。
あ、またまたまたまた沢渡登場だ。

ついでに遊矢はプロデュエリストになるのに
プロテストに合格しなければならないという事を知りませんでした。
という訳でその一歩として
ジュニアユース選手権で優勝を目指します。
んでもって石島のマネージャーも再登場します。
果たして遊矢はプロデュエリストになれるか?
ていうか五作目にして初めて
プロデュエリストを目指す主人公が現れたんかい。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn014.html

再放送 遊戯王5D's125話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's125話のレビューをさせていただきます。

TURN-125 魂の戦い! 極神皇トールVSスカーレッド・ノヴァ・ドラゴン

今回は極神皇トールの攻撃で
レモンが撃破されたところから始まります。
ジャックは二体のチューナーを
場に出してターンエンドです。

「ジャックは本当のリアルダメージを受けている。」
「赤き竜の痣を持つ者と
 ルーンの瞳を持つ我らの決闘い……
 何かあると思ったが、
 まさか神にこれ程の力を与えるとはな。
 ジャック=アトラスと言えど、
 神の力には耐えられなかったか。」
「この程度の衝撃でクラッシュする
 ジャック=アトラスではないわ!!」

「大したものだ。
 奴もこのデュエルに
 負ける訳にはいかんという事か。」
「ジャック=アトラス!!
 それでこそ俺が倒すべき相手!!
 クラッシュ等でトンコさせはしない!!
 お前はこの俺がデュエルで打倒す!!」
「その台詞、そのまま熨斗つけて返してやる!!
 ジャック=アトラスの力を思い知るがいい!!」

ドラガンはミョルニルの魔鎚で
トールに二回攻撃+バーン効果を与えます。
あっという間に二体のチューナーは
効果ダメージ2000と共に撃破されましたが、
チューナーズ・リフレクトで
二体共蘇生して1400ダメージだ!!

「だが奴のライフは900。
 神の前には900なんて紙屑同然だぜ。
 しかも神には発動してない効果が存在るからな。」
「チューナーが二体……
 新たなシンクロモンスターを呼び出すつもりか?
 だがどんなシンクロモンスターを召喚しようと、
 神の前では紙屑同然!!」

「スピード・ワールド2の効果か。
 神には勝利てないと悟り、
 効果ダメージに戦略を変えてきたか!!」
「誰がそんなコスい事をするか!!
 いかなる時も絶対的な力で敵を叩き潰す!!
 それが!!ジャック=アトラスのデュエル!!
 見よ!!この俺から湧き上がる闘志!!
 荒ぶる魂をッッ!!!
 これが俺の手に入れた新境地!!
 バーニングソウル!!!!」

イリアステルサイドでは
「何だよあのモンスターは!!?」
とルチアーノが驚いています。

チーム・ラグナロクサイドでは……
「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン……
 感じるぞ、神に匹敵する力を……。
 神と悪魔が共鳴している……」

「スカーレドの攻撃でトールを倒せば
 ドラガンの残りライフは200、
 しかも次のターンでジャックのSCは4、
 ドラガンがどんな壁モンスターを使ってきても
 スピード・ワールド2の効果であぼーんだね!!」
ちょ、ブルーノに遊星!!
先の展開を口走っちゃ駄目だっての!!
それは敗北フラグだ!!

「まだ理解っちゃいないみたいだな!
 星界の三極神は
 遥か古の次代から伝わる神のカード!!
 何人も神の前では無力!!
 神の呪縛レージングと神の威光で
 お前は神の完璧な罠に包囲される!!
 これで戦闘が成立すればお前の敗北だ!!」
おおっと!!ここでも先の展開を口走った!!
直前の敗北フラグは帳消しだ!!

「ここで負ける訳にはいかんのだ!!
 共に戦う仲間の為にも!!」
ここでジャックを含めた
五つの痣が全員光ったぜ!!

「バーニング・リボーンで
 スカノヴァをリリース!!
 カモン、レモン!!」
「成程、ジャックはスカノヴァを罠の対象ではなく、
 コストとしてリリースの対象としたんだ。
 だから罠の効果を受けれなくても関係ない。」
「そしてレモン+バーニング・リボーン+トラップ・イーターを墓地に送り、
 スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンを特殊召喚!!
 バーニングソウル!!」
ジャックが勝利しました。
そして勝利宣言の変わりに無言で
右腕の人差し指を天に掲げました。

「いぇーい、ジャックゥ~!」
「ジャックったら蝶サイコーなんだから~!」
「アトラス様~!」
三人娘もご満悦です。
そしてジャックのお礼参りの危機が去ったイェーガーも
ほっとしていましゅ。

「これがジャック=アトラス……
 キングのデュエルか……」
「キング!?
 そんな過去の称号など、
 今の俺には関係無い。
 俺に力を与えてくれたのは、
 仲間との絆だ!!
 そして仲間と共に頂点を目指したいという想い!!」

「ジャック=アトラス……素直に負けを認めよう。
 これで俺の心の影は消えた。
 だが、この勝負に勝利ち、
 イリアステルの野望を打ち砕くのは、
 我々チーム・ラグナロクだ!!
 俺のライフは終わったが、
 デュエルはまだ終わってはいない!!
 エンドフェイズにトールを特殊召喚!!
 スカーレッド・ノヴァ・ドラゴンが
 お前達の絆の証なら、
 俺達の絆の証は、星界の三極神!!!
 そして800ポイントのダメージを与える!!」
ここで来週に移ります。

来週は変幻自在のプレイに
定評の有るブレイブです。
トリックスターのロキを使いますので、
変幻自在なのでしょう。

何やらピンクのモンスターを召喚していますが、
スカーレッドをトールで相打ちして
ダメージ効果で退場させるつもりでしょうか?

そして極神皇ロキが召喚されますが、
ロキが牝馬にもなるコロコロ星人ですので
魔女タイプかなと思いましたが、
髭の生えた細身のオサーンやないですか。
トールもムキムキブルマのアニキですがね。

来週は変幻自在のプレイに
定評の有るブレイブです。
トリックスターのロキを使いますので、
変幻自在なのでしょう。

何やらピンクのモンスターを召喚していますが、
候補としては「ヘル」「アングルホザ」「シギュン」
辺りでしょうか。
他モンスターも「フェンリル」「ヨルムンガンド」
「ナリ」「ナルヴィ」「ヴァーリ」「スヴァジルファリ」
「スレイプニル」「ビューレイスト」「ヘルブリンディ」
等々多彩な候補があります。
そしてスカーレッドをトールで相打ちして
ダメージ効果で退場させるつもりでしょうか?

そして極神皇ロキが召喚されますが、
ロキが牝馬にもなるコロコロ星人ですので
魔女タイプかなと思いましたが、
髭の生えた細身のオサーンやないですか。
トールもムキムキブルマのアニキですがね。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn125.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第13話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}13話のレビューをさせていただきます。

第13話 魔導賢者ガリレイ、ケプラー

今週は遊勝塾の存続をかけた
デュエルのサドンデスマッチである
遊矢VSLDS社長赤馬のデュエルの
途中から始まります。

赤馬の融合・シンクロ・エクシーズの
三体のDDDに対し、
遊矢は速攻魔法、カバーカーニバルを発動し、
3体のトークンで何とか凌ごうとしますが、
疾風王アレクサンダーの追加攻撃も相まって
合計四回攻撃をかまされ、
EMウィップ・バイパーを含む
全モンスターを破壊されチマー!!

赤馬の三種召喚に対して遊矢は
時読みと星読みをペンデュラムゾーンに置き、
オペゴンとEMファイア・マフライオを
ペンデュラム召喚します。
オペゴンで烈火王テムジンを撃破し、
マフライオで攻撃力を200アップして
再度攻撃宣言して疾風王アレクサンダーを撃破!!
アクション魔法、ワンダーチャンスも駆使し、
怒涛王シーザーをも撃破だ!!

しかし赤馬も流石にプロデュエリスト、
怒涛王シーザーの効果で三体のDDDを
蘇生させチマー!!
だが次のスタンバイフェイズに
一体に付きコスト1000を支払……と思ったら、
通常罠、DDDの人事権を発動し、
三体のDDDをデッキに戻し、
デッキからDD魔導賢者ガリレイと
DD魔導賢者ケプラーを手札に加えチマー!!

「ペンデュラム召喚がどの様なものか、
 確かにこの身で実感させて貰った。
 だが次は君の番だ。
 ペンデュラム召喚が君一人だけのものか、
 その目で確かめるがいい!!」

何と赤馬もガリレイとケプラーで
ペンデュラムスケールをセッティングした!!
どういう事だ!!?どこでペンデュラムを!!?
そしてペンデュラム召喚で
DDD死偉王ヘル・アーマゲドンを
三体も呼び出した!!
一体目の攻撃はアクションカード、奇跡で凌ぎますが、
二体目でオペゴンが、
三体目でファイア・マフライオが破壊されて
エクストラデッキ送りにナッチマー!!
理事長母ちゃんは赤馬が
ペンデュラム召喚を駆使しているのを見て
遊勝塾には興味が無くなった様で。
「必要{いら}なくば 潰してしまえ 不如帰」
と結論が出ました。

遊矢は再びオペゴンとマフライオ、
そしてドローしたEMパートナーガを
ペンデュラム召喚します。
しかし説明死で失敗フラグを立てます。

一体目を破壊する事に成功しますが、
残り二体のヘル・アーマゲドンの効果で
破壊されたアーマゲドンの攻撃力分
攻撃力をアップします。
つまり6000の攻撃力!!
これではオペゴンは攻撃でけません。
まあターンエンドに元に戻りますが。

ありゃ?ガリレイとケプラーとスケールが!!
それぞれ1⇒2と10⇒5になって
召喚でけるモンスターの幅が狭まりました。
パートナーガの効果により
レベル5以下のモンスターの攻撃を封じますので、
攻撃する事もままなりません。
ていうか赤馬自身もこの展開は予想外の様で、
少なからず動揺しています。
ついでに二体のアーマゲドンも破壊されチマー!!

「くハハハハハ……何故今まで気づかなかった……
 ペンデュラムも完成形ではない事に……!!
 私には見えた!!ペンデュラム召喚の更なる進化の可能性が!!
 今それを実証して見せよう……!!」
何!!?ペンデュラムが完成形ではないだと!!?

しかしここで中島が理事長母ちゃんに耳打ちをします。
真澄が「マルコ先生が!!?」と口走っています。
まさかアニ……いやこれは別番組か。
そして中島が赤馬に何かを報告します。
んでもってここで赤馬は勝負を預けると言って
デュエルを中止します。

「ちょっと待った!!アンタ名前は!?
 ホワッツユアネーム!!?」
「マイネームイズ赤馬零児。」
どうやらデュエルは水入りになりました。
ていうか遊勝塾の進退はどうなった!!?
謎が謎を呼んで来週に移る!!

来週は何故か修造が遊矢とデュエルをします。
とりあえずは遊勝塾は存続したという事でしょうか?
男と男の真剣勝負です。
恐らくは自分以外の
ペンデュラム使いが出てきて
落ち込んでいる遊矢に
喝を入れるためでしょう。

遊矢はロバの様な新モンスターを出し、
修造はアメフトモンスターを出します。
どうやらスポーツモンスターだそうです。
ゼアルとかにもサッカーモンスターとか出てましたな。

フィールドは遊勝が得意としていた
マジカル・ブロードウェイだそうです。
果たして遊矢は立ち直れるか!!?












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn013.html

再放送 遊戯王5D's124話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's124話のレビューをさせていただきます。

TURN-124 傷つけられたプライド


今回はドラガンとのデュエルが
自分の知らないところで八百長になっていたと
知ったジャックがイェーガーのところに
直談判に来ているところから始まりましゅ。
それが事実だと判明すると
ここでジャックは肩を落として
部屋から出て行きました。

場所は満足ハウスに移ります。
話題はジャックの事で持ち切りです。
ここでブルーノがジャックの映画
「LORD OF THE KING」
のビデオを持って来ました。
チーム5D´sのビデオ鑑賞会では
VSドラガンのデュエルが映ってあります。
ナレーションによると
「そして次のダイレクトアタックが決まり、
 今回もキングの圧倒的勝利で終わったのだ。」
だそうです。

ここでジャックが帰って来ました。
ジャックも重苦しい空気に気付いている様です。
「まあ気にする事は無いよジャック。
 だってジャックは知らなかったんだし。
 それにあいつだって
 結局お金が欲しかったんだろ。」

「セレブ家庭のお前に
 金の無いどボンビーの何が理解る!!
 奴がどれ程の想いで!!
 イェーガーの申し出を受けたのか!!
 デュエリストとしてのプライドを
 捨てざるを得なかったのか!!
 お前に理解るのか!!?」
そう龍亞に言うと、
ジャックは去っていって島根県。

数時間たってジャックが椅子で眠っていると
遊星がやってきました。
「俺は、自分が情けない。
 キングだキングだとデュエル界の頂点に
 立った気でいながら、
 結局はゴドウィンの手のひらで
 踊らされていただけだった。
 ドラガンはゴドウィンに頼まれて……
 そんな奴に勝って
 いい気になっていた自分を……
 俺はデュエリストとしての
 プライドが許さないのだ!!」

「だったら……
 明日のデュエルで証明すればいい。
 ドラガンとジャック……
 果たしてどちらが
 本当の勝者だったのかを。
 デュエリストとしての
 プライドにかけて……。」

ここでドラガンVSジャックが成立しました。
え?都合よく対戦カードが当たるのかって?
そんな無粋な事を言っちゃいけないよベイベー。
運命の神様は粋だからねぇ。
「真の勝者は……
 当然この俺だ!!!」

そしてとうとう準決勝の日がやってきました。
「今度こそ貴様を倒してやる、
 ジャック=アトラス!!
「かかって来るがいい!!
 貴様などに負ける
 ジャック=アトラスではない!!
 『必ず取り戻してみせる!!
  俺の傷つけられたプライドを!!』」

南斗!!?
互いのD・ホイールの加速が半端ねえッス。
取りあえず先行はジャックですが……
何と言う運命の女神の悪戯!!
手札はあの時のデュエルと同じだ!!
何と言う粋な計らいよ!!!
因縁の決闘に決着の時を!!の巻
by瑪羅門の家族
『単なる偶然か……それとも運命か……
 俺達にあの時の再現をさせようとしているのか!!?』
そしてレッド・デーモンズ・ドラゴンの攻撃が!!

ドラガンは罠カード、
極星宝ブリージンガ・メンを発動!!
しかしジャックは反応召喚とトップ・ランナーで
返り討ちだ!!
だがそれはドラガンも承知の上!!
極星獣タングニョーストを召喚し、
次のターンで極星獣タングリスニを特殊召喚さい、
極星獣グルファクシをも特殊召喚して
極神皇トールをシンクロ召喚!!

「あの罠カードはわざとガルムを破壊させて
 極神皇を召喚させる状況を作る為の作戦だったのか!!」
「とうとう出たか、星界の三極神!!
 だがトールの攻撃力では
 今のトップ・ランナーの効果を得た
レモンには勝てん!!」
「ところがどっこい、
 トールの効果でトップ・ランナーの効果を失敬する!!」

「ドラガンがトールを召喚する事を読んで
 トップ・ランナーを残してたんだろうが、
 それが命取りだったな。
 ドラガンは完全にジャックの戦術を
 見抜いているからな。」
レモン轟沈!!!!

「これが神の力だ!!
 あの時置き去りにされた俺のプライドは、
 来週に必ず取り戻す!!」

来週はトール無双かと思われましたが、
レッド・デーモンズがカムバックしています。
既存カードでしょうか?
それとも新規カードでしょうか?

そして遂にスカーレット・ノヴァ・ドラゴンが
召喚されます。
スカノヴァの公式戦デビューだ!!
最早このデュエルの決着は
運命の女神でも予測がつきません。
さあ来週よ来たれ!!!!











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn124.html

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}第12話レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}12話のレビューをさせていただきます。

第12話 DDD 異次元の王

今週は遊勝塾の存続をかけた
LDSとのデュエルの途中から始まります。
一勝一敗一引き分けでしたが、
理事長母ちゃんがサドンデスの
延長戦を要求してきて
遊矢と赤馬がデュエルをする事になりました。

そして遊勝塾の危機に
ゴーグルをかけて鬼気迫る顔の遊矢に対し、
柚子は「笑って!」と激励を飛ばします。
遊矢の本領はエンタめる事であり、
エンタめらない遊矢は
持ち味を発揮出来ない可能性があるという事でしょう。
とい訳でゴーグルは上に上げます。

修造は負けられないデュエルなので遊矢が得意とする
アスレチック・サーカスのフィールドをチョイスします。
「フィールドを選ばせて貰ったお礼だ、先行は譲るよ。」
「お礼?譲る?成程、君はそういう思考をするのか。
 まあいい、申し出は受け取っておこう。」

契約書のコストは次のスタンバイフェイズ毎に
1枚につきライフ1000というぼったくり価格です。
赤馬はこのコストをどうやりすごすのでしょうか?
それともコストを逆手にとって
何か策を練っているのでしょうか?

対する遊矢はウィップ・バイパーの効果で
テムジンの攻撃力を下げて攻撃しますが、
相手は永続罠、戦乙女の契約書を発動し、
テムジンの攻撃力を1000アップします。
これもコストとしてスタンバイフェイズに
ライフ1000を支払う必要があります。
てこたぁ次のスタンバイフェイズに
4000のコストが降り懸かってくるのか!!

だが遊矢もアクション魔法、ハイダイブを拾い、
発動ターン中ですがウィップ・バイパーの攻撃力を
1000アップするぜ!!
ここで赤馬は通常罠、契約洗浄を発動し、
わざわざ全ての契約書の効果を無効にした後、
アクション魔法の回避で攻撃を無効にします。

「君がさっきお礼とか譲るとか口にしたのを思い出したよ。
 君は心根の優しい人間だ。
 だがその優しさなど戦いの舞台では一切通用しない!
 君はターンエンドで勝利出来る状況にいながら
 それを躊躇っている。
 おそらくはその優しさゆえ……
 そんな甘さがどの様な結果をもたらすのか……」
そして契約洗浄の真の狙いは……
契約書を全て破壊してその分カードをドローするという
ガロメ涙目の効果でした。
ていうか赤馬も遊矢もかなりの跳躍力ですな。
ええい、デュエリストの身体能力は化け物か!!

「甘い…か。でもそれで勝てたとしても嬉しくは無いな。
 みんなが期待する俺のエンタメデュエルが無いまま終了ったら…
 アンタから見ればこれも甘ったれた考えなんだろうけど、
 だけどさ、俺は俺のデュエルで、
 父さんから受け継いだエンタメデュエルで勝って見せる!!」
「榊遊勝のデュエルか……」
「父さんを知っているのか!?」

「まーおまいのとーちゃんは有名人だからな。
 トンコかました元チャンプとしてなぁ。」
「黙れ!!」
ここで赤馬が突如何の脈絡も無く
刃の不用意な発言にキレます。
北斗も仲良くビビっています。
「馬鹿じゃないの。」
真澄は相変わらず二人に対して毒舌です。

「失礼、勿論父上の事は存じ上げている。
 現在のアクションデュエルの基礎を
 築きあげたパイオニアとして心から尊敬している。
 今日は存分に見せて貰うよ。
 君が父上から継承したデュエルを。
 であるなら私も君に本気を見せなければならない。」
では今までのデュエルは小手調べだというのか!!
赤馬零児、恐ろしい子!!

そして赤馬はLDSのトップだけあって
シンクロモンスターのDDD疾風王アレクサンダーと
エクシーズモンスターのDDD怒涛王シーザーを
矢継ぎ早に繰り出してきます。
DDが悪魔をモチーフにしたモンスターなら
融合・シンクロ・エクシーズのDDDは
実在の英雄をモチーフにしたモンスターという事でしょうか。
DDDとはディファレント・ディメンション・デーモン、
異次元をも征する王の力……!!
ちなみにDD北斗の拳ではありません。

自分が思うに融合・シンクロ・エクシーズのうちの
どれかにデッキを特化した方がデッキが安定して
いいとは思いますがね。
もっとも現実と違って遊戯王世界では
ドロー力さえあればどんなデッキでも回りますが。
それとも創星神Sopiaを狙っているのか!!?
まあ儀式召喚が徹底的にハブられていますので
それは無いと思いますが。
果たして遊矢はこの三王にどう立ち向かうのか!!?
疾風怒濤で来週に移るぜ!!

来週は赤馬とのデュエルの途中で、
速攻魔法、カバーカーニバルが発動しています。
ウィップ・バイパーが冷や汗を書いていて
オペゴンが火の輪くぐりをしています。

一方赤馬もモンスターで
遊矢のライオンもどきのモンスターに
攻撃を加えています。
他にも赤馬は魔導賢者ガリレイ、ケプラーなる
モンスターを出す予定だそうです。
ガリレイ、ケプラーとは二体のモンスターなのか、
それとも一体のモンスター名なのかどっちでしょうか?
それとどうやら赤馬も
ペンデュラム召喚を使う展開になりそうですな。












詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn012.html