遊戯王ゼアルⅡ81話レビュー

今回は遊戯王ゼアルⅡ81話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-081 小鳥がカオスエクシーズ・チェンジ!? 波乱のスポーツデュエル大会

今回はいきなり遊馬がデュエリスト@名無しさんと
デュエルをしているところに真月がやってきて
大変な事になってると言います。

場所は移っては小鳥とキャットちゃんが
口喧嘩でキャットファイトしております。
どうやら真月が提唱した
ナンバーズクラブのマスコットガールが
誰になるかで揉めている様で。

ここで璃緒がやって来て
璃緒や男性陣も険悪な空気にナッチマー。
その様を見てギラグはチャンス到来と言っています。

遊馬は明日になれば仲直りしているといいますが、
明日になっても小鳥とキャットちゃん、
鉄男と委員長&徳之助の仲は
ブレイクしたままです。
ついでに璃緒もカンカンの様で。

そして遊馬が真月と下校している場面で
何故かギラグが何の脈絡も無く
遊馬にデュエルを挑んできます。
そして何故か次のシーンでは
ギラグがスポーツデュエル大会とかいう催し物を
開催する様に勧めています。
そして決勝戦で八百長すれば
絆は更に強まるといいます。
負けたところにナンバーズ回収というわけですね、
非常に良く判ります。

その夜のアリギラのアジトでは
ギラグはなぎさちゃんの番組を見ながら
作戦を練っており、
アリトは腕立て伏せをしています。
ていうか本体はエネルギー体なのに
体の鍛錬なんて概念があったんか??

一夜明けて
「第一回ハートランドシティ
 スポーツデュエル大会」
が開かれます。

ルール
1・スポーツをしながらのタッグデュエル
2・一勝するごとにポイントが1
3・上位2チームが決勝に進出

イラっとくるかっとびんぐチーム
遊馬&シャーク

とどのつまりウラウラなチーム
委員長&徳之助

鋼のツンデレチーム
鉄男&璃緒チーム

イメージガールは私よチーム
キャットちゃん&小鳥

優勝チームにはナンバーズクラブの
マスコットガールになる権利が与えられるそうです。
璃緒ならともかくイメガチームは
小鳥かキャットちゃんのどちらになるかもめそうですし
男がマスコットガールになってどうする?
まあ委員長はショタコンに受けそうですが。

スカイダイビングだのビーチバレーだの
テニスだのかるた取りだの卓球だのプロレスだのと
スポーツ大会にしてはかなりマニアックですが
雨降って地固まるで当初の目的は果たせてます。

決勝は
イラっとくるかっとびんぐチームと
イメージガールは私よチーム……え!!?
確か鋼デレの方が圧倒的にポイントが上の筈!!
レディーファーストだそうです。

ここでギラグが小鳥とキャットちゃんに
渡したいものがあると呼んでいます。
そしてそれに対して何かを気付いた様に
真月の表情がかわりました。
明らかに何かのフラグビンビングですな。
当然RUM-バリアンズ・フォースで、

とどのつまりギラグは決勝戦で
イメガチームにわざと負けさせる事で
ナンバーズを回収しようと企んでいますが、
南斗シャークが帰っちまー!!
という訳でトントン拍子で
本人も知らぬうちにギラグが
遊馬のパートナーになっちまー。

『彼女達がカオスエクシーズを持ってるでしょー。
 遊馬が負けたらアストラルも消えるでしょー。
 って事は俺まで消えちゃうじゃあんか!』
まるで承太郎に化けたオインゴの心境ですな。

小手調べに遊馬は針剣士を召喚します。
そしてキャットちゃんも
小手調べにキャット・ガールを召喚し、
針剣士を撃破します。
「てか遊馬君ここは真剣勝負を…」
「じゃあ仲直り作戦はでけないじゃあんか。
 派手に負けるんだよ!」
『ヤベー!こりゃあヤベー!!
 そうだ!発動される前に
 バリアンズ・フォースを破壊すればいい!』

そしてギラグもマジック・ハンドを召喚します。
ところがギラグは相手にドローする代わりに
魔法カードをサーチさせるというどう考えても
デメリットにしかならない罠カード、
マジック・サーチを発動します。
ハンド・パワーのバーン効果とコンボ……と思いきや、
遊馬に乗せられて罠カード、
もの忘れで効果を無効にしちまいます。
フェアリー・チア・ガールをエクシーズ召喚したところで
徳之助と璃緒が二人の雰囲気の異変に気づきます。

更にRUMーバリアンズ・フォースで
CXダーク・フェアリー・チア・ガールが
カオスエクシーズ召喚されチマー!
ギラグは「もーだめだー!!」と叫んでいます。
という訳で八百長は無しになりました。

そして遊馬はホープを高速召喚し、
ガガガガールで攻撃力を0にし、
罠カード、ハンドパワーにて攻撃力を倍にし、
あっさりと勝利しちまいました。
またホープなので来週から
ホープ三昧からの脱却を希望します。
ギラグは助かったと号泣しています。

「九十九遊馬……今回は助けられたが、
 次は覚えとけよ!!」
典型的な噛ませ犬の台詞です。
マルクやナランチャの
死亡フラグ台詞に匹敵します。
ここで遊馬が小鳥&キャットちゃんに
再戦を求められて来週に移ります。

次は久々にデュエル庵です。
六十郎と改心した闇川が再登場します。
まさかバリアン落ちフラグ?

その頃シャークと一緒にいた璃緒が
何がしかの異変に気づきます。
スフィア・フィールドの展開です。

どうやらミザエルが金髪の体で登場し、
小鳥を吹っ飛ばしています。
他の二人と違ってシリアスな性格の様です。
プラシド化しない保証はありませんが。
カイトと同じ銀河眼使いで
107番目のナンバーズだそうです。
ていうかもしかしてナンバーズは
煩悩の数の108まであったりとかするんか!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2ReviewNumbers081.html
スポンサーサイト

再放送 遊戯王5D's42話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's42話のレビューをさせていただきます 。


TURN-042 集結!赤き竜の戦士たち!

今週は、ゴドウィンサイドの
巨大ディスプレイが有る部屋から始まります。
そのディスプレイには沢山の子供のデータが
顔付きで映っています。

どうやら彼らはアルカディアムーブメントによって
拉致られた子供達で、
施設内ではどこかのカルト新興宗教の様な
人体実験が行われています。
アルカディアムーブメント本部が半壊した為、
治安維持局がそこに乗り込んでいって
裏付けの強力な証拠として
そのブツを押収したそうです。
どうやら

ディヴァインはまるでアミバじゃあんか。
それじゃあビルから落ちたのは
ギースじゃなくてアミバだったのか。
それに子供を浚うなんて
北斗の拳4のギョーブを思い出すぜぃ。

『浚われた……子供達……
 人体実験……』
ここでアキの脳裏に
ミスティが弟を殺された事を
アキに語るシーンが浮かびます。

『まさか……!?』
そのまさかとは、
ミスティの弟はムーブメントに拉致られて
人体実験の末に死んだという事でしょうか?

アキはショックの余り
部屋から逃げる様に出て行って島根県。

そして、部屋を抜け出したアキは
カフェテリアで一人悩んでいます。
そこに遊星が来ました。
「アキ……」
「それでもよかった……。
 ディヴァインは私を受け入れてくれた…。
 喩え力を利用するのが目的だったとしても、
 私にとっては掛替えの無い存在だった。」

「理解っている。
 それでいい。
 俺はお前を否定したりはしない。
 誰も否定する権利は無い。
 ただ一つ確かな事は、
 今もお前を信じ、
 お前を必要としている者が
 存在るという事だ。
 俺達は仲間だ。」
「遊星……。」
遊星はそう言って痣を見せます。

場所はゴドウィン邸に移ります。
遊星ら五人と狭霧ちゃんがいます。
そのあまりの大きさに龍亞は
感心しています。
と、そこに主であるゴドウィンが
やってきました。

ジャックやアキは不信感を隠せませんが、
遊星は世界の滅びの危機の真相を知る者は
ゴドウィンしかいないと
個人的な感情は押し殺して
呉越同舟を決め込もうとしています。

龍亞も同行しようとしますが、
ゴドウィンはシグナーでないので
用無しと同行を拒否します。
そこで龍可が龍亞と一緒じゃなければ
ボイコットすると切り返し、
ゴドウィンもシグナーである龍可に
ボイコットされてはかないませんので、
しぶしぶこの要求を受け入れます。

という訳で、
ゴドウィン邸内に場所は移ります。
前にジャックが連れてこられたところです。
いやはや、いつ見ても怪しさ大爆発な
神妙不可思議で胡散臭い神殿ですな。
神殿の正面には竜の紋章が
刻まれています。
ここでゴドゥインは
赤き竜に導かれて遊星とジャックが
決闘を行った事、
アキや龍可も赤き竜によって
導かれた事、
自分自身も赤き竜の導きにしたがって
行動しているに過ぎないといいます。

そして龍可はエンシェント・フェアリーとの
盟約を思い出し、
決意を新たにします。

ここで古代インカのヴィジョンが流れます。
大勢の民が神殿に向かって礼拝をしています。

「目を背ける事は出来ないでしょう。
 君達は、同じ痣を持つ者達。
 伝説のシグナーの生まれ変わりとして
 選ばれたのです。
 好むと好まざるに関わらず……。
 運命に翻弄されながら……
 こうして再び巡り合う様、
 数千年前から約束されていたのです。

ここで赤き竜が消えたと同時に
4人のシグナーの痣も鎮静します。
ここでゴドウィンが言うには、
最後の一人はとっくに目覚めているそうです。
それが本当なら龍亞のフラグは
無いと言う事でしょう。

数千年前の決闘の説明から始まり、
ダークシグナーの仕業である
現在のナスカの地上絵の突如消失、
ダークシグナーの証、
シグナーの力が生命の力であるのに対し、
ダークシグナーの力は冥府の力であり、
そのために大勢の人々の魂が
犠牲になっていると言う事、
それらをゴドウィンは語ります。

そして、ダークシグナーは
冥府の力で黄泉還った亡者であり、
元の人間に再就職させる方法はない、
との事です。

つまりシグナーとダークシグナーとの戦いは
どちらかが全員死亡確認するまで終了らない
子供向けのアニメとしては
非常にシビアな展開になってきました。

「いい加減にしろぉ!!!!
 亡者が生き返るなど、非ィ科学的だ!!!」
ジャックはかなりエキサイトしています。
鬼柳でこれじゃあ、
カーリーと対峙した時が心配です。
そして、ゴドウィンがシグナー達に
決意を促して来週に続きます。

来週では、遊星が鬼柳が死んで
ダークシグナーとなった原因が自分にあると
内省モードに入っています。

それを見たジャックはいきり立って
遊星の胸座を掴んで突っかかり、
ボディーブロー一閃!
やはり漢{おとこ}は拳でしか
理解り合えない生き物なのでしょう。

アキは穏やかな表情で
バラ園を探索しています。
龍亞は相変わらずノーテンキで
龍可はそれを見て呆れています。
んでもってジャックが龍亞に対して
大人気なく怒鳴っています。

そして、サテライトを探索中のイェーガーを
クロウが縄で召し取っています。
これは一体!!?
龍亞は龍亞でシグナーじゃないし~、
と開き直っています。
さて、来週はどうなるのでしょうか?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn042.html

遊戯王ゼアルⅡ80話レビュー

今回は遊戯王ゼアルⅡ80話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-080 猛攻タイマンバトル!! 遊馬 VS 不屈の闘士アリト

今週はギラグが一向にナンバーズ回収出来ないのに
業を煮やしたドルベが
アリトにナンバーズの回収を命じます。
しかし人間界では力が発揮出来ないので
駄々をこねていますが、
狩猟格の男に睨まれて渋々出かけます。

一方ギラグは体育館の一室で
独り寂しくTVを見ています。
そのTVの中に出ている
蝶野こう…もとい蝶野なぎさというアイドルに
一目惚れしています。
ていうかバリアン世界は男ばっかなのか?

ここで後ろからラテン系の肉体を持った
アリトが現れました。
どうやらギラグがこの姿を見るのは初めての様です。
互いにクロスカウンターのパンチを繰り出し、
ていうかカップ麺やおでんを食ってますよ。
ここでアリトはかわい子ちゃんにうつつを抜かしている
ギラグに苦言を呈します。

場所は校舎に移ります。
アリトがオデンを食いながら歩いております。
どうやらこの姿では勝っても
ナンバーズは回収出来ない様です。
道理でギラグ本人が戦わない訳だ。

ここで目の前に出てきた小鳥にぶつかりまんぼ。
ていうか目の前に現れた天使?
アリトの目には小鳥が天使に見えとります。
ギリシャ神話な服を着ています。

場所はBARianなる酒場に移ります。
小鳥に一目惚れしたアリトは
ミルクセーキを頼んでいます。
未成年の飲酒はTVアニメ的にNGなのでしょう。
となりではギラグがカツ丼を食っています。
ていうか目的を忘れちゃいねえか?

アリトはバンバン小鳥にアタックを仕掛けますが、
そのたびに偶然出てきた遊馬に邪魔されます。

場所は再びバーに戻ります。
遊馬に邪魔されまくりのアリトに
ギラグが恋の手ほどきをしております。

という訳で遊馬の席に
「はたしじゅう」
と書かれた手紙が置いていました。
いわゆる典型的な誤字というやつですな。
どうやら小鳥をかけての
男と男の真剣デュエルだそうで、
学校の屋上でデュエルだそうです。
取り敢えず遊馬は挑まれたデュエルは
どんな理由だろうと受ける主義なので
光速で対戦カートがケテーイしました。

今の姿ではカオスエクシーズは
使用出来ないとの事です。
カオスエクシーズは何がしか
ダークシンクロっぽさがします。

今回も早速敵側から速攻でエクシーズ召喚で
BK拘束蛮兵リードブローが召喚されますた。
アストラルがアリトから出る気配を感じとり、
アリトもアストラルを察知し、
そして目の前の相手が九十九遊馬だと知ります。

それに対して遊馬はガガガマジシャンを
破天荒な風で強化してリードブローの破壊を試みますが、
リードブローの効果で防がれチマー。

永続魔法、タイマンバトルを発動され、
モンスターが1on1の状態を強要された上に
ガガガマジシャンが戦闘破壊されます。

何とか返しでガントレット・シューターをエクシーズ召喚し、
リードブローを破壊しようと試みますが、
罠カード、エクシーズ・ブロックで防がれチマー!!

そしてリードブローがそのまま攻撃してきました。
遊馬は罠カード、バトル・ラッシュを発動し、
更にアリトはカウンター罠、
アクセル・フットワークを発動します。
それで遊馬のライフは鉄壁の100になりますが、
遊馬はカウンター罠、エクシーズ・クロスを発動し、
アストラルの制止を振り切ってバクチをします。
遊馬は効果によるドローの種類により
己の運命を託します。
モンスターカード以外なら敗北決定だ!!

そして見事モンスターカードを引いて
シューターはリードブローを返り討ちにして勝利だ!!
今回はホープ系以外のモンスターで勝利しましたので
マンネリ化は少しは避けられそうです。
ちょっとだけ新展開も見えてきましたし。

ていうか最後にドローした
KOBKという速攻魔法は何なんだ?
ケーオーバーンナックルというそうです。
餓狼伝説とは関係ありませんが。
BK{バーニングナックラー}と名のつくモンスターが
戦闘でモンスターを破壊した時に
破壊したモンスターの攻撃力と同じ攻撃力分
ダメージを与えるそうです。
ひと言で言えば結果的に
博打に出たのは正解だったという事ですな。

「遊馬の無謀な賭け……否、
 どんな苦境にあっても希望を捨てない心が
 紙一重で勝利をつかみ取らせたという訳か。」
ここで真月から話を聞いた小鳥がやって来ました。

今度は遊馬が天使に見えました。
つーか今度は小鳥がアウトオブ眼中です。
ていうかウホッでアッーかよ!!?
子供向けのアニメでそれはまずいんでないんか?

「九十九遊馬!お前おもしれえな!
 俺の名はアリト、この名前を刻んどけよな!
 お前のライバルになる男だからな!!!」
「俺も問題はねえぜ!!」
という訳でバリアンとの初邂逅は
奇妙な形で始まりました。

来週はナンバーズクラブの面々が
行き違いでケンカ騒動しているところから始まります。
仲直りのスポーツデュエル大会で
ビーチバレーやスカイダイビングをします。

ていうか仲直りのスポーツデュエル大会で
スカイダイビングをするか普通?
小鳥がデュエルを始めたと言いますが、
アストラルは嫌な予感を感じています。

ていうか小鳥とキャッシーがバリアンしていますし
ギラグが遊馬と組んでいます。
小鳥のモンスターはリトル・フェアリー
どういうカオス展開だ!!?

ていうか杏子に明日香にアキに小鳥という
今までのヒロインを鑑みて
ヒロインキャラは出番とデュエルの腕は
反比例してますので
小鳥の出番が少なくなるかも知れません。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2ReviewNumbers080.html

再放送 遊戯王5D's41話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's41話のレビューをさせていただきます 。


TURN-041 悲しみ故の憎悪! 受け止めろ スターダスト・ドラゴン

今週は、アキを見舞いに来た遊星と、
過去の行き違いから両親を憎悪む
アキとの間で勃発した
デュエルの途中から始まります。

「簡単に倒してなんかやらない……!!
 ずっと苦悶しませてあげる…!」
憎悪の棘で相手モンスターに
戦闘破壊耐性を与えた上で
サンドバッグ状態にしています。
まさにドS。
しかしいいんですかいアキさん?
倒せる時に倒しておかないと
遊星は主役特権で何をしてくるか
解りま千年灸。

アキはシグナーの痣を忌むべき印といい、
ディヴァインだけが居るべき場所を
与えてくれたと主張します。

ここでまたまたディヴァインの
墜落死シーンの回想シーンが
入りました。
まるでまりもちゃんパックンチョの
回想シーンが何度もでてくる
マブラヴオルタネイティヴの様です。

そして、ディヴァイン亡き後
この世界は全て忌むべきものに変貌わったので、
この世界を破壊わしてやる、と宣言し、
髪飾りを外しました。
周囲にも容赦なく
突風の牙が襲い掛かります。

しかしスターダストは龍可達を守る様に
ブラック・ローズの前に立ちはだかります。
アキは仲間を守ろうとする遊星に対し、
そんなものは茶番であり、
口先だけで誰も助ける事など出来ないと
主張します。

遊星は速攻魔法、ハーフ・シャットで
なんと下級を凌ごうとしますが、
憎悪の棘を装備したブラック・ローズに
じりじりと追い詰められていきます。

「いよいよ万策尽きた様ねぇ。
 そうよ、それが本来の貴方。
 人を救う事なんて!!
 助ける事なんてぇ!!!!
 出来ないのよ!!!!!!!」
「そうだ!!!!
 俺には力など無い!!!!!!!!」
工工エエエエエ(´Д`)エエエエエ工工
まさかの発言!!!!!!

「誰かを助ける事など、
 出来る筈も無い。
 だが、俺は傷付いていく仲間から、
 目を逸らす事など出来ないだけだ!!」
自らを弁えた上で
行動をしているという訳ですな。

「仲間が救われる事は、
 願う事しか出来ないんだ!」
「結局、何もしないって事じゃない!
 何開き直ってんのよ!
 ディヴァインは私を抱きとめてくれた!!
 安心させてくれた!
 居場所を与えてくれたんだ!」
 
「結局、何もしないって事じゃない!
 何開き直ってんのよ!
 ディヴァインは私を抱きとめてくれた!!
 安心させてくれた!
 居場所を与えてくれたんだ! 
 私のこの神妙不可思議で胡散臭い力を
 ディヴァインは認めてくれたのよ!!
 そして、どんなに辛くても、
 戻ってこられる居場所を与えてくれた!」


遊星にブラック・ローズの攻撃が迫りますが、
そこに英雄が立ち塞がります。
しかし、とりあえずはガード・ブロックで
事なきを得ます。


「小話は無しだ。
 正直に言う。
 ただ、私はお前を畏怖れた。」
「理解っていたわ。
 だから貴方は私を棄てた。
 私が化物だから……!」
「確かに、あの一言で私は
 考える事を止めてしまったんだ。
 だが、そうじゃない。
 その先に存在るあたりまえの気持ちに
 気付くべきだったんだ。
 私は……私達は…
 お前を愛している……。」
「そんな事を…信じるとでも!!?」
「信じてくれなどと
 虫のいい事は言わない。
 否、信じなければいけないのは
 私の方だったんだ。
 お前を愛していると言う事を……。」
「煩い!!
 そんな事私は……
 絶対に信じない!!!!!
 ブラック・ローズ!!!
 今度こそパパを叩き潰しておしまい!」
「だが、アイアン・リゾルブで凌ぐ!!」
「けどデスペタル・カウントダウンを発動して
 ダメージを受けて貰うわ!」
「下がっていて下さい!」
遊星は英雄に退避を勧めますが、
英雄はあえてそれを受け止めます。
あ、何気に遊星が敬語を使っている。
 
「これで次のターンに
 植物族モンスターを除外すれば、
 遊星、お前のライフポイントは0になる。」
ここに来て!!
敗北フラグのセリフが出るのかアキ!!!
次の展開を口走れば
それは敗北フラグに他ならない!!
しかも遊星はライフ50という
ライフ100を上回る
勝利フラグまで立てているというのに!!

ここでターン終了を宣言しているのに、
暴走してしまったアキの力が止まりません。
そのアキに対し、
英雄は傷付きながらも近づいていきます。

ここでやっと遊星が苗字ではなく
アキと名前で呼びました。
アキも驚いています。

「そこに!
 お前の目の前に存在るじゃないか!!
 お前を見つめる目が!
 お前の悲哀みを聞き入れてくれるその耳が!
 これこそが!
 お前の父と母こそが!
 お前の居場所じゃないのか!!?」
「目の前に……。」
アキの目の前には、
心配そうに見つめている節子と
傷付きながらも立ち向かおうとする
英雄がいます。
「イヤ……イヤ!!」
「だったらお前が纏うその殻を、
 間違った像を粉々に砕いてやる!」




遊星は拘束解放波で
憎悪の棘を破壊しました。
アキの憎悪をも破壊するという
意味合いでしょうか?
周囲には突風が牙を剥いていますが、
それでも英雄はアキに向き合います。


アキの力の暴走は
益々英雄の身体を傷つけていきます。
そして吹き飛ばされた医療器具の一つが
英雄を直撃しようとした時……

アキはその力を制御し、
直前で医療器具は失速して
地面に落ちます。

「力を……
 初めて力を制御出来た……。」

力なく跪く英雄に対し、
アキは駆け寄ります。
それはそうと、
まだデュエルは終わっていませんので、
「遊星……
 お願い、終わらせて。
 この決闘いを……。」
デュエルは続行します。

「今こそ魔女の呪縛を打ち破れ!!
 スターダスト・ドラゴン!!」
スターダストのシューティングソニックで
アキは呪縛から解き放たれました。

そして、力なく倒れ付したアキを
英雄が抱きとめました。

親娘のまなこからは
熱いものが込み上げています。
そこに遊星が現れました。
「アキ、お父さんは受け入れると言っているんだ。
 お前が望めば、そこが居場所になる。
 お前自身が考えて、結論を出すんだ。」
「私の居場所は……ここ……。」
アキは英雄の手を取りました。
やっとアキの心の呪縛が解けた様です。

「やっぱりあの印章{しるし}は
 仲間の絆なんだよ!
 えへへへ、おれにはJ無いけど。」
龍亞も大喜びです。
総入れ歯、
5人目のシグナーって一体誰ジャラホイ?
まさかゴドウィンって事は無いよね。

「みんな、この痣に引き寄せられる。
 そして、仲間になっていく。
 忌むべき印章{しるし}じゃない。」

「でも……でも私には……
 かつて信じた仲間たちがいた……。
 その想いは……
 未だに私の中に存在る。」
アキの中のディヴァインは
かなりヴィジュアル的に美化されています。
まるできれいなジャイアンの様に。

「俺にもかつて、
 そんな仲間がいた。
 奴の想いと、
 俺の想いがすれ違い、
 心を削っていく……。
 今は見えないが、
 その想いがどんな決着を付けるのか……。
 だが、かつて仲間と呼んだ同志なら、
 その覚悟を背負い、
 俺は進んでいく。」
「遊星……。」
とりあえず、今週は丸く収まりました。
ジャックも満更ではなさそうで、
来週に続きます。


来週では、
ゴドウィンのところに4人のシグナーと
龍亞&狭霧ちゃんが呼ばれています。
何やら話しがあるそうです。

前にジャックを招待した
怪しさ大爆発の神殿で
5000年前のシグナーと
ダークシグナーの説明を
する様で。
次から新展開と言う事でしょうか?
五人目のシグナーは一体!!?
「そう…あんたの思った通りだよ諸岡さん。」
「まさかオメェが五人目の仕置…もといシグナー!!?」











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn041.html

遊戯王ゼアルⅡ79話レビュー

今回は遊戯王ゼアルⅡ79話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-079 氷結乱舞!! 氷の女王 神代璃緒

今週はシャークの登校シーンから始まります。
どうやら誰かの目を気にしている様です。

ここで生徒達がどよめき始めました。
そのどよめきの原因は璃緒でした。
璃緒が言うにはシャークとの登校を
楽しみにしていたとの事で、
シャークに逃げられたのでご立腹していたらしいです。
鉄男を含めて男衆は皆璃緒に魅入ってしまいま。

その頃ギラグはバラをくわえて
華道部の部長に遊馬とシャークの
ナンバーズをカツアゲする様に命じていました。
薔薇族かよおまい!!?
てか学園生活をエンジョイしてないか?

その頃ナンバーズクラブは
璃緒と一緒に昼飯を食っていました。
何気に尻に敷かれとりますな、シャーク。
ていうか天然系毒舌娘ですな。

そこに璃緒目当てのサッカー部主将の
ヤタガラスなる生徒がやってきました。
どうやらマネージャーにスカウトしにきた様で。
璃緒は放課後にサッカー部に顔を出すとの事です。

そして放課後にサッカー部のグラウンドに
顔を出した璃緒はサッカー部のレギュラー全員を相手取り
サッカーをするとの事です。
自分を止められたらマネージャーになってもいいそうで。
ところがあっという間にごぼう抜きされて
キーパーのヤタガラスも
スーパーシュートの前には棒立ちです。
柔道部
卓球部
野球部
ボクシング部
将棋部
バスケ部

とごぼう抜きする姿に
女シャークと呼ばれて皆サッチマー。
「女性を部の飾り物と如考えてない人達の事は
 放置プレイしておけば宜しくてよ。
 私は神代凌牙の妹だからですわ。
 凌牙をよく思わない人達が沢山いると聞きました。
 私がヘタレだと誰かが私を盾にして
 凌牙の弱みにツけ込むかも知れません。」
ここで華道部の女子部員3人がやって来て
璃緒に部長の愛花が呼んでいると言ってきました。

 
そして部室では部長の花添愛花が待っています。
愛花の怪しげな視線に心奪われそうになった遊馬ですが、
アストラルが催眠術に注意しろと言います。

何やら真月はうつぶせですが目を開けています。
催眠術にかかってないんか?
まさかやはり実は何かのキーパーソン!?
もしかして二代目ブルーノ!!?

あ、璃緒も催眠術にかかってなかった様です。
正確にはきな臭い匂いがしたので
かかったふりをしていた様で。
正座で足がしびれている遊馬に代わって
璃緒がデュエルをする様です。

相手は早速烈華砲艦ナデシコを
エクシーズ召喚してきました。・
そして早速1500のバーンダメージです。
おまけにフィールド魔法、枯山水をかまされ、
水属性モンスターは攻撃が出来ないお!!
対シャーク戦を想定している様ですな。

璃緒は攻撃が封じられる中、
魔法カード、ブリザード・ジェットを発動し、
ブリザード・ファルコンの効果で
1500のバーンダメージを与えます。

そしてまたRUM-バリアンズ・フォースです。
流石にワンパと言わざるを得ません。
CX激烈華戦艦タオヤメのバーンダメージ効果は
罠カード、ダイヤモンド・ダストで何とか凌ぎ、
ダイレクトアタックはオーロラ・ウィングの特殊召喚で
何とか凌ぎます。

璃緒を追いつめた愛花はシャークを侮辱しますが、
璃緒の逆鱗に触ったのか口調が変貌り、
冷鳥獣シルフィーネをエクシーズ召喚し、
その効果で自分以外の表表示カードの効果を無効にします。
そして攻撃しますが速攻魔法、花裁きを発動され、
返り討ちと思いきや速攻魔法には速攻魔法を、
絶対零度を発動させてタオヤメの攻撃力を0にして撃破だぁ!!

「私が入院しているうちに凌牙が変わってしまった。
 人から恐れられていると聞いて私……正直怖かった。
 だけど凌牙全然変わってなかった。
 遊馬、貴方がいてくれたおかげかも。
 有難う、遊馬。」

一方ギラグはいつもの捨て台詞として
璃緒を油断ならない人物としてマークしています。
一方ナンバーズクラブではやっと全員目覚めました。
ていうか真月はとっくに起きて
璃緒のデュエルを見ていました。
やはり何かのフラグがビンビンですな。

遊馬サイドではシャークがやってきました。
下校時には小鳥が璃緒にデュエルを教えてくれ様に言いますが、
もしかしてデュエルデビューでしょうか?
遊戯王のヒロインの出番はデュエルの腕と反比例していますので
少々心配です。

ここで璃緒の前に猫が現れました。
しかし璃緒は猫が怖いらしく
シャークの後ろに隠れています。
どうやら璃緒はぬこが弱点の様で。
という訳で色々伏線を秘めて来週に移ります。

来週はブラジル系っぽいガングロの生徒と
小鳥をかけたデュエルをします。
ロボットのモンスターも出てきます。

アリトとかいう生徒と遊馬が
タイマンバトルをしています。
こいつもバリアンの刺客か!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2ReviewNumbers079.html

再放送 遊戯王5D's40話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's40話のレビューをさせていただきます 。

TURN-040 戻れない過去 閉ざされた心の扉

昨夜のアルカディア・ムーブメントでの事件から一夜明け、
ビルの周りの建物が全開シチマーってます。
上空にはヘリが沢山飛んでおり、
地上には治安維持局の救助隊が
救出作業と実況見分を行っています。

報道陣の中にはアンジェラもいました。
只今レポートをしています。

場所は童実野病院前に移ります。
議員と飛ばれた顎鬚と揉み上げが
合体したスーツ姿の男が
リムジンから出てきました。
マスコミの
「被害にあった少女の見舞いなのか?」
「議会ではこの件について
 どう考えているのか?」
という質問を黙殺して一人の女性を同伴して
病院内に入ります。

その頃、その少女=アキは、
意識不明のまま機械に囲まれてベッドに寝ています。
今のところ、心電図に異常はナッシング。

部屋の外では、
窓越しに龍亞龍可とジャックが見舞っています。

と、そこにさっきの議員と連れの女性が
ここにやってきました。
「アキ……アキ……」
連れの女性はアキの事を知っている様で、
心配そうにアキの名前を連呼しています。
と、医師と看護婦が女性の元にやってきて
手は尽くしたが、最悪の場合、
このまま意識が戻らない事もあるそうです。
そして、この髭議員と連れの女性は
アキの親御さんだった様です。

ママさんはアキの元で泣いちまってます。
そのママさんにジャックは
アキの心を開きかけた男を紹介します。
「その名は……不動遊星!!」

その遊星は、
マーサハウスで遊星号(正式名称ケテーイ)を
調整しています。
その側で、雑賀はパソコンで何かを調べています。
ジャッ君
「ホイール・オブ・フォーチュン」
苦労
「ブラックバード」
郵政
「遊星号」

一人だけ浮いてますな。
とりあえず遊星号は復活した様です。
しかし、遊星自身はどうでしょうか?
確かに今の遊星はちょっと弱気です。
そこにヘリに乗ってアキのパパンが
こんぬちわーしてきました。

パパンこと十六夜秀雄は、
こん睡状態のアキを救ってほしいと
依頼しに来た様です。

ここで英雄の回想が入ります。
拘束で冒頭のリムジンに
後ろの座席に乗っています。

今日はロリVerなアキとの
誕生日パーチーの日でしたが、
治安維持局主催のパーチーにがあり、
しかし、立場上英雄はパーチーに
出席したければなりません。
まるで接待ゴルフで家族サービスを
キャンセルせざるを得ない
野原ひろしの様です。
大変ですな。とうちゃん。

夜中になって帰ってみると、
アキはケーキも食べずに机を枕代わりにして
のたれかかって寝ています。
「ゴメンよ……こんな大事な日に……!」
宮仕えはつらいものです。
野原ひろしならきっと判ってくれるでしょう。
という訳で、懐から誕生日プレゼントを出して
枕元に置きました。

翌日、アキはプレゼントの
ストラクチャーデッキ「烈風の覇者」(推定)を持って
英雄の出勤を見送りにきました。
しかし、英雄は大事な仕事で一ヶ月は帰ってこられません。
「いや……。
 イヤ!イヤ!イヤ!
 パパなんかイヤ!
 お誕生日、一緒に祝ってくれるって言ったのに!
 一緒にデュエルしてくれるって言ったのに!
 パパなんか大嫌い!わあああん!!」
と、アキは自分の部屋に行って島根県。


「議員生活の忙しさの中……
 アキに割いてやれる時間は限られていた。
 それでも私はアキと一緒にいられる様に
 野原ひろしの様に努力したのです!
 あの時も……
 私はようやく有給休暇を取れ、
 アキの願い通り、デュエルをする事になったのです。」

再び過去の十六夜邸に移ります。
アキが罠カード、ローズフレイムを発動しようとした時に、
タイミング悪く英雄に携帯で緊急の仕事が入ってきました。
「という訳ですまないアキ、
 これから急いで出かけなければなら……。」
「わたしは……わたしは…… 
 ローズ・フレイムの効果発動!!!!」
と言うと、英雄が摩訶不思議なサイキックパワーで
物理的にバニシングストライク状態になっちまいました。
そして右手に痣が現れました。
「何!?これ何なの!!?」
アキは戸惑っている様です。
まあ五歳児(推定)にこんな事が起きたら
誰でも戸惑うでしょう。
「パパァ……怖いよぉ、怖いよぉ……
 パパァ……。」
「お…お前はまるで化物……!」
「あなた!!」
自分の力に戸惑いを感じながらも
英雄に助けを求めようとしているアキに対し、
英雄はNGワードを失言してしまいました。
「ばけ…もの……
 わああああああん!!!!」
アキはいたくハートブレイクしてしまい、
泣いてしまいました。
「スマナイアキ…!
 そんなつもりじゃあ……」

回想が再開して、
アキは友達とのデュエルで
ギガプラントをリアルで召喚しました。
そして、英雄は思わずアキに
ヒラテアタックをくらわしてしまいました。
後悔の表情を浮かべています。

「アムロのパパはアムロをぶたないのに、
 パパはどうして私をぶつの?
 私が普通じゃないから!!?
 私が化物だから!!!?」

回想のデュエルアカデミアでも、
アキはサイコパワーでアカデミアの建築物を
次々と損傷して周囲から浮きまくっています。

ある夜、アキが夜更けの街中を制服で
疾走している過去が映っています。
そして、自分の家にコソーリと帰ってきた時、
窓の奥には両親が楽しそうに
談笑している姿が!

『笑っちょる……
 パパとママが楽しそうに……
 私がいないから……!』
そして、アキの存在に気付いた両親との間には
絶対零度の凍りついた空間が……。

これで完全にブチギレ金剛状態に
なってしまったアキは、
サイキックパワーで
家の窓という窓、
ガラスと言うガラスを
ぶっ壊して島根県。
そして明後日の方向に
行ってしまいました。

『パパは笑ってた……
 だったら私も笑って上げる……!
 この力を解放して、
 笑って上げる……!!
 力に畏怖えるパパを……!!!!』
ていうか……
何よそのアヘ顔っぽい
イッチマーな笑い顔は!!?
そしてディヴァインとの出会い……。

ディヴァインはバイオレット・ウィッチの
ダイレクトアタックを受けても
真正面から受け止めています。
「アキ……!!
 お前の父母を始めとする
 力なき者から見れば、
 確かにお前の力は化物かもしれない……!!
 だが、同じ様に化物と蔑まれ、
 迫害されてきた私や、
 アルカディア・ムーブメントに
 集う者から見れば、
 お前はか弱い一人の人間ッッ……!」

そしてディヴァインは
ウィッチの攻撃を受けながらも
アキに近づいてきます。
「ここにいなさい。
 辛い事は考えなくていい。
 私が考えてあげるから。
 アキ、お前は本来のお前のまま、
 ただ、いればいいんだよ。」

『私は、ディヴァインに導かれていれば良かった。
 何も考えず、何も……。』

しかし、遊星とのデュエルで、
遊星は自分で考える事を促します。

ここで回想が終了します。
英雄は遊星に一縷の望みを賭け、
必死に説得を続けますが、
遊星はバッドステータス・気弱モードに
入ったままです。

その遊星に対し、マーサは
遊星はかつての仲間だった
鬼柳と向き合う事を恐れている、
と指摘します。

「わかんない子だねぇ!
 今のお前は、
 心のドアを閉ざしちまってる。
 その扉をOpen Your Mind
 してくれるのは仲間達じゃあないのかい?
 仲間と一緒にいる事が、
 その扉を叩く事になる。
 その音に気付けば、
 扉が開く事も有るんじゃあないのかねぇ。
 まずは仲間に向き合わなきゃ。
 なぁ遊星。」
マーサの激励を受け、
遊星は一皮向けました。
その表情に迷いは有りません。

「有り難う遊星君!
 放送時間が無いので
 直ぐに出発しよう!」
「ゆうせ~、
 そのアキちゃんって娘{こ}が
 好きなんだろ~?」
「s、お、それはちが
 くぁwせdrftgyふじこlp」

「照れなくたっていいだろ~。
 未来の嫁っ子さん掴まえておいで。」
「ちょ、待ってくれマーサ!!」
確か、遊星とのフラグを立てていたのは
龍亞とかラリーじゃあ……
「何非生産的な寝言言ってんだい、
 馬鹿管理人。」
「HAHAHAHAHAHA……
 色恋沙汰に関しては
 遊星も形無しだな。」
マーサ と さいが は
わらっている

放送時間がありませんので、
10秒もしないうちに
アキの病室に遊星が到着しました。
さて、どうやってこん睡状態のアキを
説得するのでしょうか?

遊星がアキに近づくと、
二人の痣が共鳴しました。
そしてアキがこん睡状態から覚めました。
早ッ!!!!!!!!!!!

ちなみにアキは
隣にいる英雄に対し、
拒絶反応を示しますが、
ここでディヴァインがギースよろしく
ビルの吹き抜けから
墜落しちまった光景を
思い出しました。
闇の仮面みたいに
パラシュートもつけてなかったから
多分オダブツでせう。
そしてミスティのアキに対する
復讐宣告も脳裏に浮かびました。

何やらアキは
バッドステータス・こんらんに
かかってしまった様です。
遊星は何とか鎮めようとしますが、
アキの山の諸手押しで
遊星を突き飛ばしたアキは、
何の脈絡も無く
デュエルを宣言します。

「私達は仲間なんかじゃなく、
 やはり決闘う運命なのよぉ!!!」
「否!!違う!!
 これは仲間である事を確かめる為の
 デュエルだ!!
 いつでもこぉい!!!!」

アキはイービル・ソーンの
バーン効果&大量展開効果と
クローズド・プラントゲートで遊星を攻め、
遊星は壁モンスターの
シールド・ウォリアーを召喚しますが、
速攻でブラック・ローズ・ドラゴンを
シンクロ召喚します。
果たしてこのデュエルの行方は!!?
来週に続く!!

来週では、
ディヴァインを亡くしたアキが
ヤケのヤンパチで
遊星とデュエルの続きをします。

そしてスターダストは
またまたドSのブラックローズに
Mプレイで付き合うそうです。

そして、アキの髪留めが再び落ち、
遊星にサイコパワーの脅威が
牙を剥いて襲い掛かります。
果たしてこのデュエルの結末は!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn040.htm

遊戯王ゼアルⅡ78話レビュー

今回は遊戯王ゼアルⅡ78話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-078 シャーク激昂!! 捕らわれた妹を救え!

今週はナンバーズクラブの下校場面から始まります。
そこに自称愛と冒険の漫画研究部部長(唯一の部員)の
有賀千太郎なる根暗生徒が遊馬に対して
マンガのヒーローのモデルに
なって欲しいと言ってきました。

「ところで遊馬君の弱点はなんですか?」
てか怪しさ大爆発でストレートすぎるぞその質問!
遊馬達も少しは疑えよ!!な!!?な!!?
「そんなものは全然無い!!」
……馬鹿すぎて逆に効果が無いぜ!!

有賀は早々に諦めて
次はシャークをターゲットにしました。
シャークはモデルの依頼を却下しましたが、
有賀を振り払うと指から指輪が外れました。
その指輪を拾うとシャークはサッチマー。
ちなみに有賀が言うにはスケッチブックには
命より大事なアイデアやデッサンが全て書き留めてあるそうで。

場所は病院に移ります。
シャークは目を覚まさない璃緒の前にいます。
過去の回想で小学生の頃のシャークに
璃緒が自分とお揃いの指輪をプレゼントしますが
シャークは男が指輪なんて小っ恥ずかしいと却下します。
璃緒は怒ってシャークに指輪を叩きつけてサッチマー。
という訳で回想は終わります。
そしてシャークは指輪の片割れを璃緒の指にはめます。
しかしその様子を怪しさ大爆発な視線の有賀が見ている!

その頃遊馬は小鳥や真月と璃緒の見舞いに来ています。
しかしシャークが血相を変えて飛び出してきて
璃緒が行方不明になったと言います。
そこに怪しすぎる目付きをした有賀が!
という訳で妹の居場所を聞き出す為に
デュエルを受ける事になりました。

1ターン目から上級モンスターの
シャークラーケンを召喚しますが……
フィールド魔法、コミック・フィールドを発動されます。
有賀はCHキング・アーサーをエクシーズして攻撃だ!!
しかし罠カードは璃緒が漫画の世界に囚われている為に
発動出来ねー!!
てかアイリを人質に取られたレイ状態かよ!!
ここでシャークラーケンが撃破されちまー!!

「このフィールドは彼が生み出した世界。
 いわば彼の著作権内の創作物だ。」
「じゃああのスケブのなかにヒントが!!」
という訳で遊馬は真月と一緒にスケブ探しに出かけます。

有賀は何故か自分の罠カード、
ヒーローの受難でシャークに
エクシーズ召喚の為のモンスターを揃えさせました。
No.32 海咬龍シャーク・ドレイクが
エクシーズ召喚されますが、
コミック・フィールドのせいで
キング・アーサーは戦闘破壊されません。

「CHキング・アーサーの攻撃!!
 ナンバーズはナンバーズでしか倒せない事も
 ストーリーには折り込み済みなんだよね!
 アーサーに装備された奇跡の大剣を墓地に送って
 RUM-バリアンズ・フォースを発動し、
 CXCHレジェンド・アーサーをカオスエクシーズチェンジ!!
 ナンバーズ野郎を撃破しておしまい!!」

シャーク・ドレイクが破壊された頃、
遊馬達がスケブをハケーンしました。
璃緒はヒロインとして
漫画の原稿の中に囚われています。
そして結末はしゃーくがやられて
璃緒は永遠に眠り続けるそうです。
ていうか秀太みたいな能力やね。

それに対して遊馬はシャークに檄を飛ばし、
シャークが立ち上がると
璃緒とシャークの指輪が光り輝き始めました。
「彼の妹を想う気持ちがバリアンの呪縛を破ったという事か。
 ベタなお約束だがそれがいい。」

そして璃緒は包帯が外れて城の外に……。
「ひょっとしてデュエルで負けてる?
 てか私の前で負けるなんて有り得ないから。」
璃緒はかなりキツイ性格の様です。

「俺の妄想世界を破るなんて認とめーん!!
 レジェンド・アーサーの効果で 
 シャーク・ドレイクを除外してダメージを……」
「だが罠カード、激流蘇生を発動し、
 シャーク・ドレイクを蘇生させて
 ついでにダメージを与える!!
 CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイスをエクシーズ召喚!!
 そして速攻魔法、怒涛の浸蝕でフィールドを破壊し、
 ついでにシャーク・ドレイク・バイスの攻撃力をアップする!!
 ドレイク、そのキモオタをやっておしまい!!」
という訳で妄想世界は破壊されました。
ギラグの負け惜しみセリフ共々様式美ですな。

場所はシャークの登校シーンに移ります。
有賀がシャークがモデルの侍なヒーローの絵を
シャークに見せています。
遊馬は……ゴーレムに踏みつけられるモブでした。
皆遊馬に相応しいと太鼓判を押しつつ来週に移ります。

来週は璃緒が退院して登校しますが、
全校の男子の視線が集まっています。
ギラグが……バラをくわえちょるこいつ!!
公式に薔薇族宣言か!!?
今度は黒髪の生徒をパシらせるつもりです。

ていうかこのパターン何回やるんだよ?
璃緒は璃緒で柔道や野球やボクシングまで
何でもこなす完璧超人です。

一方ナンバーズクラブは何故か全員眠っちマー!!
ゴルゴ…もといバリアンの罠だ!!
どうやら華道部の和服姉ちゃんの仕業の様で。
今度のデュエルはその姉ちゃんと璃緒が
デュエルをします。
璃緒はキツい性格だけあってガンツケもきついです。
氷の女王という事で水属性か水族デッキなのでしょうか?
相手のデッキは華道だけあって植物族っぽそうです。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2ReviewNumbers078.html

遊戯王ゼアルⅡ77話レビュー

今回は遊戯王ゼアルⅡ77話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-077 デュエルの乱れは校則違反!? 出撃!? 特命風紀コマンダー

今週は学校の風紀委員選挙から始まります。
どうやら等々力委員長が落選して
遊馬が風紀委員長になったそうです。
まあ面倒事が押し付けられたという感じでしょうが。
アストラルも「集団のリーダーたる素質無し」
と言っておりますし。

等々力委員長、もとい今は只の等々力は、
がっくし失意の底に落ち込み、
そしてその様子を一人苦々しく見ている
見知らぬ生徒・神宮寺守がいます。
どうやら神宮寺はギラグに操られている様で。
という訳で神宮寺は遊馬潰しの作戦に出ます。

その頃鉄男はナンバーズクラブメンバーに
手作りのメンバーの会員証を見せていました。
しかし旧ソビエトの警察みたいな服を着て
生徒会直属の特命風紀コマンダーに
再就職した等々力がやって来ました。
どうやら生徒の校則違反をチェックして
違反者にポイントをつける権限を与えられている
そうです。
「鉄男君は校内の不要物の持ち込みにより
 違反ポイント1!!
 ちなみに10貯まったら停学、
 30で退学ですからね!」

いや、そりゃあ流石に無茶が過ぎるよ。
当の遊馬はのんきに昼寝をしています。
・校内での猫との会話禁止
・ミニスカ(正規の制服)禁止
・悪企み(何もしてなくても)禁止
・遅刻禁止
・早弁禁止
・水泳の授業の時の潜水禁止
・社会の窓の開放禁止
・掃除当番サボり禁止
・取りあえずは禁止
てか半分以上滅茶苦茶やん。

余りにも滅茶苦茶なので
遊馬が等々力に抗議をしに来ました。
ここで会長の神宮寺が来ました。
神宮寺はデュエルで決着をつけようと言ってきました。
どうやら最初からデュエルをさせるのが狙いの様で。
遊馬がかてばコマンダーは廃止するとの事で。
しかし校内デュエルなので
デュエルも校則に従えと言ってきます。

ガガガマジシャンが召喚されましたが、
特命風紀特別ルールで
不良っぽいガガガマジシャンは
手札に戻されチマー!!
トマトデュエルの時と同じ
ハンディキャップデュエルの様で。
まあこうでもしないとデュエルに
メリハリがつきませんからねえ。
何気に真月が陰でこのデュエルを見守っています。
実は真月は重大なキーパーソンとか
言うんじゃあなかろうな?

永続魔法、規律の鏡舞台は、
フィールドのモンスター全ての攻守が
元々の数値となるカードだそうで。
そして風紀宮司ノリトがエクシーズ召喚され、
罠も効果で無効にされて
ダイレクトアタックをくらっちまー!!

ちなみに巫女のスカートがミニになりましたが
攻撃力が元々の1000になりましたので
ロングになってセフセフです。

裏守備で校則違反を逃れようとした
ガガガマジシャンも罠で見つかってしまい、
タタカワナイトの効果で
何とかダメージを与えて
死者蘇生で巫女を守備表示で蘇生して
何とか体制を立て直そうとします。
果たしてうまくいくのでしょうか?

「許るさーん!おいコマンダー野郎!
 プレイヤーへの攻撃はれっきとした校内暴力だ!」
おい!ちょっと待てい!
幾ら何でもそりゃあねえだろう!
さっきのダイレクトアタックは何なんや!!?
それとも効果ダメージだから駄目っちゅうんかい!!?
等々力もそれを指摘しますが……逆ギレしています。

委員長で無くなってアイデンティティが無くなった
等々力に対して遊馬はこう言います。
「人からどう呼ばれるかなんて関係ねえ!
 お前は委員長と呼ばれたい為に
 委員長をやってたんじゃねえだろ!
 自分の信じた道を突き進め!」
「そうだ……ぼくは少しでもみんなの役に立ちたくて……
 いいクラスにしたくてそれで委員長に……」
ここで等々力…いや、委員長が初心に返りました。
コマンダー服を捨てて飛び込み台から飛び降りました。

ここでNo.39 希望皇ホープをエクシーズ召喚して
ガガガガールの効果でサイモン野郎の攻撃力を0にして
戦闘破壊します。
とりあえず神宮寺の洗脳が解け、
ナンバーズクラブも駆けつけてきました。
まあ同じケースが3回続けば
遊馬もカオスエクシーズ対策をするでしょう。
しなかったら……そのときゃあその時さ。

そしてとどのつまり委員長は皆に謝ります。
ナンバーズクラブの面々は
今までの事は水に流すとの事です。

という訳でとどのつまり
委員長がまた元の鞘に戻ってます。
その頃ギラグは生徒会室が使えないと判断し、
別の部屋に移ります。
そこには赤髪の根暗そうな生徒がいます。
何気にエルフっぽい長耳ですが。

どうやらギラグを見てギラグを描いた
美術部の部員の様です。
ギラグはそれを気に入って子分にして
来週に移ります。
ていうか四週続けて同じ展開で
ホープ系で〆かよ。

来週はシャークの妹の璃緒が病室から姿を消し、
妹探しで暴走するシャークの前に
ギラグにスカウトされた赤髪のもやし生徒が
立ちはだかります。

どうやら漫画部部員の様で、
漫画の中でデュエルをすると言う
デス13の様な展開になっています。

しかもシャークの前には璃緒が!
今にも塔から落ちそうだぜ!
いわゆる一つの人質というやつですか。
相手はどうやら騎士デッキの様ですが。

しかし4週連続で同じ洗脳展開で
ホープorホープレイで決着ってのは
メリハリがなさすぎないか、
この眉なしタラコモヒカンマッチョは。

「しゃーねえだろ、
 ホープで〆るのは様式美の様なもんだし
 このアニメは子供向けだから
 分かりやすいストーリー展開と
 デュエルがあればいいんだよ。」

ていうかあんまり出しゃばって大丈夫なんか?
序盤で出しゃばりすぎるとどこぞの下っ端みたいに
「ギラグがやられたか……」
「だが奴は我々の中でも一番の下っ端。」
とか何とかいの一番にやられるぞ。
「その展開は打ち切りフラグだからやめれ。」











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXAL2ReviewNumbers077.html

再放送 遊戯王5D's39話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's39話のレビューをさせていただきます 。

TURN-039 降臨!2体の地縛神

今週はアルカディアムーブメトビル目指して
ジャックが高速を爆走しているところから始まります。

アキVSミスティのデュエルでは、
ミスティ曰く
「ワタシを倒さなければ
ディヴァインを助け出す事が出来ない」
そうです。
アキはブラック・ローズ・ドラゴンを破壊されながらも
3枚の罠カードで再シンクロ召喚し、
互いのカードを全て破壊しますが、
相手のサベージ・コロシアムは
フィールドバリアにより破壊出来ません。

アキは弟はアキに憧れていて、
ダイモンエリアにアキのデュエルを
見に行って死んだと言います。
アキ自身はミスティの弟の事は知らない、
デュエル場で少年に有った事も無い、
と主張します。

どうやらアキはミスティの弟を殺害した
記憶は無い様です。
やはり象は足元の蟻に気付かなかったのか、
それともダーツの時の様に真犯人は別にいて、
ミスティにアキが殺したと嘘を告げたのか、
そのどっちかでしょう。

そしてミスティは、
アキには他人を凌駕し、支配する力が有り、
それは人を救う為にも使えたと主張します。
しかし、アキは自分にはそんな力は無く、
有るのは自分を苦しめ続ける
呪詛われた力だけと言います。

その頃、龍可サイドでは、
氷室&矢薙がレスキューに来ました。
頑丈なドアも氷室のタックル数発で
破れました。
となりの部屋に軟禁されていた龍亞も
氷室の装備魔法、ソファーによる攻撃で
ガラスが割れてレスキューに成功しまいま。
「判らんが、ここはデンジャラスだ。
 とっとと脱出しよう!」
という事で、
ビルからのエスケープ大作戦に移ります。


場は再びアキVSミスティに戻ります。
「貴女はバカチンだわ。
 与えられた力を自分の為だけにしか
 使用わないイケナイ娘ッ……!!
 貴女さえいなけば、あの子は……ッ!!!!
 ワタシは許さないッッ!!!!
 ワタシは、貴女に復讐する為に
 黄泉還ったのよ!!!!!」

ここで龍可が到着しました。
他のギャラリーも到着しました。
龍可はミスティの痣を見て
すぐにダークシグナーだと直感しました。

ミスティは地縛神 Ccarayhuaを
召喚したところで、
遊星達の痣が光りました。
そして、龍可達の周りを
赤く光った半透明の円状の膜が
被いました。

外では、シティーの住人が
光となって何かに吸い取られていきます。
何故か判りませんが、
護送中のボマーは吸い取られていません。
どうやら地縛神の召喚に必要な
生け贄リリースの為の大勢の魂なのでしょう。

「どこにいるの!!?そのモンスターは!!?」
「志村、後ろ後ろよ。」
ナヌー!!?何て巨大なモンスターなんだ!!
窓から目だけが見えるなんて!!
ていうか、高層ビル並みの巨大さじゃねえか!!
鬼柳のそれとは桁が違うぜぃ!!!!

シティーでは、
ヘリが下りてきてその中から
護送車の中のボマーの元に誰かが来ます。
男は自分をディマクと名乗り、
デーモンの斧のカードで
ボマーの手錠と足枷を切断します。
ていうか、この世界のカードって
結構硬くて鋭いな。

そしてディマクはボマーを
ダークシグナー側に勧誘します。
ボマー、ダークシグナー化フラグかよ!!

場所はダーリーVSディヴァインに移ります。
37話でディヴァインがカーリーに言った
「1ターンチャンスやる」
という言葉を
ダーリーはそのまま返します。
ディヴァインは永続魔法アポートを中心に
ストーム・サモナーや
マジカル・アンドロイドを特殊召喚し、
ライフを互角にもって行きます。

しかし!!!!
「次の展開orカード効果の独白」という
最凶最悪の敗北フラグを踏んでしまいました。
「冥土の土産に話してやろう」
の死亡フラグといい、
この敗北フラグといい、
ディヴァインの敗北はもう決定したも同然です。

フォーチュンレディモンスター2体を
リリースして地縛神 Aslla Piscuを
アドバンス召喚し、
その効果によるバーンダメージで
ディヴァインを葬ッチマー!!
「ナンじゃこの特撮の怪獣並みの巨大モンスターは!!?」
「消えなよ、
 サイキック族販促要員ディヴァイン……
 永遠の闇に……!!
 虚空烈風斬!!!!
 そして!!!!!!
 レィィィジング、ストォォォム!!!!」
「ぎにゃあああああああ!!!!!!!!!!」

Aslla Piscuの攻撃を受け、
ディヴァインのいる階層は全壊、
ディヴァインはビルの中の吹き抜けに
真っ逆様に落ちて島根県。
そして、ディヴァインが落ちる様を
アキはきっちし見てしまいました。
しかし、地縛神は揃いも揃って
フィールド魔法の無い時の
自壊効果が有りますね。
さながら自爆神というところでしょうか。
それはそうと、
『カーリー』が持っている
『アスラ』ピスクという点で、
ふとインド神話繋がりの
ネーミングではないかな、
と思ってしまいました。
まあ、インド神話のアスラの綴りは
ASHRAなんですがね。


何故か勝利までもう一歩のところで、
ミスティはデュエルを中断します。
まあ、9・11事件の様に
ビルが崩壊しそうな雰囲気ですので
仕方が無いのかもしれませんが。
ていうか、アキの伏せカードは
一体何のカードだったんでしょうか?
ミスティとの再戦の時の
フラグなのでしょうかね?


とりあえず氷室&矢薙は
龍可達を連れて逃げ出します。
アキにも退避を促しますが、
ディヴァインの墜落を見たアキは
茫然自失としていましたので、
諦めざるを得ません。


外ではデュエルが終了&中断した為、
二体の地縛神は消滅しました。
氷室達が出たところにジャックが到着しました。
しかし、ジャックは氷室の制止を聞かず、
崩れそうなビルの中に入ってしまいました。

中でカーリーの眼鏡を発見したジャックは
必死でカーリーを探します。
そこにうつ伏せで気絶していた
アキを発見しました。
とりあえず姫ダッコで外に連れ出します。


そのカーリーは……
ビルの屋上にいました。
「あたしは……あたしはいったい……」
カーリーの脳内にダーリーとして
ディヴァインを葬ったヴィジョンが
蘇ります。

「カーリー、それが貴女の運命なのよ。」
泣き崩れるカーリーの前にミスティが現れました。

「貴女は選ばれたのよ。
 私と同じ様に……
 私達は死の神に見込まれた。
 貴女に死亡確認の王大人{ワンターレン}が訪れた瞬間、
 貴女が死にたくないと強く願い、
 その神は私達の願いを叶えた。
 私達はもう、この世界の住人じゃない。
 その証がこの痣……。」
「うそ……うそぉ……!!!」
「いいのよ……今は受け止め切れないでしょう……。
 でも、貴女にはすぐに理解る。
 自分の運命が……。
 いいのよ。
 今の私が受け止めてあげる……。」
と、ミスティは泣きじゃくるカーリーを
強く抱きしめました。
やはりミス×カーでしょうか?

そして、ダークシグナー所属の
ヘリが到着したところで来週に続きます。

来週では、
アキの回想でアキのパパが
デュエル中にアキのサイキックパワーで
バニシングストライク状態に
なっています。

そして、重傷から目が覚めたアキは、
遊星に諸手突き飛ばしをしています。
そしてパパに対して反抗期に入って
遊星とデュエルをします。
いやぁ、久し振りの遊星のデュエルですね。
果たしてどんな事になるのやら。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn039.html