遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話「覇王の魂」レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第143話 覇王の魂

今週は四人のバトルロイヤルで
遊矢達の記憶がかさぶたが剥がれ落ちるかの如く
次々と蘇っていって遊矢が自分の前世が
ズァークであった事を思い出したところ、
つまり最悪の状況から始まります。

ズァークの悪夢の記憶は
観衆の脳裏に刻み付けられており、
アユに至っては悲鳴をだしチマー。
そして柚子と零羅がどこにいるのかは
いきなり日美香がモニター越しに赤ん坊の零羅
ここにいると言ってきました。

赤馬零王謹製の四枚のカード
覇王龍の構成する四体のドラゴンを
分離&破壊するだけでなく、
ドラゴンの使役者及びカードの発動者を
無垢なる者=赤ん坊に戻す力で、
ズァークが四人の赤ん坊になって
各次元に転生したのはその為だそうで。
つまりモータルコンバットのベイバリティと。

赤馬の姉のレイも四人の赤ん坊として転生し、
そして今回零羅は遊矢の悪の心のみを
引っペがして自分に吸収したそうです。
アークファイブで歪な形で
統合されつつあった世界が
また四つの次元に分たれたものの、
零羅が四人に分裂しなかったのは
ズァークの魂をいち早く封印した為だとか。
よ……よくわからねー!

取り合えずそれが原因で
零羅は笑顔をロストしちまっただ。
舞網チャンピョンシップ再現を試みた理由は
遊矢のエンタメデュエルで
零羅に笑顔を取り戻させる為だそうです。
それは零羅のみならず世界をも救う事になると。

ゆうれい小僧がやってきた!の
「毬理男を思い出しました。
「母親の体内にいた頃に母親の度重なる不運によって
 全く感情を表さくなった為に怖がらせて泣かせる事で
 感情を取り戻させようとする」
泣かせるコトと笑顔を取り戻させようという
ところは全くの正反対ですが、
感情を取り戻させようというベクトルは同じです。

ズァークの悪の心を吸収した事で
零羅から笑顔が消えてしまったという事は、
零羅に笑顔が取り戻されるのであれば、
イコールズァークの悪の心が消えるという
ゆで理論的理論がここで展開される事に。
ついでにやらなければいずれズァークは復活し、
世界は再び破滅の危機に晒されるとの事で。

そして父ちゃんもまずこのデュエルに勝たなければ
世界も柚子も零羅も救えないと厳父モード。
しかし観客は悪の心は抜かれたと言うけど、
あいつ次第っていっても
あんなトマトに期待してダイジョーブかぁ?
と半信半疑です。
まあズァークの悪夢を経験したからには
しゃーないのかも知れませんがね。

ここでカーチャンが息子に
マイクを通してハッパをかけます。
「ウジウジしとる暇があったら
 私との約束を果たしにいけ!
 俺は必ずデュエルでみんなを笑顔にして
 争いをSTOP ITして柚子ちゃんを
 連れて帰るいうその約束は
 まだ一つも果たしてないよ!
 争いの種には残っている、
 笑顔を忘れた赤ん坊はいる、
 柚子ちゃんも帰ってきてない!」

「母さんは黙ってて!
 これは俺の問題なんだ!!
 俺だって助けたい……
 だけどどうしたら……!?」
いきなり反抗期が来ました。
カーチャンの説教が逆効果に!!
こんなコンディションやメンタルで
零羅に笑顔どころか
目の前のデュエルがでけるのか!?

「黙ってろか…いつの間にやら
 でかい口叩く様になりやがって……」
しかしそれは杞憂で、
そしてカーチャンはどうやら乳離れが寂しい模様で。

新規チューナーの超重武者コブ-Cで
ヒッポを殴り倒した後、
ビッグベン-Kでオペゴンを撃破し、
そしてダイレクトアターッ……
ここで安定の回避が入りました。
てか溶岩の川に浮かぶ岩島にあるとは
殺意ムンムンなポジションですがな。
下手したら溶岩に落ちて骨まで……

そしてコブ-Cの効果で
追撃のシンクロ召喚!!
とうとう大台のレベル12!!
超重蒸鬼テツドウ-Oシンクロ召喚!!

てか権現坂が列車に乗ってるし。
てか権現坂が列車で走ってるし。
という沢渡の突っ込みが秀逸ですな。

ここで遊矢は二度目の回避です。
流石に二度目の回避はアレと思います。
それに対して権現坂が鉄下駄を脱いで
アクション魔法、ノーアクションを拾う!!
権現坂がアクションカードを!?
不動のデュエルはどうなった!?

「すげえぞ権現坂!!
 鉄下駄を捨ててリミッター解除とはやるぅ!!」
観客のデュエル脳な解説in。
ピッコロの重し的なやつですかい?
しかし遊矢も罠カード、EMシグナルを発動!!
引いたカードがもしEMモンスターなら
攻撃を無効に出来ますが、
魔法・罠や非EMモンスターなら遊矢の負けに……
当然EMモンスターを引いて攻撃は無効!!

しかし権現坂も無策ではない!!
テツドウ-Oは自分の墓地の魔法・罠を除外して
バーンダメージを与える効果がある!!
フルモンデッキに揺るぎなし!!
フトシもしびれるぅ~。

「不動のデュエルを信条とする権現坂選手が
 モンスターに乗って迫れば、
 エンタメデュエルの遊矢選手が
 イチかバチかのカウンタードローを決めて
 更に権現坂選手がモンスター効果と
 アクションカードを絡めてダメージを与えました!」
ニコの実況もヒートアッ!!
「親父さんの様なエンタメデュエリストになりたいのなら、
 今のお前に出来る全力でかかって来い!!」
権現坂流ハッパかけもヒートアッ!!

「俺だって全力でやって全力で考えてるだ!
 どうしたら俺のエンタメで零羅と柚子を救えるのかを!!
 無理だとか信用でけないなんて言われても!
 俺を救ってくれた零羅と柚子を助けたい!!」
零羅が柚子と並ぶヒロインと化してませんか?
珍しい赤ん坊ヒロインですな。
テツドウ-Oがレールを作って
崖を渡ったかと思うと遊矢もそのレールの上を
ローラースケートで渡ります。

そして場所は変わってオベフォと初めて
やりあったエリアに移ります。

永続魔法、ペンデュラム・イリュージョンを発動し、
アクションカードをコストに
オペゴンで戦闘破壊出来ない事と引き換えに
バトルフェイズの間にテツドウ-Oの攻守を半減します。
ダメージがたった200に対して
「あれで全力?大したこたぁねえな。」
と観客が辛口評価です。
でもフトシは痺れるぅ~。
フトシはブレません。流石です。

返すターンでテツドウ-Oの攻撃、
しかしペンデュラム・イリュージョンで
攻撃力は半分になって200ダメージ!
しかしアクションカードを含む
手札2枚をコストにオペゴンを破壊し、
バーンダメージでフルモンを続行します。
これはまさにチキンレース的な漢勝負!!

「まさに洋子好みのガチンコ勝負。
 あいつ途中で帰って損したな。」
ところがどっこい残念ながら
カーチャンは帰ってねえですよトーチャン。

ペンデュラム・イリュージョンのデメリットは
ドローフェイズスキップというかなりのデメリットです。
遊矢もオペゴンをペンデュラム召喚し……
イリュージョン発動の為のアクションカードは
権現坂がランニングデュエルで取らせまいとします。
てかローラースケートに素足の疾走で追いつくとは
身体能力がぱねえですよ。

「権現坂は不動のデュエルを捨てて
 俺を鼓舞してくれてる!
 ならば俺もそれで全力で応える!」
デュエリストならばそれしか無いでしょう。
アクションカードをゲットして発動、
200ダメージを与えます。
そして氷山に場面が移る!!

返すターンは前々と同じですが、
「でも何かスゲー!!」
と観客も興奮しております。
あの辛口観客も見入っております。
人の心を動かしたければ行動で示せ、
という事を体現しております。
そしてまた火山に戻ります。

ここで最後のペンデュラム・イリュージョンの効果が。
そしてオペゴンの攻撃で〆ます。
権現坂もその攻撃を真正面から受け止め、
その漢気に応えます。

「これがエンタメだと?ふざけるな!!
 お前のエンタメはまだまだこんなものじゃない!!」
 柚子と零羅を助けてそれを証明して来い!!」
ここで権ちゃんが最後の喝をかけます。
会場も満面の拍手に包まれ、
遊矢はジュニアユースからユースへの昇格を…

「まだ認められない。」
え?赤馬何をゆうちょるばい?
アカデミア軍の急襲によって中断された
チャンピョンシップの続きとして行われたので、
中断時点で残ったのはランサーズとして
認めたデュエリストであり、
残りのデニスとセレナと隼に勝たなければ
認められないとか言っております。

そして何の脈絡も無く
唐突に次元回廊のゲートとか
四つの次元に戻った時に
その中心にアークファイブの残滓が
存在しているとか言っております。

アークファイブは四つの次元とワームホール、
即ち次元回廊と繋がっており、
次回にエクシーズ次元詣でして
隼とデュエッします。
しかしセレナは他の柚子シリーズと一緒に
アークファイブ内に入れられており、
柚シリーズ救出の為ならば
相手が誰であろうとデュエッ!!
エンタメデュエルで世界を救う為に
来週エクシーズ次元に移ります。
てか残り放送週は大丈夫なんですかい?
と思ったら何故かデニスがいます。
隼じゃないんですか?

来週は……復興中のエクシーズ次元で
隼ではなくちょっと濃い顔のデニスと
デュエルをする事に。

悪人面のデニスは融合カードを使い、
Em融合モンスターを駆使する模様。
デニスによれば隼は融合次元に行った模様。

融合次元に行くにはデニスに勝利しなければ
ならない模様ですが……
呪われし機械仮面{ギア・マスク}とは
デニスがアンティークデッキを使うのか、
それともロジェが再生怪人として乱入……
先が読めねえですぜ。
ところで「柚子を救い、レイラに笑顔を…!」
前回までは零羅と漢字で書いてあったのに
急にレイラと片仮名になった理由は?













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn143.html
スポンサーサイト

TAG : アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ デュエルリプレイ 榊遊矢 権現坂昇 零羅 超重蒸鬼テツドウ-O

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}142話「あふれる記憶」レビュー

※ 現在このブロマガの販売は停止されております。
ブロマガって何?

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}141話「ジュニアユース選手権」レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}141話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第141話 ジュニアユース選手権

今週はアカデミアの地で零羅inレイが
自分の命をかけてズァークを封印し、
遊矢が零羅の名前を叫んだ後から始まります。
そう言えばOP前の向上が1期のものに戻っています。
柚子の開幕全裸とはこれまたたまげた開幕です。
てかまだOPのレイとズァークは
光のシルエットで覆われているんですな。

と思ったら今週はいきなり遊矢が
寝坊した~と母ちゃんに言いながら現れます。
日曜日ですが、今日は塾で熱血指導があるとの事。
いやおかしい……日曜日とかそういうのではなく、
先週零羅の名を叫んだ遊矢で終わったのに
なんの脈絡もなく日常パートになるというのはおかしい。
これはもしかして一巡後…いや二巡後の世界か!?
記憶がリセットされちまったんですか?

塾通いする遊矢の足にはアレンに貰ったスケートが。
これは一体どういう事なのか?
遊矢が闊歩する舞網市は先週までの
あの騒動がまるで最初からなかったかの様に
平常運転をしております。
その中にはストロング石島の
バーバリアンデュエル塾の看板も。
てか二巡後(仮)の石島は
遊勝とデュエルをしたのでしょうか?

ともあれ遊矢は滑り込みセー……
「じゃない三分遅刻だ!!」
……ハリセン叩きの刑に。
ん?ハリセンの持ち主が柚子じゃない?
修造じゃないか。まさか柚子がいない時間軸!?
遊矢も修造もハリセンの由来が何なのか知りません。

ついでにタツヤも最初からいますし、
遊矢がアレンから貰った電動スケートも
遊矢は誰から貰ったのか覚えておりません。
それはそうとフトシのしびれるぅ~も
久々に聞けて安心ですな。

そして今日の塾のデュエルの内容は
遊矢相手にアユタツヤフトシの三人が相手になる
3or1の変則デュエルです。
ここいら正統派のタイマンデュエルを

遊矢は早速星読みと時読みで
オペゴンを含む三体ペンデュラム召喚をかましてきます。
てか何気に1話の対石島戦の布陣です。

それに対してタツヤはブンボーグ008と
ブンボーグ007をペンデュラムゾーンに……
ちょいと待てい!!
いつからタツヤもペンデュラムする様になった!?
てかE・M{エンタマシン}はどうしたエンタマシンは!?
E・M{エンタマシン}新カードとちゃうんですかい!?

一方赤馬サイドでは赤馬が日美香に
スタンダード次元だったこの世界は
ペンデュラム次元として新たに生まれ変わった、
とか説明しております。
てか日美香の後ろには赤ん坊を乗せたベビーカーを
ベビーシッター役(?)の中島が押しております。
しかし赤ん坊の顔はシルエットでよく見えません。

「今では誰でも当たり前の様に
 ペンデュラム召喚を行える。」
え?何当たり前の様に驚愕の事実を
サラリと言っているんですかいシャッチョサーン。
てこたぁタツヤがペンデュラムったのも……

一方変則デュエルでは……
遊矢の第二ターンでデュエルも面白くなり始め……
ここで修造んところに何かメールが来ました。
レディースアーンドジェントルメーン……
オペゴンのリアルソリッドビジョンが消え、
それに乗っていた遊矢がヒューストン。
ていうかこんな事を言いたくありませんが、
デュエルの中断は少々
控え目にしていただきたいもので。

どうやらメールは遊矢宛で、
ジュニアユース選手権の案内状だそうです。
昨年のジュニアユース優勝者で
現在ユース8強のラッキーボーイ、
桜樹ユウが頭に浮かびました。

これに勝てばユース昇格、
つまりプロデュエリストになるチャーンス到来です。
そして遊矢だけではなく権現坂と沢渡のところにも
赤馬から招待状が来たとの事で。
そしてここで赤馬が直々にやって来て
舞網市内でのバトルロイヤルで
デュエルをする様に通達してきました。

ジュニアユース選手権では
ニコによる実況から始まります。
今見ますと、まるでアニメ版ピコ太郎氏です。

観客には刃や真澄や北斗、
ミエルやミッチーや大漁旗がいます。
遊矢と権現坂と沢渡と……
そして最後の一人はシークレットとの事。
まさかズァークの転生?それとも新キャラ?

あ……修造が観客席にいない事に
洋子がプンプン丸状態です。
ていうかタツヤが修造は気になる事があるから
欠席すると言っていますが……!?
とりあえずはフィールド魔法、
ワンダー・カルテットを発動してデュエッ!!

ここで遊矢がデジャヴで
見た事がある光景と言います。
てか四人目はいつくるのか?
「拙者ならここで御座る!!」
頭の上の橋から……月影が!!

「拙者風魔の月影と申す者。」
え?一巡後の世界ではまだ
月影とは面識が無い模様。
とりあえずはデュエッ!!

まずは遊矢がヒッポを召喚して動いた頃、
修造が家でハリセンを見ております。
「これ見た覚えがあんだけど……
 何だっけか…みかん?いや何か違うな……」
ハリセンの取っ手には
柚子を模したオブジェがつけられています。
アイハブアシトロン!アイハブアハリセン!
ンー!柊柚子!

続く沢渡のターンは新カード、
魔界劇団カーテン・ライザーの登場だぁ!!
攻撃力倍の効果をかましますが……
はいはい、回避回避。
もうちと、新アクションカードをですね……。
回避はちょっと強すぎるんですよ。
今まで気づきませんでしたがm
ヒッポはアクションカードを感知する
嗅覚が優れているんでしょうか。
OCGにも活かせていればいいんですが……。

続く権ちゃんはビッグベン-Kを出しますが、
カバーカーニバルを発動され、
カバートークンが盾になります。

「各々!方思い出されよ!!
 かつて我々が決闘ったあの大会、
 舞網チャンピオンシップを!!」
つ…月影がいきなり思い出されよとか言い出した。
ていうか月影は覚えている側の人ですか。
流石忍者有能。

観客もそう言えばあったなとか言っています。
何で忘れたのかとかも言っております。
てか思い出せと言えば思い出すんかよ。
このデュエルの目的は記憶を戻す為の決闘ですか。
「そういやあミッチーが出てたんだわ!ミッチーが!」
おっかさんはブレませんなぁ。
沢渡は遊矢とのデュエルを、
そして敗者復活で戦線復帰した事を思い出し、
遊矢は素良と日影のデュエルを思い出します。
遊矢は素良の相手が月影だと勘違いしており、
月影が日影だと訂正します。
あ……後ろに数瞬日影が現れた。日影も復活!!

オベフォとのデュエルやオベフォや赤馬零王の目的、
そして仲間の隼の事やランサーズの事も。
ちょっとした総集編ですな。
しかし肝心の柚子の記憶が無い!!
「その調子だ月影」と赤馬は
記憶を取り戻させる為に
手加減なしのデュエルを続行する様に指示します。

月影が有能なのはいいんですよ。月影好きですし。
しかし展開的には日常生活の中で。、
ところどころに違和感を覚えて
徐々に徐々にかさぶたが剥がれていく様に
記憶がよみがえっていく様な展開の方が
いいと私は思うんです。
もっとも10話に満たない放送時間で
それをやるのは少々難しいとは思いますが。

「零児さん…本当にこんな事でいいんですか?
 このデュエルであの子の……
 零羅の笑顔を取り戻せるなんて本気で……」
ここで赤ん坊が零羅の転生である事が判明します。
赤馬はこのデュエルで零羅に笑顔を取り戻すつもりです。
まるで幽霊小僧がやってきたの最終回を思い出させます。

ここで遊勝が何の脈絡もなく現れ
「遊矢は大きな壁を乗り越える必要が有る。」
と言います。

一方月影は新忍者のジョウゲツとカゲツを
ペンデュラムすゾーンにセッティングし、
シンゲツとゲツガをペンデュラム召喚。
ペンデュラム召喚に入門しておりますぜ。
おまけに永続魔法、幻影忍法朧手裏剣まで。
遊矢が取ろうとしていたアクションカードを
「ヒッポ破れたり!」と武蔵みたいな事を言って
横から取ってバーン効果でダメージをかまし、
ペンデュラム効果の貫通ダメージで遊矢を攻めます。
てか今まで攻撃されているの遊矢だけでっせ。
赤馬も遊矢を徹底的に攻めろと指示しておりますし。

「零児さん…そんな事をしたらあの子は…」
「それで敗北するようであれば、
 遊矢は所詮そこまでのデュエリストという事。」
遊勝が千尋から我が子を突き落とす
厳しき親獅子になっております。
獅子は名前的には赤馬零王、レオなんですがねぇ。

「母様、その時は申し訳ございませんが、
 零羅の笑顔は諦めて下さい。」
ここで日美香がショックを受けております。
日美香が零羅想いのママンになっております。
随分柔らかくなっております。ヒロインっぽいです。
は~とふるママンです。日美香。

そして月影の貫通効果による追撃はまだ終わらない。
パンプアップ効果でゲツガの攻撃力は500アップ。
これで攻撃されれば遊矢はおしまいだ!!
いや、もう1枚の伏せカードが存在る!!
謎が謎を呼び、来週に移る。

今ふと思ったんですが、
ズァークはドラゴンクエストビルダーズの
竜王の「世界の半分をやろう」という誘いに乗って
悪堕ちした勇者と被るところがあると思います。

今まで真面目に過ごしてきて、
周囲から勇者である事を持て囃され続けた為、
自ら自立した意思で行動を選ぶ事がなく、
自由に自分の道を進む事を知らなかった為、
竜王の問いに純粋な好奇心を動かされ、
どうなるかを知りたくて選択したのではないか、
とビルダーズで語られていますので、
観客から最強デュエリストである事を
持て囃され続けたズァークとちょっとかぶると
思ってしまいま。

来週はミニ総集編…もとい回想シーンで
ジャックやエドや半分になったスマイル・ワールドを
思い出します。
そして3つの次元をまたにかけ、
アカデミアの野望を阻止しようとしていた事も。

一方修造は柚子の部屋に入ります。
修造自身も何故柚子の部屋が存在るのかは
理解らないのでしょう。
果たしてこのデュエルはどうなるのか!?













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn141.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ デュエルリプレイ 榊遊矢 零羅 沢渡シンゴ 月影 権現坂昇

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}140話「魂のペンデュラム」レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}140話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第140話 魂のペンデュラム

今週はハゲフェッサー赤馬零王がスーパー出落ちで
四枚のカードが(墓地に)ポロリという失態づきで
ズァークに0ターンキルを噛まされたところから
始まります。

赤馬はズァークがペンデュラムを駆使う事が
ズァーク内に遊矢の魂が存在する証拠だといい、
そして沢渡からペンデュラムを受け取ります。
こりゃあ絶対に敗北けられねぇデュエッだっ!!

「ここにいる仲間を含めた全員が
 多くの人の心を動かした君なら、
 きっとズァークの悪の心も覆せる筈だ!!」

この土壇場で赤馬は
ペンデュラム召喚も絡めて
DDD怒濤大王エグゼクティブ・シーザー
DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー
DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン
と三連続召喚をかまします。

ネーミングセンスは悪くはないですが、
テムジンは進化したらチンギス・ハーンとか
やってほしかったところです。
もっとも海外ではGenghisですが。
それでもGenghis Khanとか出来ますが。

それと今やっと思ったんですが、
シーザーというのはジュリアス・シーザー、
怒濤壊薙王カエサル・ラグナロクは
ユリウス・カエサル、
つまりユリウスのロシア語はユーリ、
エクシーズのシーザーが融合になったら
ユリウスことユーリになるというのは
中々興味深いものがあります。

その頃零羅は……
「一緒に行こう、レイ
 ぼくなら貴女を受け入れられる……
 貴女の為の器になれる!!」
え?何を言うちょるばい零羅
女の心に男の子の身体、
所謂男の娘ってやつですかい?

「私の声が届いていないのなら、
 私のデュエルで届かせて見せよう!!」
しかしズァークの破壊耐性に
他の眷属モンスターの存在、
そして無限&零のライフゲイン効果……
それをどうするというのか!?

エグゼクティブ・テムジンの効果で
覇王門の効果を無効にします。
そしてズァークの一人称が先週から
俺に変わっていましたが俺で固定しております。

皆の想いを背に万感の思いを込め、
DDDサンレンダァでズァークのライフを
2800に減らします。
しかしズァークの不敵な笑みは終わらない!!
ペンデュラムの創始者はこの覇王龍ズァークとか
言っております。
え~と……遊矢のアイデンティティほぼ否定ですな。
ペンデュラム召喚こそが遊矢のアイデンティティなのに
ここの脚本天然ドSでっせ。
ドS脚本に遊矢は苦悶しております。
「ペンデュラムが生誕まれたのは復讐の為!!
 あの時俺の魂が覚醒したのだ!!
 次に決闘う時には絶対に勝利つと誓った信念が!!」 

あの時とは1話でオドゴンらが書き変わった時ですか。
あの時に敗北けてしまったレイに対するですか。
赤馬零児が創造った四枚の永続魔法は
深遠なる宇宙の息吹を集めた「エン・ムーン」
吹き渡る風の息吹を集めた「エン・ウィンズ」
躍動する生命{いのち}の息吹を集めた「エン・バーズ」
母なる大地の息吹を集めた「エン・フラワーズ」
これらのカードでレイは覇王龍を分離させた。

「ペンデュラムはその時に生まれた!
 ひとつの絶対的存在だった俺が分かれる事で、
 その中を大きく揺れ動く力が!!
 俺は新たにペンデュラムの力を以て蘇った!!」
 
その最中{さなか}に急ぐ零羅の前に……
月影が現れて手を差し伸べます。
有能忍者月影復活!!
ズァークは罠カード、覇王の逆鱗を使い、
四体の覇王眷竜を呼び出しました。
ここで初めて覇王眷竜スターヴヴェノム
略して覇王スタが現れました。

3体の覇王眷竜の波状攻撃で
3体のDDDは全て破壊され、
残る覇王オペの攻撃と覇王スタの貫通付与効果で
絶体絶命のピーンチ!!
ここで日美香ーちゃんの表情が
赤馬を心底心配している様で好感が持てます。

そして覇王龍ズァークの攻撃の時に!!
零羅が乱入してきた!!ぺなるちー発動。
ダークヴルムと双璧で過労死大賞候補です。
本当にありがとうございました。

ここで赤馬のライフは0にまっちまー!
しかし赤馬とついでに赤馬零王は
有能忍者月影が変わり身の術で
ズァークビームからレスキューします。
何気に社長初敗北です。

「ぼくは…私は零羅じゃない……!!
 貴方が蘇るなら私も蘇る!!
 貴方が世界を滅ぼそうとするのなら、
 私はそれを止め続ける!!」
零羅inレイがフードと帽子をクロスアウッ!!
そこには眩いばかりの禿頭が……ではなく、
眩いばかりの長髪が……まるでモクバだ!!
てかGXの早乙女レイもそうですが、
あの帽子にこれだけの髪の毛を収めているのは
兜に千鞭を収納させたウイグル獄長を思い出します。

実は今日の朝の夢で殆ど同じ夢を見ました。
正確には零羅ではなく素良が髪をほどいて長髪になり、
相手はズァークではなくユーリでしたが。

零羅inレイの男の娘の登場……いや、
帽子を脱いで長髪になったってぇ事は
もしかして:男装ロリボクっ娘
レイという名前からも微レ存。
取り合えずは零羅の性別は
「調整中です。」

魔法カード、流転する生命力により、
四枚のカードをフィールドに呼び戻し、
エン・フラワーズで花咲かじいさん宜しく
フィールドに花を咲かせます。
フトシも久々にシビれるぅ~。

墓地のエクシーズモンスター3体と
エン・フラワーズを条件にエン・バーズを発動し、
互いのフィールド・墓地・除外の
エクシーズはバニラとなって効果も無効になります。
てか覇王ダベがバニラになっているのは
GBAの7や8で融合モンスターが
バニラにされている事を思い出します。
次にエン・ウィンズはそのシンクロ版で、
次にエン・ムーンは融合版です。
乱入祭りのリレーにも意味がありました。

〆にエン・フラワーズの効果で
フィールドに全てのモンスター効果を
無効にして破壊してその数×600
ダメージを与えます。
覇王龍メタって感じです。

「おのれ小娘がああああああ!!!!」
ここでブレスレットが零羅inレイの腕に!!
てか零羅が分裂しちゃうううう!!
覇王龍をやられたズァークは元の人型に戻ります。

ここでズァークが小娘呼ばわりしておりますが、
零羅に言っている場合は零羅が
実は女の子という事がほぼ確実という事であり、
中のレイに言っている場合は外見ハタチ前後の
レイを小娘呼ばわりする程実はズァークは
若作りの中年オサーンという事になります。

「俺は遊矢じゃなあーい!」
「否!!遊矢だ!そして未だズァークでもある!!」
 君の心は常に揺れ続けてきた!!
 そう…ペンデュラムの様に!!」
「父様の作った四枚のカードは、
 全ての力を自然に返し、
 純粋な存在に戻すカード。
 だからペンデュラムは生まれた……!!」

零羅inレイの後ろに光り輝く
神々しい全裸のレイの姿が!
一方ズァークの顔は皮がベロベロめくれてます。

「悪意だけの存在では
 ペンデュラムは揺らせない。
 貴方の中にも存在る筈。
 純粋に笑顔を追い続けた
 榊遊矢の存在が!!」
「ちっがーう!ありゃ俺の意思で……」

ここで柚子の「遊矢を信じてる!」
という言葉が響きます。
「貴方は悪魔なんかじゃない!!
 世界中の人に笑顔を……
 幸せを与えられる人……!!」

「黙れお黙り!俺が与えるのは恐怖だ!!
 俺の渇望みは俺に戦う事を強要し、
 高みの見物を決め込んだ奴らに
 マジモン本当の恐怖を味あわせる事ぉおおおお!!
 笑顔なぞぉ俺にわああああ!!!」

「貴方は私を助けに来てくれた!!
 何度引き離されても追いかけてきてくれた!!」
 貴方がいたから私は強くなれた……
 笑顔を忘れずにいられた……!!
 応えて遊矢!みんなの想いに!!
 そして一緒に帰ろう……私達の故郷へ……!!」
ここでレイと同じく神々しい光を放つ全裸の柚子が。

あ、ズァークの目が遊矢の目に戻った。
流石ヒロインの説得力は違います。
ここで赤馬が遊矢にラストターンだと
遊矢にペンデュラムを投げ渡します。
遊矢の脳裏に映るは
「勝ちたいなら勇気を持って前に出ろ」
と破れたスマイル・ワールドを
くっつける遊勝の姿が。
そして遊矢がドローする姿に
ユーゴとユートと何気にいるユーリの姿が。

返すターンで遊矢は速攻魔法、スマイル・ユニバースにより、
覇王龍ズァークと覇王オペを特殊召喚します。
これは一体!?

「ペンデュラムモンスターはふめつら!
 破壊されてもなんぼでも蘇るぅ!!」
「させるか!俺がしでかした事には俺が終止符を打つ!!」
「キシャマー!!分身の分際で!
 分身のくせに生意気だぞ!」

まるでマリクと闇マリクじゃないですかー!!
そして零羅inレイのエン・フラワーズの効果で
悪魔は滅ぼされます。
「やめれこのクソトマトオオオオ!!!!
 おどれえええ俺は必ず……」

世界が再び四つに引き裂かれようとしている!!
ズァークが四つの次元に転生して同じ事に……
「繰り返させない!!ズァークは私が封じる!!」
ズァークの悪霊が零羅に襲いかかった!!
これはどうなるんだあ!?

ここで精神世界で遊矢が……全裸ですな。
男の上半身は出してもいいのでしょう。
もっとも下半身はベタスミですが。
全国の女性ファン鼻血ブーものです。
遊矢が零羅と叫んで来週に移ります。
てかズァークってあれでおしまい?
改心もクソもせずにおしまいですか?

来週は何もなかったかの様に日常パートになっております
遊矢は受付嬢にユーゴみたいにニヤニヤしております。
多分先週のゴタゴタで皆記憶が改竄とかされているのでしょう。

遊矢や権現坂や沢渡のところに
ジュニアユース選手権の案内状が来たとのことです。
ジュニアユースというと二回も
カード化を逃れたラッキーボーイの
桜樹ユウが頭に浮かびますな。

ニコも解説訳として復帰している様ですし、
石島も復帰して欲しいところです。
タツヤ達も観客席で感染しております。
でも……てか柚子は?柚子シリーズは?
他の遊矢シリーズは?素良は?隼は?以下略
悲しんでいる素振りを見せないところ、
やはり記憶とかが改ざんされているんでしょうか?
世界の再構築かパラレルワールドか……。

結局策略とやらが嘘予告だった
日美香の後ろで中島がベビーカーを押していて、
その中身の赤ん坊が誰なのかがわかりません。
零羅か柚子の転生ですか?
母ちゃんはは~とふるママンな日美香ですか?
最後にズァークがひと波乱起こしたりしそうな
不安や数々の謎をを抱えて来週、
最終エピソードが始まります。













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn140.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ デュエルリプレイ 零羅 ズァーク レイ 性別は調整中 覇王眷竜スターヴヴェノム

遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}139話「闇に染まる眼」レビュー

今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}139話のレビューをさせていただきます。
arc5.png
第139話 闇に染まる眼

今週は沢渡とクロウがズァークの前に立ちはだかります。
カードになった人間が蘇るのであれば、
ズァーク化した遊矢が蘇らないわきゃーない、
それが沢渡理論です。

「この世の全てを破壊するために
 自ら望んでモンスターと一体化した我が
 この強大な力を手放す訳がないではないか!!
 我は最早元には戻らぬ!!
 我が行う世界崩壊こそ
 最高のエンターテイメント!!
 それを止められるものなら止めてみぃ!!」

ここでズァークは初めて
カードを3枚伏せます。
その頃赤馬再度では零羅が
「四枚のカードを今度は赤馬零王が使って
 覇王龍と戦うつもり」とレイが言っていたと。
ズァークと戦う事自体はまあいいんですがね、
次元を統一させたと思ったらレイが復活しないので、
今度は再分裂させて再び統一するというのは
流石に勝手すぎやしねえですかと思います。
ていうか四つの次元に柚子シリーズならぬ
赤馬零王シリーズが四人って……やだー!!
坊主フェチでもねえと誰得じゃねえですか!!

「兄様はお父さんと喧嘩別れしたまま
 終わっちゃいけない!!
 もしお父さんに何かあったらぼくは……
 ぼくはみんなに笑って欲しいだ!
 世界が救われても
 お父さんが犠牲になるんじゃあ
 兄様は笑顔にはなれない!!」

「そうだ…誰かの悲しみの上に笑顔は生まれない……」
と赤馬は零羅を置いてズァークのところに行きます。
零羅の言っている事は一面で正論かもしれませんがね、
それより前に赤馬零王は自分のしでかした事への
ケジメをつけるべきだと思います。
てか多少の不祥事ならまだしも、
あれ程やらかしちゃあねえ……。
ここで零羅はまたレイの毒電波を受信します。

「何が世界崩壊だ!!んなのエンタメじゃねえ!!」
「本当のエンタメはみんなを笑顔にする為のものだ!!
 俺はそれを遊矢から教わった!!
 腹を空かせたガキ共には飯も大事だが、
 それと同じ位笑顔も大事だって事を!!」

「シティはお前とジャックの
 エンタメデュエルで平和が戻ってきた!!
 俺にエンタメの力を教えてくれたお前に!!
 んなお前が世界を滅ぼすなんて言うんじゃねえ!!」
 
ここで驟雨のライキリを出す為に
漫画版5D’sの白夜のグラディウスを
素材にしたのは漫画版5D’sの
ファンとしてはちょっと嬉しいです。

ズァークは覇王クリを再び呼び出しますが、
破壊されたライキリを蘇らせて攻撃します。
それが破壊されると涙雨のチドリを特殊召喚し、
そして魔法カードの効果を無効にするという手で
覇王門の効果を無効にしてダメージを与えます。

ここで永続罠、覇王乱舞を発動し、
チドリに無理やり攻撃をさせます。
まるで覇王翔吼拳と龍虎乱舞が合体した名前ですな。

「お前…そんなに敗北けるのが嫌か?」
ここでクロウからの問答が。
まあ……負けるのは誰だって嫌ですぜ。
クロウはズァークが敗北を知らないので、
勝利の本当の悦びが理解らない事を指摘します。

「黙れやかましかばい!!
 我に敗北など有り得ないぃ!!」
ん?ズァークの精神が揺らぎました。
「本当に恥ずかしいのは
 敗北けるのを恐れて自分を偽る事だ!!

強すぎて敗北を知らないというのは
ケンシロウのカイオウへの台詞
「惜しむらくはお前は井の中の蛙。
 己より強い者と戦ったことがなかった」
というセリフを思い出させます。 

そして真打(自称)沢渡の登場だ!!
その頃遊勝塾の面々は次元の歪から
デュエルの様子を伺っている様子。

というかスタンダード次元からでも
デュエルの内容は見えるんですから、
沢渡の父ちゃんが応援しているシーンとかを
入れてもバチは当たらねえと思いますぜ。

沢渡の魔界劇団によるペンデュラム召喚に対しては
「その前にこちらのキャストを
 舞台に呼び込もう。」
ズァーク、結構ノリがおよろしい様で。
ここで覇王眷竜オッドアイズ、略して覇王オペが。
オドゴン涙目。せめてバニラで出ていれば。

沢渡曰く
「ペンデュラムにはペンデュラム、
 理解ってるじゃあんか、遊矢。」
覇王龍の効果でドローカードを破壊すると
「おまいホントビビってんなぁ。」
「お黙り!戯言を!!」
心理フェイズを発動します。

魔法カード、魔界台本「魔王の降臨」&
永続魔法、魔界台本「魔界の宴咤女」のコンボにより、
ズァークと覇王オペを破壊しようとします。

墓地からフィールドにセットした魔王の降臨を
「手札に加えたんじゃないから
 おまいの力じゃ破壊出来ねぇな。」
と心理フェイズも益々冴えます。
魔王の降臨の効果により、
覇王乱舞は発動を防がれますが、
1ターンに1度、
覇王オペの効果で破壊を無効にされチマー!!

「俺が知っている榊遊矢はそこまで
 守りを固める臆病者じゃなかったぜぃ!!
 あの伝説の俺とお前の時も!!
 お前は危険をものともせずに
 大脱出をしてのけた!!
 あの勇気はどこに行った!?
 忘れたってんなら何度でも思い出させちゃる!!」

そして魔界台本コンボでまた
ズァークを破壊しようとします。
しかしズァークは自身の効果耐性で破壊されない!!
ズァークによって破壊された
デュエリストのモンスターが墓地にある限り!!
これは今までのモンスターさえも
ズァークに味方しているという事か!?
これじゃあ何の為に……

「君達の努力は無駄じゃない!!」
ん?ここでハゲフェッサーが颯爽と降臨!!
激闘の予感をビンビンとするぜ!!
らんぬーぺなるちーはつどー。
もう何も言うまい。

日美香も赤馬零王乱入にその名前を口にします。
遊勝塾の面々も観客として次元の歪に
次元ごと搬送されチマー。
てか側にアレンとサヤカもいるぅ!!
ズァークは観客がほしいんですな。

ここでアレン達の前に
カードにされたはずのレジスタンスの仲間が。
にこやかに手を振って遠ざかっていく姿は
まるで三途の川を渡る亡霊の様だ。
フトシもどうなってんの~!?と
シビれる余裕すらない模様。

「お前はモンスターにリアルボディを与え、
 魂の覚醒を促してデュエルに革命を起こした男。」
「リアルソリッドビジョンにより
 質量を得たモンスターは正に革命を起こし、
 人々はもっと激しくもっと興奮するデュエルを求め、
 デュエリスト達はさらに興奮するデュエルを求めていった。
 そしてズァーク!!遂にお前という悪魔を生み出してしまった!!」

「俺はあの歓声に包まれながら誓った!!
 誰よりも強く誰よりも恐ろしい存在になるのだと!!
 目の前に立ちふさがる敵はすべてなぎ倒し、
 世界を破壊し尽くすまで決闘うと!!
 その誓いは今も変わらない!!」
何故その結論になるのか不明。
何気に一人称が俺に戻っております。
あ、ズァークの素顔が判明しました。
思ったより普通の顔ですな。

そして覇王乱舞の効果で自爆特攻&
覇王オペのダメージ倍化でアサーリ
沢渡&クロウがやられチマー!!
てかあの高さから建物の屋根に落ち、
そして更に建物から危険な角度で落ちたら……
普通死ぬだろ!?

「私がレイに代わってお前を倒し、
 世界をもう一度作り直す!!」
「レイに代わって?」
あ、日美香がレイという言葉に反応した。

早速赤馬零王は魔法カード、精霊決壊を発動し、
ライフ1000コストに
ペンデュラム・ルーラーを墓地に送ります。

「悪魔を生み出した責任は
 貴方一人にある訳じゃない!!
 ズァーク復活の責任は私にも有る!!」

ここで赤馬が乱入します。親子タッグ誕生か!?
しかし乱入ペナルティは公平に発動しております。
墓地に融合モンスターが3体揃い、。
全ての条件は整ったと赤馬零王が言います。
ここで遊勝塾の面々&アレン・サヤカが
ズァークに気づきます。
てか視力がいいですな。

「ズァークを生み出したのは
 我々一人一人の中の無自覚な邪心。
 その罪は我々全員が負わねばならない!!」

社会全体がズァークを生み出したのは事実でしょう。
しかし分裂後の人々は預かり知らぬ事だと思います。
古代人のやらかした事を現代人が尻拭いする
ロマンシングサガ2を思い出しました。
てかそれを差し置いても赤馬零王がやらかした
侵略戦争や次元統合はハゲ個人の罪だと思います。

てか問題の主体は他人の借り物の言葉に踊らされ続け、
自身の言葉を持たなかったズァーク自身だと思います。
周りに反応して行動する事が出来ない、
今までのデュエルも「相手がエクシーズ召喚したから」
「相手がシンクロ召喚したから」
と相手の行動が戦略の基礎になっていて主体性が無いですし。

ていうか社会が悪かったですまされるのは、
ズァーク自身にとってもあいつは主体性が皆無な
ヘタレのダメ子ちゃんという事になり、
決して望ましい事では無いと思います。

「罠発動、覇王無礼!!
 覇王カードの数だけお前の手札から
 手札を選択して破壊&バーンダメージだ!!」
インチキ効果もいい加減にしろ!!
しかも例の四枚の魔法カードがハンデスだ!!

いきなり発動すらせずに墓地送りでライフゼロ。
出オチもいいとこじゃねえですか!!
「ズァークなんかに負けない!!」キリッ
「ズァークには勝てなかったよ……」
まさに即2コマ落ちの出オチ
流石に手痛い目にあったのか
対策も万全の様でした。
……墓地からサルベージするんでしょうけど。

赤馬零王は落ちていくところを
息子である赤馬がキャッチした頃。
零羅が装置の中のレイをハケーン。
来週に移ります。

それはそうと今月のVJで
美宇なる新キャラが出てきましたが、
The King Of Fighters EX2 HOWLING BLOOD(GBA)の
黒咲壬羽{みう}を思い出したのは私だけでしょうか?
ついでに大神礼二というキャラも思い出しチマー。
まあ偶然でしょうけど。
来週はペンデュラムを使用する事こそが
遊矢とズァークの決定的な違いだと看破し、
赤馬はアレクサンダーの進化系を召喚します。

しかしズァークによればペンデュラムの
創始者は遊矢ではなく覇王龍ズァークだと言います。
遊矢のアイデンティティがぽきん。

ここで遊矢の苦悩する場面が。
やっとEDキャストに遊矢が戻ってくるんですか。
ズァークの表情も必死になってきており、
赤馬も負けたら後がない状況。
これは見逃せねぇぜ!!













詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn139.html

TAG : 遊戯王 アニメレビュー 遊戯王ARC-Ⅴ デュエルリプレイ 榊遊矢 ズァーク 沢渡シンゴ クロウ・ホーガン 赤馬零王 出オチ