FC2ブログ

再放送 遊戯王5D's26話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's26話のレビューをさせていただきます 。

TURN-026 シグナーたちの運命!赤き竜が導く未来

今回はフォーチュン・カップの真の決勝戦、
遊星VSジャックの途中から始まります。
いきなりレモンにジャンクがスクラップにサレチマー。


その頃、会場の天気は大湿気となっており、
今にも土砂降りになりそうな天気です。
一方ゴドウィンサイドでは
イェーガーがゴドウィンから
五人目のシグナーが確定しており、
この会場にいるかの様な言葉を示唆され、
ビックラコキマロな顔芸の後に
ワクテカな顔になっています。


遊星は罠カード、ロスト・スター・ディセントで
ジャンク・ウォリアーを蘇生させ、
更にチューナーのハイパー・シンクロンの能力で
シンクロ召喚したスターダスト・ドラゴンの攻撃力を上げて
レッド・デーモンズ・ドラゴンを撃破しようとしますが、
ジャックは罠カード、チューナーズ・マインドでそれを凌ぎ、
逆に遊星の墓地のハイパー・シンクロンを
自分のフィールドに特殊召喚し、
エクストラデッキに戻したレッド・デーモンズ・ドラゴンを
シンクロ召喚させます。


遊星のライフは1000を切った途端、
何やら雲行きがかなり怪しくなってきました。
こんな時にドーム球場じゃないのは不便ですね。
何から紅い雷が発生していますし。
その紅い雷が徐々に
何かの形状を為しつつあります。
もしかしてこれが緋き龍!!?


尾っぽと両腕にシグナーの印章{しるし}が輝いています。
「お…俺の眼はどうかしちまったのかぁ~~~!!?」
MCが目の前の緋き龍に驚き桃の木山椒の木ってます。
まあ、一般人ですからしゃーないでしょう。
龍の存在を知っている
狭霧ちゃんやディヴァインも驚いております。


阿久津の方はと言いますと、
ゴドウィンの停止命令と命惜しさに
モーメントを緊急停止させました。
どうやら阿久津はマッドサイエンティスト属性では
無かった様です。


「これで全ての条件は揃った。
 真の力を発揮するシグナー同士が決闘う時、
 デュエルは新たな次元に突入する。
 今こそ五つの力に別たれた力を束ねよ、
 ドラゴンヘッド!!」
と、ここでゴドウィンが左手を前に突き出しました。
もしかして第五のシグナーはゴドウィン!!?
何やらポッドらしきものに入れられた
腕のイメージが浮かび上がりました。


そして、緋き龍の起こす暴風は
龍可ら観客にも容赦なく襲い掛かり、
会場の上空に龍の姿が!!!!
ん?ナンジャコリャーー!!!
遊星とジャックの周りが
突然宇宙空間にナッチマー!!!!
その上を紅い円で護られた龍可とアキが
遊星達を追う様に飛んでいます。


そうこうしているうちに
目の前にインカの神殿らしき建物が!!
その前では大勢の信者が
土下座して礼拝をしております。
その前の神殿では、
五人の神官らしき者が
バンザイのポーズで祈りをしています。
ていうか、デザインはコピペだし。
デザインはコピペの五つ子ですが、
それらの右腕にはシグナーの痣があります。


ん?なんじゃこりゃあああああ!!!!!!!!!!!
いきなり紫の光がネオ堂実野シティーとサテライトを
破壊しつくすイメージが出てきたぞ!!!!
199x年じゃああるまいし!!


とりあえずデュエルは続行されます。
ちなみにスターダストもレッド・デーモンズも
戦闘では破壊されなくなっております。
前回のデュエルでの因縁のカード、
SP-ジ・エンド・オブ・ストームと
メテオ・ストリームを絡めた
罠合戦も痛み分けに終わり、
決着は遊星の魔法カード、
SP-ファイナル・アタックで〆ました。


異空間に入って決着がつくまで
赤き竜の光に阻まれて
龍亞とアキを除く観客は
誰もデュエルの経過を見れませんでしたが、
取りあえず遊星が勝った事は判明しましたので
MCによる勝利宣言がなされました。


後、ジャックがD・ホイールから投げ出されましたので、
容態が気遣われます。


来週では、
遊星が勝ってニューキングになっているところから
始まります。


その遊星へのインタビューなのでしょうか。
何やらオカッパ黒髪ロン毛の牛乳瓶メガネッ娘な記者が
片手にカードを持ってゴドウィンにインタビューしています。
何やら服はモクバそっくりです。


あ、舞さん…じゃなくて舞にクリソツな
パキーン姉ちゃんがメガネッ娘を押しのけています。
相棒でしょうか?それともライバルでしょうか?


そして、謎のフードのデュエリスト……
遊星が今回のヴィジョンで見た蜘蛛の地上絵とそっくりの
蜘蛛の痣を右手に宿しています。
これは敵方のシグナーでしょうか?


後、氷結のフィッツジェラルドって何でしょうか?
モンスターの名前でしょうか?
デュエリストの名前でしょうか?
何はともあれ、Fitzgeraldはヒィッツカラルドとも読めますので、
素晴らしきヒィッツカラルドを思い出して島根県。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn026.html
スポンサーサイト

遊戯王ゼアル65話レビュー

今回は遊戯王ゼアル65話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-065 ナンバーズ総力戦! 遊馬vsトロン 脅威の超異空間デュエル

今週は第二準決勝でカイトに勝ったトロンと
決勝戦を戦うところから始まります。

フェイカーサイドではハートランドが
フェイカーに大会中止を進言しますが、
決勝戦は予定通り行われます。

その頃遊馬は控え室で落ち込みモードです。
ここでナンバーズクラブが入ってきました。
ここでみんなの手を合わせて打倒トロンと優勝を決意します。
そして決勝戦の場に臨む遊馬に対して
後ろから小鳥がデュエル飯を。

ここで決勝戦の始まりです。
カケル他の戦ったデュエリストも
客席で応援しています。
「世紀の決勝戦の舞台となるのはハートランドシティの技術の粋を集めて作られた!
 スフィア・フィールド!!!!」

まさかこの空間は勝者からナンバーズをカツアゲする空間か!!?
ナンバーズからパワーを吸収する空間か!?
ていうかこの空間の中では重力がないんかい!
トロンはスフィア・フィールドの事を知っているそうで。

トロンは一馬の言っていた友情・仲間・諦めない心のうち友情・仲間を否定しながらも、
復讐を諦めない心で生還出来たとうそぶきます。
そして自分の息子達の事を聞かされると
3人は紋章の力の代償として敗北すると
魂を抜かれた事を知りながらも
鉄砲玉として送り出した事を嬉々として語り、
悪いのはフェイカーであり
何故一馬を奪ったフェイカーに復讐しないのかと問います。
そして復讐を否定する遊馬に
一馬自身が復讐を望んでいるのではないかと問います。

「ナンバーズにはこの世界を滅ぼす
 強大な力が宿っている。
 だとしたら君はこの世界に報復する使者に
 力を貸している訳だ。
 一馬がこの世界に送り込んだアストラルにね。
 君だってそんな恐ろしい力を集めているんだろ。
 フェイカアアアア!!!!!」
まあvsカイトの時でも判る様に
トロンの嘘っぱちの可能性も有りますがね。

ナンバーズが世界を滅ぼす力を秘めていると知り、
アストラルは動揺しますが、
遊馬はあくまでアストラルを信じます。、

『遊馬!アストラル!もっと力を出すんだ!
 君達が力を出せば出す程自分の首を絞める事になる。』
何!!?それはどういう事だ!!?
ここで白輝士イルミネーターと
No.30 破滅のアシッド・ゴーレムと
No.8 紋章王ゲノム・ヘリターが揃っちまった!

「ゲノム・ヘリターの効果でニンジャ野郎の攻撃力を0にして攻撃!」
「俺はクリムゾン・シャドーの効果を……」
「待て遊馬!罠カード、ハーフ・ガードを使え。
 モンスター効果で攻撃を無効にしてもダメージは受ける。
 このまま攻撃を受けたら我々は……」
「ならば罠カードで戦闘破壊を無効にして守備表示にする!」
「だが残りの二体で攻撃だ!!
 オーバーレイユニットが無くなったニンジャは退場だ!!」

しかし遊馬も
No.34 電算機獣テラ・バイトと
No.17 リバイス・ドラゴンと
No.39 希望皇ホープを召喚だあ!!

「でも本当の勝負はここからだよ。
 来週ぼくの怖さをたっぷり見せてあげるよ。」
「臨むところだ!」

来週の決勝戦はナンバーズのバーゲンセールで
トロンの切り札が現れるそうです。
紋章神かそれとも新しいナンバーズか?

それからトロンの仮面が取れるとの事ですが、
まさかハルトの時の様に
一馬の顔とかじゃないでしょうね?
まあ素顔っぽそうですが。
そしてここでZEXALウェポンです。
新ウェポンか?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers065.html

再放送 遊戯王5D's25話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's25話のレビューをさせていただきます 。

TURN-025
フォーチュンカップ ファイナル 孤高のキング ジャック・アトラス

今週は、謎のトレーラー(?)の荷台の中に
ナーヴ・ブリッツ・タカ・ラリーの
サテライト四人組が拉致監禁されているところから始まります。
おそらくはゴドウィンの差し金でしょうが、
真にクレバーならば、幽遊白書の黄泉の様に、
実際には人質をとらずに脅迫する方法を取るでしょう。


場所は変わってフォーチュン・カップの会場では、
アキ、そして遊星や龍可のシグナーの痣が
シンクロニティして紅く輝いています。


遊星は矢薙達の下にスーパーダッシュで駆け上がり、
会場から退避する様に促し、
自分はゴドウィンと話を付けてくると言います。
矢薙達は遊星の促しに従
会場を後にしようとしますが、
そこにイェーガーが現れ、
遊星の仲間達を人質に取っていると言われ、
止む無く会場に戻らざるを得ません。


その頃遊星は……
ゴドウィンのところに話を付けに行く為、
立ち入り禁止区域にツカツカと乗り込み、
SPを遊星式昇竜拳と大パンチ+旋風脚で
軽く伸して島根県。
ていうか、昇竜拳と旋風脚を使いこなす辺り、
遊星の身体能力のスペックも異常でんな。


ゴドウィンサイドでは、
事情を知らない牛尾が大会にキナ臭さを感じ、
ゴドウィンに大会の中止を提言していました。
しかし、当然ながら却下されマンボ。
しかも、そこに遊星が現れ、
場違いオヤジとして牛尾は
強制退去させられマッポ。


遊星がゴドウィン
朋友を拉致ってまで大会出場を強要した
真の理由を問いますと、
代わりにジャックが
ゴドウィンの目的は
シグナーをシティーに集める事、
と説明しました。


そして、
2年前にゴドウィンの誘いに乗って
シティーにやって来た事、
ゴドウィンの目的はジャックなどではなく
遊星であり、
遊星がゴドウィンの誘いに乗る尻軽男ではないと
熟知しているゴドウィンは、
ジャックを引っ張り出せば、
遊星もサテライトからのこのこやって来る、
そう考えたそうです。
では、回想タイムに移ります。


二年前・・・・・・・・・・・・・
サテライトのある一角で
ラリーがならず者トリオに
追われていました。
そこにジャックが颯爽と現れて
ならず者トリオを追い散らしました。


場所は変わって、夕方の古劇場跡です。
ラリーはジャックに礼を言いにきたついでに
明日遊星がD・ホイールを試験走行するので
ジャックも来る様に誘いますが、
ジャックの態度はなしのつぶてです。
「俺は奴とは違う……。
 何かあった訳じゃない。
 ただ、目指すものが違うんだ。」
だそうで。


夜になって、
ジャックの下にイェーガーが現れましゅた。
何でもゴドウィンがジャックを
シティーに誘う意向がある事を、
シティーに君臨する王が必要だという意向を
ジャックに伝えます。

王の存在はシティーの象徴として
市民に夢と希望を与え、
引いてはシティーの発展と治安維持に繋がるだろう、
との事らしいです。
明日の夕方御前、
1時間だけパイプラインの流出が止まるので
シティーへのパスポートとして
レッド・デーモンズ・ドラゴンと
スターダスト・ドラゴンのカードを
どんな手段でもいいから揃えて
シティーに来る様に誘います。


と、ここでジャックの足元にゴキブリが出てきました。
これは何かの象徴でしょうか?
画面からは見えませんが、
ジャックはそのゴキブリをストンピングで抹殺しました。
スラムのゴキブリな生活はうんざりと言う事でしょうか?


そして、何やらラリーがジャックに呼び出されています。
ジャックによれば、ラリーに頼み事が有る様です。
時を置かずしてD・ホイールの試験走行の
準備をしている遊星のところに
ジャックからラリーが拉致られたという
情報が入り、ラリー捜索網が布かれましたが、
何とそれはジャックの自作自演の狂言だそうで、
ジャックはラリーを気絶させた後、
縛り上げて木の小船に乗せた後、
海の上に放逐しました。
このままでは沖に流され、
転覆してドザイモーンです。


ジャックは遊星にラリーの命が惜しければ
スターダストをちゃぶ台といいます。
それともラリーがドザイモーンになるのを見ながら
自分との決着をつけるのかの二択を迫ります。


ジャックの言葉が終わらないうちに、
遊星は躊躇わず極寒の荒波に身を投じ、
ラリー救出に向かいました。
その隙にジャックは遊星のポッケから
スターダストをパクり……
D・ホイールまでパクッチマー。
そのまま3話の遊星の時の様に
パイプラインを突破しました。


ラリーは波間に流されましたが、
間一髪遊星にレスキューされました。
「ゴメンよ遊星……
 おれの為に……。」
ラリー の HP{ヒロインポイント}が 5 あがった
ここで回想が終了します。


ここでジャックはラリー達人質を
解放する様にゴドウィンに迫ります。
遊星はトンコしたりはしない、
俺達の決闘に姑息な罠など必要ないとの事で、
ゴドウィンも人質は必要ないと判断し、
ラリー達を解放しました。


解放されたラリー達の前には
フォーチュン・カップが開催されている様子が
映し出されているTVが有りました。
そしてジャックは
狭霧ちゃんの激励を受けて出陣します。
ゴドウィンサイドでは、
何やら五人目のシグナーが
既にハケーンされているかの様な発言を
口にします。


デュエルでは、
Vジャンフェスで配られた
シールド・ウィングが早くもアニメに登場し、
それをジャックがツイン・ブレイカーで
戦闘破壊体制を逆手にとって
遊星にダメージを与えます。


そしてジャンク・ウォリアーで
何とかライフをタイに持ち込んだ遊星に対し、
ジャックは蘇生系罠・強化蘇生と
チューナーのダーク・リペアラーで
早くもレッド・デーモンズ・ドラゴンを
シンクロ召喚します。


来週では、
何やらハイパー・シンクロンなる
レベル4チューナーが出てきています。
基本スペックや効果は不明ですが、
それ次第ではフレムベル・マジカルや
シンクロントリオが涙目の可能性も出てきます。


そして、
レッド・デーモンズとスターダストの激突……
どの様な展開になろうとも、
試合は白熱する事間違い有りません。


それにしてもゴドウィンの
「シグナー同士が決闘う時、
 デュエルは新たな次元に突入する。」
とは一体何を意味するのでしょうか?
遊星VSジャックは
物語の進行上どちらが勝っても
おかしくは有りませんし。
何せVジャンでは
万丈目が十代に勝利しましたからね。











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn025.html

遊戯王ゼアル64話レビュー

今回は遊戯王ゼアル64話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-064 ネオ・ギャラクシーアイズ咆哮! 闇を打ち砕く兄弟の絆

今回は準決勝{セミファイナル}のカイトvsトロンのデュエルの続きです。
トロンの策略でトロンを傷つけるとハルトも傷ついてしまい、
カイトはどうする事も出来ませんが、
苦渋の決断で攻撃を続行します。
そして遊馬はオービタル7に乗ってハルトのところに向かいます。
ところがセキュリティーシステムで
レーザー攻撃の嵐でお出迎えだぁ!!

トロン装備魔法、破滅の紋章の効果発動により、
互いにダメージを受ける事で、
映像のハルトはグターリしちまったぁ!!

フェイカーも絶叫しますが、
これが親としての息子への心配なのか
それとも野望の道具がおシャカになった事への怒りなのか
どっちなのでしょうか?

ここで遊馬が突入して
ハルトの容態を確かめますが……
別にぐったりしてはいません。
どうやらハッタリの様で。

ここで遊馬の手を握るハルトの手から
青白いドーム上の光が広がり始め、
遊馬とアストラルは再びハルトの精神世界に。

ところがコテージから無数の黒い蛇のようなものが!!
それらの黒いものはやがてトロンの形を!!
ここでトロンは黒い竜に形を変えました。
遊馬はホープで迎え撃ちます。
「ホープ!ハルトの中に巣食う邪悪な心を叩っ斬れ!」
そして竜は再びトロンの姿を取ったかと思うと倒れ、
遊馬は吹っ飛ばされて現実世界に戻され、
現実世界のトロンも吹っ飛んでいます。

「という訳で貴様だけは断じて許す事は出来ぬ!
 懺悔の用意は出来ているか!!?」
赤い怒りの気迫にカイトが包まれています。
ここでトロンが鉄仮面を被り直します。
素顔を見せるのはネタバレになりますので。

ここで超銀河眼の光子龍をエクシーズ召喚!!
ゲノム・ヘリターの効果を無効にして撃破だぁ!!
しかし永続罠、無敵の紋章により、
攻撃力ダウンでダメージは軽減されて700残っちまったあ!!

「全ては君のおかげだよ、ありが㌧カイト。
 君の憤怒りが眠れる紋章神を呼び覚ましてくれたあああ!!!
 憤怒りを解放せよ!!
 No.69 紋章神{ゴッドメダリオン}
 コート・オブ・アームズをエクシーズ召喚!!
 こいつを操るには莫大なエネルギーが必要なんだよ。
 そう、そのエネルギーの名前は憤怒り……。
 ぼくには感情が無い。純粋な怒りが無いんだよ。
 だからみんなに怒って貰ったのさ。
 ドロワやシャーク、ぼくの三人の息子達さえも使って。
 怒りを貯金してきたんだぁ~。
 癇癪持ちの君は良くブチギレてくれたよ。
 ハルトの事になると尚更ブチギレ金剛さ。
 おかげで見てよおおおおおお!!!
 コート・オブ・アームズを呼ぶ事がでけたあああ!!!」
まさか新しいナンバーズか!!?
遂にシックスナインのナンバーズがキタ━━━(゚∀゚)━━━!!
憤怒の感情って事はまさかここで
七つの大罪ネタが始まるんじゃあないでしょうな?

ここで遊馬はオービタル7を背負って
カイトの元に向かいます。
ていうかオービタル7がいなければ潰れたトマトになってたぞ。

「コート・オブ・アームズはオーバーレイユニットを使わなくても
 効果を発動でけるチートモンスターだ。
 自分以外のフィールドのモンスターの効果を無効にして
 その効果をすべて頂戴してごっつぁん。
 超銀河から強奪した効果で
 超銀河のオーバーレイユニットを全て
 墓地送りにして攻撃力をアップし、
 更にその数だけ自分の効果で攻撃が出来る!!
 ゴッドレイジ!サンレンダァで君を味わいつくしてあげるよ!
 そしてフェイカアアアア!!!!よく見ておけ!!!!
 キシャマのバカ息子がのたうつ様を!!!!
 まずはイチレンダァ!ニレンダァ!
 けどまだ倒れさせてあげない!
 だって君の怒りはこんなもんじゃないだろぉ?
 ライフは0になってもまだまだ止めのサンレンダァ!!」

最早観念したかの様に攻撃に対してまぶたを閉じるカイトですが、
そこにその攻撃に割って入る何かが!!?
南斗!!それはハルトだあああ!!!!
「兄さん……ありがとう……」
そう言うとハルトは光となって消えました。
とりあえずはトロンの勝利です。

「僅かに残った力を兄の為に使ったか……
 取り敢えずナンバーズは回収するとして……
 復讐の記憶は……まずまず、不味いね。」
とトロンは異次元に消え、
カイトは眼を覚まさずに来週に移ります。

来週は遂にファイナルマッチ、遊馬vsトロンが始まります。
スフィアフィールドというのはフィールド魔法の事でしょうか?
ナンバーズには世界を滅ぼす力が有るだと!!?

まあその程度のトンデモ展開は慣れていますがね。
ここでアシッド・ゴーレムが召喚されて遊馬を攻撃します。
それに対して遊馬はクリムゾン・シャドーを召喚します。
ナンバーズがバンバン惜しげもなく召喚される展開で、
超異空間なる場所でデュエルが行われます。
そうすると観客は観れないんでしょうか?










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers064.html

再放送 遊戯王5D's24話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's24話のレビューをさせていただきます 。

TURN-024
ヴィクティム・サンクチュアリ 破壊を包む星となれ!スターダスト・ドラゴン

今回は、フォーチュン・カップ決勝戦で、
ドM主人公遊星とドSヒロインアキが
決闘しているところから始まります。
ジャンク・ウォリアーをシンクロ召喚する時に
「集いし(略)」という決め台詞が有りませんでしたね。
やはり放送時間と言う大人の都合でしょうか。


周りや矢薙達は遊星が反撃した事に昂奮していますが、
龍可は何かを感じています。
『遊星は……ただ決闘ってるんじゃない……。
 何かをしようとしているのよ……。』


デュエルの方は、
ジャンク・ウォリアーで
ローズ・テンタクルスを撃破して
何とか持ち直しましたが、
ブラック・ローズ・ドラゴンが
シンクロ召喚サレチマー。


ブラック・ローズ・ドラゴンのシンクロ召喚により、
遊星のシグナーの印章が反応しました。
ブラック・ローズ・ドラゴンの攻撃により、
観客席にまで甚大な被害が及んでいます。
観客は次々と顔芸はゴーホーム帰れ!!と言いますが、
仕方が無いと思います。
超人レスリングのルールでも
観客に危害を加えてはならないという
ルールがありますし。


「そうね……その通りよ……
 私は魔女っ子メグ……
 苦痛みを与えて、
 それを喜ぶSでサドな
 イケナイ顔芸女!!
 じっっっつに悦楽しいわ!
 私を孤独に追いやる全ての者共に、
 私の能力{ちから}によって
 苦痛みを与えるのが!!
 本当に悦楽しい!!!!
 オーッホッホッホッホ!!!!!!
 コールミークィィィィン!!!!!!!」
ヒロインが顔芸とは!!
眼もイッチマーですし。
これまでの遊戯王でさえ無かった快挙!!


『コーヒーカップに乗っている
 死刑囚ドリアンの様に、
 真底悦楽しんでいる……。
 だが……その愉悦びを彼女自身は……』


アキは、この印章{しるし}と能力{ちから}が無ければ
他人{ひと}の苦痛みに快楽を得る事もないと、
私は私を嫌悪む、
押さえきれない破壊への劣情{おも}いに
私は生きてはいけない存在だと思った、といいます。
しかし、思いは募れば募る程
それは破壊の衝動に転化されていくばかりで、
そしてアキはもう一人の自分、
魔女の人格を創造り上げました。


BAOH来訪者のウォーケンによりますと、
「必要以上の力を持った者は
 常に苦しみと共に生きていかねばならない。
 それが俺やお前の様なバケモノの定めよ。
 私がこの手でお前の苦しみを
 闇の彼方に葬ってやろう。」
(アニメ版での台詞)
だそうです。
そう言えば、ウォーケンも能力制御の為に
ヘッドホン(アニメではバンダナ)を付けています。
アキの髪止めと被っていると思いました。


アキは面倒事は全てディヴァインが考えてくれるので、
何も考えずに感じるだけでいい、と主張しますが、
遊星はそれを単なる『逃げ』だと指摘し、
自分自身で考える様に促します。
ブラック・ローズ・ドラゴンの全体破壊により
会場は崩壊の危機に瀕する可能性がありましたが、
遊星はスターダストの破壊無効効果、
ヴィクティム・サンクチュアリを使用い、
その効果を無効にします。


そして、
フェニキシアン・クラスター・アマリリスの自壊効果で
アキの仮面の下の部分が欠け、
アキの口周りの表情が見える様になりました。


遊星はアキに
「SM女王プレイは楽しくないんだろ?
 苦悶しいだろ?」
と問いかけます。
「お前自身が……
 変革る時がやって来たんだ……。
 お前を苦しめてきた、
 破壊への悦楽び、
 その苦痛みが……
 同じ痣を持つ俺達が共有する苦痛みに
 変わってきたんじゃあないのか!!?
 俺たちを導いたこの印章{しるし}、
 この苦痛みは何かを訴えている……!!
 その答えを得るには、
 自分で考えなければいけないんだ。
 その答えを、この痣は持っているんじゃあないのか!?
 考えを諦めるな!!お前自身で考えるんだ!!
 おまえ自身がお前を愛するんだ!!」
と訴えます。


アキの頬には一滴の熱いものが流れ、
そして、コズミック・ブラストの効果で
ライフが0になった時、
アキの顔を覆っていた仮面が崩れ落ちました。
その素顔は、涙目でした。


と、ここでディヴァインが現れ、
アキにコートをかぶせました。
「よくやったねアキ。
 さぁ、帰ろう。」
と、アキを連れて退場していきました。
「十六夜……アキ……。」
大空に秋の顔で〆て、
次週に移ります。


来週では、
とうとう遊星とジャックの再戦が実現します。
正直、どちらが勝っても物語的には
おかしくありません。
それとも、また水入りになるのでしょうか?


二年前の回想では、
二人がにらみ合っていたかと思うと、
いきなり遊星がジャックの目の前で
上着を脱ぎ始めました。


まさかウホッではないと思いますが、
どういうシチュエーションなのでしょうか?
まさかリアルファイト?


そして遊星のデッキには早くも
ジャンフェスで配られた
シールド・ウィングが!!
ジャックのデッキには
何やら両手に剣を持った
戦士族っぽいモンスターがいます。
このデュエルの行く末はいかに!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn024.html

遊戯王ゼアル63話レビュー

今回は遊戯王ゼアル63話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-063 恐るべき闇の策略!暴かれたトロンの正体!?

今週は遊馬がシャークの洗脳を解いて勝利し、
カイトVSトロンの第二準決勝が始まるところから始まります。
そのカイトはハルトを見舞って勝利を誓いますが、
ここでメマーイがしました。
まさか何がしかのフラグか!?

ハートランドはトロンをあの「少年」ではなく
あの「男」と呼んでいるところから
もしかするとハートランドも正体に気づいているのでしょうか?

あ、遊馬がデュエルを目の前で見れる特等席に行ってます。
そしてフェイカーもトロンの正体に気づいています。

早速銀河眼の光子竜を特殊召喚だぁ!!
だがカイトの様子が何かおかしい!
やはり調子が悪いのか!!
ナンバーズで他人の魂を狩った代償だそうで。
トロンの眼ではカイトの体には
無数のヒビが見えます。

トロンは装備魔法の爆破紋章&紋章獣バジリスクのコンボで
銀河眼の光子竜を破壊してダメージを与えようとしますが、
光子竜の効果で防がれチマー。

「君が弟のためという目的があるのと同じで
 ぼくにも復讐という目的があるんだ。
 フェイカーに裏切られて異世界をさまよって
 ぼくはこんな姿になってスッカラカンになった。
 でも君は弟を助ける為の魂を狩る行為そのものに
 愉悦びを感じてたんじゃないのかな~?
 ぼくと君は似てるんだよ。」

ここでカイトは
No.9 天蓋星ダイソン・スフィアをエクシーズ召喚!!

装備魔法びフォトン・ウィングで
Vの想いを受け継いだ
ダイソン・スフィアのランクの攻撃力を得た
銀河眼の光子竜がダイレクトアタックで
とどめをかましますがそんな事で終わったら
アニメが成り立ちませんので、
罠カード、紋章変換で800のダメージにとどまり、
しかも紋章獣アバコーンウェイを特殊召喚されチマー!!

ここでプレゼントと称して
トロンが仮面を取りました。
その素顔は……出来損ないのコラージュ画像みたいな
ハルトの顔でした。
ていうか縁日の屋台で売っているお面みたいだ。
まさか商品化は……しないと思いますが。

「ハルトを誘拐した時にぼくの体にね、
 ハルトの力と記憶をすべて吸収しちったんだぁ。
 その時お互いの空っぽの心と心が交わったんだよ。
 ぼくとハルトの意識はリンクしているのさ。
 だからぼくの頬をつねれば……ハルトは苦しむ。」

ここでフェイカーがマジギレしました。
父親としてマジギレしたのでしょうか?
それとも自分の野望の重要な手駒が
利用された事に対する怒りでしょうか?
ところがシステムがハッキングされて切断され、
ハルトのところには誰も近づけません。

カイトはハルトのところに向かおうとしますが、
デュエルの鎖で繋がれて
勝敗がつくまで離れられません。
ここで代わりに遊馬がハルトのところに向かいます。
飛行状態のオービタル7に掴まっています。

ここでトロンはNo.8 紋章王ゲノム・ヘリターをエクシーズ召喚!!
2つの効果でダイソン・スフィアの効果を自分のものにして撃破だ!!
相手の効果を奪うとはいかにもトロンらしい効果だァ!!
このデュエルは衝撃が実体化して肉体を襲うそうです。
「だからぼくが傷つけばハルトも傷つく。
 平たく言えばハルトが人質になっているのさ。
 フェイカー、これで君の前で南斗、
 来週に馬鹿息子を二人共友愛潰しちゃうんだからぁ。」
ハルトが傷つくのを恐れてトロンに手出し出来ないところで
遊馬が颯爽とハルトを助けて
人質が無くなったカイトがトロンに逆襲するという展開でしょうか?

来週はカイトがボロンボロンにやられています。
ハルトにダメージが行くので攻撃出来ないのでしょう。
一方ハルトを助けようとする遊馬は
ハルトハウスのレーザー兵器などの警備システムに苦戦しています。

そしてトロンは新しいナンバーズを召喚します。
そして謎の魔法カード「破滅の紋章」(?)が!!










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers063.html

再放送 遊戯王5D's23話レビュー

今回は再放送 遊戯王5D's23話のレビューをさせていただきます 。

TURN-023決勝戦{ファイナルマッチ}、仮面の奥に隠された心

今回は、アキが対戦相手の変態プロファイラー来宮を
能力で物理的に救護班が必要な程にブチのめし、
ファイナルに出場したところから始まります。

その頃、遊星とアキは、
渡り廊下でバターリ出会いました。
その途端アキはシグナーの証の存在する
右手を押さえました。
遊星も押さえています。

そこにイェーガーが現れ、二人に対し、
ゴドウィンが労いの言葉を用意しているから
来る様にと言いますが、
そこに、アルカディア・ムーブメントのディヴァインが
目が書かれていない汎用キャラである
名無し@同志を二人を連れてやってきて、
アキの疲労を回復させるという名目で断ります。

遊星はイェーガーにラリー達の居場所を問いますが、
イェーガーからは立場を考えんかこのカニ、
な返事しか帰ってきましぇんでした。


駐車場ではAM、
つまりアルカディアムーブメントのトレーラーが
数台駐車されており、
その中でアキが下半身入浴で
治癒装置に浸かっています。
ディヴァインによると、
目的はアルカディア・ムーブメントの理想を
この世界に知らしめる事だそうです。



「イリアステルの野望は、
 悪しき者の象徴、緋き龍の復活に在り、
 緋き龍によって彼らが
 世界を跪かせようとしている。
 不動遊星も要りアステルの一員かもしれない。」
との事です。
ここでアキは自分の右腕も印章を見て
顔芸……もとい憎悪の表情を浮かべます。
ヒロインが顔芸って……

その頃遊星はデッキ調整に入っていました。
「拒絶と憤怒り……
 二つの感情が向けられているのは……
 あの痣……
 その中に十六夜のもう一つの感情が
 隠されているとしたら……。
 この痣は……確実に俺達を繋いでいる……。
 ヤツラはそれに気づき、
 俺達を利用しようとしているのか?
 十六夜を取り巻くあの怪しさ大爆発な
 信仰宗教もどき連中も……
 結局はシグナーとしての彼女が……
 俺達は利用され、踊らされてはいけない。
 その為にも、彼女の閉ざされた心を……。
 それを抉じ開け、本当の十六夜に逢わなければ……。
 全力で行くしかない……!!
 俺の全存在をかけて、
 十六夜と向き合わなければ……。
 そして、この戦いの果てに……
 ジャック……お前がいる……!」

イリアステルにアルカディア・ムーブメント、
そして遊星ら第三者……。
複雑な勢力関係が浮かび上がってきました。
そして、遊星はスターダストの封印を解いて
アキとの決闘に使用する事を決めました。

しかし……主役に苗字で呼ばれるヒロインってどんだけー。
やっぱりヒロインはラリーか……



ゴドウィンサイドでは
アキを遊星のシグナーとしての可能性を
引き出す為の刺客として利用しようと企んでいます。

デュエルの内容は遊星が一見押している様に見えましたが、
ローズ・テンタクルスとトークンの
バーン効果の重爆によって
蝶ピンチに陥ります。


「ストッォォォム!!!!ウィップ!!!
 ヨンレンダァ!!!!!!!!」
『拒絶と憤怒り……
 確かにこの苦痛は十六夜の叫び……!!
 だが、確かに感じる!
 お前の、もう一つの感情……!』
ていうか、触手縛りですか。
しかもヤローで。
こいつぁとんでもねぇM主役だ!!
しかも地面にたたきつけられてます!!
周囲にも突風を巻き起こしています!!
そしてSなニヤリング!!

観客からは魔女魔女と罵声と非難が浴びせられますが、
こんな事されちゃあ当然と言わざるを得ません。

「ようやく理解った
 お前の拒絶や憤怒り、
 その先に存在るもう一つの感情……
 十六夜アキ……お前は、
 破壊を…その力を……悦楽しんでいる!
 その力に愉悦を感じている!!」
アキがSである事が判明して来週に移ります。



来週では、
遊星とアキの決闘の続きと言う事で、
書く事は殆ど有りませんが、
予告の遊星の台詞から
アキが真性のドS・サディストである事が
判明しました。
このデュエルの行く末はいかに!!?











詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugioh5DsReviewTurn023.html

遊戯王ゼアル62話レビュー

今回は遊戯王ゼアル62話のレビューをさせていただきます 。

ナンバーズ-062 蘇れシャーク!絆に懸けた「かっとビング!」

今週はWDC準決勝のvsシャークの続きです。
しかしシャークはトロンに心を支配されてしまい、
おまけに記憶操作でシャークの妹イビリの
濡れ衣ヌギレ・ヤイヌまで掛けられ、
それでも俺はやっていない常態の上に
シャーク・ドレイクまで召喚されチマー。

あ、観客からナンバーズってナンナンダーという声が。
そういやあナンバーズって観客には初お目見えねんですよね。

「シャーク・ドレイクの効果で
 破壊したゴゴゴゴーストを攻撃力を下げて
 サンドバッグ用に特殊召喚!!
 これで終わりだやっておしまい!」
「だがゴーストは特殊召喚されると
 墓地からゴゴゴゴーレムを1体守備表示で特殊召喚し、
 デメリットで自分も守備表示になるが、
 この場合はシャーク・ドレイクの攻撃でダメージを受けなくなる!!
 正にデメリットがメリットになる瞬間だ!!」

フェイカーはホープの召喚を期待しています。
アストラルもホープ召喚を遊馬に進言しています。

思ったカードがドロー出来ない遊馬は
ストレートにシャークを説得しようとします。
しかし説得に失敗しました。
やはりデュエルで語るしかねええええ!!!!!!
ゴゴゴゴーレムの攻撃力を倍にして
ダメージを与える事でメッセージを伝えようとします。


禍々しい瘴気を纏い、
CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイスを!!!
カオスエクシーズチェンジ!!
その存在はフェイカーさえも知らなかった様で。
しかし遊馬はカオスナンバーズの攻撃を凌ぎます。
ここでシャークが伏せたカードは殲滅の紋章{メダリオン・カタストロフィー}!!
「これで完全におしまいだよ。
 あのときぼくが凌牙にプレゼントしたカードだよ。
 海老頭を殲滅させられるんだ!!」
説明死ェ……

遊馬は永続罠、好敵手の絆を発動し、
シャーク・ドレイク・バイスのコントロールを得、
シャークを正気に戻します。
しかしコントロールを得た事で遊馬は苦しんでおり、
トロンはシャークに対し、
罠カード、殲滅の紋章{メダリオン・カタストロフィー}を使用えとささやきます。
好敵手の絆もトロンの想定済みだそうで。

シャークとアストラルのどちらかを選べと言われて
苦悶する遊馬を前にここでシャークは最初に伏せた
別の伏せカードに気付きました。
「俺は速攻魔法、深海雪原封印を発動!!
 シャーク・ドレイク・バイスを除外して
 俺は1000ダメージを受ける!!」
南斗!!ここでシャークは意外な手を取った!!

「デュエルの最中もずっとお前の声が聞こえていた。
 お前の諦めない心が、かっとビングが、
 俺をトロンから救ってくれた。
 礼を言う。そして頼みがある。
 トロンを倒せ、お前ならきっと出来る。」

取り敢えずシャークは病院で静養だそうで。
あ、トロンがキレてる。
「これが友情……絆……
 どこまでぼくちんを邪魔すれば気が済むだぁー!
 九十九遊馬はゆっくりと友愛しちゃる。
 ぼく自身の手で!」
目の前のガラスが粉々にナッチマー。
しかしカイトVSトロンはどっちが勝利つか判りません。
結果が判らないデュエルは手に汗握ります。

「私の命は彼に救われた。」
「このデュエル、勝ったんじゃねえ。
 あいつに勝ちを譲られたんだ。」
「そして想いを託された。」
「シャークの想いも引っ括めて必ず勝っちゃる!
 来週にかっとビングだ、俺!!」

来週は紋章デッキでいきなり
トロンがカイトを追い込んでいます。
装備カード、爆破紋章なるカードもありますし。
しかしカイトにはその上を行く戦略があるとの事です。
新しいナンバーズも出そうですし、
闇の策略というのも気になります。

来週は遂にトロンの仮面が割れて
正体がフェイカーサイドにもネタバレします。
もしかして実はバイロンではなかった、
なんてオチも有るかと。










詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohZEXALReviewNumbers062.html