FC2ブログ

遊戯王ゼアル69話レビュー

今回は遊戯王ゼアル69話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-069 集いし三勇士、未来を懸けたラストデュエル!

今週は遊馬&カイト&シャークが
スフィア・フィールド砲でアストラル世界を
友愛せんと企むフェイカーとの3on1デュエルから始まります。
スフィア・フィールドの中にはアストラルが囚われており、
きちんと観客として小鳥もいます。

ここでスフィア・フィールドから
フェイカーにパゥワァーが流れたかと思うと、
フェイカーがいきなりビルドアップして
フェイカーと古代の機械巨人が融合した様な
コスプレの出来損ないになって島根県。
そしてエコーがかった声になりました。

ここで早速フェイカーのナンバーズ、
最強のナンバーズこと
No.53 偽骸神Heart eartHだそうです。
攻撃力が100ですが
相手の罠・魔法・モンスター効果を受け付けません。
もろOCG化で弱体化フラグが立つ効果ですな。
遊馬は希望皇ホープをエクシーズ召喚しますが、
永続罠、バトル・ルートで強制バトルモードになり、
「何故攻撃力100のモンスターで
 強制バトルモードに突入させる……
 俺達に攻撃をさせるのが奴の狙いだろう。
 だから迂闊に……」
「悩んでたってルール上攻撃しなきゃいけねえから仕方ねえ!」
ていうか人の話を聞けよ遊馬。
Heart eartHの効果で攻撃力ではかなわず、
何とか攻撃力を凌いでも
ダメージ効果とライフ回復効果がついてきます。

ここでシャークが何か苦悶の表情をうかべました。
これは一体!!?
腹部からシャレにならねえ程の出血が!!
前回のオボット軍団とのリアルファイトで
負傷したとの事です。
普通ならデュエルどころか
横になって安静にしても命の危険に関わる出血やで、
いやマジで。

「No.32 海咬龍シャーク・ドレイクをエクシーズ召喚!!
 遊馬、お前のデュエルが俺にヒントをくれた!
 装備魔法、シールド・フィンを発動!!
 遊馬、貴様のホープを借りるぜ!
 フェイカー!この時を待っていた!」
「e?」
ってフェイカー表情豊かすぎ。
「シールド・フィンの効果により
 ホープの攻撃力をエンドフェイズまで0にして
 戦闘では破壊されない!!」

「Heart eartHの弱点に気づいたか。
 確かにダメージは食らうがたったの100だ!
 ホープの攻撃力が0になった事で
 攻撃力アップの効果は0のままだ!
 Heart eartHの効果は1ターンに1度だけ、
 そして攻撃力がアップしなければ
 ダメージを与える効果も使えない!
 シャーク・ドレイク、やっておしまい!」

「飢えた鮫がかすかな血の臭いを嗅ぎつけたか。
 だが貴様の希望も廃棄してくれる!
 効果により与えたダメージと同じ数値分
 相手にダメージを与える!!
 このジーニアスの裁きを喰らえ鷹爪三角脚!」

「だが貴様らの想い、この俺が受け継ぐ。
 銀河眼の光子竜を特殊召喚!!」

ここで三人のエースモンスターが揃い踏みだぁ!!
しかしカイトの体調もボロボロだ!!
「『確かにシールド・フィンの効果なら
  奴にダメージを与えられる。
  しかし問題はオーバーレイユニットを使う効果……
  奴にダメージを与えてもその分こっちに跳ね返ってくる……!!』
 ホープでHeart eartHを攻撃だ!!」

「シールド・フィンの効果発動!!
 シャーク・ドレイクの攻撃!!
 ダメージは速攻魔法、
 フォトン・プリヴェントで無効にする!!」

「カイトにはまだ銀河眼がいる!
 この攻撃が通れば……」
あ~~~!!!!
シャークが失敗フラグにジャンピングニーで踏んでしまった!

「Drフェイカー、
 俺はずっとアンタの命令を守ってきた!
 ナンバーズハンターとなり、
 罪無き人々の魂を狩り続けて来た!
 ハルトを助けられると信じて!
 だが、それは口八丁手八丁のペテンだった!」

「お前は~~~~」
「絶対に俺はお前を許さない!
 ハルトに……そして多くの魂に!
 懺悔の用意は出来ているか!!
 破滅のフォトンストリーム!!」
やったか!!?いや、多分失敗フラグだ!!
案の定Heart eartHは黒い竜に姿を変えていました。
「お前は~~ア~ホ~かあああ!!!!」
急転直下の展開で来週に移ります。

来週はシャークの口走った失敗フラグに助けられ、
フェイカーが新しいナンバーズを召喚しています。

しかしフェイカーの側にも異変が起きつつあります。
何だこの紫の光は!!?
新しいナンバーズは
偽骸神龍ハートアース・ドラゴンだそうで。
遊馬はお前は一体誰なんだ!!?と言っていますが、
ここに来て新キャラとかじゃないでしょうな?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers069.html
スポンサーサイト

再放送 遊戯王5D's30話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's30話のレビューをさせていただきます 。

TURN-030 我が名はクロウ!飛べブラック・バード

今週は、どこかの倉庫らしきところで
謎のマーカー付きのデコM男が
何かを探しているところから始まります。
ていうか、カード泥棒じゃあんか。
その頃、不審な放置Dホイール有りとの通報に
セキュリティーが2人やってきました。
セキュリティーでさえ知らない
改造車両みたいだそうです。
と、その時リモコンが働いたみたいに
Dホイールのスイッチが入りました。


その頃、遊星はゴドウィンと会見をしていました。
見たところどこかの作りかけの海峡道路の道路の上です。
そこでゴドウィンは何故D・ホイールに乗るのかと
遊星に問いますが、遊星はノーコメントです。
次にゴドウィンはこの橋はシティーとサテライトを
結ぶ予定だったと言い、
遊星ならこの橋を繋ぐ事が出来るかも知れないと言います。
遊星はおまえほどの権力者なら
この橋を架けられたと言いますが、
ゴドウィンは
「サテライトの災禍いをシティーに繋ぐ事になる」
という理由で出来ないと言います。


場所は変わって
セキュリティーの建物に移ります。
謎のD・ホイールがレッカー移動されて来ています。

どうやら、セキュリティーをまんまと使って
運ばれてきたD・ホイールで
トンコここうとする作戦の様です。
侵入時の通気孔は盗品がかさんで
通れないそうです。

デコM男はD・ホイールのところまで
感知センサーを無視して強行突破、
スーパーダッシュで到達します。


名前はクロウというらしいこのデコM男は
ブラックバードという名前のD・ホイールに乗って
逃走を図ります。
どうやらD・ホイールを
セキュリティーに潜入させる為に
わざとレッカー移動させた様です。
監視カメラでダミー映像を使う辺りといい、
見かけによらずかなりクレバーな男の様です。


セキュリティーも黙ってはおらず、
ライディングデュエルを挑みますが、
伏せカードの名前と効果を独白すると言う
敗北フラグをもろ踏んでしまい、
2ターンでBF{ブラックフェザー}という
新カテゴリーのモンスター群の速攻攻撃を受けて
速攻敗北しちまー。


しかしこの先は地割れによる断崖があります。
しかし、クロウはスピードを逆に上げました。
それもそのはず、
ブラックバードの後ろの部分の
翼のようなものが急に開き、
飛行機みたいな形状になりました。


その牛尾は、
闇のデュエルで半壊した病院にいました。
KEEP OUTのシールも回りに貼ってあります。


その牛尾に狭霧ちゃんが
前回のデュエルの様子を克明に記録した
ビデオを見せました。
しかし、狭霧ちゃんって
結構気が強いところもあるんですね。
でなけりゃ、ジャックの秘書なんて
務まりませんやね。
という訳で、ジャックを捜索する事になりました。


場所は変わってどこかの廃工場では、
子供達が遊んでいます。
そこにクロウがやってきて
盗んだカードを子供達にプレゼントし、
「セキュリティーにパクられる様な悪さをしたら
 マーカーをつけられるのでするな、
 言う事を聞くヤツは、
 いつか必ず俺がここから出してやる。」
とも言います。


そしてクロウはTVのニュースで
遊星がキングになった事を知ります。
遊星とクロウはどんな関係なのでしょうか?


ここで再び場所は遊星サイドに映ります。
「そんな矢追純一チックで非ィ科学的な
 怪しさ大爆発のオカルトを信じろと言うのか?」
と言う遊星に対し、
シグナーの敵はダークシグナーであり、
5000年を周期にタイマンを
繰り返してきて、
前のタイマンで赤き竜と5体の龍の元、
邪神をナスカの地に封じ、
その後、赤き竜は5つに分けられ、
人間界に封印された、と言ってます。


そしてサテライトに存在する
モーメントのプロトタイプが存在しました。
 17年前、モーメント研究開発部
 MIDS
 (MORMETN  -INVESTIGATION AND
 DEVELOPMENT-SECTION)は、
  シティーの利益を優先させる為に
 制御システムが不完全なまま
 第一号モーメントを指導させて島根県。
しかしプラスの回転をする筈のモーメントが
誤作動でマイナス回転を始め、
サテライトをバシュタール公国にしてしまいました。


その同時刻、ナスカでもモーメントと同じ量の
エネルギーを放出しており、
ダークシグナーの封印が弱まった事を
示唆しています。
もしシグナー側が負けたら世界は
地獄と呼ぶ世界に変貌してしまうとの事です。
遊星はサテライト住民を避難させろと要求しますが、
ゴドウィンはシティーが戦いの場になると却下します。
遊星はサテライト住人ならいくら死んでも良いのか、
更に抗議をしますが、
サテライトを救いたければダークシグナーを止めろと
言われてしまいま。
と言うと、橋の下からシップが現れました。
遊星のD・ホイールも中にあります。
そして五人目のシグナーとは一体!!?


その頃、急モーメントのところでは、
ダークシグナートリオが
悪役らしい笑いをしていました。
悪者は意味も無く笑い続ける。
千葉メガトロンが言っていましたねえ。
「やかましかばい馬鹿管理人。」


その頃ジャックは雲隠れ先でうなされていました。
起きたと思ったら、昨晩のデュエルの回想が流れています。
側にはカーリーが机を枕にして寝ています。
と、ここでノックしてもしもーしが入りました。


ドアの外では狭霧ちゃんと牛尾がいました。
どうやらカーリーが諸田真…もとい、
ジャックを拉致ったと思われている様です。
と、ここで自分がカーリーに頼んだのだと
ジャック本人が出てきました。
狭霧ちゃんの説得もむなしく
ジャックは二人に出て行けゲットアウトと
言います。


狭霧ちゃんと牛尾は
あえなく退散しましたが、
ここで牛尾が「御影さん」と
狭霧ちゃんを名前で呼びました。
ていうか、狭霧ちゃんを
ファーストネームで呼んだのは
牛尾が始めてじゃねの?
しかし肝心のジャックには
ファーストネームどころか
一度も名前を呼んでもらっていませんが。


『何だかよく理解らないけど、
 とっても勝った気がする。』
カーリーよ、何にだね?

「腐女子的妄想中悪いが、
 一人にしてくれ。」
と、ジャックは奥の部屋に引っ込みました。


その頃遊星は、
ゴドウィンのシップでサテライトに移動していました。
そして、そのシップからD・ホイールで
空からサテライトに上陸しました。
その遊星を瓦礫の上から見下ろすのは、
何とブラックバードに乗ったクロウ!
果たしてこの二人は知り合いなのでしょうか?
来週に続く。


来週では、
新キャラのクロウが遊星の知り合いで
サテライトの仲間である事が判明します。


ていうか、このクロウと言うデコMと
遊星はかなり仲がいいらしく、
普段は仏頂面の遊星も
かなり嬉しそうです。


それはそうと、クロウはお尋ね者ですので、
セキュリティーに追われていて
とりあえず遊星とタッグを組んで
セキュリティーにタッグ・ライディングを挑みます。


なにやらビットみたいなモンスターやら
クロウのBFモンスター、
そしてOCGでは益々弱体化して
微妙な能力になったターボ・ウォリアーが出てきます。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn030.html

遊戯王ゼアル68話レビュー

今回は遊戯王ゼアル68話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-068 崩壊への序曲・ スフィア・フィールド砲の脅威!

今週は優勝直後にフェイカーのところに送られて
フェイカーがアストラル世界を友愛滅ぼす
最後の仕上げをするとかのたまっているところから始まります。
遊馬とアストラルはアストラル世界を滅ぼす
スフィア・フィールド砲(動力源:ナンバーズの力)の
弾丸になってもらうとの事です。

その頃カイトはハルトの元に行きますが、
ハルトハウスにはハルトはいません。
フェイカーサイドでは
操られいそうっぽいハルトが現れました。
ハルトはスフィア・フィールド砲の
十字形の穴にはめ込まれ、
苦悶の表情でエネルギーを放電しています。
「ナンバーズのエネルギーを弾丸として
 それをハルトの力を使って撃ち放とうというのか!!?」

一方ナンバーズクラブを含めて
観客は全員会場から避難していますが、
小鳥の姿が見当たりません。
ここで唐突にバイクに乗って明里がやってきました。
その小鳥は崩壊しつつある会場に戻ってきています。

その頃カイトのデッキが光り、
ハルトの力で得た超銀河が
何かを訴えようと光っています。
しかしここでハルトハウスが崩れチマー!!

ここで小鳥がガレキの下敷きになっている
カイトをハケーンしました。

そのハルトはスフィア・フィールド砲に埋め込まれて
絶叫と共に苦悶の声を上げています。
そしてアストラル世界の滅亡とフェイカーの野望の成就も
刻一刻と目の前に近づいている!!

一方シャークもハートの塔の中を
遊馬を捜して探索しています。
そこにカイトの上のガレキをどけとうと
奮闘している小鳥とオービタル7が。
とりあえずはカイトを助け出しましたが……
しかしカイトとシャークは話がかみ合わず、
ギスギスしています。

「俺は礼が欲しい訳でもこいつとデュエルをしたい訳でも無い!!
 俺は遊馬を助けたいだけだ!!
 スフィア・フィールドの中にはまだあいつがいるかも知れねえ。
 そのまま兵器にされたら……
 俺は遊馬を見殺しには出来ねえ!!
 俺の代わりにトロンを倒してくれたあいつを!!」
「助けたければ付いてこい、地下のゴミ処理場に。
 そこにハルトも遊馬もいる。」

一方遊馬は弾丸にされる寸前のカウントダウンです。
アストラルも力が衰えてきています。

一方カイトサイトでは通路が瓦礫で塞がれていて
これ以上進めません。
セキュリティーコンピューターが壊れていますので
オービタル7もアクセス自体が出来ません。
小鳥は明里の助言で階段や廊下を通って
とある部屋に着きましたが、
そこではMrハートランドが……!!
その上には砲台に囚われたハルトが!
そしてスフィア・フィールドの中に囚われた遊馬も!
そしてハートランドの命令でオボットの大群が!!
ていうかおい、デュエルしろよ!

オービタル7はトランスフォームして
ドリル攻撃で、
シャークはジャンプしてスーパーキック……
って流石に身体能力高すぎじゃねえの?
カイトも鉄棒を剣代わりにして無双状態です。
まあ常人の小鳥は鉄棒装備でも一体も倒せませんが、
これが正常なのでしょう。

「私は嬉しいのだよ!
 Drフェイカーの長年の夢が
 まもなく達成される事がね!!
 それは私の夢にもリンク繋がる。
 私はDrフェイカー様に全てを賭けて来たのだ!
 だからこそ誰にも邪魔させる訳にはいかない!
 君達もあの九十九遊馬と一緒に逝って貰おう!
 さあ、地獄の門よ、オープン・ザ・ドアー!!」

ここで地面が段々狭まってきました。
そして段々穴が大きくなってきます。
おそらくこの穴はスフィア・フィールド砲の
弾丸の通り道なのでしょう。

ていうかハルトの下の92という数字は一体!!?
そしてカイト達は物量作戦に出た
オボット軍団に追い詰められます。

「このオボット達はどこからか指示を受けて動いている筈よ!
 それを突き止めて破壊すれば……」
「なぜそんな簡単な事を今まで……
 全ての指示はポストコンピューターから
 出ているであります。
 そこに強制的にアクセスをかけて電圧を変えれば……
 有りました!あそこです!
 オービタルステップ移動!
 かしこまリングだオィラァ!
 ずっとオイラのターンで
 コンピューターに電圧を……」

オービタルのアクセスにより
フェイカーサイドに異変が生じています。
しかしオービタルはオボット軍団を止める代償に
力尽きてシマー!!!!!!!
ここでハルトの下にあった92という数字が
どんどん下がっていきます。
ていうかこれハルトのエネルギー値だったんかい。

「え?何だ!!?ちょっと待って!
 誰か!!だれかたすけてくださぁ~い!!」
とオボット軍団と共に
ファンタスティックなオジさんMrハートランドは
ファンタスティックにアストラル世界に通じる
穴に落ちていきました。
ていうかあっさりしすぎな最期ですな。
まあこのまま終わるとは思いませんが…
このまま終わる可能性も有るのが遊戯王です。
まあディヴァインオジさんの例もありますので。
 
「よくやった……オービタル!!」
「カイト様にお褒めの言葉を……本望です……」
「オービタル……有難う……」
オービタルはここで力尽きました。

そしてスフィア・フィールドのエネルギーが弱まり、
遊馬はゼアルを解きます。
ここでシャーク・ドレイクとホープのカードが
遊馬の前に現れました。
アストラルはナンバーズそのものなので
今やスフィア・フィールド内でしか存在出来ず、

遊馬に希望と未来を託して
最後の力で遊馬をフィールド外に出しました。

「そうか……この二枚のカードはそういう事か!
 シャーク、カイト、俺に力を貸してくれ!
 アストラルに託された希望と未来を守るんだ!!」
シャーク・ドレイクとホープには
一体何の意味が込められているのでしょうか?

「お前も俺に託すんだな……希望と未来を……!」
ここでそれぞれホープとシャーク・ドレイク、
そして超銀河眼の光子龍を三人が掲げます。
「俺達の心は決まったぜ!!
 みんなの未来をかけて来週デュエルで勝負だ!!
 Drフェイカー!!」
「面白い…コンピューターが自動修復するまでの
 時間潰しにはDSやPSP以上のもってこいだ。
 そのナンバーズも返して貰わねばならぬしなぁ。
 よかろう、相手になっちゃる。」
『遊馬、カイト、シャーク……
 貴方達こそみんなの希望……
 守って……未来を!!』

来週は遊馬&シャーク&カイトvsフェイカーの
3on1のデュエルが始まります。
フェイカーはマッチョになって
ナンバーズは昆虫とも悪魔とも取れない
禍々しい姿です。

ていうかフェイカーがまるで
顔が剥がれたターミネーターみたいになって
体は半分マッチョロボットになっています。
超官再びか!!?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers068.html

再放送 遊戯王5D's29話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's29話のレビューをさせていただきます 。

TURN-029迫りくる脅威! ダークシグナー牛尾!?

今回は、雑賀ハウスに一時住んでいた遊星のところに
牛尾が来たところから始まります。

「俺もゴドウィンに話があるところだ。
 繋いで貰おうか。」
という事で、
牛尾はパシリにサレチマー。

その頃カーリーは
取調べが終わって解放されたものの、
返還された持ち物の中に
遊星のデュエルを収めたビデオはありませんでした。
カーリーはそんな事は名古屋のきし麺と抗議しますが、
そんなものは無いといわれて
強制的に退去させられてしまいま。
情報隠蔽と言う奴ですな。


いつの世でも権力者というものは
都合が悪い情報と言うものを隠したがるものです。
まあ、今の日本は政府に都合の悪い情報が
捏造されてでも流れてきますがね。
全く日本のマスコミにはこまったものです。


「怯まない!!
 次の取材にレッツゴー!!
 そうよ!次の取材は……
 『ロード オブ ザ・キング』
 完成試写会なのよ!!」

ロード・オブ・ザ・リングのパク…
いや、パロですな、まんま。

試写会の場所には
大勢の記者がいます。
女優らしき人もリムジンから降りてきました。


集まった記者達は
「集まったセレブも、
 どっちらけだなぁ。」
「タイトルもロード・オブ・ザ・元キングに
 変えるべきだぜ。」
とボヤいています。

カーリーはまたしても
そこでアンジェラと鉢合わせしました。

ここでミスティーというトップモデルが
リムジンから降りてきました。
どうやらこのミスティーと言うトップモデルは
全世界の女性の憬れの様で、
カーリーやアンジェラは損家の眼差しで見ています。
ていうか、OPでカーリーと対峙していた人だ。


と、ここでそのミスティーの視線が
カーリーの視線と遭いました。
何故にWHY?

場所はパーチー会場に移ります。
主催者であろうゴドウィンが
周囲の拍手を受けて颯爽と現れました。

その様子を遊星はセキュリティーの
拘束室の中で、
ジャックは病室で見ています。
狭霧ちゃんは病室の花を取り替えています。

ナレーションでは
「ジャック=アトラス。
 彼はネオ童実野シティーのトップスに生まれ……」
と、公権力で経歴詐称をやらかしています。
そこでアンジェラがゴドウィンに
ジャックが遊星と同じサテライト出身ではないか、
と問い詰めます。

周囲の報道陣はそれを聞いて動揺しますが、
「その様な週刊誌のゴシップネタに等しい
 不確実な情報にお答えする事は出来ません。」
とファイナルアンサーを却下サレチマー。

行動派のカーリーは
ジャックに直接問い詰めようと
スーパーダッシュしようとしますが、
あのミスティーに呼び止められ、
顔が気になる、と言われ、

「貴女、死相が見える。
 歯槽膿漏じゃなくってよ。
 もうすぐ死ぬって出てる。
 でも、その時には、
 私達、もっと理解り合える事が出来る。」
と言われちまいました。
eeeeeeee!!!!!!?
こんなところでYURI、百合展開ですかあ!!?

カーリーは妖艶なお姐さんの色仕掛けに
身の危険を感じたのか、
その場からサッチマー。

一方遊星のところには
牛尾がやって来ました。
しかし、イェーガーがやって来て
牛尾はジャックをつれてくる様に
言われマシュマー・セロ。

その頃病院ではニュースの報道の姉ちゃんが
ビデオカメラの前で報道しています。
そこに謎の看護婦が後ろからぶつかってきて
そのまま去りました。
ていうか、カーリーの変装じゃあんか。
もしかしてカーリーは
武藤まひろ並の看護婦の制服好きなのでしょうか?
看護婦カーリーだぁ!!
ていうか、ザル過ぎるぞこの病院の警備体制!!

その直後、牛尾が現れました。
そして南斗!!あの蜘蛛が牛尾の背中にスニークイン!!
ダークシグナーの紋章も現れチマー!!


場所は変わってジャックの病室です。
しかしジャックは一人でいたいらしく、
狭霧ちゃんはそのまま病室を去ります。


その頃カーリーはジャックを求めて
病棟を探していますた。
しかし、ジャックはカーリーをスルーして
出かけようとします。
そこにダークシグナー化した牛尾が!


カーリーから遊星が
同じ痣を持つデュエリストと
戦ったと聞かされたジャックは、
骨折した腕の替わりとして
遊戯王初の二人羽織デュエルを
カーリーに要求しました。
狭霧ちゃん涙目でんがな。

デュエルの行方は、
ジャックが特殊召喚したバイス・ドラゴンをリリースして
アドバンス召喚したストロング・ウィンド・ドラゴンの
貫通能力でいきなり牛尾のライフを半分にしましたが、
牛尾はジャックのデッキから3枚墓地に送ります。

その間もジャックとカーリーの間では
半ば漫才みたいなやり取りが続いています。
流石エンターティナーを自称するだけの事はあります。

と、ここでカーリーが早とちりして
ヘマをやらかしました。
怒りのジャックの顔は
何故かゴヨウ・ガーディアンに似ていますた。
またまたジャックのデッキから
カードが削られます。

「危ないジャック!!
 アチー!!」
とここでカーリーが大の字で
リアル衝撃からジャックを護りました。
「おい、お前……!」


「ごめんなさーい!!
 あたしがヘマやらかしたばっかりに~」
「そのくらいのエンターテイメント性がなければ、
 面白くない!!
 お前の名前はなんてーの?」
「カーリーと申します。」
「いくぞカーリー!!
 ラストドローだ!!」
「俺と!!」
「あたしの!!」
「「ターン!!」」
と、結構息が合ってますね。



病棟の一部を大破してデュエルは終了し、
牛尾のダークシグナーの痣も消えました。
病棟の一部を大破してデュエルは終了し、
牛尾のダークシグナーの痣も消えました。
「俺を……このまま外に連れ出せ。」
「え~!!?」

という訳で、カーリーはベッドにジャックを乗せて
逃避行に付き合う事になりました。
ジャックの全身に布団を被せていたとは言え、
報道陣の中を意図も簡単に抜け出せました。
ええい!この病院の警備はどうなっとるんじゃあ!!


その頃、遊星はゴドウィンと会見をしていました。
見たところどこかの海峡道路の道路の上です。
「遊星、来週君に真実を伝えましょう。
 あれを御覧なさい。」
ゴドウィンが指差した先には、
謎の人影のシルエットが!!


来週では、
デコM男がセキュリティーの保管庫に
侵入して何かをかっぱらおうとしています。
遊星と同じでD・ホイールをかっぱらおうと
しているのでしょうか?


デコM男の名前はクロウというらしく、
ブラック・バードというモンスターもしくは
D・ホイールを扱う様です。


そこでセキュリティーとライディングデュエルが
行われます。
このデュエルには勝ちそうですが、
何やらカマセな小者臭さがプンプンしています。

さて、これからどうなるのでしょうか?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn029.html

遊戯王ゼアル67話レビュー

今回は遊戯王ゼアル67話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-067 勝利を信じて! ファイナル・シャイニング・ドロー!

今週はWDC決勝戦で海老座の聖闘士こと
ZEXALに変身した遊馬がトロンに
反撃を開始するところから始まります。

その頃重症のシャークが目を覚ましています。
何かを感じ取った様に遊馬の名前を口にしています。

そしてコート・オブ・アームズの攻撃で
遊馬のライフは残り50だぁ!!
しかもオーバーレイユニットも復活しちまー!!
トロンは諦メローネと言いますが、
ライフ100を上回るライフ50!!
こいつぁ鉄壁の勝利フラグだ!!

ところがどっこい遊馬は片膝をついちまー!!
どうやら腹が減ったそうで。
ここで遊馬は小鳥から貰ったデュエル飯を食べます。
まあ実際のデュエルでやったら即ルール違反ものですがね、
(公式ルールでもマナー違反との記載が有りますし
 『対戦中の飲食は行わない』)
トンデモデュエルの世界では余程の事でない限りは無問題なのでせう。

ゼアル化しているのかアストラルにも
デュエル飯の触感が伝わってきます。
どうやらアストラルはデュエル飯に
舌鼓を打っている様で。

「ていうか何だこの感覚は…?
 不思議だ…体の底から再び闘志が湧いてくる!!
 これが生きるという実感……
 今この瞬間に消えるとも知れないのにこの感覚!!
 面白い!!ここにいると実に面白い!!
 私はもっとデュエル飯が食べたい!!
 大盛りで二つ、いや、三つだ!!
 そして生きる事をもっと感じたい!!
 遊馬、既に勝利の方程式は揃っている!!
 私を信じろ!!」

「全ての光よ!力よ!我が右腕に宿り希望の道筋を照らせ!
 シャイニング・ドロー!!」×2

ZW-風神雲龍剣{トルネード・ブリンガー}を装備して
ゼアルウェポン二刀流だ!!
しかも風神雲龍剣は装備モンスターを破壊の対象に出来ない!!
そして雷神猛虎剣は魔法・罠カードを破壊の対象に出来ない!!
まあ対象を取らない破壊やバウンス除外は専門外、
罠カード、爆風紋章{バースト・メダリオン}でバウンスされます。
おまけにバトルを終了した上にダメ押しに
エンドフェイズにダメージと来た。

しかし遊馬は二本のZWを場に揃え、
ZW-獣王獅子武装{ライオアームズ}をエクシーズ召喚!!
ホープレイに装備して攻撃力を3000アップし、
さらにその効果は無効にされずに
メインフェイズ2に攻撃が出来、
1ターンに1度モンスターの効果を無効にして
そのモンスターの攻撃力を半分にする!!
「やっておしまい、ホープ剣トリプルカオススラッシュ!!」
ここで遊馬が勝利して優勝だああああああ!!!!!!!!!
観客はスタンディングオペレーションで遊馬を絶讃だぁ!
ついでにハートランドは呆然としていますが、

一方フェイカーサイドでは
「バイロンが敗れるか……
 だがどちらが勝とうがそんなの関係ねぇ。
 今ここでナンバーズは私がカツアゲさせて貰うよん。」
ここでスフィアフィールドに異変が起こっています。

互いのナンバーズが頭上の小さな太陽に吸い込まれていく!!
しかもトロンの紋章の力も通用しない!!
おまけにデュエルタワーが崩壊していく!!
ここで観客は全員退避しますが、
ナンバーズクラブは居残ります。
異変に気づいたシャークは遊馬のところに向かいます。

フィールドの壁に叩きつけられたトロンは
小太陽に呑み込まれていく!!
遊馬はトロンの手を掴み、
雷神猛虎剣を壁に刺して小太陽の引力から逃れようとします。
これはバイロン時代のトロンを助けようとした
一馬のシチュエーションそのものだ!!

トロンは遊馬に手を離す様に勧めますが、
遊馬は絶対に諦めねえ!!

「君が何故諦めないのか今判ったよ。
 君達のデュエルはぼくの復讐の先に存在ったんだね。
 ぼくは君や一馬の様に生きられなかった。
 でも、全てをフェイカーの思いのままにはさせない!!
 ぼくが捕らえた魂は全て解放する!!」
ここで魂が解放されたカイトとハルトが目覚めました。

「お別れバイバイだ、遊馬、アストラル……」
ここでトロンが小太陽に呑み込まれて行きます。
掌の中には三人の魂が……
そして三人の魂は元に戻って目覚めます。

ここでスフィアフィールドは消え、
遊馬はフェイカーの元に転送されます。
ついでにシャークは遊馬の元に向かっています。
あれ?ハートランドとはデュエルしないの?
てっきりハートランドはフェイカーの前の
中ボスキャラだと思ってたのに。

「さあ来週に最後の仕上げをしようか、
 九十九遊馬にアストラルゥ!!
 アストラル世界を友愛するという最後の仕上げを!!
 ウェーハッハッハ!!」

来週はフェイカーの策略で遊馬が
スフィアフィールドに捕らえられてしまったところに
崩れ落ちるスタジアムの中を駆けていく
カイトとシャークが!!

そして何故か小鳥までもが
これで解説キャラは揃ったぜ!!
その前に立ち塞がるはハートランド!!
ここでまさかハートランドがデュエルを!!?

シャークが鉄筋一本でロボット軍団を蹴散らしています。
ていうか相変わらず身体能力パネェッスね。
でもって明里姉ちゃんも登場します。
ていうかスフィア・フィールド砲って何なんよ!!?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers067.html

放送 遊戯王5D's28話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's28話のレビューをさせていただきます 。

TURN-028全てを呑み込み闇 不滅のダークシグナー

今回は、ダークシグナーなる
右手に蜘蛛の痣を持つ謎の黒フードの男と
遊星がデュエルをしている途中から始まります。
ダークシンクロ召喚という
チューナーモンスター以外のモンスターから
ダークチューナーモンスターのレベルを引いた数の
シンクロモンスターを召喚出来る
コンマイの新ネタを引っさげて
氷結のヒィッツカラルド…もとい、
氷結のフィッツジェラルドを
ダークシンクロ召喚しました。

その頃、
どこかの荒地に月のクレーターみたいなくぼ地の中では、
謎の三人のフードの男がミサみたいな集会を開いていました。


同じくその頃、
カーリー渚は遊星がデュエルしているところに
スーパーダッシュで急いでいました。
そして一瞬で到着しています。
結構健脚ですな、カーリー。


デュエルの内容は、
ダークチューナーの破壊効果と
氷結のフィッツジェラルドの攻撃で
押されているところに
遊星はターレット・ウォリアーで
巻き返しを図りますが、
フィッツの再生効果と破壊効果で
更に追い詰められ、
ドレイン・ストライクで
ライフが100になって島根県。
まあ、ライフ100は
勝利フラグなんですがね。

闇のデュエルは駐車してあった車をも吹き飛ばし、
カーリーは危うく車のシt時期になるところです。

しかし、主役法制に裏打ちされた
遊星の引きの強さ・ディスティニードローは
キーカードのニトロ・シンクロンを引き当て、
蘇生カードを駆使して素材を集め、
ニトロ・ウォリアーをシンクロ召喚し、
更にシンクロンの効果で引いた
ジャンク・アタックの効果をも駆使して
4100のライフをきっちり0にして
勝利しました。

しかし、その男ディックは
どうやら単に操られているだけで
何の記憶がありません。

そこでセキュリティーがやってきて
遊星はメンドいのでオサラババイバイし、
カーリーはセキュリティーに
周りの物を損壊した容疑で
拘束されチマー。

病院では、安静中のジャックの下に
蜘蛛がコニャニャチワしています。
洗脳フラグですか?



その頃、カーリーはセキュリティーの本部で
きっつい取調べを受けていました。
カーリーのビデオもゴドゥインに見られています。
「やはり現れた様です。」
「本当に大丈夫なのか?」
ゴドウィンの後ろに現れた謎のシルエットの男は一体!!?
言葉遣いからゴドウィンとは同僚、
あるいは上司でしょうか?


その頃のサテライトでは、
何やらみな酒びたりになっている様です。
希望も何もあったもんじゃありませんよ。
と、そこにまたまた黒ずくめのトリオが
布教しに現れました。

赤き竜は邪神で
赤き竜は愚者の地、シティーを選んだので
サテライトの賢者は反赤き竜になろう、
という内容です。


弱っ ている人間に優しい言葉をかけて勧誘する……
まんまインチキ宗教の手口そのものじゃあんか!
周りの聴衆の背中に糸が入ったかと思うと、
「サテライトに希望を!
 赤き竜は消え去れ!」
の大合唱が始まりました。


そこにラリーやブリッツが現れて
ラリーがその事を批判しますが、
精神を操られた聴衆はデンジャラスな目で
ラリー達に迫ってきますので、
ラリー達は一旦退散する事になりました。

その夜、遊星ハウスではラリー達は
「スタジアムから行方をくらませた
 疑惑のキング 不動遊星!!」
という題名で遊星を中傷する記事の
ネット新聞を読んでいました。
全く、リアルの世界でもここの世界でも
マスコミには困ったものです。
(-@∀@)「呼んだ?」

その頃、カーリーは例の抽象記事を見て
怒り心頭になっています。
しかし、拘束中なので何にも出来ませんし、
カード占いでも最悪の結果が出ました。


一方その頃遊星は、
サテライトに戻る決心をしました。
龍亞と龍可はそれを止めようとしますが、
遊星はそれを軽く窘{たしな}めます。


と、ここで牛尾率いるセキュリティーが
またまた現れました。
遊星は何を考えているのでしょうか?
遊星は素直に牛尾の前に姿を現しました。
「俺もゴドウィンに話があるところだ。
 来週までに繋いで貰おうか。」


来週では、
牛尾が取り付かれて
ダークシグナーになってしまい、
ジャックにデュエルを挑み、
ジャックがそれを迎え撃ちます。


しかしジャックは腕を骨折していますので、
何故か武藤まひろばりの看護婦のコスプレをしているカーリーに
二人羽織デュエルで自分の腕を務めさせようとします。
カーリーが「あたしのターン」と言おうとしたところに
「俺のターンだ!!」と突っ込んでいます。
流石エンターティナー、
元キング(略称元金)になっても
まだまだ飽きさせません。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn028.html

再放送 遊戯王5D's27話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's27話のレビューをさせていただきます 。

TURN-027 光なき世界 ダークシンクロ氷結のフィッツジェラルド!

今週は、ラリー達のいる
廃物不法投棄の場所から始まります。
遊星の優勝の一報を見て、
ラリー達も歓喜しています。


一方、取材陣はこの結果の一報に上も下も大騒ぎです。
取材陣もジャックの勝利を予想していたのでしょうか?
予想外の結果に予定していた記事が大幅変更って事でしょう。


その中で牛乳ビン眼鏡にオカッパロンゲの
記者の姉ちゃんがいます。
何気に服装はモクバに似ていますが。

名前はカーリー渚と言うらしいですが、
カーリーというとインドの破壊と殺戮の女神ですし、
渚は新世紀エヴァンゲリオンの渚カヲルの
渚という苗字が「シ者{ししゃ}」という
文字遊びになっていた事から
カーリー渚という名前は何か意味が有るのかもしれません。

そこに孔雀舞と神月かりんを2で割って
ちょっと御伽龍児の髪型が入った様なパッキン姉ちゃん、
アンジェラが横入りしてきました。
カーリーとはどうやら犬猿の仲みたいです。
ここで新OPが始まります。
何やら白黒の場面で実験の最中の場面で、
次には機器が爆発して蜘蛛の模様の
でかい光るものが光って
次にはシティーが崩壊していくイメージが描かれます。
ていうか、実験室の科学者が
遊星っぽい髪形をしています。
これは未来の遊星本人でしょうか?
それとも遊星の血縁者でしょうか?


次には遊星が屋上の給水タンクに立っています。
その側をスターダストが通ります。
ていうか、そこは斗貴子さんの特等席だぞ!

その次には高速道路をD・ホイールで
爆走している元キング(笑)ジャックを
メガネッ娘カーリーが車で追っています。
そのジャックをレッド・デーモンズが追っています。


そしてアキがブラック・ローズ・ドラゴンを、
クリボンを乗っけた龍可が
エンシェント・フェアリードラゴンを、
龍亞が……何やら機械の竜人のモンスターを召喚しています。
もしかして龍亞が第五のシグナーかい?

んでもって、バビディに洗脳されたかの様に
デコにMのマーカーをつけた
チビのパンク野郎の新キャラが
羽根のついた黒いモンスターを召喚しています。
どうやらこいつもD・ホイーラーらしいです。

その次にはカーリーと謎のロンゲの美女が
ドレス姿で対峙するところになります。
ていうか、カーリーかなりボインちゃんやな。
使うカードも妄想デッキっちゅーか、
キュ-ピッドデッキですか?
とりあえずはその中の1枚はバニラらしいですが。

次には遊星と遂になって
白目が黒くなった謎のフードの男が現れます。
遊星は対峙したその男と
荒廃したシティーかサテライトで
ライディング・デュエルをしています。

ホビットの様なモンスターや
さっき出たMデコのモンスターや
肩のマシンガンから射撃しまくりの
ロボット型モンスターや
ジャンク・ウォリアーが
次々と出ています。

最後には
レッド・デーモンズ・ドラゴンと
スターダスト・ドラゴンが
謎の巨大な蜘蛛の地上絵の上を飛んだ後、
謎の黒ずくめの一団が机を囲んで
何やら集会しているところに移り、
最後に遊星・ジャック・アキ・龍可&龍亞が
次々に出て〆ました。
後ろの背景には謎の黒ずくめの一団と
ゴドウィン&イェーガーがいます。


遊星コールと
サテライト出身の遊星に対する
誹謗中傷が響く中、
デュエル終了直前に
D・ホイールで転等事故を起こしたジャックが
担架で退場していきます。


そこに矢薙達がやってきて
パパラッチ顔負けの取材陣が
津波の如く押し寄せてきている事を告げ、
一緒に報道陣から逃げ出します。
いやぁ、有名人はつらいよ。

そして遊星は
スタジアム建設の時に使用されて以来
使われていない通路から帰宅につきます。
行き先は雑賀の隠れ家、
龍亞と龍可も氷室の勧めで
雑賀の隠れ家にホームステイする様です。


ここで龍可がアキと一緒に遊星とジャックとのデュエルで
謎の邪光がサテライトを崩壊させていくヴィジョンを見た、
と言いました。
そしてシグナーの事に言及した時、
おしゃべりさんの矢薙がシグナーと。
自分の冒険の日々を話す事となりました。

一報、ゴドウィンサイドでは、
早速あの光の中で何が有ったのかとの質問を始め、
赤き竜の正体やジャックが負けたのか、
ニューキング・不動遊星の情報について、という
質問の洪水が押し寄せてきました。

しかし、ゴドウィンはそれらの質問に対し、
巧みにはぐらかす様な返答でいなしています。


ここでカーリーに
遊星の腕が光った事に対して言及サレチマー。
痣の事を突っ込まれ、
ゴドウィンはちょっと顔を顰めましたが……
しかし、カーリーはアンジェラにどかんかいされて
結局は聞けないまま質問タイムは終了して島根県。
しかし、ゴドウィンはシグナーの痣の事を言及したカーリーに
何か意味ありげな一瞥をしました。
これは何かの伏線でしょうか?

場所は変わってカーリーの運転する
車の中に移ります。
中には洗濯した靴下やら着替えやらが釣ってあって
生活臭が滲み出ています。
仕事の多忙さでしょうか、
カーリーが定住をしていない事が窺えます。
ここで上司のオサーンから
ニューキング遊星からコメントを取れなかった事に
キッツーイ叱責を受けますが、
カーリーは遊星の光る腕に何か有ると感じ、
それをスクープにするからクビだけは許してちょんまげ、
と怒りの上司を宥めます。

カーリーが外を見ると、
ストリートデュエリストがデュエルをしています。
「……ストリートにもスターはいる。
 けど所詮は街角の星……
 彼らが報われる事は少ない……。
 あたしも……」
と、ここで眼鏡の中のカーリーの眼が見えました。
中々鋭い目つきですね。
しかし、周りを見渡すと、
生活観溢れる車内に囲まれ、
自分も彼らの事をえらそうに言えない状態です。

「そうよ!
 だからストリートには戻らない!!
 このチャンス、絶対モノにして見せるわよぉ!!
 表街道蝶爆走してやるんだから!!
 前進あるのみ……アレ?
 ……エンストオオオオオ!!!!!!!」
前進する前にエンストですた。


場所は変わってどこかの廃工場です。
何やらその中で怪しさ大爆発な
黒ミサのようなものがが行われています。
そこでは黒いフードを来た怪しさ大爆発な連中が
含み笑いをしております。
オマケに目が赤く光っております。
どうやらそいつらはシグナーと敵対しているらしく、
これが今シーズンの敵になりそうです。


場所は雑賀ハウスに移ります。
矢薙が何かを書いています。
「もう随分昔に見たもんだがなぁ。
 うろ覚えだが、こんな感じだ。
 ワシが聞いた星の民の伝説では、
 赤い竜の頭、翼、手、尻尾の五つの部分が
 それぞれシグナーと呼ばれる人達に
 痣となって封印されたと言う事じゃ。」
と、矢薙が書いたのは
5DsのロゴにあるΩの形をした
赤い竜の紋章ですた。
遊星はこの尻尾に見覚えがある様です。
ていうか、尻尾の部分は遊星の痣だそうです。
龍可の痣は左の爪の部分です。

その頃、ジャックは病院で
絶対安静面会謝絶の状態になっています。
病室の外では狭霧ちゃんが心配そうに待っています。
病院の外では報道陣が詰め掛けていて
面会謝絶状態にガカーリ状態です。
そこにカーリーが車でやってきました。
しかし、前進有るのみと言って
スルーしました。

「赤き竜が降臨したのです!」
「伝説の赤き竜が!」
何やら黒いフードに身を包んだ三人組が
街頭演説をしています。
怪しさ大爆発ですな。
「赤き血を振りまき、
 絶望を大地に振りまく為に
 現れたのです!
 赤き光を滅する為に、
 我等と共に立ち上がろうでは有りませんか!!」
 光を振るう、黒き闇の力を以ってして!!」

何やら空にタランスの巣の様な
蜘蛛の巣状の光が現れました。
これは一体!!?


場所は変わって夜の街の一角に
怪しげな黒いフードを被って
右手に蜘蛛の痣を持つ謎の人物が
歩いてきました。
その痣が光り、
それに呼応するかの様に
ビルの中の遊星の痣も光りました。
そこで遊星はビルの下にいる蜘蛛の痣の人物に気づきました。
そして遊星は蜘蛛の人を追跡に移りましたが、
多分誘い込まれているのでしょう。


蜘蛛の痣の人は廃ビルの中に逃げ込みました。
そこで何を企んでいるのかを問う為、
久しぶりに闇のデュエルが行われます。

遊星はブリザード・リザードの
バーンダメージに出鼻を挫かれましたが、
すぐにジャンク・ウォリアーをシンクロ召喚し、
体勢を立て直しました。
しかし、相手もさるもの、
謎のダークシンクロ召喚なる召喚にて
氷結のフィッツジェラルドをダークシンクロ召喚
ダークシンクロ召喚とは、
チューナーモンスター以外のモンスターから
ダークチューナーモンスターのレベルを引いた数の
シンクロモンスターを召喚出来る、
だそうです。

「コンマイの新商法か!!?
 氷結のヒィッツカラルド!?」
確かにフィッツジェラルドは
ヒィッツカラルドとも読めますしね。
カーリーが現場に急行し、
蜘蛛の痣の人の高笑いで来週に続きます。

新EDでは、
最初から5枚のドラゴンのカードが現れ、
瓦礫の塔に以下の連中が立っています。
謎の黒髪のドレスの美女
カーリー渚
今週遊星と戦った人
黒服の黒ずくめ
赤服の黒ずくめ
デコにM字のチンピラ
レクス=ゴドウィン
龍亞&龍可
十六夜アキ
ジャック=アトラス
不動遊星

次には五体の龍を背に
赤き竜が出てきて、
次には
それぞれの龍をバックにした
遊星・ジャック・アキ・龍亜&龍可と
謎の黒いモンスターをバックにしTあ
デコM文字のチビチンピラの
ワンショットシーンが次々と浮かびます。

次にはジャック・アキ・龍亜&龍可の
過去の放送シーンの一面が次々と移り、
遊星とジャックが映ったところで
両ドラゴンの対決、
世紀末的な都市、
以上のシーンが白黒で映ります。

次には遊星ら5人の揃い踏み、
次にはジャック・デコM・遊星が
それぞれレッド・デーモンズと
名称不明のモンスターと
スターダストを従えて
D・ホイールで爆走している場面、
そして、シルエットの遊星とジャックが
何かの建物の上から空を見上げているシーンで
〆ます。


EDクレジットでは、
色々本編で誰か特定出来ない名前が
ワンサカ出てきました。
誰が誰なのか解らないです。


来週では、
氷室が何かハケーンして
雑賀が何かを探しています。
そして敵のフードの銀髪男が
何かを言っています。


ラリー達や龍亞龍可は
次回も出番がありそうです。
果たして、ダークシグナーとの
デュエルの結果は!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn027.html

遊戯王ゼアル66話レビュー

今回は遊戯王ゼアル66話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-066 戦慄のデュエル!立ち上がれ絆の英雄ゼアル

今週は第二準決勝でカイトに勝ったトロンとの
決勝戦の途中から始まります。
ナンバーズを3体ずつ召喚してこれからが本番です。

ここで2体のナンバーズと
魔法カード、
エクシーズ・トライアングル・フォースの効果で
相手のナンバーズを一掃しました。
しかしナンバーズ2体とベルナーズ・ファルコンで
No.69 紋章神コート・オブ・アームズをエクシーズ召喚だ!!
何と言う恐ろしい効果だ後頭部アームズ!!
でも高等部はOCGでは多分弱体化されるんでしょ、
スチャラカみたいに大幅に。

ここでトロンの仮面からドス黒い瘴気が溢れてきました。
そしてトロンが仮面を取ると……
右半分がバイロンを子供にした様な顔で、
左半分は宇宙空間の様な異様な空間で構成されています。
ていうか周りの観客はARの描写だと思っています。

ⅢやⅣやⅤを役立たず呼ばわりするトロンに対して遊馬は
「親と子か…確かにそのモンスターはお前そっくりだぜ!!
 今じゃよく理解る!!Ⅲだって!Ⅳだって!Ⅴだって!
 みんな大した奴だった!!立派だった!!
 必死に自分を支えようとして
 最後にはみんなアンタの事を心配していた!!
 なのになんであんないい奴らが
 アンタみたいな奴の為に!!
 全部投げ出しちまうのか!!
 アンタァそれを親子だから当たり前だと思っている!!
 けどそうじゃねえだああ!!
 みんな信じてたんだよ!!アンタがいつか元に戻ってくれるって!!
 どうしてアンタは戻って来た時、
 あいつらに優しくしてやれなかったんだよ!!?
 どうして復讐なんて下らない事をやり始めたんだよ!!?
 あいつらはみんなアンタがいなくて寂しかったんだ!!
 不安で泣きたくて一生懸命だったんだよ!!」
と説得を試みます。

「俺はみんなからいろんなものを預かってきた!!
 アンタにそれが伝わるまでは!!
 俺は絶対に諦めねえええ!!!
 行くぜ、アストラル!!!
 奴に勝つにはZEXALの力しかねえ!!」

ここで遊馬とアストラルがオーバーレイだ!!
凄いものみたさの観客も度肝を抜かれたぜ!!
まあARと思われていますが。
「あれがハートランドシティを護るおれ達のヒーローウラ。
 その名はゼアルウラ!!」

「ゼアルウラっていうのか!!」
壮大な勘違いをしているぞ観客。
ここでゼアルウラの大合唱だウラ!
クチコミって恐ろしいウラ。

ここでCNo.39 希望皇ホープレイをカオスエクシーズチェンジ!!
しかしホープレイの効果はもらわれチマー!!
しかし魔法カード、セブンストアを発動!!
3枚ドローだ!!最強デュエリストのデュエルはすべて必然!!
ドローカードさえもデュエリストが創造する!!
ZW-雷神猛虎剣をシャイニングドロー!!
装備状態のモンスターの効果までは奪えまい!!
ていうかどこの極限流・猛虎雷神刹だ!!

「ナンバーズから奪った力にこの攻撃を避ける手段はない!!
 もらったあ!!ホープレイ、やっておしまい!!」
「これこれ、これを待ってたんだお!!
 攻撃対象になった時にオーバーレイユニットを1つ使って
 フィールド上のカード1枚、つまりホープレイを破壊する!!
 見せてあげるよ、神本来のオリジンの能力を!!」
「だが雷神猛虎剣を手札に戻して破壊を無効にする!!」

「でもバトル自体は無効に出来……」
「だが墓地からタスケルトンを除外してダメージを無効にする!!」
「そんなハート様な豚を墓地に仕込んでたとはねぇ。
 しぶといねえ、さすが一馬の息子だよ。
 つまんないところだけクリソツだ。」
ここでZW-雷神猛虎剣を装備し直して仕切り直しです。
 
「俺は絶対に諦めねえ!!
 来週このデュエルで絶対アンタにみんなの想いを伝えてみせる!!」

来週はいよいよ大詰めのWDC決勝戦、
スフィアフィールドの真の目的が明かされます。
そしてこのデュエルの結末は!!?

どうやらトロンも顔芸デビューしそうです。
そして遊馬のファイナル・シャイニング・ドローで
新カードがドローされるのでしょうか。

ていうか来週はオリンピックで休みかよ!!
まあ一週骨休みさせて貰います。
コミケも間にありますし。










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers066.html